GENE(ゲーン)天使は裂かれる

gene tenshi wa sakareru

GENE(ゲーン)天使は裂かれる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
イラスト
音楽
澤口和彦
原画・イラスト
金ひかる
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
なし
発売日

表題作 GENE(ゲーン)天使は裂かれる

エルネスト・ヤーゴ・レイダー → 田中総一郎

イリ・イン・ラーチョオ → 保志総一朗

あて馬
バルト・デナルドン・バティ → 一条和矢
その他キャラ
ミハイル・リンゲンバウアー[子安武人]/ サーシャ・ホーフハイネン[八戸優]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

続きが聴きたいんです!岩浪さん!

原作既読。

 原作の五百香ノエルさんと演出の岩浪美和さんの才能が堪能できる一枚であり。
 保志総一朗さんの可愛らしさに溺れてしまうこと受けあいの作品であります。
 初めて聞いたのはもう十年ほど前になるでしょうか。
 その時もとても感動したのですが。
 今、再び聞き直してもやはり素晴らしく、決して古びていません。
 BLSFファンタジーであるため、むしろ新鮮さすらあります。
 ほんわかとか甘々とかとは対極にある作品ですが、
 人を愛するということ、国家ということ、生きるということ、死ぬということ。
 そういうダイナミックで普遍的なことまで考えさせられる作品であります。
 こんなに世界が狭くなった現在。「自分と自分の周りさえ幸せならそれでいい」など一見、謙虚に見えて実はものすごくエゴイスティックで傲慢な発言であるとみんなにバレてしまったこの日本で。それを予測していたかのような本作品にぜひ触れて、原作ともども味わって、今の時代を振り返れと。イリやヤンアーチェに突き付けられる。
 そんな喜びにぜひ浸ってほしいです。


 
 追記
 田中総一郎さんがまたダン続きディな魅力ですごく素敵です。
 子安さんも相変わらず存在感があります。
 一条さんがまたいい味出してます。
 そしてさすが岩浪さん。
 SFファンタジーなので音だけで表現するのが難しいはずなのに、音だけで見事に世界観を作っています。本当に素晴らしいです。
 そして保志さん。こんなに可愛いくてなのに魔性の色っぽさのある喘ぎ声、スゴイなと。誰と関係しても、決して汚れない。そんな凄みと品すら感じます。
 ぜひ、こちらも一度ご体験頂きたいです\(^o^)/
 

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ