千一秒物語

senichibyoumonogatari

千一秒物語
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
25
評価数
8件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
作画
作品演出・監督
ハマノカズゾウ(R/E) / 松下一美(D/B)
音楽
作曲:DCかみひろ 音楽制作:タルバーラレコーディングス
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
トジツキハジメ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
61 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

神様(ジーザス)、一に好きだと云える勇気をくれ。
超能力高校生・町屋千乃介はモテモテの人気者。でもそんな千乃介が好きなのは、双子の兄・一乃介。今までもこれからもどんな女の子の告白にも揺るがないくらい一乃介が大好き。だけど好いたらいかん。伝えたらいかん。バレたらきっと嫌われる。分かっているが、一乃介への想いは止められなくて──!? (メーカーより)

表題作 千一秒物語

町屋千乃介 → 杉山紀彰

町屋一乃介 → 檜山修之

その他キャラ
鰐[近藤孝行]/ 幼少時の千乃介[渡辺明乃]/ 見附ナオ[米澤円]/ 撫子[永田依子]/ 押切柾目[岡嶋妙]/ 町屋円[小橋知子]/ 町屋億[岩田安宣]/ 祖父[千々和竜策]/ 小学生[藤葉愛香]/ 幼少時の一乃介[細川量代]/ 三条ナル[中村公子]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ピンとこない

原作未読。
明るくなれるコメディが聴きたかったのと、受が檜山さんだったので聴いてみました。
双子の兄弟という近親相姦ものですが、エロが入っていないのと、どろどろとした昼ドラ調ではないので、そういったのが苦手な方でも気にせず聴けるのではないかと思います。

千乃介を杉山さん、一乃介を檜山さんが演じてらっしゃいます。
事故にあったのをきっかけに、人の頭の中が読めるという超能力を手に入れた千が、一をひたすら想いもんもんしてる話です。
はっきりいって超能力設定にした意味が分かりません。
途中から、もう超能力とか関係なくなってるような気がしますし、SEもなんだか微妙な間があって聴き苦しい。BGMもちょっとなんだかな、という感じです。
学生ですから女の子もいっぱい出てくるんですが、甲高いアニメ声の女性声優さんが生理的にだめなので、イヤホンからキンキンとあふれ出てくる超高音で神経痛が出てかなりしんどかったです。
主役のおふたりは好きな声優さんなんですが、これもキャラクター自体があまり好きなタイプではなかったので、特に魅力を感じなかった。

方言に関しては多少イントネーションに違続き和感を覚えましたが、田舎くささというか、そういった雰囲気が上手に作れていてよかったのではないかと思います。
原作を読んでみたら評価が変わるかもしれませんが、CDだけを聴いた印象では自分には少しあわなかったです。

1

リアルな高校生っぽさ

原作未読。
テンポよく話が進んでいくので聴きやすかったです。
檜山さんと杉山さんが双子設定の意外さがいい!

リアルな高校生が話しているような会話もセンスあって◎。
杉山さんが丁寧に演じてる印象を受けました。

話が面白ければ絡みはなくてもいいと思ってるので、久々に話を楽しむことができたドラマCD。
最初に出てきたサイキック高校生の設定が弱い気もしましたが、話のパワーに持っていかれたのでいつの間にか気にならなくなっていました。
終わり方も複数の捉え方ができる展開なので、聴き手の想像にゆだねる感じでいいと思います。

今作のBGMはよかったのですが、ラストはいくらなんでも長すぎでせっかくの余韻もダレそうです…。
ムービック作品はもっとBGMにこだわってほしいところ。。。

カラミも少なく、話も面白いので幅広い方にオススメです。
さわやかな青春ドラマCDでした。

2

ゆるさが味!!!

トジツキさん原作のCDって、
勿論コミックスも面白いのですが
更に鮮やかな色を放ってくれるような印象です!!

実際BLっぽいシーンが2箇所(棒付きキャンディー&頭突き後キス)ですので、
ただひたすら「あんあん♡」言ってるものを聴きすぎた後には
かなり新鮮味がありますww
双子ものというと湿度が高そうでどろっとしていそうですが
トジツキさん節で明るく進めてくれているので
さくさく聴けてしまいます。
しかも、ぐるぐる一人で兄に想いを伝えられない、伝えたい、
でも拒否られたら…と悩む千が愛おしい!!
杉山さんの演技がピッカーーーーー光ってました!!!

檜山さん、これまたSO COOL!!な兄、かっこよかったっす…♪
至極真っ当な事をあんな大人っぽく言われたら
納得するしかないじゃないですか!
でも、好きな気持ちは止められんのよ、イチ!!w
千が思春期でぐらぐら揺れているのに
どすんと地に足つけて揺るがない相対する兄弟、ツボでした!!
イチなりに胸のうちであれこれ考えていたというのもね…。うふ。

「故に」とか「有り申した」とか言い回しが愉快で、続き楽しかったです!

方言はそりゃ地元の方じゃないと完璧ってわけにはいかないでしょうが
雰囲気はだいぶ伝わりましたよ♪

千の友達らのお声もはっちゃけてて(特に鰐は好き!!)
ただ女子はちょっと可愛いアニメ声チックだったかな……。
だからこそ、双子の母はキャラとしても安心して聴けましたw
父役の岩田安宣さん、「もしや井上和彦さんですか!!??」というほど
ほんの少しのセリフなのに色気があって驚きました!!
ラブラブな夫婦…いいなぁ…w

「一生じゃ」負の意味合いを込めて言うイチと
それなら無敵!!と言わんばかりの千の能天気さ、
ああ、兄弟ものってこの切っても切れない一生の絆という葛藤が
たまらんなぁ…!!と改めて思いました♪
(それなのにNLものだと全然萌えない。BL限定w)

地味にリピートしそうなので萌×2寄りの萌です!

2

青春だね マブシイよ

ホロリとしました。
双子の感動話です。
原作コミックを読んで無くてもCDだけで内容わかります。
高校生達の友情が聴いていて 心地良いです。
はしゃいで転げまくっている所に 青春を感じました。

それよりもメインの双子です!この子達がすごく愛おしいです。
友達にも取られたくないくらい兄も弟もお互いが大好きな双子です。
この双子は良識があるので (本当はSEXしたいのだが)
「身体の関係」には多分これからもならないでしょう。
匂い系でストーリーは進みます。
お勧め萌えポイントは 兄のセリフです。
もしも将来 お互いが普通に結婚しても
双子・兄弟という事実は変わらないから

『俺達は 一生一緒じゃ』と兄は弟に言うのです。

キュウ~ンキュウ~ン。涙。
このセリフに泣かされます。
兄のどうしようもないもどかしい気持ちがバンバン伝わります。

声優達の息がピッタリと合って本当に良かったです。
高校生の甘酸っぱい青春と友情がバッチリ詰まっています。
脇役の友人達とメインの双子の対比がうまく構成されていました。
明るさと暗さの調和が素晴らしいです。
続きこの話は H無くて正解です。
面白かった~。聴き終わってからも感動の余韻が残ります。

2

方言がいい味出してる

原作既読です。
台詞もほぼ100%原作どうりでよかったです。
切ないところは切なく、面白いところは面白く作られてました。
千の友人たちも明るくて、このドラマCDを楽しい雰囲気にするのに一役かっています。
こういう脇キャラの使い方、なかなかBLにはないような気がするんですが、リアルで自然な感じでいいですね。
音楽もなかなか良くて、丁寧につくられているCDだなという印象を受けました。
方言で語られているのも魅力。なんか千の気持ちが真っすぐで純粋な感じが更によく伝わる気がします。

1

ジーザス!

原作既読。
やっぱ面白かったです。
爽やかな青春物語。
兄弟モノだけど絡みはないし、BL特有のご都合主義な展開もないから、苦手な方でも結構大丈夫だと思います。
エッチな場面は眠ってる相手への内緒のキスと、オナニーぐらいかな。あと飴玉の関節キス。アホ可愛くて、ニヤケましたw
片思いの心情が切なくそしてコミカルに描かれてます。このコミカルさが程よくて最高なのだ。
声優さんの声で聴くと、改めてトシヅキハジメさんの独特のモノローグってセンスがよくて耳に気持ちいいなぁと思いました。
また脇役がみんないいんだよねー。女性キャラの描き方がめちゃくちゃ上手い。これもトシヅキハジメさんの才能ですよね。女性キャラの描き方が苦手なBL作家さんが多い中、貴重だなと思います。

声優さんも良かった。合ってる。
杉山さんのモノローグには何度も笑わされたし、クールな檜山さんの声はやっぱカッコ良かった。
檜山さんの声好き好き。

絡みが濃くて甘いセリフをガンガン吐くようなCDよりも充実感がありました。
良作。王道テンプレBLに飽きてる方にオススメ。

2

双子モノ

千乃介(杉山)は、幼少期の事故から超能力が使えるようになり
人の心が見えるため周囲に避けられるようになってしまった
そのとき、変らずにいてくれた双子の兄 一乃介(檜山)を好きになってしまった。
時は経ち、千乃介(杉山)は、いつも友達に囲まれて楽しく学生生活を送っていたが
兄 一乃介(檜山)だけが特別で、好きで好きでたまらん・・・

と、いうお話。

兄弟は一生続くから・・・って語る一乃介(檜山)のセリフが
とても良かった。

トジツキ先生の漫画は大好きです。
ポップな絵柄で、ギャグもちりばめながら
奥底にあるものは、けっこう黒いんですよ。
兄弟モノのお話、他にもあって一線超える作品もあったけど
この作品は、超えません。BLCDとしてではなく一般CD的に聴くとよい。

BLCDの子役に女性声優を持ってくるとまず
アレルギー反応する私ですが
渡辺明乃さんと 細川量代さんの子役演技方言の魅力もともなってか
非常に良かった!
他、女友達役の米澤円さん 中村公子さん永田依子さん、みんな良かったよ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ