旦那さま、お手をどうぞ

旦那さま、お手をどうぞ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
松岡裕紀
音楽
山中紀昌
脚本
黒瀧糸由
原画・イラスト
香雨
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
パイオニア(ジェネオンエンタテインメント)
収録時間
66 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
なし
発売日

表題作 旦那さま、お手をどうぞ

望月豪志 → 鈴置洋孝

藤野遥 → 宮田幸季

評価・レビューする

レビュー投稿数2

私は好き

数年前に原作全巻読破したくらい好きな作品です。

でも一巻の内容は正直うろ覚えで、今回聴いてやっと全部ではないですが思い出しました。

基本は原作に忠実だったと思います。というか細かいところは忘れたままなので大まかに言えば、ですが。

ただひとつ言えるのは最後のあの意味のわからない会話劇?あれは原作にはなかったはずです。原作は確かその前の遥が望月の名前を呼んだところで終わったような・・・。

時間が足りなかったんでしょうか?見たところ七十分なかったみたいですし、時間稼ぎのつもりだったんでしょうがあんなの入れるなら時間余るほうがマシです。

最後の余韻って大事ですよね。

声はメインお二人共合っていました。今回聴いて思ったのは、鈴置さんって大川さんとお声似てません?鈴置さんのほうが粘っこい感じ?←失礼。
宮田さんのあの可愛らしいお声で「旦那さま」は反則です(笑)。

0

いまいち

人間嫌いの旦那さま×執事

色々といまいちでした。
まずストーリー、突っ込みどころが多すぎる。さらに終わりかたが「えっ、ここで終わり?」みたいな感じ。キテレツな終わりかたはキライじゃないんですが、センスが変なのは好かんです。
次にキャラ。人間嫌いな攻めというわりに、最初っからやたら感情豊かな人間臭いキャラのように思えました。
この手の作品は、「人間嫌いな旦那さまの心を、執事が少しずつひらいていく」って部分が醍醐味であり、萌えどころだと思うのですが、その大事な部分の描き方が非常に荒かったです。
受けの思考がやたら卑屈で、スーパーモテモテ設定なのに「俺なんかが好きになってもらえるはずがない」みたいなモノローグが何度も出てきてウンザリしました。「俺なんか」「なんか」を連発する男は好かんです。そもそもあんな事件で借金を背負ってすんなり従う意味も分からないし。
せっかくの宮田さんだったんですけどねぇ。受けが前向きなアホかわいいキャラか知的なキャラかだったら良かったな。

ストーリーラインそのものは好きです。
名作である『執事の特権』とラインそのものは同じなんだよね。執事が人間嫌いな旦那さまの心を続きひらく、という。
ただ、こっちは、エピソードの荒さやキャラがとことん好きじゃなかったんだなァ…。残念。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ