胸さわぎのルーレット

胸さわぎのルーレット
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
高橋美和
脚本
中山瑞季
原画・イラスト
明神翼
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

予餞会の出し物のジュリエット役で美貌を晒してしまった由也はあぶない先輩から逃げているところを生徒会長の鷹野に助けられた。恋人のいる鷹野なら安全と思っていた由也は鷹野の恋人と噂される羽岡と藤島とのキスシーンに遭遇し鷹野を慰めようとまとわりついているうちに憐情を恋情とカン違いし体を重ねてしまったが―――!?

表題作 胸さわぎのルーレット

鷹野裕司 → 森川智之

山篠由也 → 櫻井孝宏

その他キャラ
羽岡明良[宮田幸季]/ 藤島優[三木眞一郎]/ 澤田一秀[鈴木千尋]/ 西尾葉月[鈴村健一]/ 楢崎哲治[檜山修之]/ 岡田伸義[谷山紀章]/ 松山泰明[福山潤]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

やっぱり嫌いじゃないですね!

鷹野裕司(森川智之さん)×山篠由也(櫻井孝宏さん)の高校生ものです。
胸さわぎシリーズ第2弾です。原作は未読。
まず、思ったのがですね、由也の友達役で谷山紀章さんと福山潤さんがいたことにめっちゃびびったのと、前巻で収録されていた、「運命のルーレット」で由也を追い掛け回していたのが、楢崎(檜山修之さん)だったのにも驚きですね!このとき、まさか彼がメインになるとは全く思わないくらいの当て馬っぷりでしたw

今回は前巻で明良に振られた鷹野の話です。前巻で、追い掛け回されていた由也を助けたのがきっかけで由也にめっちゃ懐かれます。ほぼ毎日、由也が鷹野の教室に行って周りにはデキてると噂されますが、由也は学校中に出回っている「鷹野は明良と付き合っていたけど、別れて藤島と付き合っている」というのを信じて、好きな人が自分の友達と付き合うなんて可哀想と思って教室に押しかけている感じでした。
まぁ正直、ちょっと助けてもらっただけなのに、行動力あるなぁ~と思いましたし、まず先輩なんだから敬語を使おうな!とも思いましたw
でも葉月には敬語という、その違いがよくわかんなかったです。

しかも、教室続きでは周りの目もあるということで鷹野の家にまで行くというね!マジすげぇよ!その上、話のネタで猥談まで始めるなど!!

結局、その後、付き合ってる(?)状態にはなるのですが、その時に由也は明良の代わりみたいなことを思っていて、ちょっと可哀想でしたね。しかも藤島のせいで、さらにややこしいことに・・・
ていうか、藤島も安易に別の男と抱き合ったりするからややこしくなるんだよ!って思いましたね~。あれは藤島が全部悪い気がします。

なんか、最後の最後まで由也は明良の代わりと思っていたのが、可哀想でしたね。続編でそれも解決するとは思いますが・・・(所持はしているけど、まだ聴いていない・・・)

あとですね、第1弾でも思いましたが、ホモに寛大な学校だなぁ~と。まぁ昨今はLGBT運動はありますが、当時はそういうのはなかったと思うので、最前線だったのかな?と思うことにしておきます。

今回もフリートークがありました!前回と同様、面白かったですねぇ~!
森川さんが鼻声だったり、宮田さんは森川さんに明良役のヘリウムさんと言われたり、鈴村さんと鈴木さんは、あんまりしゃべりませんでしたーと言ったり、櫻井さんは今までのBLの中でダントツで可愛いキャラだったとか、檜山さんは悪役だから・・・ということでプランを考えていたけど、即効却下されたりとか、三木さんは顔が赤いということで二日酔い疑惑が出ていたり・・・(本当は、前日に1時間ほどドライブに行ったら焼けただけというねw)

最後に森川さんが「今後も続くので、皆さん今日やった役を毎回毎回、ここに来てキャラが違うと言われないように、覚えて帰りましょうね」ときれいに終わっていました。前回の謎にBGMはなかったので個人的には良かったです。

0

「胸さわぎ」シリーズ2枚目

原作既読。
大好きな「胸さわぎ」シリーズ2枚目になります。
ヽ(*´∀`)ノ

前作、明良にフラれてしまった裕司と由也カプになります。
相変わらずイラッとする裕司ですが、森川さんの声にてイラ度が半減。
高校生にしては渋めの声だけどやっぱり良い声ですねぇ。
(*´▽`*)
とは言え、フリートークでおっしゃってましたが「胸さわぎがとまらない」明らかに違ってた事、それは鼻声だったらしいです(笑)。
そして由也役の櫻井さん、明良役の宮田さんとはまた違った感じで可愛かったです。
(*´▽`*)
女顔で美人顔である由也が今まで演ってきた中で最強だったそうです。
そして楢崎役の檜山さん、やっぱりこういう役ハマってますよね(笑)。

最後の締めで森川さんが出演者の皆さんに、「今後も続くので皆さん今日やった役を、毎回毎回ここに来てキャラが違うって言われない様に覚えて帰りましょうね」と言って、皆さん爆笑。

おもしろかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ