教師も色々あるわけで

kyoushi mo irorio aruwakede

教師も色々あるわけで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
26
評価数
8件
平均
3.3 / 5
神率
12.5%
著者
作品演出・監督
阿部信行
脚本
香取那伸
原画・イラスト
大和名瀬
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
Atis collection
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
版元初回予約特典フリートークCD(杉田智和
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

2年2組の子供たちに毎日毎日振り回されて、マジメだけがとりえの古森先生は凹み気味。隣の組の多岐川先生のスマートさに劣等感を抱いていたが、彼の悩みを偶然知ってしまい・・・。

表題作 教師も色々あるわけで

多岐川恭 → 諏訪部順一

古森忠道 → 杉田智和

その他キャラ
藤田孝紀[岸尾だいすけ]/ 藤田裕紀[松本さち]/ 男子生徒[亀岡真美]/ 女子生徒[高橋まゆこ]/ 女子生徒[高口幸子]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

諏訪部ェロモン

萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
出来る小学校教師×生徒になめられがち小学校教師の、大和名瀬作品ではめずらしく同じくらいの体格カップル。
大人同士ではあるものの、真面目に恋と仕事の階段を一段ずつ上っているので(なんかサムいこの表現)、初々しくかわいい印象の作品です。

諏訪部×杉田…とくに杉田さん受けは二度見するほど意外なキャスティングでしたが、同体格だし!と考えてみればなるほどな配役。性格そのものは不器用だけど一生懸命で、体格以外はわりとオーソドックスな受けタイプだし。
よっしゃ、どんとこい杉田受け。

諏訪部さんの多岐川先生がけしからん件。
みなさん一様に書かれてますが、その気持ちは分かりすぎるほど良く分かります。
確かにいつもよりも気障度が低めで爽やかオーラ放ってます。でも爽やかなのにやっぱりえろいとはこれ何事。えろいけど爽やか。爽やかだけどえろい。えろいけど……エンドレス。
ボイスじゃなくてヴォイスと強調したくなる諏訪部声の前に、「こ、こここんなに多岐川はフェロモンキャラだっけ…」と思ってた自分はあっけなく降伏。
鼓膜が諏訪部ェロモンに侵食されました。一続き緒に授業を受けさせてくれ。
自分を理性でコントロールして喋ってるような感じなんかは、いかにもソツなく生きてきた多岐川っぽかったです。
やることなすことスマートなんだけど、こと古森に関してはややペースを乱されがちなので、意外と中身はそんなに器用な人じゃないのかも…と思わせる押しと引きの加減が何やらきゅんてきました。

そして多岐川とは対照的に、思考と口が直結しているような古森先生こと杉田さん。
原作と比べると空回ってるドタバタ感がやや薄いですが、杉田さんお得意のぼそぼそ喋り効果覿面で、おっとりしたかわいさがあります。酔っ払い方には何故か笑いが込み上げましたが。
台詞とモノローグの喋り方も全く同じなので、古森の裏表のなさがよく表れていると思いました。
喘ぎは全然色っぽくありませんが、古森はノンケだしね!と思って暖かく見守り体勢に。
でも、大人の抜き打ちテストは家でやりなはれ。と、誰もがつっこんだに違いない。教育的指導。

児童の父兄として、岸尾さんも出演してます。
岸尾さんて大和作品の雰囲気に馴染みますね。ちなみに同じ大和作品『さあ恋に落ちたまえ』では諏訪部×岸尾で共演済み。
そして影の主役とも言える、お笑い担当の小生意気な児童たち。
岸尾さんの役の息子を筆頭に、元気いっぱい古森先生を振り回していてとってもかわいいです。

1枚ですが、駆け足感も物足りなさも感じず。
原作イメージに声優さんのプラスαが加わって、原作未読既読どちらの方も楽しめるんじゃないかなと思います。

1

可愛さがぎゅっと詰まってる

原作既読。起承転結をしっかりと抑えた安定感のある作品。この人は意外とぶっとんだ作品を書くイメージがあったけど(ちんつぶとか)、そういった雰囲気も残しつつ、また180度違った話だった。

原作に忠実に作られていて、個人的にはとても満足。起承転結の転の部分でも、作風自体がのんびりとしているのであまり起伏を感じなかったように思う。
古森演じる杉田さんは、久々の受け。初めの声を聞いたとき思っていたよりも高いなと感じたけど、モノローグは想像していた通り。普段の喋る声はもう少し低くてもよかったかな。
諏訪部さんはまさに多岐川だったなという感じ。聞く前からイメージしていたのと、聞いたときのイメージがぴったり一致。
今回は背景というか、例えば古森先生のモノローグの後ろだったり、そういう部分の児童の声といったものがとても忠実に再現されている。それによりまた原作そのものに近付いて、原作を読んでいればそれが浮かんでくるし、未読でも臨場感を深く味わえる。
起承転結の四つがしっかり区別され作られる作品とは違って、とても些細で小さな出来事ばかりだったけど、ないがしろにすることなくきっちり丁寧に作ること続きで、単調になることもなく作品の良さを上手く出せていた。
古森先生と多岐川先生の会話のやり取りは聞いてて面白かった。
絡みシーンは控えめ。個人的に、こういうシーンの杉田さんは控えめな声は本当に上手い人だと思っているので(親猫シリーズ2の電話のやり取りなど)、そんなに不安はなかった。今回はそんなに激しくなく、自然に演じられていたと思う。息多めな上高い声で本当に可愛い。そこにまた諏訪部さんの声が重なるわけで、濃厚な絡みシーンのように演出してくれた。

安心して聞けたというのが凄くあった。こういったストーリーだからこその安定感と、緩い雰囲気を上手く掴んでいる。
息抜き程度にさらっと聞ける、お手軽なCD。

1

可愛すぎる件について…

非常に可愛すぎますよコレ。
完璧な多岐川先生(CV.諏訪部順一)にちょっとした教師とした嫉妬心を抱きながら、日々生徒たちと奮闘している古森先生(CV.杉田智和)。一人で空回りしながらも健気に生徒と向き合う古森先生がホントに可愛くて仕方なかったです!!杉田さんを起用するっていうキャスティング素晴しすぎる!!ピッタリすごいでしょこれ!!!杉田さんが好きな私なんですが、受ヴォイス可愛いんですよね。

そんな、ちょっとヌけてて頑張り屋の古森先生に好意を寄せる多岐川先生。コレまたエロヴォイスの持ち主諏訪部さんが演じる多岐川も素敵すぎて…諏訪部ヴォイス威力半端ないよぉ!

ま、そんななんでも完璧だと思っていた多岐川先生の意外な点をしり、同時に告白されグルグル悩む古森。これまた可愛いw

互いにちょっとづつ好きになり、受け入れて好きになっていく過程も良かったです。

1

諏訪部せんせー!声がエロいでーす!

先生ふたりの可愛い恋のお話でした。
最初は「お友達先生バンザイ!教師とはかくあるべき!」みたいなタイプの作品なのかしら…と思って不安だったんですが、そういうのはまったくなかった。疑ってごめんなさいw
攻めがゲイをカミングアウトしたときの受けの言動も、無知による無理解という説明では済ませてほしくない不快感があったんだけど、大和名瀬さんはそのあたりちゃんと分かってて、後のストーリーでちゃんとフォローしてくれてるのが嬉しかったです。
もろもろストーリーに対する最初の不安が解消されると、ひたすらカワイイばかりの先生。ひたすら可愛いばかりのお話。
反感を持ってた攻めの優しい部分を知るとすぐに印象を改めて教えを乞う受けの素直さとか、「うはー、好きだなー可愛いなー」と思ってました。

キャスティングに関しては、私は受けに杉田さんというは微妙だったかなぁ。かわゆさが足りない感じでした。杉田さんは攻めしてるときのほうが好きなんだよね。むしろ脇役の岸尾さんにやってほしかった役だったなと思いました。
諏訪部さんは相変わらずエロい。なんでこんなエロいのさー。エロい場面じゃなくてもエロい。生徒とサッカーしてる爽続きやかな場面でもエロい。こんなエロ声の先生を学生の前に出すなんて…最高です。授業、真面目に聞けそうだ。いや、逆に真面目に聞けないかも。

1

岸尾さん目的とマンガを読んでいたので

諏訪部×杉田です。
もう・・・諏訪部さんは、あいかわらずセクシーダイナマイトエロヴォイスでした(*^_^*)
杉田さんの受けは初めて聴きました~。個人的に総攻めと思っていたので、びっくりでした。私は杉田さんの高めのヴォイスは、かなり好きですww
そして藤田父の岸尾さんヴォイスは大好きです!!
今回は両想いになっただけで、繋がりはなかったので、ぜひとも続きをだしてほしいと思います。そして藤田父の出番をぜひとも!!増やしてくださいヽ(^o^)丿

0

諏訪部さんがエロくて

相変わらず艶っぽい諏訪部さん。マジで美声にクラクラ来ます。色っぽいったらありゃしない。こんな美声が担任の先生だったら、もっともっと勉強してたぞ~!
最後まではしてないけど、息遣いとか、掠れたような声とか、色っぽい。

そして、くそ真面目なぶきっちょ先生・杉田さんが、これまたはまってて。
焦りまくるしーんがるんですけど、どうして杉田さんってあんなに上手いんだろう。あの訥々としたしゃべり方のせいかなぁ?
それと意地っ張り感がいいんですよねぇ。
 
あと、そんなに出番はなかったんですが、杉田センセの受け持ち生徒の父・岸尾さんが、ちょいブラック気味で、これまたはまり役。

原作は4つお話が入ってましたが、これが忠実に再現されてました。

1

可愛くて笑えるCD

原作がもともとコミカルで笑える場面が多いですが。
演じているのが杉田さんのせいか、
何気ない台詞や演技が無駄に笑えます!
生徒との会話や、酔っ払いの演技が爆笑です。

そして吃驚したことがひとつ。
キャストが発表された時、多岐川先生の諏訪部さんはハマるけど、
古森先生の杉田さんはどうだろう?
うーん、微妙??と思っていたのですが…
杉田さんが演じる古森先生が、とても可愛くて。
真面目で熱心で不器用な雰囲気が可愛くて(笑えて)、ツボでしたよ。
頑張りすぎて空回っている演技が素晴らしいと思いました。

ちなみに原作はまだ続いております!
CDも第二弾を期待してもいいのでしょうか!?
子供達も可愛いし、古森先生は笑えるし、多岐川先生はエロいし。
とにかく続きを聴きたいCDですよ~!!面白かったです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ