>
>
>
その声が僕を焦がす
原 作
  • --位 ※今年度
  • レビュー数2
  • 得 点4
  • 神 率0%
  • 評価数,平均2 件 , 2.5 / 5
0 0 1 1 0
作品名
その声が僕を焦がす CD
sono koe ga boku wo kogasu
著  者
 
イラスト
奥貫亘 
オリジナル媒体
小説
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典フリートークCD
フリートーク
なし
発売日
2009/04/25
アマゾンで買う


表題作

その声が僕を焦がす

尾崎哲也
氷室右京
藤倉誠司
氷室左京[藤村歩] / 柏田部長[伊藤健太郎]

キーワード

先輩後輩 双子 三角関係 誤解・思い込み すれ違い 嫉妬 過去のこだわり トラウマ 幽霊 

状況

日常の出会い 学園 部活クラブ その他ファンタジー

トーン

せつない あまあま シリアス M

展開

---

H度

標準的

CD/あおつきなぎさ聴きたいCD/みーぽ聴いた(インターコミュニケーションズ)/たねよしBLCD あ行作家/ヨムヨムにゃー♪鑑賞予定/海星


2

※このレビューはネタバレ有です

うーん…なんか説明不足。

前作は「いい話ダナー」でそこそこ面白かったんですが。
次作のコレ、尾崎と氷室の距離が近づけば近づくほど、「あーーーはいはいはい、勝手にやってくれ」ってなってくるんですけど…。

全体的にちょっと詰め込みすぎかなぁと思った。
だいたい、前作で消えていった左京がトートツに出てきて、
しかも結構腹黒いので、前作で左京萌えしていたワタクシ、ガッカリ。

平川大輔さん×鈴木千尋たんの絡みはやけにさわやかでありました。
お二人とも、ベタベタにエロくやれるのはよくわかってるんだけど、
さすがに大学の水泳部員ってことで、控え目です。
むしろ、惜しいのは微妙なエロ視線を送り続ける藤倉(鳥海さんです)のポジで、
もうちょっとベタな揺さぶりをかける当て馬ぐらいになっていただきたかった!

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

※このレビューはネタバレ有です

完結!

尾崎@平川さんと心が通じ合ったと思った瞬間、冷たく突き放されてしまった氷室@鈴木さん。
前作があまりなところで終わっていたので、これが出るのをジリジリと待ちました。
事件だけでなく、どんな風にメインの二人の気持ちが寄り添っていくのか。そこが一番気になるところ。
しかも、今回は尾崎と確執のある父@小杉さんの登場で、ドラマにも緊張感が!
小杉さんと平川さんの対決シーンは、すごく短くてもったいないほど。でも、二人とも低音ですごく印象的なシーンになっているので、小杉さんがここにしか出てこないって、めっちゃ残念だしもったいないと思ってしまいました。
本当に父を嫌っていそうな尾崎。険悪なムードがすごく出ていました。

さて、事件を追うあまり、暴走しちゃう右京が心配で心配で。なのに、それを言葉に出来ない尾崎が、非常にもどかしかったです。
尾崎が右京を助けに行ったところから、ベッドシーン、ラストシーンまで、だんだんと糖度が増していきます。最後なんて、ホント、ツンデレのデレが来たぁ~~~! って感じ。
そこへ至るまでは、ツンツンしかしてなかったのになぁ、尾崎って。右京がどれほど尾崎のことを求めても、冷たくあしらっていたのに。

前作を含め、平川さんの貴重な低音攻めなCDです。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします
Page Top