甘くキスして惑わせて

甘くキスして惑わせて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784829651292

あらすじ

如月優人はクラスメイトの杉浦鋭士が気になって仕方がない。そんなある日予備校で鋭士とそっくりな双子・征士と知りあい親しくなってゆく。優人は鋭士と征士のどちらに惹かれているのか分からないまま征士とつきあいをはじめるが、キスしている時に違和感を覚える。征士と鋭士が入れ替わっていた…!? 征士の元恋人だという新見まで現れて、恋は混戦模様。

表題作甘くキスして惑わせて

杉浦鋭士+征二(双子攻め)
如月優人(高二)

その他の収録作品

  • アンバランスなバランス
  • 幸せになろう

評価・レビューする

レビュー投稿数1

双子攻めの3P

タイプの違った双子でどちらも攻めで、3Pまであります。
学生物でちゃんと葛藤まであって、複数攻め好きの私は満足しました。

杉浦鋭士 元気なスポーツ系タイプ+征二 優しい知的系タイプ(双子攻め)×如月優人(高二)真面目受け
クラスメイトの鋭士に憧れていて、引っ込み思案で大人しい優人は話した事もなかった。
通い始めた予備校で鋭士を見かけたと思ったら、違う高校に通っている双子の征二で。
親しく話しかけられて征二とどんどん親しくなり、優しい征二のことが好きになって恋人になる。
家で征二といるはずなのにどこか反応がおかしい事に気づくと、それは鋭史で。
双子がどちらであるかを見極めて欲しかったのと、好みは一緒なので2人とも恋人にしないかと誘われて。

受けがちゃんと互いの違いを見極めて選んでくれたことによって、長年の双子のコンプレックスも解決します。
双子攻めの場合、受けがどちらかちゃんと見極められるかどうかを重視しているだけに、そこを抑えていて満足しました。
世間的に不道徳なのを知りながらも、2人の手を取って3人という形を選ぶ。
真面目で大人しいだけにきちんと悩んでい続きて、自分の幸せではなく攻め達の幸せを考える健気なタイプなのがよかったです。

明るく楽しく悩みもせずに3人で幸せパターンではなく、3人であることを葛藤するタイプの複数攻めです。
受けが攻め達に流されるだのではなくて、自分の意思を主張していたのにも好感を持ちました。

幸せになろう
攻めの元恋人を他の男とくっつけてお片付けする話で、苦手な展開でした。
この話を入れるのなら、本編の方がもう少し読みたかったです。

エロ:★3 3P有で、無理矢理なしの甘いHです。
総合:★4 複数攻めということにまともに向き合った話で、展開もよかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ