その唇に夜の露

sonokuchibiru ni yoru no kiri

その唇に夜の露
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神19
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
130
評価数
31件
平均
4.3 / 5
神率
61.3%
著者
作品演出・監督
阿部信行
脚本
野中幸人
原画・イラスト
深井結己
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
Atis collection
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
予約特典フリートークCD約24分
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

バス運転手・和田琢紀は、学生時代強姦した親友の若江恭一と再会した。
15年前犯した相手から、今度は弄ばれることになった琢紀。
琢紀の運転する深夜バスに、二人だけの荒い息が響く――。
その先にあるのは復讐か、狂おしいほどの恋なのか…!(メーカーより)

表題作 その唇に夜の露

若江恭一 → 森川智之

和田琢紀 → 遊佐浩二

和田琢紀 → 遊佐浩二

若江恭一(中学生時代) → 梶裕貴

その他キャラ
公也[阿部敦]/ 信[疋田高志]/ 俊雄[桑原敬一]/ 上司[大西健晴]/ 老婆[鍋井まき子]/ 車内アナウンス[石塚さより]/ 女教師[赤池裕美子]

評価・レビューする

レビュー投稿数14

最初に聞いた時は怖かったけれども・・・

原作は未読で、森川さんと遊佐さんのお声目当てで聴きました。

最初に聴いた時は、結末も知らないで聴いたので、この2人どうなってしまうんだろう・・・とりわけ和田はどうなってしまうんだろう・・・と破滅の予感すらして凄く怖かったです。
でも!!!!!最後まで聴いて、2人がお互い誤解やわだかまりや傷が消えて、2人で幸せになった事で、とてもほっとしたと同時に、癖になる作品となりました。
2人が幸せになる・・・と知ってから聴くと、怖さも全くなくなり、今はこんな風にすれ違っている2人だけれども、両想いになるんだな~と、感慨もひとしおな気持ちで聴くことができます。
それに、お2人の演技がとても素晴らしくて、非常に聴きごたえのある作品です。

確かにかつて和田が恭一にした事はゆるされることではないけれども、そして復讐と称して恭一が和田にしたことも確かに問題ではあるのだけれども、それでも私はこのお話は素敵だな・・・と思います。

恭一にバスの中で無理矢理犯された時の和田の辛そうな声、その後回数を重ねていくうちに感じるようになってしまい、そのことに動揺するけれども感じるのを止められない・・続き・しかも恭一への気持ちに気が付いてしまい苦しむ和田・・・この変化、遊佐さんの演技とお声がリアルで、すごく良いです。
高校生時代の恭一は梶さんがされていて、大人になって再会してからの恭一が森川さんなのですが、すっかり卑屈になってしまっていた恭一が、復讐として和田を酷い抱き方をする時の演技や、非情な感じのしゃべり方、そしてその後吐血して倒れてしまった和田を「琢紀!!」と呼ぶ時の相手を思う声、そして、両想いになって最終的にデレになっちゃう恭一・・・と、声と演技の変化、こちらも秀逸です。

最終話の、和田のツンデレ具合、すかりデレデレな恭一。この2人の会話が可愛かった!!!
それに、お互い我慢できなくて貪りあうように抱き合うシーンもとても良かったです。

確かに強姦・凌辱物が苦手な方にはおすすめしにくいですが、強姦・凌辱の果てに2人にちゃんと愛が芽生える、あるいは好きな気持ちが余って憎しみになって強姦・凌辱してしまうけれども、最終的にはちゃんと愛がある・・・という様な流れが好きな方にはおすすめです。

1

痛いだけではない人間ドラマ

森川さん×遊佐さんの作品は複数あり、どれもさすがの演技力とコンビネーションが楽しめますが、取っ掛かりとしてはこの作品が良いかなと思います。1枚だけなので気軽に聴けるし、ストーリーもしっかりしていて二人の様々な演技を堪能できます。

このCDが聴きたくて先に原作を読みました。絵があまり好きなタイプではなく、前半はかなり鬱展開なのでどうかなぁと思ったのですが(そもそも陵辱モノはあまり好きではない)、音声で聴くとドラマとしての深みや緊張感がアップしていて75分があっという間でした。とはいえ、後半の展開を知らなかったら結構しんどいかも…。

若江は、琢紀を追い詰める中にも痛みや切なさを感じさせる声の変化が絶妙でした。さすが帝王。一方の琢紀は、少年時代の鬱屈した感じと大人になってからの少し厭世的な雰囲気を遊佐さんが見事に演じていて、数回ある絡みのシーンもちょっとずつ違っているのがすごいと思いました。

それにしても梶さんの声が森川さんの声に変化するなんて、一体何があったのでしょう笑

最終トラックのフリトも楽しく、陵辱・レイプなどが地雷でなければ聴いて損は無いと思います。

1

とりあえず最後まで聴いてみてはいかがですか

陵辱、強姦……いたたたた(´□`;)
ファンタジーですから、リアルじゃないですから。
でも遊佐さんの痛そうな喘ぎ声がリアルです…。
森川さんの無理矢理犯してますオーラが恐い。
二人とも大好きですよ!芸達者すぎて憎いくらい。

昔BLCDを聴き漁っていたときどれも好きになれなくて。
どの受け声もバカ可愛い感じなのが気にくわなかったんです。
その当時は流行っていたから仕方ないのですけど。
薄っぺらいやおいエロが多かった中で、この作品は私を虜にしました。
役者の芝居も脚本も尺も演出も素晴らしいです。
完璧だからこその神評価です。
勢い余ってそこまで好きではない絵柄なのに原作を買ってしまうほどです。
最後まで本編を堪能した後面白いフリトを聴けば、満足感でいっぱいになること間違いなし。

2

恐らく原作以上に彼らの心情に寄り添える一枚

実は原作のラストがどうしても納得いかず、手放してしまったのですが
原作以上にそれぞれの感情が理解しやすかったので、のめりこむことが出来ました。
間違えないキャストに、期待通りの演技です。
原作好きな方でしたら、ぜひとも聴いて欲しいです。

H回数は多いのだけど、いい意味で特別なエロさはないんです。
Hといってもこれは暴力なのですから。このさじ加減が素晴らしい。
そして3度目のHで無理やり琢紀(遊佐さん)をいかせる場面の描き方が出色の出来ではないかと思います。
琢紀に感じて欲しい若江と、暴力的なHではいきたくない琢紀。
二人の気持ちのすれ違いにぞくぞくします。

そして心が耐え切れず発した、遊佐さんの狂ったような笑い声に心がざわつかずにはいられません。
本当にぞっとする。

ただ琢紀と若江の再会場面のBGMがちょっと・・・もう少し緊迫感のあるものだったら演技が際立ったと思うのですが。
またこのお二人ならもっともっと狂気さを出せたかな、と思うのは欲深過ぎるでしょうかw
やりすぎては大多数の方が聴けないものになってしまうし、これくらいがちょうど良い塩梅でしょう続きね。


森川さんの若江は、言ってることは相当ヒドイのだけれど、どこか悪くなりきれなくて。
だからこそ、最後に急激に甘さに転じるのが理解できました。
復讐にとらわれて、自分の気持ちに気付かなかったのでしょうね。
自分がとってる顔つきとか無頓着だし、案外不器用で可愛いヤツなんですよねw

それから、梶さん。
この可愛さは罪だ・・・!!ほんと可愛さ余ってなんとやらですよ。


フリートークは一変して梶さんいじりに徹するドSなお二人に爆笑です。
この落差、好きですね!

2

お話の内容云々よりも…

のっけから謝らせていただきます。すみません!!
お話、私にはダメでした……。
原作を読んだ時も「無理!」と思ってしまって手放しました…。
(深井さんのファンの方々、本当にごめんなさい!)
だってやっぱり合意ではない行為はいけませんよ(泣)
いくら踏みにじられたような気持ちになったからといって
友達だと言っていた相手を強姦していい理由にはならないんじゃ…。
信頼していた若江は、そんな和田のせいで
人間不信に陥ってしまったのも無理はないと思います。
だからと言ってバスの運転手になった和田に復讐しようと
バスで無理矢理犯していいかというとそうではないような。

これだけどーのこーの言っててですよ、
森川さんの発する酷い言葉にぞくぞくさせられてしまうのです!!!
使用済みのゴムを「おら、捨ててこい」とか酷い!!
でも帝王だから素敵すぎる!!(←?)

遊佐さんのマイク越しの声、更に色っぽくて
こんな運転手さんの声聴いた事ない!!
若江に怯える演技もすごくお上手だし、
若江少年に対する冷酷な態度も良かった。
当時の独占欲を思い出すモノローグに隠れていつつ続き
「中でイキたくない!」はずっきゅん!!
その事後の「…触るなっ!!」は複雑な想いが表れているようでした。
流石…。
若江と二人だけ乗ったバスの運転中、
急ブレーキをかけた後の笑い声が狂気めいていて、プロ!!!

若江少年の梶さん、本当に純真で可愛らしい!
随分痛かっただろうにねぇ……(泣)

お話自体はダメだったけど
(でもTrack6若江視点の甘いHを聴けて良かった!)
主演のお二人が素晴らしすぎるし
阿部さんの演出が職人!!という感じだったので「萌×2」で!!
本当に阿部信行さんの名前をブックレットで見ると安心して聴けるのです。
まさに阿部Pマジック…!

そしてやはり遊佐さんの地声は……w
私だけ??
森川さんは何でも好き!高めの笑い声も!(完全に欲目)
いじられている梶くんもまた可愛らしかったです☆

4

さすがの演技力と演出力。

原作自体が重苦しく暗い雰囲気の作品なので、購入するのを暫くためらっていたのですが、これは本当に買ってよかったとリピートするたびに感じます。何度リピしたことか…。
メインお二人の文句のつけようのない安定感のある演技力に加えて、阿部さんの演出ですからね。
当然ですが神がかっています。それを差し引いてもここまで完成度の高いドラマCDも中々ないように思います。

帝王の実力を改めて、まざまざと見せつけられました。
感情の篭もっていない美声がこんなにも恐怖心を煽ってくるとは…。
怖い。とにかく怖いんです。震えあがるほどに!
ただ、感情こそ表には出してきませんが、その裏が時折垣間見えてくるというか、心の奥底は涙で濡れているんだろうな…と、憎悪と恋慕の情という矛盾した想いが入り混じった痛くて苦しくて切ない恭一の気持ちが汲み取れるんです。
だからあんなに酷いことをしているのに恭一を憎み切れない。
流石の演技力に平伏しました。
終始鬼気迫る演技をなされてますが、特におすすめは最初に恭一が琢紀を犯すシーン。
バスの車内で行われる完全なるレイプなのですが、「嘘」から「じゃあ中」まで、森続き川さんの紡ぐ台詞全てが泣きたくなるほどに怖かったです。
優しい森川さんのお声が恋しくなりました。

そして遊佐さん。
怯える演技が絶品です。
すれ違いが取り返しのつかない過ちを生んで、自分の望んでいたものとは全く違った方向へ進んでしまった二人の関係。
じわじわと追い詰められていく琢紀を丁寧に演じられています。
無理矢理犯されていたはずが、何度も抱かれるうちに体が勝手に反応するようになってしまう。
そして追い打ちをかけるように過去の恋心と自らの恋心に気づいてしまい…。
苦悩のあまり、気が触れたように笑い出すシーンは圧巻です。
「死ねば?」
と半ば病んだようにいう琢紀の台詞はぞっとするほどの迫力でした。
辛くて苦しくて、琢紀のことを考えると涙がじわっと溢れてくるんです。

琢紀を犯しながら恭一がお前は一生俺のことを忘れないと、ざまあみろと言うのですが、私には複雑に捩れてしまった愛の告白のように聞こえました。

なんでこんな悲劇が生まれてしまったんだろう。

その答えは琢紀の「俺はたぶん…お前のことを好きになりすぎたんだ」に集約されているのでしょう。
好きになってごめん、という琢紀に涙腺が完全に崩壊しました。

ああもう、お二方とも凄すぎる…!

ちなみに最終夜まで糖分ゼロで進みますが(特に帝王ボイス)、その分想いが通じ合ってからはぎゃああああああああああああああああって叫びたくなるほど甘いです。
反動でめちゃめちゃ甘く感じます。
ラストのモノローグが優しくてまたしてもじわじわ。
……もっと幸せになってからの二人を味わいたいと思ってしまうのは我が儘でしょうか。

最後に、梶さんと演出の阿部さんの素晴らしさを少々。
梶さんは森川さん演じる恭一の中学生時代を演じてらっしゃるのですが、これがまた絶品!
無邪気で朗らかな恭一からの悲壮感溢れる泣き演技…!
必死で声を抑えながら泣くシーンとか、聴きながらすごい…と思わず声を漏らしていました。
中学生時代を演じているのが梶さんで本当によかったです。

そして神の演出、阿部さん。
やっぱり演出がモノをいいますよね~。1枚で2枚組を聴いたような満足感を得られたのはひとえに阿部さんのお陰かと。
BGMやSE一つとっても素晴らしい。特にバスのSE凄すぎです。

というわけで、とにもかくにも完成度が高いCDです。
原作の繊細さがここまで完璧に表現されるとは…!
テーマがテーマなので好き嫌いは別れると思いますが、声優陣・制作陣ともにこれ以上ない仕事をしてくださっています。
購入を迷われている方がいらっしゃったら是非お手に取ってみてください!

5

若さ故の過ち

小説等で深井さんの絵を拝見させていただく機会はありましたが、実際深井さん原作の作品に触れるのは初めてでした。

レイプ×レイプというなんとも珍しい設定。
想像通りやはりシリアスで重かったです。前半はとにかく若江の真っ黒な感情が滾ってるのがばんばん伝わってきます。

そして声優さん方の演技に魅了されました。恨み辛み憎しみ、すべてマイナスの感情を持って15年間生きてきた若江を演じた森川さんの演技に前半は恐怖を感じ和田同様に聴き手として震撼してしまいました。ゾクゾクして堪らなかったです。
一方、自分が犯した罪への罪悪感、毎回自分が運転するバスに乗ってくる若江の恐怖の念に苛まれる和田を見事に演じられた遊佐さんすごいです!

簡単に言えば若さ故の過ちからの恋愛。でも、それに2人が気づくまでとにかく憎みあい、傷つけあう。人間の真っ黒な部分がリアルに伝わってくるのがとてもよかったと思います。
とにもかくにも声優さん方にあっぱれな作品です!

2

レイプをファンタジー化しちゃっているようなところが

申し訳ないが、どうにも好きになれないドラマCD。
森川さん×遊佐さんということで、さすが安定感はバッチリなんですよ。
しっかし、好きすぎて強姦とかわけわからん。

これね、BLだから許される展開なんですかねー。
ダークファンタジーというには無理がありすぎる。
暴力を砂糖菓子で固めたような話。
どこが切ないのかさっぱりわからなかった・・・・・・・・。

森川帝王が「いかにも悪役」を演じるときにありがちな低音ではなく、妙に高めの声なのに、最初、あれ???と思ったんですが、鬼畜風でありながら、鬼畜になりきれない役どころゆえにそういう表現なんだろうなと一人で勝手に納得した。

好きな声優さん揃いだったんで、最初はこのすっきりしない感をどこへぶつけたらいいやらわかんなかった。

3

愛憎

原作未読でございます。ダークな雰囲気のイラストと
あらすじに惹かれて購入しました。

ベテランは、やっぱり凄い。若江恭一@森川智之さんコワイ(笑)
中学生の時のかわいらしい少年の面影はないです。
あたり前といえばそうんですけど。

前半の緊張感はすごくて、ぐいぐい引き込まれました。

和田琢紀@遊佐浩二さんはいつも通り安定していました。
ただ、和田にも中学生の時のキャストさんを用意してほしかった。

若江だけだったので、なんかおかしく感じました。

1

面白かった

面白かったです。
ベテラン二人の安定感抜群の演技と、しっかりしたストーリー。
シリアス系で完成度の高い作品に巡り合うと、すごい得した気分になる。
けど惜しいなァ…。
とくに後半、ほんのわずかだけ惜しかったので、原作を読んでみたいなと思いました。
冒頭から中盤にかけての展開は大好きです。ゾクゾクしました。
かつて自分がレイプした相手と再会し、仕返しされるという凄まじい展開。
まず、レイプがちゃんと「レイプ」であることが嬉しい。ストーリー上で必然性があることが嬉しい。なにせBLにおけるレイプって、和姦と同義語かと思うほど罪がなかったりするからさ。個人的に、半和姦なレイプには食傷してるもんで。
息詰まる場面の連続のなかで、過去の事件の真相が少しずつ見えてきます。ここの展開、神でした。
少年ゆえの不器用さとか、鈍感さとか。その後の人生やら価値観やらに及ぼした影響とか。
愛のカケラすらないように見える凌辱のなかにチラッと見える恋情とか。このチラッていうの、大好き。
それだけに誤解が解けるクライマックスは、ちょっとだけ、本当にちょっとだけ語りすぎじゃなかったかなと思いました。過剰っていうか。
聴き続き手に優しい作りなんだけど、チラリズム好きの私には、明快すぎたことが不満でした。
本当、ちょっとだけなんだけど。たぶん多くの人にとったら、このぐらい明快なほうが嬉しいんだろうなと思うんだけど。

いずれにせよ原作が読みたいっす。

3

原作の世界の空気がそのまま!

若江を演じる森川さん、和田を演じる遊佐さん。
お二人のキャラクターのとらえ方が本当にしっかりしているのか、
ともかく原作の冷たさ、優しさ、甘さ(矛盾してますが全部入ってます)が
しっかり出ていて、さらに大きく膨らませてくれています。

驚いたのが、森川さん。
てっきり超低音の鬼畜な感じで入ってくるかと思ったのに
ちょっと高めで、緊張感みなぎる声。
おお…怖い…。
しっかり丁寧なのが遊佐さん。
中学生の声もしっかりやっていて、声の感じは勿論、
息遣いや言葉の使い方まで中学生!

どこまでも平行線かと思った二人なのに、
その極限でようやく想いがつながって。

最後のデレなところはとろけるような気持ちになっちゃいました。

ちょっと痛いシーンもあるけど、どこか透明感もあって、雰囲気もあって、
回想シーンとのメリハリも聴いていて。

神!です。

2

長すぎる思春期・・・歪んだカタチでしか思いを伝えられない男たち

バスの運転手 和田琢紀(遊佐)は、15年前、強姦した親友 若江恭一(森川)と
再会した・・・と、いう話なんですけど。

とりあえず、ビターテイストのBLでして
長すぎる思春期・・・歪んだカタチでしか思いを伝えられない男たち・・・
と、いった感じでしょうか?
実にリアルでした。強姦した相手とふたりきりの車内の緊張感とかすごいの。
つか、強姦されたほうじゃなくって強姦したほうがドキドキしてるんだが。

前半の痛々しい生々しい音は・・・ちょっと・・・私にはキツかった。
痛々しいのは、強姦そのものでもあるんだけど
届かない気持ち、歪んだ愛情表現がとても痛々しかった。

キャスト的に、絶対ハズレはないという安心感で聴いたけど
いやー。本当に森川さんが怖かったよぅ。

遊佐さんのバスのアナウンスが、ヤバすぎるほどセクシーで
こんなバスのアナウンスだったら絶対降りない!と、思ったw

2

メインのお二人が・・・神です。

いつも言ってるし、いつも今更なんですけど・・・・森川さんも遊佐さんも・・・スゴイ・・・凄かったです。

原作は読んだし、大好きなんだけど、愛なしえっちが長くて痛そう・・・とやや敬遠していたのですが。。。聴いてよかったです!!!ほんとによかった。

原作を読んでいたので、半分くらいは愛なし行為だぞっっと覚悟決めて聞いたのですが・・・九合目までラブレスで行くとは思わんかったよ!

森川さん、こ、怖い・・・
ヤクザとかされる時の、ドスのきいたお声ではないんですが、ちょっと細めで美声なのに、糖分含有率はゼロです。ゼロ。氷結です。
暗い夜道の、暗いバスの中で、眼鏡越しに見下ろす若江の顔が思い浮かぶような、素晴らしいお声ですわ。。。
「お前の人生も狂わせてみようか?」(楽しそう)
「お願いします、は?」(あぁ上からだ・・上から)
「これは強姦なの。お前が無理かどうか知ったこっちゃねぇ、の。」(あぁヒドイ・・・)
「おら、捨てて来い」(使用済みゴム捨てさせるのね・・・)

その分九合目を過ぎてラブアリになったあとに、ほんの少し滲む優しさが、ものすごーーーーーく甘く感じま続きす。
最後の最後で琢紀のもとに戻ってきた時の「引っ越しの荷ほどき、手伝え。」(ややデレ)が。うぅーん。甘露。
抹茶のあとの干菓子というか、砂漠で降った一滴の雨粒のようです。

そして、大変だったですね、遊佐さん。ほとんど痛そうで(笑)。
泣きながら叫ぶ、「ゃだ・・・・こんなのでイキたくないっっっ」
が、もうなんというか・・・悲痛です。(でもセリフとしては少し笑えるのはなんで? ww)
やーーもう「痛い」と「やめてくれ」がまだリフレインしてますわ。
モノローグも素晴らしい。
苦い罪の意識と、恭一への思いをいまさら自覚した切なさとで、だんだん追い詰められて「もう俺のバスには乗るな・・・」と告げるクライマックスまで、気持ちの流れが途切れない、素晴らしい琢紀でした。さすがだ。

そして、中学時代の若江役の梶君も上手だった・・・
物語の始まりであり、キーである、琢紀が若江に乱暴しちゃう重要な(でももう聴きたくない)シーン。よくあれだけリアルに痛みと恐怖心を表現できるな~と感心いたしました。

原作の良さもありますが、ほとんどバスの中だけなのに、二人の感情の移り変わる流れがじっくり表現されていて、とってもよかったです。
声優さんたちは大変なんでしょうけど、やっぱり登場人物は少ない方が、羊は好きですね。
てことで、大満足っす!

羊の今回のイチオシは、
ラブアリゆっちーの、「これでも走ってきたんだ・・お前に会いたくて・・・」と、
ラブレスモリモリの、鼻歌つき、
「たのしーよ~」でこざいます。

5

原作通り。。。だからこそゾッとする

この作品のドラマCDに、森川さんと遊佐さんが出演されると聞いて
どんな作品なのか知りたくてまず原作から購入。
これが初めて読む深井作品だったのですが。。。

期待以上の内容で、若江と琢紀の複雑な心の動きに号泣。
その後は、原作本の表紙を見ただけであれこれ思い出してウルって来ちゃうほど
大好きな作品になりました。

それだけの思い入れのある原作なので
いざ音声化されると、自分の持っているイメージと違ってたりして
がっかりしたらどうしよう?と心配しましたが。。。

かなり原作に忠実に丁寧に作られてて
だからこそ、過去の恨みをふつふつと抱えた若江の狂気や
そんな若江に怯えつつも、改めて惹かれていく琢紀の複雑な心境を
森川さんも遊佐さんも完璧に演じ切っていて
だからこそ、背筋の凍るような恐怖まで感じさせる作品に仕上がってました。

私は、原作を読んだ上で聞いたので
2人の行く末や気持ちの変化をわかっていたので耐えられましたが
原作未読で聴くと、恐怖が先に立ってしまうかも知れませんので要注意です。

聴き所は、中学時代から現在までの琢紀を演じ分けた遊佐続きさんの演技力と
中学時代の、すべてを信じきっていた頃の無垢な若江の梶裕貴くんのピュアな演技。
そして、ひねくれてしまった若江が変わっていく演技。
みんな素晴らしかったです!

原作にも載っていた「新しい夜」もちゃんと入ってて救われます。
余裕のない2人が微笑ましかったw


原作ファンとしては
コミックス巻末と、ブックレットに載っていたほのぼのした雰囲気の4コマ漫画も
おまけとして音声化して欲しかったかな~。

5

菊乃

>羊さ~ん

これ、原作知らない人が聴いたらかなり怖かったみたいですよ~。
それだけ迫真の演技だったってことなんでしょうね~。
シリアスな作品だからこそ
あの脱力系4コマも聞きたくなるんですよね~。
嬉々としてバスのエンジン音を語るゆっち。。。結構萌えるw

これはほんとによかったですよね・・・実力者ガッブリ四つ!の素晴らしさ。
あの可愛い4コマ入れてほしかったです!
バスヲタのゆっちーを聞いてみたかった(笑)

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ