くちびるに銀の弾丸

kuchibiru ni gin no dangan

くちびるに銀の弾丸
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×212
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
137
評価数
35件
平均
4 / 5
神率
34.3%
著者
イラスト
作品演出・監督
菅原三穂
音楽
タルバーラレコーディングス
脚本
前川陽子
原画・イラスト
祭河ななを
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

ゲーム会社に勤める澤村は、自他共に認めるヤリ手広報。次の担当は、鳴り物入りで移籍してきた業界トップのディレクター・水嶋の新作だ。高いプライドと端整な美貌をもつ水嶋に、一目で興味をもった澤村。けれど彼はなぜか澤村にだけ冷たい。この男を組み敷いたら、どんな顔をするだろう…。澤村は好奇心から無理やり水嶋を抱いてしまう!! ところが水嶋はその腕を拒まずに!? ヤリ手のゲーム広報・澤村×トップのゲームディレクター・水嶋のセクシャル・オフィスLOVEがドラマCD化!

表題作 くちびるに銀の弾丸

澤村 朗 → 近藤隆

水嶋 弘貴 → 遊佐浩二

その他キャラ
伊藤[松村幸洋]/ 北野[小田久史]/ 瀬木[桑原敬一]/ 木内[樋口智透]/ 編集者[馬場圭介]

評価・レビューする

レビュー投稿数13

原作未読でも大丈夫!

遊佐さんのお声目当てでチョイスした作品です。
初めて聞いたときは原作未読の状態で聴きましたが、聴いていて迷子になる事はありませんでした。
原作未読でも聴きやすい作品の1つではないかと思います。

その後、CDで演じられていたあのシーンは小説ではどう表現されているんだろうか??CDに描かれていないシーンやエピソードはあるのだろうか??という事が気になって、原作を購入しました。(ちなみに原作は続編、更にはスピンオフ的な作品、そして原作者様発行の同人誌も発売されていることが分かり、入手できるうちに!!!と、慌てて購入しました。)

攻め様である澤村さんはいい加減で計算高くて遊び人・・・と、今作では何一つ良いとこなしなキャラです。その上、両想いになって尚、この先2人の関係がどうなっていくかなんて先の事は分からない・・・みたいな事を言っていて、「ちょっと、夢壊さないでよ・・・」と聴きながらツッコミを入れてしまいました。
でも、その後原作の続編や、原作者様の発行している同人誌でちゃんと2人が永遠を誓っている事が分かり、もやもやはすっきり解決しました。

澤村さんの声は近藤隆さんな続きのですが、近藤さんはS気のある攻め声が似合うな~とあらためて感じました。ぐいぐい攻めていく感じがもうたまりません。

そして、繊細で真面目な美人の水嶋役の遊佐さん。
私は遊佐さんの繊細な受け声や、繊細なキャラクター役の演じ方がとても大好きなので、今作も大満足でした。
興味本位で交際を申し込んできた澤村の強引さに翻弄される様とか、澤村に幻滅して避ける時の台詞回しとか、抵抗する声とか(すみません、こんなことに萌えを感じてしまって・・・)とても好きです。
勿論、ラブシーンのドキドキ感も!!!

原作の続編もCD化してくれたら良いのに・・・




1

うーーーん。

皆様の評価は高いです。この作品はいい作品なのかもしれないです。
ただ、私はあまり好きにはなれなかったです。
キャストさんはすごく豪華だし、2人とも好きな声優さんなんですが…。
近藤様は私の中で一番好きな声優さんなんですが、
好きな声優さんなだけに、澤村くんの性格が気に入らなかったです。
チャラいし、女の子の扱いが酷いし、水嶋さんへの扱いも…。
聴かなきゃよかったかなぁ、って思ってしまいました…。
原作を読んでいない私がこんなことを言う権利はないかもしれませんが…
ただ、水嶋さんの趣味(万華鏡作り♡)にはきゅん、としたので…
その分の萌、ということで、評価は中立寄りの萌で。。
*



1

意外なカップリング!

声優目当てで聞きました。

話はオフィスラブ物で、ゲーム会社について。
オフィスラブ物に興味がない人には、右から左に流れる感じ。

が、しかし、

この声カップル、すごくエロイ!!

近藤さんと遊佐さんって声の性質が違うから、「?」という感じだったんですけれど、いざ聞いてみると、近藤さんのチャラ男攻めは、近藤さん特有の魔性めいた色気が最大限に出ているし、遊佐さんはツンデレ美人な低音で、相乗効果なのか知らんが、今まで聞いた声カップルの中で一番フェロモンがすごかった!!

近藤さんは色んな役を演じているが、こういう気まぐれでチャラいところがある小悪魔キャラや、根が強かで誘い受けしそうな二枚目キャラが一番好きだな。

Hの回数は2回、内一回は途中までで普通だけれど、超エロい絡みが聞きたい人、声優ファンにはお勧めする。

2

と、吐息が近い…!!

原作は未読。
近藤隆さんにハマるきっかけになった作品です。

移籍してきた有名なゲームクリエイター水嶋(遊佐さん)と澤村(近藤さん)のお話。
澤村の年下強引攻め…という感じですかね。
水嶋のことを、移籍してきた当初から気にしていて、
ゲイだと分かると、「有名なこの人を弄んでやろう」と思ったものの、
結果的には落とされてしまう…という、
実は可愛い攻めを、近藤さんが演じてらっしゃいます。
いやあ、格好いいんですよ。
上手く水嶋を弄べない感じが可愛いんですけど、格好いいです。
余裕ぶってる時の「ふふん」なお声、とても格好いいです…。

受けの水嶋(遊佐さん)は、クールで可愛いですね。
澤村でなくとも、この可愛さはたまらん!となるかと(笑)
結構一途で、なんだかんだで澤村のことが大好きですね。
だってだって…とちょっといじけるときの声なんて、
特に可愛いです、はい、とても。

澤村が水嶋に自分の気持ちを伝えに来るシーンは、
2人とも激情というか、たっぷり感情を込めて演じてくださっています。
おお…2人も良かったね…と、じいん。
実際玄関前で性癖を叫続きばれちゃあたまったものではないですがね(笑)
最後のエッチシーンは、、、たまりませんね。
必死!必死!大好き!水嶋さん大好き!!俺のものだ!!!
な澤村が可愛くも格好いいシーンなのですが、
とにかく近藤さんのお声が、なんといいましょうか、耳に響いて…近いのです。
その向こう側で聞こえる遊佐さんの喘ぎ声もまた近い。
あ、ああああ…と、悶えておりました。
息が合ったエッチシーンなので、
幸せエッチをたっぷり聞かせて頂いた満足感に浸りました。

お声を楽しむのにもってこい、オススメな一枚です。
いい声で淡々とお話が進むので、寝ながら聞くと、
幸せエッチの前に寝てしまったりします…笑

2

結構意外な組み合わせ♪

ワタクシ、近藤さんの攻めって初です!!
お相手が遊佐さんってだけで「ぐは!」なのに!
受け役が多い声優さんお二方なので、お得と言えばお得かもw

原作で、澤村にあんまり良い印象がなかったんですよ。
だって、嫌なヤツじゃないですか!?w
好かれているという事に胡坐をかき、
余裕ぶっこいて約束キャンセルとか…。
そういうのがツボという方もいらっしゃるとは思いますが、
水嶋さんが真面目なのに可哀想で仕方なくなってしまう!
それが近藤さんのお声で
「…しょうがねぇヤツだなぁ」くらいになりました。
(どんだけ上から!?)
ああ、モテて自分にかなり自信があるのねー、
そんな奴は本当に好きな人からバッサリ振られて
痛い目見るんだな!っていうのが音で聴けてすごく良かったですw
そして謝って許してもらってからのH、甘くて気持ち良さげで満足ー♪
攻めも結構声出るのって好きです。

遊佐さん、こんなにお固い性格のキャラって珍しいような気がします。
(そんなに凄い数聴いているわけじゃないからわかりませんが…)
普段ツンとしてるからこそ、溶ける時が艶っぽい!!
でも、続き遊佐さんの地声はあまり好みじゃないのは何故なのかw
モモッとのコントCDとか面白いですけどね!

原作でも、どうしても実際にあるゲームを思い出してしまいます。
全くゲームに関心のない私でも知っているくらいのw

“仕事仕事”ばかりしてなくて、でもそんなにサラッとしてるわけじゃなくて
ちゃんと恋愛話に重きを置いているのが良い。
甘めな『くるぶしに秘密の鎖』も聴きたいのになぁ…。
水嶋さんに虜になってる澤村、いいんだよー!!

何はともあれ、原作より好きなCDってわりとある気がします。
声と演技で印象変わってしまうのって単純過ぎかしら…;

3

骨組みがしっかりしたBLCD

ドラマCDの会社員モノでしばしば不満なのが、
「会社行っても恋バナばっかしやがってw」な恋愛脳リーマンが多いこと。

本作はそういう不満をお持ちの方も楽しく聴けます!
さいきん、遊佐さんモノが連続してるよーな気がしますが、
遊佐さんて芸達者というか、「ウザい男」から「マジメすぎる男」
「テキトーな男」まで、体感できる演技をなさる方ですねぇ~。

本作で何が面白いかっていうと、ズバリ、清廉潔白、デキる男まんまの水嶋が
澤村に迫られたときのオタオタっぷりですねw
澤村は大変な自信家でありながら、ところどころちゃらんぽらん、
しかし仕事に対して不真面目なわけではない。
二人の仕事に対するアプローチの違いというのがしっかり出ているからこそ
そうではない情欲の場面に転換したときが面白い。

ラブストーリーの流れとしてはありきたりといってもいい部類なんだけど、
会社らしいディテールがしっかりしていて、なおかつそれが話の伏線になっているようなところで聴かせます。

3

聴いてて違和感ない二人


セクシャル・オフィスら~~ぶ!!!

ツンデレ完璧主義上司 水嶋(ゆっちー)

×

デキルチャラ男 澤村(近藤隆)

相性が思いのほか良かった!!!

女はセクロスの取り替え品としか思ってない!チャラい!!!チャラいけど、なんでか憎めない澤村に自分にないものねだりで潔癖上司水嶋が惹かれて行く・・・って感じ。

潔癖上司? ストイック? そして隠れゲイ?中の人ゆっちー?


御堂ぶちょーぢゃんwwww

どーもね、ゆっちーのリーマンものを聞くと、御堂さんがでてきてしまうんだな・・・。


でも、ほんとこの澤村ってやつぁ~とんでもない女ったらしぶりで、水嶋の気持ちを知りつつも、接待で会ったばかりのおなごをお持ち帰りなんて日常茶飯事なわけで・・・そんなヤリ○ン広報澤村についに
「君は不誠実なんだ」
と水嶋にブチ切れられます(ほれ見たことか!!!)


水嶋の気持ちにどんだけあぐらをかいていたか思い知った澤村は、自分のほんとうの気持ちに気づきます。

そして澤村宅へ押しかけ想いの丈をぶつけてエロなんだが・・・。水嶋は、澤村がまだ自分を続きからかっているものと思って拒絶、でも嫌よ嫌よも好きのうちってね

近藤さん演じる澤村のチャラさ加減がいい♥

1

仕事、恋!

原作未読です。
キャストに惹かれ拝聴しました。

近藤×遊佐という私にとって嬉しすぎる組み合わせ!
さすがはベテランのお二人、もう最高でした。

遊佐さんはどんな役もお上手ですが、私的にはこういった役柄が1番似合っていると感じます。美形で秀才、クールで真面目。完璧なように見えて案外不器用という、そのギャップがツボです。人とコミュニケーションをとることが苦手だったり、ああでもないこうでもないと1人でぐるぐると考え込んでしまったり。そんな姿がもう可愛くて可愛くて。笑

そして最後の最後、慌てふためく攻め様は見物でした。

続編の「くるぶしに秘密の鎖」を先日購入したので、読むのが楽しみです♪

1

隅から隅までツボでした

隅から隅まで私のツボでした。

まず攻めの遊び人っぷりがツボ。
「地に足のついた俺様」っていうか、いかにもリアルにモテそうなチャラい攻めにもう私メロメロです。BLの俺様ってリアリティがないことが多いんだけど、この攻めは実際にいそうだよ。で、実際にいたらモテるよ~。非常にムカつくタイプですな!
近藤さん、ぴったりでした。最近近藤さんの攻めに目覚めたんですが、じつにエロかった…!「口が休んでるよ」って軽いSなセリフがタマランです。私の中のドMアンテナが反応しました。

そんな遊び人の攻めが好奇心から近づくのが、生真面目な受け。最初は受けの高飛車な態度に反発してたんだけど、ある日「こいつは俺を『男』として意識してる」と気づいて、ちょっかいをかけはじめます。
意地悪めいたことを繰り返すうち、どんどん相手にハマっていく。ずるずるとミイラ取りがミイラになるという展開にニヤニヤ笑いが止まりませんでした。
受けは遊佐さん。普段の固い声と、えっちのときの艶やかな声の落差がステキ。

あとお仕事BLとしても楽しかったです。
二人ともちゃんとお仕事をしてました。萌えポイントです。

原作は買ってるんですが、続きまだ未読です。
段ボールほじくり返して探さねば。

3

ゲーム業界を舞台にしたオレさま×ツンデレの恋愛

秀さんの業界ものがどんな風に再現されるか楽しみにしていましたのですが、期待以上の出来で大満足です。近藤さん演じる傲慢極まりない俺さま攻めも遊佐さん演じるストイックなクールビューティー受けも、どちらもぴったりハマリ役で萌え萌えしながら聴いてました♪

澤村(攻)は、水嶋(受)への想いを自覚するまでは、徹底して身勝手で酷い男なんですが、そんな澤村を近藤さんは、もう聴いててムカついて、殴ってやりたくなるほど見事に演じてらっしゃいましたね(笑)仕事の場面でも恋愛の場面でもいつも自信満々。オレの思う通りにならないことなんてねえよ、と言わんばかり。水嶋に対しても自分に思いを寄せているのをいいことにやりたい放題です。でもムカつくんですけど、凄くセクシーでカッコイイんですよ~。フェロモン垂れ流しという感じで。これならそりゃ女にモテるだろうな~と納得です。まあもうちょっと子どもっぽく演じてもよかったかな、という気もしますけどね~。精神年齢低いですしね、水嶋ってw

そんな澤村が水嶋に拒絶されて初めて自分の想いを自覚するところでのテンションの変化が見事です。水嶋は、おそらく人生で始めて手に入らない続きものに直面し、うろたえ、戸惑って、不安でいっぱいになっていると思うんですが、そうした澤村の人生の一大転換とも言うべき事態がよく出ていたんじゃないかな。 

一方の遊佐さん演じる水嶋。こちらは澤村と対照的で自分に対して自身が持てない、コンプレックスを内包した神経質で繊細な人柄なんですが、遊佐さんが、それを抑制的で細やかな演技で表現しておられます。素直になれずあえて冷たい態度を取ったり、無表情を装っちゃうところや傷つくのを恐れ、澤村の存在を心の中から閉め出そうとするツンデレぶりがかわいくて、切なくてヤラれました。クールな仮面が外れそうになる瞬間がいい!!遊佐さんの演技は、水嶋の心情の推移がひしひしと伝わってくるというか、その瞬間、瞬間にほんの少し浮かび上がった心の中の漣のようなものを、陰影やちょっとした間の取り方で絶妙に表現されていたように思います。水嶋の動揺とか不安、期待といった複合的で揺れ動く感情が伝わってきて、引き込まれました。

最後に重要なのは、やっぱり濡れ場の表現ですよね(笑)これがお二人の相性もバッチリで素晴らしかった!近藤さんの攻め喘ぎがエロすぎでした。言葉攻めがまたまたエロい。自信たっぷりにデカイとか持続力がとか自信たっぷり偉そうに主張してるところがさすが俺サマ。遊佐さんの抑制されたエロティシズムもいいですね。こういうどこかストイックさを残した乱れ方は、却ってエロくて、そそられますw

1

近藤さん、エロい…

もう続編はこないのかな~~。

原作ファンですが、CDを聴く頃にはちょっと記憶薄れてたかも。
キャストは予想も何もしていなかったせいか
近藤さんと遊佐さんで全く違和感を感じませんでした。

あ、でも、原作では「澤村~~」と思っていて
そんなに澤村には魅力を感じなかった(いけすかなく思っていた)のに
近藤さんの澤村はいけすかないなりに可愛げがあって魅力的でした。
自分が近藤さんを好きなせいかな?
ナチュラルに「こいつもてやがんだろうな~」って感じがよく出ていました。
悔しいのにちょっとやられちゃいそうな声でしたよ。

原作では断然水嶋さん派でしたが
遊佐さんの水嶋さんもやはり素敵でした。
ちょっと色気増量だったかな?
なんかいちいちエロい二人でした。

遊佐さんと近藤さんの相性すごく良いと思うので
これの続編は勿論なのですが、またこの組み合わせで聴きたいです。

繰り返し聴いていても自分にとっての萌えが薄れない一枚…。
ちょっと甘めな気がしますが、ここは神に。

続編こい~!

1

ゲームクリエイターのお話

有名ゲームクリエイター水嶋(遊佐)が移籍してきて
澤村(近藤)と新プロジェクトを組む。
鳴り物入りで入ってきた水嶋(遊佐)の新プロジェクトは
過去作品のような冒険ファンタジーモノのRPGではなく
のんびりまったり系のAVGだった。
業界人ぽく?チャラチャラと女遊びの激しい澤村(近藤)が
ゲイの水嶋(遊佐)にハマっていく・・・

ベースからすでに水嶋(遊佐)の過去作品に心酔している
澤村(近藤)ですから、ハマるのはわかるなぁと。
なかなかに楽しめる1枚。

近藤さんは、聞くたびにいろいろ巧くなってる気がします。
遊佐さんの上司受けは、もう鉄板のようなw

表紙からは、ゲームクリエイターのイメージはまったく
感じられないのが残念です。


余談ですが・・・作中のゲーム。
あまりにも既存のゲームもじりです。
私は、ゲーマーなんでゲームのクリエイターさんって
わりとメディアでおみかけするんですよねぇ
ぼややーんと既存ゲームのクリエイターさんの顔が浮かぶw
もう少し架空のシナリオ、架空のゲーム名でお願いしたい。
略称名なんか、あまりにも・・・w
続き
実在の人物がいるようなクリエイターを受けに据えるのはちょっと・・・どうよ?w
ググんないほうがいーよ☆

2

次を早く出してね

原作を読む前に聴くことをおすすめします。

お仕事大好きの私が大好きな作品なので、鼻持ちならない自信家の澤村と、仕事の鬼・水嶋がどう調理されているか楽しみでした。
また、ゲームが作られていく過程もどのくらい盛り込まれるのかも気になっていました。
本1冊分を1枚にまとめるわけですから、あらすじっぽくなるのは仕方が無いと思っていたので、どこをしっかり残すかが重要なわけです。

とりあえず、仕事ができて部下にも厳しいけれど自分にも厳しい水嶋(CV.遊佐さん)は表現されていたと思うのですが、どうしても仕事の部分が少なめになっているので、厳しいことを言っているシーンも少なめで、もうちょっと女王様的部分が多くてもよかったかなと思いました。
生粋の女たらし・澤村をゲイの世界へ引っ張ってしまえるほど水嶋には魅力があるはずなのですが、どちらかといえば澤村にすがったり翻弄されているような感じが前面に出ていた気がして、そこがちょっと残念でした。

澤村(CV.近藤隆くん)は鼻持ちならない自信家で、年上の水嶋をも甘い言葉で誘えてしまうくらい恐ろしいヤツだと・・・「水嶋さんち、いこっ」・・・こ続きいつーって思っちゃいました。
しかし、仕事に関して本当に真面目で熱い男で、振り返ってみれば澤村の仕事シーンは結構あったなと・・・

そして、必ず入れてもらわないといけないと思っていた【ゲームのデモ版を澤村が一人プレイして“ミズシマ少年”と“サワ村”を入力しバグる】シーン。ちゃんと入っておりました。
でも、小説では泣きそうになっちゃうほどいいシーンだと思ったのですが、CDではそこまでいかなかったなぁ。どうしてなんでしょうか?

で、脇の皆さんですが、声優さん方はあまりメジャーではないのか、お名前を見てもよくわからない方ばかりなのですが、瀬木も北野も伊藤さんも木内もみんなピッタリの配役だったので、このまま「くるぶしに秘密の鎖」もいっちゃいましょうよ。北野君がもっと聞きたいです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ