DOUBLE CALL(6)~放物線の彼方3~

double call

DOUBLE CALL(6)~放物線の彼方3~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
作画
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
69 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

表題作 DOUBLE CALL6~放物線の彼方3~

塔馬巽 → 森川智之

千堂頼人 → 石田彰

犬崎刀哉 → 中井和哉

千堂頼人 → 石田彰

その他キャラ
堀田聖[結城比呂(現:優希比呂)]/ 秋吉城太郎[小野健一]/ 風祭礼二郎[高木渉]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ドラマCDでわかったシーンも。

DOUBLE CALL4から続く「放物線の彼方」の山場、
千堂が犬崎に狙われています。

コレ、原作に忠実なのですが、原作ではニヒルな浮気相手・犬崎が
ドラマCDではもうちょっとヤンチャでチャラい。

原作の犬崎はオレ様系のかっこよさがあったんですが、CDのほうでは…。
というか、原作の塔馬ってフラフラしていて魅力をあまり感じなかったんですが
ドラマのほうはカッコイイです。
さすが森川さん!?

特にカッコイイのは「ホームラン王」奪取を宣言するくだり。
わかりやすさはドラマCDのほうがあります。
原作はいろいろな人間関係がからんでくる複雑なものですが、
CDのほうは徹底的に塔馬と千堂を軸にすすむのでわかりやすい。

その分、堀田や犬崎の魅力がちょっと落ちますが、それを補ってあまりある迫力。
ことに、塔馬の母と塔馬のやりとりは塔馬の心の成長がわかっていい。
原作を読んだ方はぜひ、ドラマCDのほうも聞いてみて!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ