恋の話がしたい

koi no hanashi ga shitai

恋の話がしたい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

287

レビュー数
9
得点
53
評価数
14件
平均
3.9 / 5
神率
28.6%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
モモアンドグレープスカンパニー(アブソードミュージックジャパン)
収録時間
63 分
枚数
1 枚
ふろく
通販初回特典フリートーク 約21分(鈴村、羽多野、川島)
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

---好きな相手と付き合うのが、こんなにも怖くて幸せだなんてしらなかった。
言うつもりのなかった想いを友人の真川に伝えてしまったゲイの美成。
思いがけず受け入れてしまった告白は、考えてもいなかった関係に発展していく・・・。(メーカーより)

表題作 恋の話がしたい

真川直広 → 鈴村健一

美成有一 → 羽多野渉

その他キャラ
邑埼[川島得愛]/ 弓子[甲斐田裕子]/ 元彼女[永田依子]/ ゲイの男性[竹内良太]/ バイト先の女子[安士百合野]/ 居酒屋店員[石原浩樹]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

何度もリピートできるCD

あー!!これはいい!!
特に何も事件は起きない日常会話劇。平和で普通に付き合っているだけ。
しかしナチュラルな演技と自然体な喋り言葉が凄くいい。

バカ可愛い鈴村×脱力系羽多野。
鈴村さんはショタ声より、これくらいが断然いい。

これですよ、これ!
良いドラマCDとは、ストーリーと演技に引き込まれて、一気に聴ける。
これは事件も起きないし、絡みもほぼない普通の会話劇だけど、間違いなく佳作!

一度ある短い絡みは、喘ぎ声とかではなく、ここも会話。
この鈴村さんが、ああやっぱり上手いんだな…。さすがのニュアンス。

収録時間が短いのもよかった。原作も単行本半冊の長さだし。
会話劇なので、台詞は多いけど。

演者さんも楽しそうでよかった。

鈴村さんのナチュラルな演技に引っ張られて、羽多野さんも力みが抜けていくのがわかるなあ…。
恋愛によって人は変わっていくというテーマにも合っていて、すごくいい。

BLは、まず設定ありきなところがあるけど、これは二人の職業も特に出てこないからわからないし。
なんとなくインテリア系?くらいなもので。本当に普通。普続き通の男子の普通の会話。

ナチュラルな演技がいい。事件も、激昂も号泣もない。それで充分面白い。
何度もリピートできるCDだと思う。

0

かなり沁みる…

勿論原作既読だったので
とりあえずCDだけで聴いてみました。
その前に美成に羽多野さんって意外!!と思っていました。
鈴村さん、真川はたぶんぴったりだとも。
そしたらおネガな美成のぼそぼそしてる感じ
なかなかお似合い!!
でも、見た目のシャープで渋いっぽいのとは少し違ったかな…。
とは言いつつも、演技が素晴らしかったので◎!!w
鈴村さんの明るさはもうイメージぴったり!!!
でも攻めなんだもんなぁ♪
知ってるはずなのにギャップ萌えですw

告白後、次の日の居酒屋での会話シーン、
原作の様子じゃ、やはり音だけだとわかりづらいので
少しセリフ足したりしていて良心的でしたが
それでも「…ん?」と思ってしまう感じでした。
雑談してるってなんとなくわかるんですけども。
原作未読の方には「???」になってしまうかもしれません。
(話題が飛ぶので)

セリフが通常会話なので聴きやすいです!
自然すぎるー♪
文字で見るのより簡単にイメージわくというか。

美成の部屋で「そうやってすぐもしもシリーズの話ばっかり」のあたり
凄く好きだーーーーー!!!
続き成のおネガまんまな口調と、
真川の優しいながらも気持ちをはっきり言うところ。
そこからの、初H!!
急に羽多野さんの声に艶っぽさが出た気がしてドキドキしました!!
真川は慌ててるんだけど、
すごく美成を好きなんだなぁって実感してしまう思いやり加減。
そして激しくないHシーンの中で
美成が吐息を漏らしながら喋る様が…!!
羽多野さんの受けってものすごく貴重な気がしてしまって!!
ここ悶えた…。

翌日、野菜ジュース飲みながら真川のメール見て咳き込むとことか
地味ながら好きなんです…。

上司の弓子さん(甲斐田さん)の「ジョカノ的な?」とか「ラブい!」がいいわー…。
声の感じが高すぎず、とても好ましかったです♪

最後の美成のモノローグがじわじわ来て、
初めて会った時の赤外線で番号等交換するあたりもときめく。
(私もわたわたするタイプなのですが;)
そして、本当のラストのモノローグ
「きみと きみと恋の話がしたい」で、ついうっかり涙が出た。
原作以上にすごく沁みました。
ああ、好きな人に告白して
予想外に良いお返事をもらえて
付きあって普通の日々を過ごす事っていうのが
これほどまでに胸にせまるなんて…。
原作読みながらだと、更にぐっときます!!!

ヤマシタさんの作品のCDってハズレが無いな。
キャストもものすごく大切なんですけども
雰囲気がまるっと音声化されているのが感動です!!

前も思ったけど、私羽多野さん好きなんだなぁ…。
改めて一人で実感しましたw

萌×2だけど神寄りです!!

2

じっくり聴かせる恋の疼き

原作既読。
ヤマシタトモコさんの独特な世界観が際立つこちらの漫画を、どこまで表現するんだろうとドキドキわくわくしながら聴きました。

ゲイの美成。同級生の手により男しか興味が持てない事を自覚させられ、苦悩と諦めの中で過ごしてきた男。
その美成を、超低音ボイスで相当男前雰囲気ダダ漏れ状態の羽多野渉さんが演じています。
そんな彼が振られたいが為に告白をした年下の友人・真川(しんかわ)。
きっと可愛がられキャラで朗らか、そんな愛嬌たっぷりな役を鈴村健一さんが本当に可愛く演じてらっしゃいます。

大きく派手に砕かれて粉々になって諦めたかった。
まさか真川が自分を選ぶと思って居なかった。
恋をするって何だろう。くすぐったい柔らかいのは何だろう。熱くて恥ずかしくて泣きたくなる。
そんな、雑に扱えば壊れてしまうような、本当は恋をすれば当たり前の感情を知らない美成。
はじめは羽多野さんでのイメージが全然湧かなかったのだけれど、丁寧な言葉運びと雰囲気の出し方は、流石プロの声優さん!と思いました。

私はこの原作がとても大事で大好きで大切です。
この作品自体が独特なテンポで進続きみ、ヤマシタさん特有の雰囲気で出すモノローグに妙な間が有ったりして。
ドラマCDでは、一話一話を一つの物語として区切り、それがとても良い効果を生んでるなあと思います。
当然続くお話ではあるのですが、区切る事により、二人の関係が少しずつしっかり前に進んでいる事が感じられました。
又、ダラダラ長く、ではないので、そのヤマシタさんの独特感を壊さず居てくれた事にとっても嬉しくなりました。

羽多野さんが、美成のモノローグを語る時。
恋というものが分からず、居酒屋を逃げ出し、電話で思わず「好きだなんて言ってごめん」と謝り泣く時。
マイセンの匂いを覚えた、と彼に告げた時。
そんな一つ一つが切なく感じて、「美成は羽多野さんでほんと良かった……!」と心底思えます。

恋というものをとてもハードル高く感じて居た彼が。
ほんとうはとっても単純な感情で、でも大切で、ブレンドもパキスタン料理もマイセンも自然と思い浮かぶ事が大事で。
だから、もっともっと真川と話がしたい、真川と恋の話がしたい、という、モノローグ語りが、まるで映画のような感覚。
それを丁寧に丁寧に羽多野さんのお声で語られると、じんわり胸に響くのです。

鈴村さんの真川も。
「あぁ絶対こういう愛されキャラだよなー」という、イメージを全く壊さない的確な笑い声とか、照れとか、間の取り方が本当に素敵でした。
「そういうとこ あるあるー!」という台詞も妙に可愛くて。
きっと元々真川はノンケだったのではとずっと思って居るので、何故美成に惹かれたのかは原作でもハッキリしていません。
でも、今美成が好きなんだ、という、真っ直ぐでピュアな気持ちをぶつける真川。
鈴村さんが演じると、物凄い破壊力が伴うなぁと、いつもキュンキュンしながら聴いて居ました。


こちらの原作を好まれる方は、やはり独特な空気感もお好きなのでは?と思います。
切ない気持ち、小さな事で嬉しくなる感情、些細な出来事が愛おしくなる思い。
テンポ、時間。
「大好きだからこそ壊されたくない」
と、思って居る方にも是非聴いて欲しい。

そんな不安、すぐにぶち壊してくれますよ。

それぐらい、原作に沿っていて、原作をもっと好きになれるドラマCDになっています♡

2

デートシーンが好き

なんでもないシーンが ものすごくうまいです。
食べ物屋が結構でてくるのです。お腹空きます。
周りのガヤ声が本当に面白いです。
ギャグもちょこちょこ入ってきます。
ヤマシタトモコ先生の世界。
雰囲気がまったりしています。
ノンケとゲイの恋愛話です。
ですが これって普通の恋愛でもこうだと思う。
皆 悩んでグルグルする所は恋愛の醍醐味でしょう。
うまいなあ。原作もお勧めです。
声優のメインの二人も素晴らしい。
鈴村さんと羽田野さん息ピッタリでした。
受けが乙女ちゃんでキュンときちゃいます。

0

うわ~ウソウソ!

ちょっと・・・最後の最後でジワッときて涙ぐんでしまいました・・・
原作読んだ時はそれ程でもなかったのに、これが声のマジックかぁ。
美成のモノローグ、波多野さんとっても上手いです。
主役のお二人と邑埼役の川島さん、好演されてます。
30すぎて初めて恋愛をする美成。
初めての恋愛へのとまどいがとってもよく出てます。
普通の生活の中での、普通の恋愛。とても地味なんですが、心境がとっても丁寧に二人の会話に表れていて、共感したり、自分の経験と重なったり。
心が温かくなる作品です。

0

なんかすごく良かった

いろんなBLをぐるぐると探検してからヤマシタトモコ作品を改めて見ると、個性がキラリ光ってるなァと思います。
媚びずに自分の描きたい世界を描いてる感じ。とってもいいなぁと思います。
エロは薄く、当て馬が登場するわけでもなく、付き合うことになった二人の日常が淡々と会話劇で進んでいきます。
はじめて好きな人と付き合うことになったゲイの受け(羽多野さん)と、ノンケながらそれをすんなり受け入れた攻め(鈴村さん)。
どこにも障害のない恋なんだけど、受けが色んなことを考えてぐるぐるぐるぐる。このぐるぐるが楽しいのですよ。外部要因(当て馬のための当て馬とか、勘違いとかね)ではなく、内部要因(受けの心持ちの問題)だけのぐるぐるなのに、実にドラマティックでユーモラスなんです。まったく飽きさせない。ガンバレガンバレって応援したくなる。
難をいうと、ザ・若者みたいな言葉づかいがやや苦手なのですが…。

受け攻めに拘らない感じもいいですね。
「受けというのは、つまり女性の役」みたいな作品が多いなか、きっちり男と男を描いている。そこはかなり好きです。男と男を描きつつのこの綿密な心理描写、これこそBLの醍醐味なんじ続きゃなかろうかと思いました。
声優さんも作品の特徴を反映したようなキャスティング。
攻めに鈴村さんというのは珍しいんだけど、べつに高い声が受けの側とか決める必要ないんだよねって思いました。まあ、攻めでもカワイイけどさ!
で、受けは羽多野さん。うまいわ~。高めの声を意識してないそのままのトーンでの喘ぎがむしろ色っぽい。

良作でした。

1

この取り合わせは、珍しいよね

っていうか、これって、美成が羽多野さんで、新川が鈴村さんって。
わちゃ受けが珍しいっていうか、、鈴攻めも珍しいともいうか、、、
キャスティングだけ見たら「???」だけど、どうしてなかなか、


余白の多い、雰囲気のある作り。

美成が、新川相手になると、とたんに、オタオタ、タジタジするのがかわいい。
その辺がわちゃのキャラの「ヘタレ=恋愛に対して夢見がちな乙女」に合っているっぽい。
新川も、鈴がやっているだけあって、純真そうにスキスキ言っているだけじゃなく、美成が引きまくるくらいメロメロに貪り尽くすであろう将来が透けて見えてくるようで楽しい。

0

甘さはあるけどBLCDとしてのエロは少なめ。

鈴村健一攻めというw
ちょこちょことスズ攻めはあるのはありますが
でもヤマシタさんの原作だからこれ声ぴったりでしたよー。
攻めっつっても絡みが少ないです。
ヤマシタさんの本の魅力はエロというよりも
恋する気持ちといいますか・・・
見た目クールで男らしい男が、実はネガティブで恋に臆病で純情っていう話。
純情っていってもいい大人なので性欲は他で満たしてて
すごく初々しい真川と美成の恋の影で邑埼の恋が音もなく消えていくのが
恋の裏側のような感じでせつないです。
原作には描き下ろしで邑埼の気持ちがちらっと描かれてますけど
CDではそのあたりは推し量れ!的な感じでw

BLでも乙女でもよくありがちな身も心も純情系って
あれって、すごく強い人だなぁって思うんですよね。
本当に欲しいものが手に入るまで禁欲してるってことでしょ?
目の前の誘惑になびかず身も心も純粋な人ってすげぇ強いか鈍感なんだと思うw
美成は純情で臆病で、ずるいの。それって、なんか当たり前で共感できるんだよねー。

原作のレビューにも書いたけど、ヤマシタさんのお話って
携帯がすごくよく登場するん続きだよね。
真川と美成は、学生でもないし同じ職場でもないから
携帯がすごく重要なアイテムといいますか
まずそこから繋がってるんですよね・・・
知り合ってはじめて赤外線通信で連絡先を交わすシーンがあるのですが
カツンと携帯同士をぶつけるんですよーv
妙に萌えツボでした。このあたりは原作でチェックしてほしいところ。

羽多野くんの低音受けは、本当に絶品だったv

フリトは、羽多野司会で。
いつになくきれいにまとまっててびっくりw
予約特典フリトのほうは、川島さんのカブトムシ話が入ってますw
あ、そういえばまたしても羽多野くんが元カノ話してましたw

1

切甘

美成くん役の羽田野渉さん

真川くん役鈴村建一さん

邑崎くん役の川島得愛さん

弓子さん役の甲斐田裕子さん

そこまでガチスキーな声優さんはいないものの話が好きすぎて買った作品。

好きな声優さんいなくても本当に最高っ


泣いちゃうシーンもすごい胸を打たれたり

ぶはっ とか笑うシーンとかの声が本当にイメージ通りっ。で可愛いっっ

キャラクターと声が合いすぎているっ


エロはあまりないけど、羽田野ちゃんが言うようにボリュームのある作品ですっ



ニセ雑誌名は必見っ




是非聞いて見てくださいっ

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ