ニューヨーク・ニューヨーク2

ニューヨーク・ニューヨーク2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
作画
作品演出・監督
松浦典良
音楽
上野洋子
脚本
川崎ヒロユキ・高山カツヒコ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
71 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

ニューヨーク市警の警官として活躍しているケインはメルと恋に落ちた。二人はゲイに対する偏見と闘いながらも、ゲイ・チャーチで結婚式を挙げる。幸せの絶頂で、メルはいきなり姿を消した。絶望の淵にたたき落とされたケインを訪れたFBIの捜査官ルナは、メルがジョーイ・クラインに拉致監禁されている可能性を告げる。必死でメルを探す二人はやがてジョーイを追いつめ…。(ブックレットより転記)

表題作 ニューヨーク・ニューヨーク2

ケイン・ウォーカー → 中井和哉

メル・フレデリクス → 石川英郎

その他キャラ
ルナ・ピッツバーグ[折笠愛]/ ジョーイ・クライン[古澤徹]/ マシュー・ライアン[保志総一朗]/ ブライアン・バーグ[西村知道]/ エリック・ピッツバーグ[石田彰]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

1巻に引き続き、石川さんの美青年声を堪能してください

ケイン(CV.中井和哉)とメル(CV.石川英郎)の結婚式からお話が始まります。
幸せ絶頂の二人に再び試練が訪れて・・・

連続殺人犯ジョーイ(CV.古澤徹)にメルが拉致監禁されてしまいます。
FBI捜査官ルナ(CV.折笠愛)とともにメルを探すケインのお話になりますが、このお話の主軸はジョーイの背景なので、今回はゲイの悩みだけでなく、こどもの虐待などにもスポットが当てられています。
家族の中で唯一ジョーイに優しかった弟・エリック(CV.石田彰)に風貌が似ているメルがターゲットになってしまったのですが・・・

離れ離れになり、助け出されたものの、PTSD(←今でこそこの言葉を良く使いますが、10年前は使いませんでしたね。)の為更に苦しむメル。
それを優しく包み込むケイン。
確か原作はその後のお話をはっきり描かれていた気がするのですがいかがだったでしょうか?(すっかり忘れております。)
このドラマにおいては、ハッピーエンドのまま年老いたケインへのインタビューで幕を閉じます。

なるほどそうだったのねと思ったので、ブックレットの中で羅川さんが書かれている言葉を写し書きし続きます。
【声優さんについて】
主役二人の声探しで、最初に出した要求は「アニメ声ではなく、洋画の吹き替え声」でした。ケイン役の中井和哉さんは「相手に皮肉を言うのが上手そうだなあ」と思い(褒め言葉です)メル役に関しては「ちゃんと男っぽい声で、優しい声でケインと違うタイプの声質」というイメージがあったので、石川英郎さんにお願いしました。
  とのことです。

実際、1,2巻通して、アメリカ映画を見ている雰囲気でした。
決してアニメではありませんでした。

最後に、ここのところ石川さんのやや低目でまったりとしたおじさんキャラを数作聴いていて、10年前だとこんなに美青年声だったのねって、変なところに感動しております。
完璧な受声なんですもん。
ちなみに中井さんは中井さんでした。
それから、1巻にも端役で出ていた鈴村くんはもちろんのこと、出ていなかった鳥海浩輔さんもほんの端役で出ています。
寂しくなっちゃいそうなほど端役ですが、一聴の価値ありです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ