やってらんねェぜ!

やってらんねェぜ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
イラスト
原作
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
東芝EMI
収録時間
65 分
枚数
1 枚
ふろく
差し替えジャケットイラスト(叶×千里バージョン)
フリートーク
なし
発売日

表題作 やってらんねぇぜ!

真木 隆 → 関智一

藤本 裕也 → 保志総一朗

その他キャラ
真木 千里[宮本充]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

歌もあります

13年も前の作品。BLCDのハシリの時代ですから、まだまだたどたどしさを感じます。
秋月こお原作、こいでみえこ作画の漫画が原作です。

すっ飛んでいる高校生・マサキと優等生のヒロヤ。
スレているのに純情だったり、幼いのに大胆だったりする二人の夏が描かれています。
そこに絡んでくるのがカナエという悪い男。実はマサキの兄と微妙な関係にある人物なのですが、ここではヒロヤを陥落させようとする悪い男として登場です。

主人公・マサキの声は関智一さん。
なんとこのCDにはオープニング:「MAYBE BABY」とエンディング:「最高のmagic」という歌が入っていまして、その両方をうたっていらっしゃいます。
聴きながらなんだかニマニマしてしまうんですが、なかなかいい歌です。
マサキとしては年齢の割りにマセていて、結構俺様な部分が元気でよかったと思います。攻めの割にはハイトーンなのは高校生だからでしょうか。

夏休みだけのイメチェンを計った優等生・ヒロヤは保志総一朗さん。
実は私が保志くんの声を初めて聞いたのはこのCDでした。
彼の独特な声質が、元気はいいのに情けない、強が続きるのにすぐヘタレるヒロヤに意外と合っています。その頃からしばらくは保志声=ヘタレと認識していました。

それから、カナエは小杉十郎太さん。
この役は普通の発声でされているようで、最近の私好みではない低音ではないのでなかなか魅力的です。
マサキの兄・千里は宮本充さん。ちょっと陰のある、優しいお兄さんです。
実はこの二人のお話が別にあるのでそれがCD化されるのを期待していたのですが、されていませんよね?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ