オープン・セサミ

オープン・セサミ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
32
評価数
8件
平均
4 / 5
神率
37.5%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

芸能プロで働く拓磨は、自分で育てた俳優の由貴に密かな思いを寄せていた。だがある日、由貴に思いがけず告白された拓磨は、マネージャーという立場上、彼を優しく拒絶してしまう。それ以来、ふとした拍子に、由貴の性格が別人のように入れ替わってしまうようになった。まるで、彼の中に他の誰かがいるようで…。(レーベルより)

表題作 オープン・セサミ

庚拓磨 → 堀内賢雄

香住由貴 → 三木眞一郎

その他キャラ
庚寿麿[鈴置洋孝]/ 英田朱門[中原茂]/ 由貴の父[中博史]/ 晃司[遊佐浩二]/ 監督[藤原満]/ スタッフ[水島大宙]/ ディレクター[小林範雄]/ セラピスト[山川亜弥]/ 子供[若林直美]

評価・レビューする

レビュー投稿数6

彼の名は三木“神”一郎!!

三木さんの演じ分けが素晴らしいと知りまして
結構古めの作品ですがゲットしてみました。

物語自体にかなり深みがあるとか、
とてもハラハラして展開が読めない!!とか
残念ながら私には無かったのですが
とにかく、評判通りの三木“神”一郎がここに……。
気が若干弱くて優しいけど気を遣い過ぎるような、主体の人格の由貴。
自分を女だと思い込んでるユキ。
非常に暴力的な牙。
5歳の男の子、たっくん。
それぞれをまとめ、痛みを肩代わりしてきた知的で冷静な佳樹。

さすがに5歳は厳しいでしょーと思いながらも、可愛い男の子でした!!
ユキはキレイだろうなぁと素直に思えましたし、
牙の時は今まで聴いた事がないような乱暴さと巻き舌!!
佳樹のクールさは一番好みでした♪

役名をいちいち呼ばなくても、個々がすぐわかる!!!
こういう作品は2枚組の方が良かったのでは?と思ったのですが
もしかしたら当時そういう概念は無かったの…かな?
(BLCD歴がまだまだ浅いのでわかりません;すみません)

多重人格者の知識がそんなに無い為、
描写、展開共にそんなに違和感はありま続きせんでした。
切り替わるタイミングも不自然には思いませんでしたよ。
だって三木さんにとにかく惹きこまれてしまう!!

Hシーンが無いとがっかりする方なのですが(おい)
今回ばかりは無くても良かったかな…という感想です。

賢雄さんのメインってあんまり聴いた事がなかったのですが
大人、でしたw(それだけ!!??)

爆発する撮影の時、佳樹になってて、
死にたがる佳樹と助けに来た拓磨とすったもんだでしたが、
「そんな時間あるのか!?
撮影続行してて、拓磨の姿は映像に入っちゃってるよね!?」みたいな
些末な事が気になりました;;

特にBLCDという印象が無く、
ただひたすらに三木さんの凄さに圧倒された作品でした!!
三木さんには“神”ですが、
内容に対しては「うーん」な部分があったので“萌”です。

でも晃司役が遊佐さんってわかって嬉しかったし、
阿部さんが脚本・演出だし、
三木さんの素晴らしさを再認識できたので聴けて良かったです!!!
あと、精神科医・英田朱門役の中原茂さんが
時には優しく、時には凛々しく、で素敵でした♪
あんな風に話しかけられたら心をオープンにしちゃいそうですw

3

どれもこれも三木さん。

結構古い作品ですね。
久しぶりに聞いてみました。
お話としては認めてはいないものの最初から両想いのような。
そもそも、自分の感情を自覚して逃げ出したところから始まってるのも珍しいかも?
気持ちはあるもののそれを押し隠して接する拓磨。
それらしいことを由貴に言われても何気なくかわして。
そのうちに由貴の異変が明るみに出てくるわけですが。
………多重人格障害なんですよね。
幼少期のトラウマからいくつもの人格を作り出してて。
それを全て三木さんが演じるわけです。
三木さんファンなら聞いて損はないと思う。
いろんな声色が聞けるし。
主人格の由貴はちょっとヘタレというか押しの弱い感じ之優しい青年。
全体を把握して統率しているような佳樹はクール系というかツンというか。
女性人格のユキはもちろんオネェ言葉。
牙は暴力的な人格で言葉遣いも乱暴で荒い。
そして、たっくんは5歳児。
どれもこれも三木さんなわけですが、ちゃんとそれらしく聞こえるんですよ。
三木さんなんですが、ちゃんと5歳児だったりするわけです(笑)
やっぱ声優さんてすごいなぁ~。
それから今回聞いてみ続きていいなと思ったのが中原さん。
心療内科医(だったかな)だったんですが、イイ声だ(笑)
なんだろう。
淡々と喋ってるようなんだけど、どこか色気がある声というか。
きっと何もないんだろうとは思うんだけども、寿磨となんかあったら面白いのになと思いました。
昔の作品だからなのかどうなのか、えちシーンは控えめでした。

フリトは三木さん、賢雄さん(堀内さん)、鈴置さん、中原さん。
鈴置先輩との絡みがなくてよかった賢雄さん。
朱門(しもん)役ということでNG出したら「どうもしもん!」と言おうと考えていた中原さん。
この後は1時間飲んで11時、2時間飲んで12時という感じの方々。
「じゃあ、5時間飲んだら?」と鈴置さんにいじられる賢雄さん。
賢雄さんがいじられるとか今ではない感じですよね(当たり前といえば当たり前ですが)

2

神に限りなく近い萌え!三木さんが神

三木眞一郎の真骨頂!

とにもかくにも三木眞一郎さんの演技がすごい!
多重人格者の役で、子供~女性まで確実に演じわけしていて鳥肌モノ。
その多重人格者の三木さん演じる香住のマネージャー庚役が堀内賢雄さん。
賢雄さんはとまどいながらも香住を受け入れ、愛していくという
ありがちな様でなかなか難しい役どころだったと思うのですが、
わざとらしくなくそれでいて存在感のある演技でした。

脇役というにはもったいないくらいの中原さん@精神科医、
芸能プロ社長役の鈴置さん、新人マネージャー役の遊佐さん、と
取り巻く声優さんたちも非常に豪華で演技達者な方ばかり。

少し重くて暗い内容ですが、聴いて絶対ソンはないと思います。

ただ、神に選ばなかったのは、BLとしてじゃなくても良いようなストーリー、
最後らへんにちょこっと付け足した感のあるHシーンがおざなりで
もったいない気がしたので…。


2

三木さんスゴイよ…

神にしたかったんですが、したかったんですが、どうしても「とってつけたような恋とセックス」に納得がいかず、萌え評価で。唐突すぎて、これで無理やりBLにした感じが否めなかった。
でも、三木さんだけなら神です。神を超えてます。
他のみなさまがレビューに書かれてる通り、多重人格の役なので、一人で五種類の声を出されてるんですよ。

すげえええぇ…

難なくこなしてるように聴こえるんだけど、こんなの常人じゃ無理だよ…。
とくに圧巻だったのは、ラスト、人格同士で話し合いをするところ。話し合いをしてるのはすべて三木さんなのに、違う人が話してるように聴こえて…「うおー」と思って、サブイボができました。

ちなみに五種類の声のなかで一番好きなのは、佳樹の声。理知的でクール、三木さんの出す酷薄そうな声がたまらんのです。
次は牙。暴れん坊のやさぐれ男です。三木さんの巻き舌に「きゃー」となりました。
あくまでも「声」の趣味です…w

3

むつこ

菊乃さんへ
あー、なるほど!
エロボイスがダメって、BLCDにおいたら致命的ですもんねw
私はまだ、濡れ場で、無理っていう声優さんに当たったことがないなァ…経験値が少ないってだけじゃなく、私はなんでもokな悪食な予感がします。
ただ、リアルであんなに声を出しまくるオトコがいたら、間違いなくイヤになるw

『こどもの瞳』は私も聴きましたが、ストーリーも良かったし、声優さんにぴったりあってましたねぇ。

菊乃

>堀内賢雄さんは、なんで鬼門になっちゃったんでしょう?
ぶっちゃけ、エロボイスがダメだったんですよw
賢雄さんの普通の吹き替えボイスは決して嫌いじゃないんですが^^;
同じ理由で、あと2人ほど鬼門の方がいらっしゃいますw
成田剣さんも鬼門だったんですが「こどもの瞳」で克服しました!

そういえば、石田彰さんといえば
しょっちゅうテレビで放送されてた映画「タイタニック」で
ディカプリオをやってましたよ!
って、内容ズレまくりでスイマセン<(_ _)>

むつこ

カノアマスミさんへ
原作も読んでみなきゃ分かんないですねー。カノアマスミさんの書き込みを見て、読んでみたくなりました!(しかしビリーミリガン懐かしいw)
確かにCD一枚なので、ストーリー的な部分での原作の良さを詰めこみきれなかったのかも。

そのマガジンマガジンの企画されたCD、まとめて聴いてみたいよ~!!


しかしみなさん、ホントに詳しいですねー、いいないいな。
一つ情報があったら、それに付随した話がガンガン飛び出してくるw
今後とも色々教えてください。

むつこ

菊乃さんへ
石田彰さんという方は、かつてはタクミくんシリーズをはじめとするBLの人気作品にガンガン出演されてた方だったんですねー。
「7人の石田さん」だけじゃなく、旧CDも聴いてみたいです。

てか手元にあるのに聴いてないっていうのがスゴイw
ぜひ聴いてみてください。
このCD、トークもなかなか面白かったですよー。
しかし堀内賢雄さんは、なんで鬼門になっちゃったんでしょう?

カノアマスミ

あーすいません、菊乃さんが正解の書いてましたね。

ちなみに、ボイコレのは、速水奨と山口勝平のだけ色々中にミニドラマの一人芝居入ってます。シナリオ秀逸☆(雑談再び)

カノアマスミ

これの原作、実は私が十数年腐やっていて、未だに一番好きな小説なんですよ。
最初は (多重人格なんてスゲー暗そうだ・・・) とか思ったのですが、なんかすご色々もっともらしくて。小説家の友達はこれを「ビリーミリガンみたい」といっていました。
私はCD聞いていないんで良く分かりませんが、あの話をCD一枚 (ですよね?) でやるとなれば・・・確かにむつこさんのレビューみたいになるかなぁ~? って、結構なるほどと思いました。

ミドリさんが言ってるので思ったんですが、そう言えば、マガジンマガジンの通販のみのCDで、一人の声優が、色んな役にチャレンジする、一枚丸まるその声優オンリーというシリーズがありました。
石田さんのも品切れだけどあるから・・・・・・・もしかしてミドリさんの言ってるのってこれなのか??? とか思いました。(全然違ったらすいません 爆)

http://www.june-net.com/shop/cdvideo_3.html

ちなみに、私はこのシリーズのは速水さんのがシナリオともどもすっごく好きです。(雑談 笑)

菊乃

石田さんのそれって、確か「7人の石田さん」とかいうタイトルだったような。。。
あれはすごかったですよね?>ミドリさん
しかし、この人がBLの世界から遠ざかってしまったのは非常に残念です。

実はこのCD、手元でスタンバっているのですが
賢雄さんのBLがちょいと鬼門になりつつあってまだ聴いてないんですよ。
でも、むつこさんのレビュー読んで
三木眞さんの1人5役を聴いてみたくなりました!

むつこ

ミドリさんへ
その石田彰さんの一人七役っていうのも聴いてみたいです!いいなァ、聴きたいな、興味しんしん…。
声優さんの職人芸みたいなものを堪能できる作品っていいですよねぇ。
私、この作品を、いろんな声優さんに演じてもらって聴き比べたい!と思ってしまいましたしw

ちなみに五役のうちの一人は女、っていうかオカマちゃんです。
みきしんのオカマちゃん、なかなかですよw

ミドリ

一人5役ということで思い出したのですが、石田彰さんは一人で7役されているものがあるんですよ。
でもCDとかじゃなくって…あれ何なんだろう。
私は某you tu○eで見たんですけど。
おじいちゃん、おばあちゃん、おかあさん、おとうさん、女の子、男の子、赤ちゃん…あと何だろう、ネコだっけ(笑)??
何か忘れたけど7役してました(笑)

三木さんは青年男性の声を5役もされているということで、それはそれで凄いですよね。
しかもCDだからその役を演じ分けながらなんて…頭こんがらがりそうです。
さすがだよみきしん!!

…というどーでもいい雑談でした、いつもスミマセン!

これぞ声優さんのお仕事

マネージャーの拓磨の堀内賢雄さんのモノローグでストーリーは進行。

拓磨の兄・寿磨の鈴置さんに、精神科医・英田の中原さんと、素敵なおじさま声に囲まれ、
俳優・由貴(よしたか)の三木眞は、多重人格の難しい役を演じている。
一人で、複数の全く違う人格に次々になって、これぞ声優さんのお仕事って感じ。

以下ネタバレ
女性のユキと5歳児タックンが特に圧巻。ほんとに女性と、5歳児に聞こえる。もとの人格ヨシタカとヨシキの関係も


原作を知らないので、1回目聞いたときは話についていくのでいっぱいいっぱいだったけど、2回目聞くと、オープニングから、ああ、こういうことだったのねって納得。

ストーリーに引き込まれて、BL系のCDだったのをすっかり忘れて聞き入っていると、最後に来て、

あぁ、やっぱりやることはやらないと終わらないのね

って

ま、ほんのちょっとだけ、三木眞が一喘ぎした程度だけど。

シリアスなストーリーでも、最後ちゃんとハッピーエンドで終わるから、後味はいい。

最後の声優さんのフリートークも、この位のご挨拶が、雰囲気も長さも丁度いい。
続き
原作の小説の方は、この後、ヨシタカ&ヨシキと拓磨の三角関係?とその結末までを描いた2作品があるようだ。

私としては、拓磨の兄の寿磨と医師・英田の鬼畜なハードエロを鈴置×中原Vcで聞いてみたい、とか思うわけだが、残念なことに、もう鈴置きさんは亡くなられているし、そもそも、続編のCDは作られなかったみたいだ。

1

5人の三木眞一郎

真船るのあ 原作 「オープン・セサミ」
1999年作ということで古い作品なんですが
とにかく三木眞一郎がすごいっ!

香住由貴(三木)は、売出し中の若手俳優。
庚拓磨(賢雄)は、香住由貴(三木)の才能を見出した敏腕マネージャー。
ふたりは、俳優とマネージャーという絆以上の感情を抱くようになるのだが
拓磨(賢雄)は、由貴(三木)を想いアメリカへと逃げてしまう・・・
ひとり残された由貴(三木)は、拓磨(賢雄)が去った後も
仕事は順調にこなしているように見えた。
だが、異変が起こりはじめる。
そして、アメリカから呼び戻された拓磨(賢雄)が見たものは?

と、いう内容のお話なんだけど
正直BLというカテゴリでくくるのはどうかと思います。
サイコサスペンス風な切り口で、由貴(三木)の抱えている闇を
拓磨(賢雄)と一緒に探すことになるのですよ。

これね脚本&演出が阿部信行
BL業界で、役者さんに一目置かれるという阿部作品です。
ドラマCDというよりも、舞台劇の録音を聞いているような臨場感。
三木眞一郎迫真の“再現”を見事にいかした音響に鳥肌が立ちますよ!続き怖いくらい。

このドラマCDで特筆すべき点は、受けが多重人格ということ。
物語の主人公 俳優の【香住由貴】
浪費家で自分を女だと思っているナルシストの【ユキ】
アイスクリームとイチゴが好物の5歳児【たっくん】
酒とタバコとギターに目が無い乱暴者の【牙】
物語の鍵を握る冷静沈着で大人な【佳樹】
と、三木さんが見事に4役を“再現”します。
香住由貴は、俳優ですから【劇中劇の役】も入れれば5役ですよ!

ユキ、たっくん、牙、佳樹それぞれの役割とは?

どうして彼らの人格が生み出されたのか?

抱えてる闇は、わりと重くてちょっと嫌悪感が残る。
それだけに最後のシーンは、三木さんの“再現”に涙します。

精神科医に中原茂さん
芸能プロダクション社長に鈴置洋孝さん
マネージャー役に遊佐浩二さん

5歳児の三木さんなんて!無理ありすぎだろっ!って
ニヤニヤしながら聴いたら、鳥肌モノの作品だった。
三木眞一郎マジすげぇ。盛大な拍手を贈りたい。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ