白萌vs.桜沢シリーズ 1 職員室でナイショのロマンス

白萌vs.桜沢シリーズ 1 職員室でナイショのロマンス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

表題作 白萌vs.桜沢シリーズ 1 職員室でナイショのロマンス

柳沼敏明 → 森川智之

有賀玲一郎 → 三木眞一郎

その他キャラ
二階堂友哉[小杉十郎太]/ 園田京介[岩田光央]/ 廣瀬克[関智一]/ 岡本和宏[小野坂昌也]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

フリトが凄い

高校教師同士。

99年という時代性を考慮しても内容は無いに等しいが、フリトが凄い。

「森川くんはホモなの?」に始まり小野坂さんのデリカシーのなさに目眩がする。

森川さん、三木さん、小杉さんのあっけらかんとしたBLトークも、
女性声優がフリトにいることも、新人の鳥海さんも、
今となっては貴重なものを聴いたなーと思うが、
一番印象的なのは三木さんの
「受けのほうが疲れる。自分の生理を無視したところで突かれるわけですから」

0

先生と先生

あー、なんか昔よくあったタイプのお話だなァと思いました。
俺様で強引な攻め(森川さん)、ツンケンしてて人気者の受け(三木さん)。どっちも学校の先生です。
攻めのプレイボーイっぷりが、不愉快というよりダサいなぁと思いました。
受けは、、なんでレイプされたときちゃんと抵抗しないのかがワカラン。
本編はいまいち面白くなかったです。

フリトはちょっと面白かったです。
脇役で生徒AだかBだかをやってた鳥海さんが「新人です」と挨拶しててブホッと吹きました。
この後BLCDを中心で支える声優さんの一人になるとは、登場の鳥海さん本人も予想してなかったろうなw

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ