吸血鬼と愉快な仲間たち2~Love Birth~

吸血鬼と愉快な仲間たち2~Love Birth~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
37
評価数
9件
平均
4.1 / 5
神率
44.4%
著者
イラスト
作品演出・監督
亀山俊樹
音楽
中川孝
脚本
MORI-TADA
原画・イラスト
下村富美
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ランティス
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
ポストカード
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

コウモリのまま冷凍され、日本にやって来たアルも、ようやく周囲の生活に慣れてきた。だが、新しく入ってきたエンバーマーの室井が暁に興味を持つのが気にかかる。そんな時、暁の同僚である津野に頼まれ、暁に内緒で雑誌のモデルになったアルに今度はドラマ出演の依頼が!アルは大喜びだが、暁は大激怒。おまけに共演するアイドル女優が自殺するという騒ぎに巻き込まれ…。「吸血鬼と愉快な仲間たち」第二幕の始まり!〈ブックレットより転記)

表題作 吸血鬼と愉快な仲間たち2

アル → 平川大輔

高塚暁 → 緑川光

その他キャラ
粗忽谷[森川智之]/ 津野[遊佐浩二]/ 室井郁己[堀江一眞]/ 酒入[藤原啓治]/ 三谷[前野智昭]/ 小柳[上田陽司(現:上田燿司)]/ 安藤[木村はるか]/ AD[藤吉浩二]/ 室井の父[松田健一郎]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

アルも生殺しですけど、視聴者も生殺しCD

原作既読。
ようやくBLの入口にたどり着いた、という感じなのですが、入口だけで大満足できる素晴らしい出来です。

前回に引き続き、平川さんはずーっと片言で喋っていて、大変そうだなぁ、と。
片言なのに、しっかり感情が入っているのがまた凄いです。
アルがヘタれてて可愛くて、聴いてて和む。
聴いてるだけで和むんですから、傍にいる暁なんて、そりゃ絆されるしかないでしょう。
緑川さんがツンツンしてますが、ここぞというときにデレるのがたまらないです。

今回も痛々しいシーンがあり、しかも何だか前回よりも音がリアルで聴いててちょっとしんどい場面がいくつかありました。
平川さんの「いたい、いたい」が、本当に痛そうで可哀想で。
アルはアホの子ですが一生懸命なので、妙に庇護欲をそそられるというか、不憫っぷりに滾ります。
そして今回もエロなし。
というか、原作でも未だにエロなしなわけですが、全然不満には感じません。
暁が自分の血を与えるのを、アルがちゅうちゅう吸ってる音が艶めかしく、それだけで脳内妄想炸裂状態。

アルの告白により少しだけ前進した関係にニヤニヤしつつ、さて次へ続き
と思ったら、この続きって出てないそうですねorz
調べてみたところ、発売元がどうやらBLCDからは撤退してるそうで、この中途半端な所での生殺し状態に身悶えしました。
どっか拾ってくれないかな、無理かな、無理なんだろうなー……あぁー……(涙)

1

これ以上、日本語の上達してほしくないな(笑)

原作未読です。最高。キャストも全員最高。
1作目が恋愛要素のない状態でも周囲とのやりとりが
すごく面白かったので、アル達の恋愛模様は
あまり見たくなかったのですが

とても自然にアルの気持ちが変化していくので、
自分の中で違和感を感じることなく受け入れることができそうだ。

それと今回もタイミングがいいのか、悪いのか(笑)
津野[遊佐浩二]さんが面白すぎて笑えました。
遊佐さんは、受け攻めどちらも素晴らしいと思うけど
個人的には、こういう役の時が一番好き。最高だった。

アルが大怪我した時は、痛そうに実況していくのが
耳を閉じたくなるところ。血を欲する罪悪感との葛藤……
「しとる場合かぁー」てほどの重症でしたけど
そんな時でも高槻を想うアルの気持ちは
きっと伝わると確信した。

ドラマCDはここまでの
ようなので原作いきたいと思います。

0

詰めたね!

原作の密度の濃さを考えたら仕方ないとはいえ、詰めたね!という印象でした。
でも、非常に上手く詰めてたと思います。
絶対に切っちゃいけない場所は切ってなかったし、アルのアホ可愛さも暁のオトコマエっぷりもちゃんと堪能できる作りになってました。
CDを聴いて気に入った方は是非、原作のほうも読んでいただきたいです。

声優さん二人はもう鉄板。
平川さんも緑川さんも実力は申し分なくて、キャラに合ってて、コンビネーションも抜群です。
掛け合いが楽しい。
平川さんは大変だったろうな~。カタコトだし。
フリトがないのが残念。
ストーリーが素晴らしいからこそ、フリトが聴きたかったなぁと思いました。

やっとアルだけが恋心を自覚しはじめる巻です。
恋愛に関する描写は少ないんだけど、萌えはたっぷりあります。
じわりじわりと自覚する、この過程の楽しさ。この萌えは、イッキに恋してセックスへと雪崩こむ作品ではけして味わえない萌えです。
愛だの恋だのはストーリーの裏側にしかないんだけど、こういうチラリズムにこそ萌えがあったりもするわけで。

オススメです。

1

しゃべりっぱなしでした

平川さんのモノローグはいつもの優しげな声、アルの時はちょっと高めの声で外国人らしいしゃべり方。
その切り替えが、いつもながらすごいなぁ~。
トンチキな日本語は相変わらずで、『あんぽんちん』とか、『不感症』がわかっているようなわかってないような使い方をして、暁に新聞で叩かれてました。
それがまた、嬉しいんでしょうけど。

今回も殺人事件に巻き込まれちゃうアル。
殺人事件に出会し、その現場で血が吸いたくなったことに落ち込むんですけど、暁は優しく共感してくれたり、同じベッドで寝てもいいと言ってくれたり。泣くアルを慰めてくれるんですよねぇ。
少しずつ、少しずつ、二人の距離が近付いていってるのかなぁ?
だったらいいなぁ~。
そして、犯人に非常階段から突き落とされて、瀕死の重傷。
「あたま われた。なかみ、でそう……」って、アル、痛いよ~。

ず~っとしゃべりっぱなしの平川さん、お疲れ様でした。

0

平川さんお疲れさま


モノローグと、台詞とで、全く違う口調にならないといけないアル。
今回は、ネイティブ英語台詞がなかったところが救いでしょうか。

原作読んでいるときには、殺人シーンもさらっと読み流したけど、音になってみたら、なかなか生々しかった。
背骨が折れて、頭蓋骨から中身が、、、とか、
台詞やモノローグでの説明は、原作よりかなり省略してあったけど、
でも、
うぁぁ--


この作品、シリーズ的に長いから、せめて1冊1枚にして、って配慮はありがたいし、
原作のまとめ方も、過不足なく、巧いこと、長い話を、ギリギリいっぱいまで使って1枚に押し込んだのはさすが。

だけど、ぎりぎりまで本編に使いすぎて、いきなりぷっつり終わっちゃうのは、なんか、後味悪いから、勘弁してほしいなあ。

フリトや、キャストロールを入れろとは言わない。
せめて5秒の音楽、せめて2秒のジングルでもいいから入れてほしい。

*ブックレットにSSあり。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ