個人教授

kojin kyouju

個人教授
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×27
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

281

レビュー数
12
得点
102
評価数
27件
平均
3.8 / 5
神率
29.6%
著者
イラスト
作品演出・監督
関根奈美(ドリーム・フォース)
脚本
平舞喜歩
原画・イラスト
やまかみ梨由
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典フリートークCD約14分
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

有名塾講師の俊一は、かつての同級生の弟・育美の家庭教師をすることになった。しかしそこで俊一が高校時代、育美の兄に性欲の捌け口にされていたことを思い出されてしまう。育美の荒々しい愛撫に翻弄される俊一。育美の執着に戸惑いながらも、俊一は以前同級生に抱かれた時、育美に見られていたことで歪んだ快感を覚えたことを思い出し…?

表題作 個人教授

葛原育美 → 鈴木達央

永江俊一 → 平川大輔

葛原祐介 → 鳥海浩輔

永江俊一 → 平川大輔

その他キャラ
ウェイター[井上悟]/ 女生徒[石川桃子]/ 女生徒[杉浦奈保子]

評価・レビューする

レビュー投稿数12

病んでいらっしゃる

原作未読です

最初は王道物の教え子×家庭教師モノなのかと思いましたが、攻めも受けもなかなか病んでいらっしゃる。
以下、ネタバレです



傲慢でプライドの高い祐介に学生時代、ずっと犯されていた受け。両親からも愛されない受けにとっては、男の家で会う7歳年下の男の弟だけが癒しでした。その弟に、犯されている場面を見られていることを自覚していた受け。
数年後、弟は高校三年生になり、受けは塾講師に。かつての関係をなかったかのように、弟の家庭教師を依頼してくる祐介。弟は、兄や家庭を顧みない両親に反発しており、祐介に依頼されて家庭教師になった受けにも最初は反発しているかのように見えますが、実は子どものころからずっと受けに惚れており、「男の味を教えて」と受けを強姦します。

攻めは高校生なだけあって(?)、えちに興味しんしんで、トイレの中で咥えたり、兄の隣室でやったりと、シチュエーションやプレイをどんどん繰り出してくる・笑。
兄と違って、優しくしようと不器用ながらも努力してくれる攻め?に惹かれていく(・・・と思っていたのですが・・・)。

普通はここで終わりそうなものですが続き、この話はここからです。
祐介が、弟たちの関係に気付いてしまい、体面を気にするあまり、受けに「二度と弟に近づくな」と迫り、そこにやってきた攻めと殴り合いに。攻めは、受けのマンションに転がりこんできますが、さらにクリスマスの日、受けの勤める塾に告げ口をされ、塾から解雇される。「これでやっと俺だけのもの」と攻めは言いますが・・・

実は、全ては受けの策略。7年前、わざと強姦シーンを見せて自分に惚れさせたのも、塾講師になったのも、攻めに罪悪感を抱かせて繋ぎとめるため、だったという・・・

受けのほうは、ずっとどういう人格なのか、何を考えているのか分からないところもあったのですが、最後の最後で受けのモノローグがあり、ああ、受けが心理学を学んでいたというのも伏線だったのねー、と色々分かる感じです。

ただの王道、ハッピーエンドで終わらなかったー!!
えちだけではなく、ドラマとしても非常に聞きごたえがありました。
ヤンデレものは、ちょっともやっとする終わり方というか、余韻を残すBLが多いですが、これもやはりちょっともやっとする終わりかたでした。

フリートークのほうは、盛り上がって、声優さんたちの赤裸々なお話が聞けて面白かったです。

1

うっわー。

なかなかすごいですね(笑)
もうエロ祭り!みたいな感じでもあって。
それでいてダークな病んでる感じもあって。
いや、病んでる感じは全面には出てないのかな。
最初の方はちょっと育美が俊一と関係を持っていくにあたってとか、その後の執着っぷりとかからそう思える部分もあるんだけども、もう育美の病み方なんてかわいいもんです。
ラストになるとそう思わざるを得ません。
塾のあたりでのやりとりからそれらしい片鱗は見せてはいましたが、俊一…。
この人、静かに病んでるので逆にコワイですよね。
もう、いろいろいろいろ計算し尽くした結果がコレなわけですから。
高校生が小学生にそういう気分になった時点で病んでるような気も。
大人になってからの7歳とかならそうも思わないけど、小学生に見せつける感じとかもうトラウマものでしょうよ。
むしろ、それがインプリンティングされたんですか?と育美をちょっと心配したくなるような。
でも、まあ、トラウマになるよりかはいいのか?
とにかくすごかったです。
キャスト陣の演技もそれぞれのキャラにぴったりでした。
まずは圧巻な喘ぎの俊一役平川さん。
今回と続きにかくえちシーンが多くて。
その度に、それぞれの雰囲気に合わせた喘ぎが素晴らしかったです。
今まで聞いた中で一番好きかもしれません。
それから、育美役のたっつん(鈴木さん)。
今時の高校生っぽいがっつき感や甘えたなところがありつつ、えちシーンはなかなかな攻め具合でえろかった。
そして、祐介役の鳥ちゃん(鳥海さん)。
最初から最後まで見事な暴君。
個人的には2人の関係に気づいて俊一を呼び出したシーンの祐介の雰囲気が好きです。

特典フリトはたっつん司会で平川さんと鳥ちゃん。
7ラウンドで疲労困憊な平川さん。
映像的観点で繰り広げられるトーク。
学生時代、母親にオナってるところを見つかっちゃったたっつん(後ろ姿だけど)
「事務所的に大丈夫?」@あまりに曝け出すたっつんを心配するような鳥ちゃん。
平川さんはよく社会の窓が開いてるらしい。
で、先日ワールドワイドにオープンしていたらしい。
YKK開きっぱなし。
「ウィンドウズはオープンしっぱなし。たまにフリーズするけど」@平川さん。
本編はダークでしたがフリトは楽しかったです。

3

惜しい…!けど良作

7ラウンドの濡れ場、喘ぎに喘いだ平川さんお疲れさまです。もちろん攻めた鈴木たっつんも。
すんげーエロかった。69しながらの食わえ喋りとかスゲー。69ってBLだとめったにないので、なんか新鮮でした。
畳みかけるような濃厚な濡れ場に圧倒されつつ聴いてたら、ラストでぐいっと捻ったオチがくる、この素晴らしい展開。ここでの平川さんのモノローグにぞくぞくしました。優しい声ですさまじい執着を語るのって、たまらんです。

ただ、脚本が残念なんだよね~。
チェスや香水などの小道具は、もうちょいちゃんと描くべきだったと思います。
原作未読ながら、「原作ではきちんと意味のある小道具なんだろうなァ」と分かるんだよね。それだけに、描写の中途半端さが非常にもったいない。

まあでもそういう瑕疵を差し引いても面白いです。
エロだけを求めるなら100点だし、さらに軸のあるストーリーが乗っかってるし。
原作が読みたくなりました。

2

期待通り…

にはいかなかったです。まんまとやられましたw
全体通してもぉ、すっごくエロかったです。皆さんおっしゃられてるように。このエロは期待通りでした!!

なにしろ、“たっつん×ひらりん”ですからねw
だいたい、たっつんが出る作品はエロくなるのは私の気のせい?

ひらりんの泣き演技大好きです。てか、ひらりん自体大好きなんだけど。こっちがもらい泣きしちゃいますもん。演技力半端ないですひらりん!!

たっつん攻大好物なのです。
濡れ場ではとにかくたっつんが楽しそうでした(笑)

トリちゃん演じる祐介がとにかく最低だホントに。でも、トリちゃんの声がハマってて聴きごたえありました。

最後は2人で生きて行くことを決めた俊一と育美。しかし、最後の最後に裏切られましたよ。まさか、ここまでの道のりが7年間のすべてを罪深い欲で費やしてきた俊一によるシナリオ通りのものだったなんて・・・・!!??

いや、最後の最後にまんまとやられましたw

3

自分史上最高にエロい///

「答えて姐さん!」でおススメして頂いて内容知らずに購入。
BLCD歴4ヶ月のヒヨッコには衝撃的なほどえちかった~;
平川大輔さんの声はこのCDで初めて聞きましたが、しっとりいいお声。

しかしそれより何より、私はこのCDですっかり達央攻めの虜に…w
自室でのえちのシーンで、扉の向こうから邪魔してくる兄へのキツイ怒鳴り声→兄をあざけ笑う低く暗い声→俊一に甘えておねだり。
このコンボがたまらんっス!声優さんってホントすごい。

まだ7枚くらいしかBLCD聞いていませんが、攻めが「気持ちいいよ」とか素直に言うのって珍しいのでは…
達央さんの「咥えながらの台詞」がエロ過ぎて、途中何度か止めないとマトモに聞いてられませんが、とにかくえちぃのが聴きたい!って人にはおススメですv

2

当たりBLCDでした!!,

濡れ場の多さにひかれて購入。。。もともと平川さん受けファンなんですけど、鳥さんもたっつんもひらりんも低めヴォイス!!!萌えましたorz

平川さんはキャラ的に高めかなぁ・・・って思ってたんですけどwwモノローグ担当はもち平川さん!!EEお声ありがとうございました。

鳥海さん演じる祐介・・こいつぁ~まったくもってイヤなやつでした!!そんなキャラをさらに憎まれキャラに仕立てる鳥さん!さすがです・・・でもワンコ攻めのイメージがあったんで違和感が・・・

今回初めて鈴木さんの攻めCD聴きました~ラキドの某キャラの先入観があったのですが、また違った高校生らしい感じの雰囲気がよくでてましたww

Hシーンは短いけど6回くらいはあったのでは・・・最後濡れ場シーンのモノローグは声とモノローグを被せないように交互に聴かせてくれたのですごくよかった!!

このドラマCD、最後に某キャラによるからくりがあるんですけど。。。それがまたどんでんがえし!「え!そうだったの??」って意表をつかれるとこもこのCDの醍醐味じゃないでしょうか?

原作は読んでませんが、いままでのBL続きCDと一味違った感じで楽しめました!

2

平川さん熱演

やりもやったりエロ7ラウンド、平川さんお疲れ様と言いたくなってしまう熱演っぷりでした。
鳥海さんの俺様鬼畜攻っぷりや、鈴木さんの年下攻もハマってて声優さん達の演技的は堪能しましたが、これ脚本が残念。
香水はともかくとしてチェスの駒は中途半端に出すよりいっそ全部すぱっと切ってしまえば良かったのに。
香水も出すなら出すでちゃんと分かりやすく表現してくれないと原作未読だと意味が分かりにくい。
ラストの印象や解釈が原作とCDとではかなり違ってくるのはそれは味として許容範囲だったんですが、原作派の人としては違うだろ!と言いたくなるかもしれない。
それ位受ける印象が違ってます。
原作未読の方は、原作と比べてみるのも一興かと。
熱演っぷりに萌にしましたが、評価的には中立と萌の中間辺り。

3

濃くて長いのにびっくり!

オフ会でいただいたCDです♪
原作未読で聴くのは初めてなんで、ストーリーも全く知らずに聴くのはドキドキしました。
今まで聴いた中で一番絡みが長く多い!!
えっ!?7回もあったのか!!でも、話の半分くらい絡みシーンだったかもしれないww

エロが先立つと内容が今一つ、なものが多いのかな?と思っておりましたが、話自体がトリッキーなものでしたので、最初の展開で何で?どうして強姦まがいの関係で、しばらくして好きになっちゃうんだ?とか、不思議に思ったり、クサいセリフにデヘヘになったりしたんですが、中盤の育美のネタばらしと、ラストの俊一のネタバラシで、なるほど~!と、、、
俊一の腹グロさが、すごい狡猾であれもこれもみんな予定だったのか、と思うとすごく面白かった。

それにしても、平川さんは本当にスゴイ!
エロゲーなみに大変だったと思います。
セリフ量も半端ないし、ラストのモノローグまでずっと話っぱなしで本当にお疲れ様でしたよ。
鈴木達夫央さんは、ツンデレが上手いな~♪
ヤンチャな高校生で、ちょっとすれた口調で脅してみたり、かと思えば犬のように慕う従順さ、エチの際のエロな部分続き
シーンに合わせた声の表情が変わるところがすごくよかったデス♪

原作未読での初試聴でしたが、これは是非原作を読んでみたいかも?と思わせました。
ここで膨らんだイメージを更に原作で肉付けしてという作業も愉しみかもですv

2

仄暗い甘さが魅力。

平川さん受けでエロいと評判だったので聴いてみました。
いや、期待を裏切らないエロさ!!
大好きな、抑えてるっぽいけどエロエロな平川さんの喘ぎ声がたくさん聴けて大満足です。

原作未読なのですが、結構丁寧に作られててお話も楽しめました。

攻めの育美役の鈴木達央さんは可愛くて甘い声なのに、俊一へのどろどろした執着が感じられて、いいニュアンスを醸してました。

そして平川さん演じる俊一!!
エロいよ君!!噛まれた方が感じるんですか?M好きだよM!
俊一すごい誘い受けです。人生掛けて誘い受けてます。
このCDで一番怖いのはこの人ですね。
俊一は優しい感じの人ですが、最後の甘く囁くような独白でイメージは一変します。
個人的にこのどんでん返し好きでした。
怖いよこの子!っても思ったけど、
「おとなしくしてるだけじゃ何も与えてくれない人生に勝ったんだ」
ってセリフに俊一の過去を想像して切なくなっちゃったんだもの。
原作には詳しく書いてあるのかなぁ・・・。
育美だけはどうしても欲しかったんだね。
大体高校生をあんな風に家に置いといて大丈夫な筈無いから!!
計画続きずくじゃなかったら馬鹿すぎるよ。

終始薄ら暗い雰囲気で、でもすっごく甘い独特な雰囲気の一枚でした。
BGMも合ってたな・・・。

原作いつか読みます。
フリートークが聴きたかった!!





3

半端じゃないぞ、絡み

いや~ん、エロい。
原作のエロシーン、こんなにあった記憶はなかったんですけど。
(トータル7回だそうです。フリトで言ってました)
平川さんの喘ぎがエロいのはいつも通りなんですけど、ここまでたっつんがエロ可愛く年上の男性(!)に迫るとはっ!
平川さんに迫るセリフに、こっちまで『どきっ!』ってするほど。
設定が若いだけに、思いっきり照れるような直接的なセリフもあるんですが、すらっと言っちゃって。
予想以上の出来に、俊一ではありませんが、ほくそ笑んでおります。

でもでも、エロいだけじゃなく、俊一の静かな決意というか、執着心というか、独占欲というか、怖いまでの育美に対する愛情が感じられます。
そうです~、どんでん返しが明かされちゃうわけです~。いやぁ……怖い……。
優しく、ひときわ淡々と語られるモノローグが、それを一段と強調してるんです。
原作を読んで知ってはいるけど、うわぁ~って思っちゃいます。

2

平川くん好きは聞けばいいと。

そんなあたしは達央好き(笑)。
でも平川くんも好き(*´∀`*)
満足!

話はちょっぴり重たい感じ?
個人的には「よし、聞くぞ」って聞かないと聞けない。
でも絡みの多さは満足(笑)。

原作読むとスッキリします。
あたしはCD→原作でスッキリ。
カットしないでほしかった…!

2

平川さん、お疲れさま

すっっごかった
やりっぱなしの7ラウンド
平川さん どうもお疲れさま

鳥さんが、傲慢な、嫌~~な男で、ホントに最低~~!で、エロイ

たっつんの育美も、そんな祐介の弟だけあって、最初は、傲慢な、イヤなガキだったのが、俊一に溺れるに従って、どんどん甘えて、可愛くなる。

そして、平川さんの俊一
というか、俊一の平川さん
いやぁ、どれほどの引き出し持ってるんですか目って程の
色んなパターンの、色んな喘ぎテク、駆使しまくり

フリトCDの方で、平川さん精根尽き果ててって言われてるの、大納得
7ラウンド致したそうですが、印象としては、最初から最後まで、ひたすらやりっ放しじゃなかったかと

この展開の、この結末のお話を、よくぞCD化したな、と
なんだか感心してしまいました。


ところでこの原作、小説じゃなくて、コミックスで読んだ気がするんだけど、コミカライズはされてないの?
展開としては、良くある設定なので、似たような話のコミックスと混同しているのかな?
何か気になって気持ち悪い

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ