FLESH&BLOOD5

FLESH&BLOOD5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
29
評価数
7件
平均
4.1 / 5
神率
57.1%
著者
イラスト
作品演出・監督
亀山俊樹/本山哲
音楽
中山孝
脚本
山田健一
原画・イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
しおり、456購入応募特典キャストトークCD(アニメイト同店舗、公式通販のみ)
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

大人気の海洋ラブ・ロマン、ドラマCD、緊迫のロンドン宮廷編!
海斗の生死を懸けた、緊迫の第5巻!!
俺を信じて、全てを任せてくれるか?

大航海時代のイングランドに突如タイムスリップしてしまった現代高校生の主人公を巡る、陰謀と冒険。
エリザベス女王の晩餐の席で、マニング主教毒殺の嫌疑をかけられた海斗。ジェフリーの必死の抗弁も空しく、海斗は牢獄送りになってしまう。ジェフリーは、海斗の無実を証明すべく、ナイジェルとともに主教の教区ウィンチェスターへと急ぎ旅立つが、彼らに与えられた期限は四日間のみ――。海斗の生死を懸けた緊迫の急展開!
(販売元より)

表題作 FLESH&BLOOD5

ジェフリー・ロックフォード → 諏訪部順一

東郷海斗 → 福山潤

その他キャラ
ナイジェル・グラハム[小西克幸]/ ウィリアム・シェイクスピア[遠近孝一]/ 森崎和哉[岸尾だいすけ]/ ピッポ[藤吉浩二]/ バーリー男爵[岩崎征実]/ ギャリー[杉崎亮]/ ハットン[松田健一郎]/ レイヴン[喜山茂雄]/ ロバート・セシル[代永翼]/ ペレス[土屋利秀]/ ジョージ[前野智昭]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

じゅわ〜

完全に前巻からの続きとなる、五巻です。
道化師仲間のピッポにはめられ、主教を毒殺したという嫌疑をかけられてしまった海斗(福山潤さん)の行く末はいかに!な、回です。

うんうん、やはりウォルシンガム閣下は原作通り嫌な奴ですね(笑
海斗の裁判では、どうにか罪に落とせないかと躍起になっています。
ジェフリー(諏訪部順一さん)たちが機転をきかせて、受ける側が違えば悪法ともいえる法律を利用し、なんとか海斗を救うことができました。
釈放された後、死ぬ前に見たい顔はジェフリーだったと吐露する海斗が、ジェフリーをラブな意味で好きと認めて告白するシーンはもう甘々。
諏訪部さんの低くて甘いお声で囁かれたら、もう、こ〜ま〜る〜(馬鹿
ただやはり海斗とジェフリーが離れているのが前提の宮廷編ですので、ものすっごい消化不良でした。二人が再会してくれて良かった。
もうハッキリ言って、投獄シーンとか裁判シーンとかどうでも良いんです!
もっと二人のイチャコラと、諏訪部さんの氷も溶かしそうなボイスを聴かせてくださいー。

しかしこの巻は焼印のお話でしたか…忘れてましたけども(汗
助かることは覚え続きていたのに、その後の顛末が記憶からごっそり抜け落ちておりました。
ジュワーいってました…

1

陸の上で頑張ってます

宮廷道化師となったカイト(福山さん)ですが、マニング主教毒殺の嫌疑をかけられ大変なことに……。

毎回息つく間もなく次々と事件が起こりますが、今回もハードな展開の連続でした。
クリンク監獄へと投獄されたカイトですが、ここはBLの受に配慮してでしょうか……割とマイルドな感じになってましたので、聴いててしんどさは感じませんでした。
それでも福山さんの悲壮声がかなり効果的で、ジェフリー(諏訪部さん)はやく、はやく! はやくカイトを助けに来てあげて! と思わず手のひら握りしめました。

そんなカイト救出のためにジェフリーとナイジェル(小西さん)は色々と動き回り、ロバート・セシル(代永さん)の智恵を借りるんですが、5巻の醍醐味と言えばやっぱりここ。
この3人の焼印のシーンを盛り上げるために、原作をことごとくカット、カット、カットと、端折りまくったわけですね。
あまりに潔い削り方に、何で2枚組にしなかったんだ……とちょっと残念な気もしますが、未読でも決して違和感はないと思いますので、丁寧に作られていることには変わりありません。
でもやっぱり、カイトとウォルシンガムの会話のカットは続きどうかと思う。

裁判を経て例の焼印のシーンとなるわけですが、福山さんの演技が最高。
甘えっ子坊ちゃんが抜けていないので、やだやだ怖いよと駄々をこね、一緒に焼印押してくれるというジェフリーに宥めすかされるという、なんと美味しい展開。
ジェフリーとナイジェルの声も甘くって、格好良くって、痛々しいシーンにも関わらずニヤニヤが止まらなかったです。

無事に釈放されたカイトは熱を出し寝込むことになりますが、ここでようやくラブな会話が聴けます。エロもないのにこの甘さは何でしょう……恐るべし諏訪部ボイス。
弱々しい声での福山さんの告白にもきゅんとします。

1

海斗を救えるか

司教殺しの罪に問われ、監獄に入れられた海斗を救うべくジェフリーたちが動きます。

久しぶりに和哉が出てきたり、シェイクスピアの正体や裁判など、CD一枚なのに今回も聴きどころ満載でまったく飽きません。

最後は焼き印を捺されたりかなり痛いシーンもあるのですが、この巻でやっと海斗とジェフリーが両思いになります。そして次はとうとう船に戻ります。やはり海賊ですからね、船上シーンが一番好きです。

個人的には、原作であった男色家の王様の拷問の話をCDで聴きたかったんですが、声にすると残酷すぎるんでしょうかね(笑)。

2

o(´д`)oァーゥー この焦らしプレイがFLESH&BLOODシリーズの名物なんだと思うw

日本人の現代っこ海斗(潤)は、大航海時代へタイムスリップ。
イングランドの海賊ジェフリー(諏訪部)の船に乗り込み
歴史の知識を使って占い師としてたちまわる。

と、いうお話。シリーズ5!

海斗(潤)は冤罪で囚われ拷問されてしまうのですが
そういえば!忘れてた!!現代の友である和哉(岸尾)は
タイムスリップして行方不明になった海斗(潤)について尋問されてました。
ふたりの尋問されるシーンがリンクしていておもしろかった。

ちょいちょい窮地に立たされる海斗(潤)は
すぐにあきらめたようなセリフを吐いたりもするけどあきらめないよねw

囚われ明日をも知れぬ身におかれてやっと
ジェフリー(諏訪部)への気持ちに気づくのです。
やっと!やっとですよwww
だがしかし・・・つづくのですOTZ
乙女かっ!どこまでも乙女シナリオなんだなw
この焦らしプレイがFLESH&BLOODシリーズの名物なんだと思うw

でもさ・・・ちょっとヌくくらい・・・あっても・・・よくない?www

あまりにも健全!健全!!
海斗(潤)も和哉(岸尾)も拷問されたり尋問されたり続き
苦しかったと思うよ?
でもな!聴き手にも、拷問のような展開なんだぜ((o(>皿<)o)) キィィィ!!

普通ヤるよ!絶対ヤるよ!
どんな状況でも、再会してもう離れないっ離したくないって
盛り上がるはずなのに!この人ら・・・OTZ

余談ですが・・・
スペインからの刺客・ジョージという役で前野智昭さんが
出演されてました!←いい声ですv

頭のキレるぼっちゃんロバート・セシルという役で代永翼さんが
出演されてました!

つづく・・・

2

友情に萌える…

なんてなことは本当は言っていられないくらいに
海斗にとっては試練続きで辛い巻なんですが、
しかし、男同士の友情にちょっと胸を熱くする巻でもありました。

恋か友情か?って
男は友情だよね!(なんつって)
女性のほうが恋に傾きやすいのが世の常な気がします。
そのせいで男の友情に無駄に胸がときめくのかもしれません…。

海斗はあまりに攻めを引き寄せすぎて(ハーレム状態に近い)
普通ならちょっとドン引き要素になりかねないのですが、
過酷な運命を渡っていくことでそこが上手い具合に相殺されてる気がします。
正直全員に愛される受けって苦手なほうなんですが、
海斗にはちゃんと魅力と説得力を感じます。
波乱万丈な運命の中で成長していく海斗の姿には
どうしても胸を打たれずにはいられません。

福山さんの声も海斗にうまくマッチしていて本当に素晴らしいです。
あと音楽と効果音が本当に毎回素晴らしいんです!
ますます先が楽しみになってしまうのでした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ