青の軌跡 1 青の軌跡

ao no kiseki

青の軌跡 1 青の軌跡
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
52
評価数
13件
平均
4.1 / 5
神率
46.2%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
醍醐弘美
脚本
久能千明
原画・イラスト
沖麻実也
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
134 分
枚数
2 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

付き生まれの美しい青年カイと傭兵上がりの三四郎はミスマッチのバデイィ。「青ヲ捜セ」誰のものとも判らぬ命令によって、彼らが載る航宙船が暴走を始めた。二人で必死に船をコントロールしようとするが…

表題作 青の軌跡 1 青の軌跡

三四郎・マキノ → 森川智之

カイ → 中原茂

その他キャラ
ロード[梁田清之]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

・・・いい!!

大満足の一枚です。
非常に面白くて、ガッツポーズしたくなります。

当初、三四郎ならばもっと野性味があって粗野な感じの声がいいのでは、とか
カイならもっと色気を隠し持ってる風な声の方がいいのでは、
などと思ったのですが、
聴き終えてこれがベストだと思いました。
私のように2作品目から聴いてはダメですよー。上記のような思いにとらわれてしまうかもしれないので、是非ここから聴いてください。

三四郎は非常にアクの強いキャラなので、森川さんのような端正さがあってよかったと思うし、
カイの中原さんは思った以上にストイックさと艶やかが入り交じった、実に魅力的なカイでした。

但し、中原さんのカイは塩沢兼人さん系のささやきヴォイスに徹しているので、
ヘッドホンやイヤホンで聴いたほうがより良いかと。

CD2枚で過不足ない内容だと思いました。
原作が良いのは勿論のこと、脚本も良かったのだと思います。
この作品の何が好きかというと、恋愛感情以前にお互いの才能を認めあっている相棒関係があること。
このドラマCDでも、バディとしての気持ちと、互いに惹かれはじめる気持ちの両続き方が描かれています。
テンポもよいので、一気に聴けてしまう作品ですよ。

最後のキャスト紹介では一番出番の少なかった真殿さんがゆるーく仕切っていてw
話を方向修正するしっかりした森川さんと
梁田さんのつっこみが妙に笑えて楽しかったです。

1

侮ってはいけない、意外と面白い!

そういえば、昔はS・キューブリックの『2001年宇宙の旅』とか、タルコフスキーの出世作といわれる『惑星ソラリス』と、一種、哲学的なSF映画がありましたよね。

なぜにそこまでSFというジャンルに熱狂したのか、その原点を垣間見たようなドラマCDでした。
何もない宇宙という未知の空間だからこそ、生っぽい人間の姿が映し出されるわけで。
何が起きるかわからないところもハラハラします。
コンピューターが相性バッチリの相手を割出した上で相棒となるわけですが、
その相手が月生まれでしかも同性、というスタートからもう波乱。

にしても、三四郎役の森川さん、当時30になったぐらいでしょうが、すでにこの頃には安定感存在感バッチリです。べらんめえ調の巻き舌喋りに「おおー!」と盛り上がってしまった…。
その相手のカイ役に中原茂さん、最初は「あれ?石田彰さんっすか…?」と勘違いしかける。控え目な敬語表現、おまえ呼ばわりととんでもないほどにセリフの温度がころころ変わるので、それを混乱するー!と思うか一種のギャップ萌えー!と思うかは微妙なところ。なかなか難しい役どころだろうな…。

さらに脇役続きも美声!とくにサンドラ役の小林優子さん、映画の吹き替え調でいいアクセントになっていた。C級SF映画『バーバレラ』を思い出したよ…。

で、カイがやたら色気あるんで、さぞかしHシーンも…と期待ハァハァしかけたのだが、
Hシーンはてんでありません(笑)
ラストはありえないほど爽やかな終わり方をしています。

90年代のドラマCDってホント、あなどれない。

3

この妖しさが肝。

超久しぶりに聞きました(笑)
発売当初に聞いたんですが一度ヲタ卒してしまったので全て処分してしまったんですよねー。
で、友人が好きそうなので唆して集めてもらいましたw(爆)
物語は航宙船での2組のバディがいろんなアクシンデントを乗り越えていくお話。
業務チームの最小単位であるバディは文官と武官からなり、コンピューターにより最良の相手を選び出す。
ゆえに、最良の相手はベッドでの相性も抜群と楽しみにしていた三四郎だったのだが、目覚めた自分のバディは男で。
エピキュリアンと名高い月人でもあって。
何事もマニュアル至上主義のカイと自由奔放な三四郎。
性格のまるで違う2人は衝突しがち。
それでも、仕事面ではお互いプロ意識もあり、相手を認めている部分もあって。
三四郎役の森川さんは98年の作品ということもあって、今と比べると若い(当たり前)
規則に縛られない「俺流」で生きる傭兵らしい口は悪いし態度も悪い。
でも、技術面ではプロ級で。
なんというかメリハリがあるというか。
それで、軽口を叩いてるかと思えば急に真剣な口調にもなったりして。
さすがです。
一方、中原さんの続きカイ。
正直、今回聞くまでに随分とブランクがあったので若干の勇気が必要でした。
というのも、中原さんの声ってちょっと独特のクセみたいなのがあるじゃないですか?
それがカイに合うのかどうなのか昔を思い出せずに不安だったんですよね。
もっとクセのないサラッとした声でもいいんじゃないかなと思ったんですが、聞いてみてそれが杞憂だったことがわかりました。
普段はストイックな印象でワーカーホリックのようなカイ、それでいて月人として誘惑する時には妖艶な色を帯びた声で。
この「妖しさ」が中原さんの声にピッタリなんですよね。
ただの色気ではなくて、なんというかこの世のものとは思えないというか(フツーの人と快楽主義者な月人の差みたいな)
とにかく妖しいんです。
カイが自分の月人としての部分を嫌っていたりもするので、そういう面を見せるシーンはほんの少ししかないんですが、それでも妖しさは充分伝わるし、思わず人が魅了されるのがわかるというか。
えちシーン自体は昔の作品ですし、キスどまりでその先はヤってるんだけどフェイドアウト状態でほぼないんですよね。
それでもお話がしっかりしてるので、難局をどう乗り越えていくかとかフツーに物語自体含めて楽しめると思います。
最後のシーンのカイが思いのほか、ストイックからかけ離れた感じですごくかわいらしくなってて絵を想像しておかしくなってしまいました。
カイ、キャラ変わってんじゃん…(笑)

フリトは真殿さん司会で、森川さん、中原さん、小林さん、梁田さん、辻さん。
博士役の真殿さんは本編よりも全然おじーちゃんな博士を何度もやってました。
あとはサンドラとロードはもうデキあがってるのか?とか。

ブックレットSS「Dream dust―37.5℃」
月人として生きていた少年時代の夢を見たカイ。
その夢から覚めて隣の男を想う。
その時のことを今となっては悪夢と受け止めるカイ。
けれど、感情が流れ込んできていた三四郎は素直に楽しかったと受け止めていて。
そんなふうに見透かしてしまう三四郎を前に自分を偽ることの無意味さのようなものを感じて本当の気持ちを吐き出すカイ。
それを「痛い」と感じるのはやはり今のカイが当時とはかなり違った人物になっているからなんだろうな。

2

うん、聴きやすいですね

SFものです。面白くて二枚組ですが一気に聴いてしまいました。

でも個人的には原作のほうが好きですね。なんでと言われるとちょっと困るんですけど。なんとなくとしか言えない。
声優さんも合っているしストーリーももちろん素敵なんですけどねえ。

設定上女性が出張るのですが、サンドラはかなり男前なのですごく好きです!小林さんの綺麗な声も耳に心地よいです。

それから森川さん声若い!やっぱり90年代の作品だからですね~。今でもBL出てくださって本当ありがたいです。

1

萩尾SF世代にはたまらんです

月人と書いてルナンと呼びます、万華鏡の様に変化する瞳をバイザーの下に隠した美しいルナンのカイ。
なんかもうこれ読んだ段階で萩尾望都SFを読んで育った世代としては懐かしさと期待でドキドキしますがな!
萩尾望都やレイ・ブラッドベリのSFが好きな方なら抵抗無くすっと世界観に入り込めるかと思います。
サイバーパンク系が出る前の私にとっては一番好きだった時代のSF、古き良きSF時代の香りがする名作です(それ以降のSFも好きは好きではあるんですが)

女性1人と男性3人4人が2人ずつバディと呼ばれるコンビを組み宇宙船で任務をこなすというシステムになっており、バディの組み合わせはコンピューターによって選択されます。
相性から特性まで全てのデータからバディは決まるのですが、カイのバディは元傭兵で軍人としては型破り的な三四郎というとても相性がいいとは思えない相手。
それでもそれぞれ優秀なクルーである2人は的確に任務をこなし宇宙船の航海は順調と思えたのですが突然謎の「青ヲ探セ」というメッセージが宇宙船の緩やかな暴走を引き起こします。
その原因解明の為に彼等4人は全員で挑み動きます。
シリ続きーズ全編、特にこの1作目は単純にSF小説としてよく出来てます。
宇宙船が起動を外れた謎、青ヲサガセのメッセージが最後で解明される部分はSFならではの余韻と味わいでしょうな。

とりあえず萩尾さんSF世代にはBLでこういった作品がまた聴ける(読める)とは!!っていう再会の喜びをしちゃってみて下さいよ~!
三四郎役の森川さんは声がまだ若くてやんちゃな部分もある彼にぴったりで、抑揚を押さえたでも色気溢れるハスキーなカイの声は中原さんにぴったり。
脇キャストも音楽や効果音も世界観を壊す事なくしっかり作ってあります。
恋愛面が弱いと感じるかもしれませんが、私はルナンの設定だけでご飯3杯軽く行けます!!
出会って直ぐに恋ではなく先ず相棒(バディ)として彼等が成り立っていく、そういうとこもSFっぽで良いのですよー。
SFに馴染みのない方も先ずは1作目を聞いてみて下さい、と!1作目は単作としても聴けますので。
しっかりしたストーリーとストイックなルナン(本来ルナンは快楽的で淫蕩っていうのもイイ!)カイと無頼漢っぽな三四郎の魅力と宇宙船の謎にワクワクしちゃって下さい。
そうしてSFの持つ魅力に目覚めちゃえばいいと思うです~。

1

ストーリー性が抜群

絶対に原作読むぞー!と思いました。
ストーリー性があるって素晴らしい。
お話のなかにどんどん引き込まれ、むさぼるように聞き入ってました。
モノローグがなくほぼ会話のみでストーリーが進行していくことや、スペースSFであることなどなど、基本的には私の趣味からは大きくズレた作品なんですが、それをものともしない圧倒的な魅力のある作品だったと思います。
古き良き名作。

主役の二人がとても魅力的でした。
ガサツで大雑把で野性的な攻め(森川さん)と、
神経質でクソ真面目な受け(中原さん)。
典型的なキャラ設定ですが、お話のなかでしっかり生きてました。
最初は犬猿の仲だった二人が少しずつ互いを認め、じわじわと近づいていく様子は、ありがちながらツボを押さえてくれててとても楽しい。
エッチな場面は控え目ですが、軽い誘い受けへと変身した受けの色っぽさにゾクゾクさせられました。

このまま埋もれるには惜しい作品だと思います。
シリーズの今後の展開も気になる。
長いシリーズだから尻込みする方もいるかもですが、これはこれでしっかり完結してるので、安心して一巻だけでも試してみては。

1

森川さんの三四郎が素敵

CDとして大好きなシリーズなので
どなたのレビューもないのが寂しくて
重い腰をあげてレビューを書き込みにきてしまいました~。

お話そのものは多分ありがちな展開だと思うのですが
(このシリーズ一作目に関しては目新しいエピソードは皆無かも…)
それぞれのキャラが立っていて個性的なので
キャラの魅力で充分楽しめるCDになっていると思います。
メインカプの三四郎とカイだけでなく
サンドラとロードもキャラクターとして素敵。
特に自分は女性としてキリっと凛々しく男メンバーと渡り合い
かつ、女性らしい思いやりや繊細さも持っているサンドラが大好き。
存在感があり、かつ邪魔にならない気持ちいい女性キャラの出てくる
お話ってBLでは貴重な気がしています。

三四郎は非常に野生的で色々直感的かつ粗暴な男なんですが
これまた素晴らしい懐の広さというか、妙な魅力のある攻めで
それを森川さんが実にたくみに演じてくださっていると思います。
私的には三四郎の存在が神。

カイ役の中原さんも独特の頑なさと繊細な暗さのある受けを好演してくださっていると思います。
(でも実はちょ続きっと自分のイメージと違ってました)

面白く、あとになるほどゲストキャラも広がっていき
世界観的にもますます盛り上がっていくお話なので
機会があれば聴いてみていただきたいシリーズ作品です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ