二重螺旋

二重螺旋

二重螺旋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神25
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

93

レビュー数
10
得点
134
評価数
30件
平均
4.6 / 5
神率
83.3%
著者
イラスト
作品演出・監督
本田保則
音楽
イマジン
脚本
吉原理恵子
原画・イラスト
円陣闇丸
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
70 分
枚数
1 枚
ふろく
ポストカード(ブックレットに書き下ろしSS有り)
フリートーク
なし
発売日

表題作 二重螺旋

篠宮雅紀 → 三木眞一郎

篠宮尚人 → 緑川光

その他キャラ
篠宮裕太[阪口大助]/ 中野[近藤隆]

評価・レビューする

レビュー投稿数10

BGM・効果音に聴きごたえあり!

こちらは原作がとても好きで、ドラマCDの存在を知り数年前に購入しました。久々に聴いても、やっぱり良い。

声優さんの組み合わせも良いのですが、私が毎回ドラマCDで注目するのは効果音。
今回は『足音』に拍手。
屋外や室内を歩く音、階段を駆け上がる音。時と場合にとてもあっていて自然で、BGMや学校帰りの周辺の音なども、ストーリーをより際立たせていました。

欲を言えば、行為シーンで、主に下半身あたりから聴こえる
≪あの≫効果音が欲しかったなあと感じました。でもリップ音はヤバいです。

声優さん
三木さん演じる、雅紀の冷徹感や穏やかな口調なのに有無を言わせない声音。
ささやく声がたまりません。静けさの中にある情熱が滲みでていました。尚人をあやす時のギャップも良い。

尚人を演じる緑川さん。幼さを残す声、雅紀に弄られているときの苦しそうな声、喘ぎ声。いつ聴いても惚れ惚れします。

裕太役の坂口さん。雅紀に唐揚げを押し込められた時の声がやたらリアルで喉の奥に詰まった苦しそうな声に萌えてしまいました。

次に、ブックレットの書き下ろしショートストーリー。
本編で続きはほとんど出てこない、沙也加主体の内容。
あの場面の裏側では、そんな出来事があったんだね。沙也加の心情が痛いくらいに伝わる内容でした。

初回封入特典のポストカード。私が二重螺旋を知る切っ掛けになった雑誌に載っていたイラストなので、格段良かったです。*CDの裏ジャケットと同じ絵柄。

何年経って聴いても色褪せない一枚だと思います。

3

聞き手もラストに、そそけ立つ

原作未読です。
ガチ兄弟苦手だけど怖いもの見たさで挑戦。

始まりは、昭和を感じる豆腐屋の笛の音、
晩ご飯の支度をしている母と子供達の話し声
そこに父が帰ってきて家族団欒。

ところが、この家族があることをきっかけに崩壊。
荒れたりと、精神に異常をきたしたり、
気持ちの良い話ではないので、好き嫌いは別れるかな。

まだ解らないところは多いけど、ストーリーに段々引き込まれている。
BGMは綺麗、独特で不気味、いろんな意味で印象的。

尚人の気持ちを利用して、関係を持とうと誘導する雅紀に
心から憤り×100をおぼえる。
この手の役も、上手い三木さん本領発揮。爽やかな声がこわい

3

キャスティング決めたスタッフ偉いッ!

全員いいんですけど、特に三木さんがですねー、もう素晴らしいです。
よくぞ、三木さんをキャスティングしてくれた!決めた人偉いっと褒めたたえた程に、三木さんの存在感が大きいのですよ。
話は、吉原さん得意のドロドロ系。
いいなー、こういう話大好き!
近親相姦の背徳感もたっぷりです、一部男女シーンがありますがこれはストーリー上不可欠なので是非、苦手な人もそこはがんばってクリヤしていただきたい。

原作を上手くまとめてるし、繰り返すけどホントに三木さんがいい!
あと緑川さんも一番真っ直ぐな次男役を可愛く、でも可愛すぎない程度に演じてます。
三木さん演じる長男の何を考えてるか読めない部分や、酔って弟を強姦するシーンは普通のBLCDとちょっと違って演出で直接的ではなくて緑川さん声で語られる感じなんだけどここはもう聞き入っちゃいますね。

ライトな恋愛物もいいけど、ここまで濃いかっていうドロドロ系BLCDはなかなか無いと思う。
正直、吉原さんって今の若い人達にとっては一昔前の人って意識があるかもしれないけど、このドロドロストーリーはたまらんのでこの魅力に是非ハマって欲しいですなー続き

5

三木神ーーーーーー!!

↑と称えたくなる、それはもう痺れるほど完璧な雅紀兄さんでござりました。本領発揮の三木ボイスをたっぷり堪能。
なんすか、あのエコー台詞乱れ撃ち演出は。鼓膜が犯されたー。脳みそ溶けでるー。思わず鬼リピしちゃったぞw
震えがくるほど甘い声にねっとりとした執着を仄めかせ、優しげな言葉で脅し、決して「NO」を言わせない鬼畜ぶりがぎょわー!(怖わー)
ささやき声で弟を追い込んで絡めとる雅紀兄さんの、精神的な支配ぶりが見事に伝わってきて、ぞくぞくわくわくむんむんしました。

対する、尚人役の緑川さん。
三木さんとは違った方向に甘い声が、これまたたまりまてん。
実の兄にロックオンされてしまった哀れな子羊なる様相が、えっらい萌えます。
逆らいたいのに逆らえず、逃げ出したいのに退路をふさがれ、怯えながら、でもどこか底では兄に甘えている感じが実にお上手です。
甘ったるく掠れる高音の喘ぎもまさに鳴くって表現にぴったり。げへげへ。
三木さんの甘い言葉責めに腰砕けになりつつ、オラもこの子犯したいぃー!と緑川さんの鳴き声に鼻息荒くなる自分。どっちに興奮していいやらで萌え感知器がオーバーヒートです続き
ただ一つ残念だったのは、「まーちゃん」と呼んでいる身内がいるもので、尚が「まーちゃん」と連呼するたんびにその身内の顔が浮かんでちょいちょい微妙な気持ちになってしまった。ちくそー。

原作シリーズではやや苦手なモノローグですが、CDでは状況説明と心情描写をほどよく提供してくれながら上手くストーリー進行を担っていて、物語がより立体的・魅力的になっている気がします。スバラシイ!
吉原さんのくどさってドラマ映えするというか、愛憎もの、執着ものを書かせたら右にでるものはいないかも。脚本上手いなぁ。

背徳という名の蜜の味は、不道徳であればあるほど甘さを増してゆく…
兄弟もの、特に兄×弟が好きな方なら四の五の言わずに聞きなされ、生唾ものですぞ。とためらっていたかつての自分に言いたい。
あと全国の「なお」さん」は必聴!
お母様、なにゆえ「なお」が付く名前にしてくれなかったの。

7

原作 未読です!

キャスト三木さんと緑川さんと知り 飛びついてしまいました!
原作はまだ未読! なにしろ大御所 吉原理恵子先生の長編ですので 読むとなると ちょっと気力がいるのですvv 簡単に読みたくない! じっくり読みたいv でも ちょっとキャストの魅力に惹かれてCDで・・・ 聴かせていただきました!! この作品が2002年のCDですので最近の作品に比べれば エロさはちょっと控えめのような気がします でも8年前のCDと考えれば十分エロいでしょうvv 
 で ストーリーですが・・・・私 完全近親もの 苦手なのです まだ血族でないなら 前々OKなのですが このCDのみでは全ストーリーを図ることは出来ませんが 聞く限り 雅紀は実の母とも関係して 実の弟って!!なんで 尚はその状況を受け入れられたの!! 末の弟の訴えに まさしく そうだ!!と カナルイヤホンで聞きながら 呟いてしまいました(^^;)三木さんの演技力 弟を呼ぶ声には ゾクゾク・びりびりvv 緑川光さんの家族にすがる心の声もタマリマセンvv でも近親もの!! 趣味じゃないと中立を葛藤した結果 キャストの演技力とCDなので 中立!!
 吉原理続き恵子先生の作品は原作読まないとダメですね いくら近親ものが苦手といっても 奥が深いので浅い段階では評価しずらいですねv       

2

主役のお2人、素晴らしすぎる!

「二重螺旋」タイトルの原点がここにあります。
家族の気持ちを必死で繋ぎ止めようとる健気な尚人(緑川さん)
兄との関係に苦悩する尚人・・・ためいき1つにも魂が入っていると思います!
そして何より、このCDでは雅紀(三木さん)の鬼畜ぶりが
遺憾なく発揮されクライマックスは鳥肌がたつことは必至です。
原作者の吉原先生が脚本を担当されただけあって
台詞、SE、BGM文句ありません!つけようがありません!
はっきり言って3000円は安いです!
私にとってBLCDの原点と言っても過言ではない
神×1000!あげたい作品です。

6

「優しいのにこわい」というか「優しいからこわい」。

個人的なことですが、最初この作品を聞いたのがこの世界に戻ってきて初期の頃で。
キャスト買いしたわけですが、それまでにいた世界がぬるかったせいか正直しんどくて。
最後まで聞くには聞いたのですが、長らく放置してしまいました。
改めて聞いてみたくなって聞いたらなかなか面白かったのです。
何故なら、私、ちょっとくらいしんどいのの方が好きだって気付いたから!(爆)
甘いお話よりもちょっとくらいドロドロしてるものの方が好きです。

ま、これはこれで独特の作品ではあると思うのだけれども。
平和だった頃はすごく穏やかな良いお兄ちゃんに見えた雅紀がだんだんこわいお兄さんになっていきます。
弟の尚人に対する執着がハンパなくて、最初は酒のせいもありましたが無理矢理やっちゃうしね。
その後も優しい口調で脅迫するというか…。
「嫌がることはしないよ」って言いながら「でも、出て行っちゃうかも」みたいなことを言ってみたりして。
その辺の三木さんの匙加減が絶妙で。
「優しいのにこわい」というか「優しいからこわい」みたいな。
熱い炎じゃなくて冷徹な炎って感じというか…。
それもこれもみんな続き尚人のことが好きで、途中でそのことに開き直っちゃった部分もあるからなんだけども。
どうしても手離せないものがあるから、それ以外に対してはぞんざいだし、尚人を傷付ける者に対しては容赦ないというか。
最初の方の裕太のから揚げの件は本気でこわかったし。
そして、そんな三木さんを受けて立つ緑川さんがまたステキでした。
必死に拒むのに拒みきれない感じとか、苦しそうな感じとか。
えちシーンが思いのほか好印象でした。

きっと原作も面白いんだろうなとは思うんだけども、今回は音になった迫力みたいなのがあったんじゃないかと思う。
雅紀の感情の温度みたいなのは音になるとよりリアルだったりこわさが増したりとかすると思うので。
続きが気になりだしたので、また探しに行きたいと思います。

3

鬼畜三木がぞくぞくします

吉原理恵子さんの原作のドラマCDですが、吉原さんのこうしたものへの情熱を感じさせる脚本と構成になっていて、まさにドラマCD!といった作りは素晴らしいです。

お話は、父親が愛人をつくって家を出ることによって崩壊した家庭の兄弟のお話で、近親相姦・そして家族・家への執着がテーマのような気がします。

その中で禁忌を犯す兄・雅紀@三木さん、二男・尚人@緑川さん が中心となっていきます。
緑川さんは全く持って言うことなしの素晴らしい尚人ぶりで、その王子ボイスで少し低めに語るモノローグ、ふつうの高校生、そして兄ちゃんとイケない関係を結ぶ時のエロボイスと、使い分けてくださってます。
やっぱ、緑川受けは最高だと思います(攻めも鬼畜で好きだけど)
そして三木さん!
ダメなんです、どうしてもこの雅紀の声。
眼鏡をかけた七三わけの鬼畜サラリーマンを連想してしまって・・・
背が高くて、かっこよくて、モデルをしている20代の青年に聞こえてこないんです~
尚人を脅して、いたぶって、言葉で責める鬼畜ぶりはとってもいいのですが、頭に上記の画像が浮かんで・・・
美少年を犯ってしまうイケナイおじ続きさんのイメージになってしまった。

でもですね、音楽も優れていてHシーンのあのエコーのかかった水音を入れた音楽が淫猥さを増幅していたりして、手が込んでいます。
要は自分の脳内イメージと声優さんのイメージのギャップの問題だけなので、ストーリーには影響せずにその世界を堪能できました。
いずれにせよ、雅紀の意地悪執着ぶりは発揮されていましたから。
これから、もっとドロドロと執着してエロく、激しくなっていくのが楽しみです。

最後に、三男・祐太@坂口さんはBLドラマが苦手だそうで、絡みがなくてよかったね、、っていうかそんな役だったらやってないか?って、、余談です。

4

原作を超えてる…!

完全にハマりました。
のめり込むようにして聴いてしまいました。

まず脚本が絶妙です。
原作者である吉原理恵子さんご本人が脚本を書かれたらしいですが、完璧でした。
モノローグの入れ方が絶妙で、唸ってしまいました。

次に、声優さんたちが完璧です。
攻めの三木さんは、「優しい猫なで声なのに、ゾッとするほど怖い」セリフ回しがめちゃくちゃ上手いです。
言葉の裏側に狂気が潜んでるような、そんな喋りかた。
「なお?」ってたった二文字なのに、鳥肌がブワッと立ってしまった。
すごい、すごすぎる。
受けの緑川さんは、喘ぎ声が神でした。
たっつん喘ぎや神谷さんの喘ぎを絶賛してきた私ですが、それ以上にハマりました。
糸を引くんです、かすれるんです、かすれた喘ぎ声の狭間で、絞り出すように呻くようにセリフを叫ぶんです。
なんなんだこれは!

次に、音楽が素晴らしかったです。
絶妙なところで絶妙な音楽が流れ、絶妙なところで途切れて『三木さんの恐怖の猫なで声』が…。
超ホラーだよこえーよ!

原作も面白かったんですが、このドラマCDは、原作以上に面白かったです。
すべてがぴったりハマってる感じ。
ストーリー的には続き薄くなってるんですが、そういう薄さを補って余りある、脚本の妙、声優さんの妙、音楽の妙。
『すべてはこの夜に』が今まで聴いた数少ないドラマCDのなかで一番好きなんですが、これはそもそも原作を神のなかの神だと評価してる作品なんですよね。
それに対しこの『二重螺旋』、原作は萌え評価にしてました。
原作からのステップアップっぷりで、この作品を越える作品に今後出会える気がしません。(CD素人ですがw)

素晴らしかった!!

8

キャスティングが神過ぎる。

BLCDの醍醐味、「原作よりも萌えた!」をはっきりと体感したのはこのシリーズの印象が色濃い。
内容が内容なので(ガチで兄弟相姦)、誰も彼もひっつかまえてお勧め! とは云い難く、それどころかわたしは超苦手分野。
兄弟相姦の上にスタートが強姦。萌えられるわけがない。
初めて聴いた時は、濃過ぎる内容に疲労しか感じなかったほどだった…のに!
じっくりみっちり聴き込んでみると、怒涛のような萌えの波に攫われてしまいました。

緑川光の尚人、神。
彼の声と芝居以外考えられない。最早尚人本人の声としか思えない。
凛とした、それでいてやわらかな力の抜けた高校生ヴォイス。
清楚で、綺麗で純でウブで…、それなのに淫乱。
可愛くて、儚くて、何だろう…こう、いけない美声(笑)。
こんなにいけない声で「まぁちゃん…」って云える声優は他に居ないです。
強姦シーンも、緑川さんの悲痛な「いやだ…っ」が本当に哀しく、まぁちゃん…、って助けを求めるような声の合間のひくっと云う泣き声に、本当に本当に本当に怖いのがめちゃくちゃ伝わって来て、こっちまで恐怖に慄くほどでした。
けれど、兄に犯されることを厭続きがる緑川さんの芝居にめちゃくちゃ萌えてしまうのは何故なの?(…)
自ら尚人@緑川さんを泣かせたくなってしまいます…。(ぇ)

そして三木眞一郎の怖過ぎる雅紀が、格好良過ぎる罠。
威圧感でもって総てを支配するような、何とも恐ろしいくらいのピリピリした存在感を放つ三木様ヴォイスは正直、めちゃくちゃ怖い。
聴いているだけで緊張して逃げたくなる。
だって、優しい声すら怖いんです。
「ナぁオ?」をこんなにもまーちゃん本人としか思えない抑揚で云えるのは、きっと彼だけ。
必殺技「ナぁ~オ?」を聴く際、全国のナオさんは心の準備をした方がいいかと(笑)。

兎に角、吉原理恵子さんが最初っからこの2人の声で妄想して書いていたとしか思えないくらいの神キャスト。
雅紀@三木さんに、「ナオは…誰の、だ…?(ハァハァ)」って攻められながら虐められるシーンに失神するかと思うくらい萌えたのはわたしです(笑)。
喘ぎながら「まぁ…ちゃんの」って繰り返す尚人@緑川さんに悶絶。憤死するかと思いました。

このシリーズはBGMもめちゃくちゃ秀逸。
ラストのピアノも本当に重たくて綺麗で、最後の最後に突き落とされる感じが病み付き…。
背徳と云う設定あってこその萌えでもあるけれど、正直、絡みだけでも充分萌えられる1枚。
原作に比べるとCDの方がエグい描写は緩和されているので、もしその辺りを理由に敬遠している方がいらしたら、是非聴いてみて欲しいです!

12

ひろ

むつこさん、こんばんは~v(´∀`*)むふ

オススメ緑川さん、がっつりお勧めしますので覚悟しておいてください!(は?)
受け攻め色々取り入れてシリアスからイロモノまでお勧めしちゃいますので…!
暴君は次回購入リストにそっと追加しておいて下さいましv(笑)
2は眼鏡探すほどの衝撃(笑)、しかも怒り過ぎて声が濁る緑川さんも聴けますのでっっ!(それお勧めポイント?)

『二重螺旋』、ほんと強烈ですよねえ…。
わたしは緑川さん目当てでCDを先に聴いたので、初めて聴いた日は物凄く重苦しい疲労感に苛まれて終わりました(笑)。
萌えレベルかなり低かったです…いや、今も低いですが(´∀`;)
弟の成長っぷりが一番顕著なのと、何せ吉原さんなのでこの先それもアリかなあと思う反面、雅紀に眼で殺される気も…。(ブルブル)

むつこ

>>ひろさん
スイマセン、しつこくてw
オススメ緑川さんは時間のあるときでいいので、気合いも入れなくていいので、ほんと面倒なことお願いしてスイマセン(´Д`)

『恋する暴君』、ひろさんのお話を聞いて、逆に興味がわきました…!
キレてる緑川さん。キレてる緑川さん。エッチのときもキレてる緑川さん。私もキレられたいぜ(ぇ)
もこさんがレビューされてますが、それ読んでさらに興味が…2ではメガネ探しまでされてるしww

『二重螺旋』シリーズは、小説じたい、一作目がいちばんキョーレツでしたからね~w
二巻以降からはかなり甘々な展開になるのは知ってるので、そのあたりの覚悟(?)は大丈夫です!
弟が成長してナオに手出しして禁断の三角関係になってくれないかなァとか、私、かなり鬼畜なことを思ってますw

ひろ

むつこさん、こんばんはv
でしゃばりなんて(!)とんでもないですよ~><

むつこさんがずぶずぶと声の世界に堕ちて行く様を柱の影からニマニマしつつ見詰めているひろです(´∀`*)ムフー
これの続編も既にご注文済とのこと、既にお手元に届いていることでしょうか♪
2作目・3作目は原作通り、メインCPのあれこれより寧ろ違うところにフォーカスが当たっていたり、兄弟相姦の背徳性もどんどん薄れては行きますが、尚ちゃんな緑川さんヴォイスにハマれれば存分に萌えられると思います!
何だかんだ、1枚でがっつり萌えられる1作目が一番秀逸な気もしますが…(待)。

で、で、で!
緑川さんのお勧め!
あーんっ、張り切ってお勧めさせて戴きます~~っ!!><//
ちょ、ちょっとお時間戴いていいですか?
わたし本気でベストを探しますので!(笑)
はっ、攻め作品も入れていいのかなあ…。(ソワソワ)
かわゆい受けヴォイスだけのがいいかしら…ムフー。

因みに「恋する暴君」は、むつこさんが緑川さんの高音の可愛い声や喘ぎがお好きならお勧めしません。
結構低音なんですよ、この緑川さん。
しかもず~~~~っと怒り叫んでいて、美しく繊細でクリアな、「美声」系ではないお声です(笑)。
絡みの時ですら全力でキレてます。
けれど、そもそもこの方は地声が有り得ないくらいいい声なので、聴いてみるのも良いかも…v(どっち)
わたしは大好きなCDです(´∀`*)

むつこ

しつこくレスします、有名人、またの名をデシャバリ星人のむつこです。…な、なんかヤダ(´Д`)
気をつけよう…w

今朝、っていうか昨日の朝、いろんなCDを注文したんですが、続編二作を真っ先に注文しましたよ~v
更にたいへんなことになっちゃってる緑川ヴォイス、怖くてえろい三木ヴォイス、うおー、まじではやく聴きたいッス!

「ナオは…誰の…だ?」
「…まぁ…ちゃんの…」

↑このヤバさを超えられるのか、楽しみ…!

で、いきなりで申し訳ないのですが、このシリーズ以外での、緑川さん出演作のオススメを教えていただけませんでしょうか。『恋する暴君』を狙ってるところなんですが、原作未読でかなり迷い中なのです。
あと、ランキングには、気が向いたら気軽に参加してくださいませ♪

ひろ

むつこさん、こんばんは(´∀`*)
何かものすっごい有名人に突然声を掛けられたような気分でアワアワしてしまいました(笑)。

二重螺旋、むつこさんの背中をプッシュすることが出来てとっても嬉しいですっ!><//
わたしはBLにハマる前から声ヲタで、BLCDも何の役に立つのん? って云うくらいばかみたいに聴いていますが、その中でもこのシリーズは殿堂入りするくらい大好きなんです(´∀`*)
そもそも緑川さんの大ファンなので緑川ヴォイスには甘いのですが(笑)、それを差し引いても尚人の喘ぎはたまりませんよね~vv(でれれれれ)
わたしも後半の絡みはCDが擦り切れるくらいエンドレスで聴き込みました!(鼻息)
続編も三木くんが怖くてえろくて緑川ヴォイスが更に大変なことになっているので、是非機会を作って聴いてください~vv(´∀`*)むふ

因みにBLCDベスト5は決めかねて書き込み出来ずにおります…(笑)。

むつこ

全文同感です!
CD選びをするときに、『二重螺旋か…どうしようかなァ…』と迷ってた私の背中を押してくださったのが、ひろさんのレビューでした。
買って良かった…。
後半の絡み、鬼リピートしてしまいましたよw
ありがとうございます。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ