ステディースタディ

ステディースタディ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
作画
脚本
平詩野
原画・イラスト
大和名瀬
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ビー ! スマイル(ファーストスマイル・エンタテインメント)
収録時間
66 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

ボーイズ・ラブ系コミック誌『GUST』の通巻100号を記念するアニヴァーサリー第2弾。現代を舞台に、大学生と浪人生との間に芽生えた恋愛をコミカルに描いた作品を、忠実にドラマCD化。

■曲目リスト
ACT.1「Lesson1」
ACT.2「Lesson2」
ACT.3「Lesson3」
ACT.4「Lesson4」
ACT.5「Lesson5」
ACT.6「Lesson6」
フリートーク

表題作 ステディースタディ

飯島清史 → 子安武人

鶴田真治 → 内藤玲

その他キャラ
店長[津久井教生]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

可愛い二人

見た目がチャラチャラしてるのに頭のいい攻め(子安さん)と、見た目は真面目そうなのにアホな受け(内藤さん)の話。
楽しく聴いたんですが、大和名瀬さんが原作の作品比でいうと、そんなに好きな方ではなかったかな。
なんかこう、もう一歩コメディ路線に突っ走って欲しかった感じ。受けのお兄さんや攻めのお母さんのキャラが好きだったので、そことのドタバタがもっと聴きたかったな。
家族で「同じような性格」だというのをギャグにしてるところ(Tシャツに描かれた字の意味を質問するところとか)とかはめちゃくちゃツボでした。
攻めの家族話はいわゆる「イイ話」で収束するんですが、中途半端な気がします。
あとエッチの回数が多いのにフェイドアウトが多く、それぞれのエッチにあまり差を感じなかったのも私の趣味ではなかったです。最初のエッチは痛いとか、最後はラブラブとか、そういう差。

子安さんはギャグ寄りの子安さんらしい子安さんでした。
受けの内藤さんはあまり活躍されてませんが、喘ぎ色っぽかったです。これが初受けとは信じられないくらい上手い。なぜその後あまりBLに出演されてないのか不思議です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ