P.B.B.2 プレイボーイブルース

忧郁的花心男子P.B.B

P.B.B.2 プレイボーイブルース
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
50
評価数
13件
平均
3.9 / 5
神率
46.2%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

元No.1の忍が「club DANDY」に返り咲いた(バイトで)! 純佑はガテンとホストの両立を目指す忍の体が心配でたまらない。でも夜の×××は我慢できず…v そして店ではNo.1の純佑を蹴落とそうと派閥争いや、嫉妬ゆえの客からの嫌がらせも!? 新キャラ登場でますますヒートアップするラブバトル!!
ジャケットは鹿乃しうこ描き下ろしv 声優フリートークも収録♪(メーカーより)

表題作 P.B.B. プレイボーイブルース 2

安芸純祐 → 森川智之

菱谷忍 → 遊佐浩二

その他キャラ
コージ[野島裕史]/ ハルト[安元洋貴]/ タケル[羽多野渉]/ マネージャー[遠藤大輔]/ 少年時代の純祐[安士百合野]/ 中内[利根健太朗]/ 透[飯田利信]/ オーナー[澤田将考]/ 純祐母[タルタエリ]/ 客[石嶋久仁子]/ ユーコ[佐藤聡美]/ ユキ[藤堂真衣]/ ユカリ[前田愛]/ サトル[興津和幸]/ 一色拓哉[千葉一伸]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

1と続けて聴いてみた

菱谷忍役の声優さんが新しくなり、
どうなるのか少し、心配していました。
最初は、正直、「なんのCD聴いてるんだっけ」というくらい
違和感がすごくて、前回の菱谷忍のイメージ、一度崩壊しました。
「声優が違うとこんなに別人に感じるのか」と消沈気味でした。

でもですね、聴いているうちに、
遊佐浩二さんと菱谷忍が
自分の中の忍とシンクロしてきて
集中できるようになりました。
遊佐浩二さんて、凄いですね。

安芸純祐、役の(攻:森川智之さん)
声のトーンが1のときより、かなり
低くて最初は、あれ?とか思ったけど
聴いてるうちに、こちらも違和感がなくなりました。

フリートーク、にぎやかで面白かったですよ。
森川智之さんがホストクラブに
一度、行ってみたいって言ってました。
なんていうか、ベテランになっても
こういう好奇心と熱心なところが
帝王と言われる所以、なのかなと思いました。




0

交代しても忍は忍だったぁぁーー(*^^)v

さすがプロフェッショナル遊佐さまぁぁ~★★★
益々惚れますよっ(>_<)
ストーリーについては、原作のほうでレビューしてますので割愛します。
現No.1ホスト純佑と、元No.1ホストのガテン系忍の、ガチンコ体当たりラブw

1作目は忍役がうえださまだったんですが…(しかもすんごいハマってた!!)交代して遊佐さまが忍を演られ……ドキドキで聴きました。
バッチリ!!!!!!皆さまレビューどおり、忍でしたっ♪♪♪
遊佐さまの少しかすれてるラインが、ゆうじさまとちょっと似てるのもあったんだと思いますが♪
ゆうじさまのテンション高くて軽そうな感じの忍を、ほぼ違和感なく引き継いでる遊佐さますごいっ(T_T) 

まーーーー。森川さまはほんとに完璧すぎ。。。。
この純佑ラインは、森川スーパー攻めラインの中でも私的にかなりのツボです!!
男っぽさと、意志の強さと、、、それを消さず邪魔にならない程良い暖かさのある…完璧イイ声キング(T_T)
言葉を発するときのすぐ直前から?かすかに漏れる息とかの周波数も、耳を攻撃してるんじゃないですかね???
もちろん言葉の最後からも…出てる続きよ周波数が…。。(>_<)
どの行もどの文字も、イイっ!!!
鳥肌がおさまりませんでした。。。禿萌
帝王は声帯全部がエロマシーンだと思う…←バカ

そりゃ忍も惚れちゃうよ~~~☆んもぉ~メロメロ★
聴き手もメロメロ。

安元さまも野島兄も羽多野さまもいて…豪華すぎるCDww
ドスのきいた上から目線の安元ボイスはおいしかった★
羽多野さまの威嚇声と愚痴キャラw貴重です♪
野島兄さまの「ひ、のぶさん…」がかわいかった♪

酔った忍さまが最高ーーーーーーっっっ(>_<)
エロきゃわゆい★★★
遊佐さま…まじで、、、ゆうじさんの1作目かなり勉強してると思います!!もっそぃラインが似てるぅぅ。とくに酔ってるとこはよく解る!

エチシーンは1回。
ちょっと寸止めというか切られてるとこが多い(>_<)
でもエロいから不思議です。
そしてキスシーンが数回♪
もちろんSEもイイですよ♪わっしょい♪←私の重要ポイントなのかな…毎回書いてるよ(^_^;)

あああーーガッツリエチシーンは1回なんですが、いちいちゾクゾクするCDでしたっ(震)
私のベストオブイイ声ランキングNO.1は、やはり森川さま不動だと再確認する1本でした。
そしてこのキャスティングが私のツボすぎた(*^_^*)
次も出るかと思うと……たぎるたぎる…w

ネタバレフリト■(司会:羽多野、千葉、安元、野島兄(別録)、遊佐、森川)
ファンタジスタ羽多野氏wwwまた全員からいじられまくるというおもしろさ。。。w
いろんなフリトで本人が不在でも羽多野氏をいじりまくってる安元さまは、一緒にいてもやっぱりいじりまくり♪
遊佐さまは、粗っぽくしゃべるのに苦労したそう。
「っ」が沢山あって、頭にある場合の調整が難しかったと。
森川さまは、ホストクラブにいってみたいそう。支払いは…最近ブイブイ言わせてる安元!wと指名する森川さまw
羽多野さまのグダグダ司会ぶりに全員大爆笑なフリトでした!!!!!w
愛すべき羽多野くんwwwwww

ありがとうございました

1

隅から隅まで素晴らしいデキのCDでした

誰もが言ってますが、1でうえだゆうじさんが演じた忍くんがハマり役すぎて、キャスト交代に不安もあった続編なんですが、

遊佐さん凄すぎる!

まったく違和感がなくて、さすがと思わされました。
これ、ちょっとでもレベルが下がっちゃったら、かなりガックリきたと思うんですよ。それほど前作のうえだゆうじさんの忍くんが素晴らしかったもんで。
もーう、遊佐さんてばー。心配して損しちゃったよ。ほんと大好きです。

攻めの森川さんは、相変わらず完璧でした。
前のめりで必死で真面目で一生懸命で、その無骨さがかわゆい年下攻めくんそのまんまでした。

キャストだけでなく、ストーリーもとても良かったです。
1よりも萌えるシーンが多くて、何度もキュンキュンしたり切なくなったりさせられました。
私、出来上がったカップルの続編ってあんまり好きじゃないんですが、この作品は、出来上がってからの2のほうが断然面白かったんですよね。自分でもびっくりでした。

あとホストクラブの描写も良かったです。
BLに登場するホストって、妙に暗くてくそ真面目で動揺しやすいか(←主に受けが)、妙に気障ったらしい俺様か(←主に攻めが)、あま続きりに見え見えの極悪野郎か(←主に当て馬が)で、「こんなやつら水商売できねーぞ」ってタイプの男性が多いんだけど、この作品ではそういう非リアルさがなくて、安心して聴けました。
でもリアルかというとそういうこともなくて、もちろんBL特有の非リアルさはあるんだけど…、つまり、バランスがいいんです。うん。原作者の鹿野さんの手腕だと思います。

まったくタイプの違う二人の男が、どちらが優位に立つこともなく、ガチンコでぶつかり合ったり頼り合ったりしてるの、萌えまくりでした。
フリトも楽しかったしなー。
つまり、隅から隅まで素晴らしいCDでした。

3

これぞ森川帝王ヴォイス。

これは、間違いない出来栄えの1枚。

ノリも愛想も良い元・ナンバーワンホストな忍@遊佐さん。
ゆっちーの忍きゅんヴォイスは軽くて優しくて、兎に角華やか!
可愛い面、男前な面、怒鳴ったり優しかったり乙女だったり…、“菱谷忍”の振れ幅って結構凄くて、鹿乃先生のキャラクタ作りの深さに感嘆する反面、どうも自分では掴み切れない感じがずっと否めなくて。
ずっとはかりかねていたのですが、ゆっちーの忍はブレがない。
男前Ver.も乙女Ver.もちゃんと忍で「おお!」と。
絡みもヤバかった…(´Д`*)
ゆっちーのエロさと色香、尋常じゃない!

現・ナンバーワンホスト、純佑@森川さんはクールヴォイスな癖に、ちっともクールじゃないさそり座の男(笑)。
迫力の低音ヴォイス。
ド低音ではなく帝王ヴォイスの典型と云う感じで、ハリと艶が半端ない!
最早純佑本人です。

DANDYのホスト陣も超豪華!
わたしは特にコージ@野島兄のぽや~んとしたハイトーンが好物。
そして安元さんがもう…、、、めちゃくちゃ腰に来る美しい低音なのに、この後のハルにゃん(ぁ)のことを知っているせいで、どん続きだけモリモリにツンケンしていても変な笑いが込み上げて来る罠(笑)。


最高潮に萌えたのが、トラック2頭の方のDANDYでの2人の会話!
モリモリがゆっちーの席の客に挨拶したあとのやり取り。

森「――髪、濡れてる。雨、降られたの? ちゃんと拭いた?」優しい声…(´Д`*)
遊「…ぅっ……(こくこく)」
森「素肌にジャケットなんかじゃ風邪引くよ?
  あんまり呑ませないでくださいね。このひと、弱いから。(モファ~~~/←エロモン)」

なッ、何なのこの声ーーーー!!!

このやり取りを聴いていた客が、「すっごー…! 何か緊張したあ…」って云うんだけども、本当にその通り><//

そして、原作でも大好きだった忍のこの台詞♪

「ハッ!! 俺、今格好悪かった?!(必死)
 あ~…あいつ、格好良かったあ……(へにゃ)」 

このゆっちー最高に好き~vv
酔っ払って云う、「ナ~ッスィ~~ング♪」もめちゃくちゃイメージ通りだったし…♪

個人的な一番の聴きどころは、修羅場です。
忍しか視えず、その他はどうでもいいと激情をぶつける純佑に本気で罵声を浴びせるシーンが凄くいい。遊佐忍が大人で男らしくて惚れ惚れします。

絡みはトラック3ラストが一番好き。
ゆっちー、キスの時の鼻息と漏れる声が有り得ないくらいセクシィ!
モリモリの声、優しいのにエロいって…何事?! けっ、けしからん…!(ぇ)
この2人の絡みはもう職人芸レベルなので安心して聴いていられます★

羽多野くんがはしゃぎ過ぎ(笑)で微笑ましい爆笑フリートークは10分弱です。

6

2からは、忍役が、遊佐浩二に変更!

忍役変更の件は
うえださんがBLに出ないようになり頓挫していた続編制作。
そうこうしてるうちに出版社倒産なんかもあって
やっと遊佐さんに変更になり2の制作ができたというのでいいのかな?

鹿乃しうこ先生といえば、ホスト、ガテン、パ●●●
という3本柱だと思ってます!間違ってないよ!
絶対、この3つのキーワード1こ入るよ!

舞台は、ホストクラブ

2は、つきあいだしてうまくいってるように見える
純祐(森川)と忍(遊佐)に
忍(遊佐)の母親の元恋人が現れて・・・
かきまわしていくという話なんだけど。

とにかく“遊佐忍”が、かわいいいいいいいいいv
遊佐さんヤンチャなのも、まだまだイケますね☆
とにかくかわいかった~v

森川さんの正統派低音ボイスのホスト!
これ、どっからどう聴いても男前!!!
かっこいいいいいいいいいい。

そんでもって、安元さんもでてますからっ。
羽多野くんもでてますからっ。
はぁー耳福v すっげぇ楽しかった。
安元さんも、羽多野くんも、超出番少なかったけどw
こんな素敵ボイスのホストクラブなら行ってみたい。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ