交渉人は疑わない 交渉人シリーズ2

交渉人は疑わない 交渉人シリーズ2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神28
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

215

レビュー数
9
得点
156
評価数
33件
平均
4.7 / 5
神率
84.8%
著者
イラスト
作品演出・監督
鈴本雅美
音楽
宮本空
脚本
月原真
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
137 分
枚数
2 枚
ふろく
予約特典:スペシャル小冊子「ドラマCD特典FUN BOOK」
フリートーク
あり
発売日
価格
¥4,700(税抜)  ¥5,076(税込)

あらすじ

元検事、元弁護士。華々しい経歴に加え、モデル顔負けの美貌を持ち、国際紛争と嫁姑問題以外はなんでもござれの交渉人―ネゴシエイターとして活躍している芽吹章は、高校時代の後輩で、いまはヤクザの兵藤寿悦と深い関係に…。
兵藤への想いに揺らぐ芽吹の元に、新たな依頼人・溝呂木功がやってくる。
その依頼人は、兵藤の暗い過去を知る人物で―!?
(ラベルより転記)

表題作 交渉人は疑わない

兵頭寿悦 → 子安武人

芽吹章 → 平川大輔

その他キャラ
キヨ[日野聡]/ 鵜沢万里雄[安元洋貴]/ 橋田智紀[梶裕貴]/ 溝呂木功[石井真]/ さゆり[定岡小百合]/ アヤカ[峯香織]/ 七五三野登喜男[江川大輔]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

盛大に笑いました&魅せられました

「黙らない」もとても面白く聴きましたが、「疑わない」は笑いどころが多く感じられて、ついクスクス笑いながら聴いてしまっています。シリアスな場面とのバランスも良いと思います。なぜだろう、何度聴いても飽きることがありません。BGMっぽくなっている時もあります(笑)
他の方も書かれていらっしゃるように、
「くそっ(←ココは小さく毒づくんですが、それが面白い)、乳首出してんじゃねーよ」
「俺が出した乳首だから俺がしまってんです、文句ないでしょうが!」
(芽吹に手錠のスペアキーがあるだろうと言われて、投げやりに)「さぁねぇ、どっかにあったかもしれませんねぇ!」
このくだりが非常~~~に面白く、子安さんのやさぐれた喋りがものすごくハマってました。う、うまい…!と、心の底から感心。
また、兵頭の事務所で、何とか溝呂木を見逃してやってくれ、どうすればいいと頼む芽吹に、釈然としない兵頭が呟く
「何だろう、何だかわからねぇが、足りない…納得できないんです」
に対し、
(手下)「…愛、じゃないスカ?」
(手下s)「おお~~、愛!」
この漫才のような遣り取りにも笑わされてしまいました。やや続きセオリー通りの遣り取りではあるのですが、面白いものは面白いのです(^^)
事件が解決して、いよいよ…!という時に、兵頭の実にストレートな求愛に照れた芽吹が
「お前時々すごいこと言うよな、なんつーかほら、愛の言霊っていうか…」
「ふざけてんのかてめぇ」
この「ふざけてんのかてめぇ→」の見事なまでの一本調子な喋り方に兵頭の「はぐらかさせねぇぞ」という真剣な気持ちがすごく表現されていて、芽吹、動揺するのは解るけどもうちょっと照れずに向き合ってあげて…と思わず兵頭に同情しちゃいます(^^;)
先輩を立てているのか、普段はですますで話すのに苛立った時は乱暴なタメ口になったり、かと思えば言葉は丁寧なのに言い方はものすごいぞんざいなのがまた面白く、文字で読んでいても楽しさは伝わるのですが、声になった途端それが倍増です。こういうのは音声ならではの面白さかなとも思います。

子安さんに筋者のイメージがあまりなかったのですが、2度3度と聴くうちに兵頭の像がカチッと重なりました。すでにデフォルト的な威圧感ある喋りはもちろん、懐柔しようとするかのような諭すような喋り、拗ねたような喋り、芽吹に求愛する時のちょっと懇願するような喋り、かと思えば怒鳴った時の迫力はまさにやーさんといった感じで、とにかくどれをとっても(凄いなぁ~)の連続でした。
平川さんも、毅然としながらも兵頭の出方によってはちょっとたじたじとした喋りになっちゃう妙にカワイイ芽吹や、かと思えば相手に一歩も引かず法律の知識を駆使して淀みなく主張する賢い芽吹もとても上手に演じられていて、何と言うか芽吹のまっすぐで愛らしい人柄がよく伝わってくる素晴らしい演技だと思いました。それにしても「ハピネス」聴いた時もつくづく思ったのですが、平川さんは男性なのに、低音の効いた落ち着いたお声なのに、なぜこんなに喘ぎがキレイなんだろう…。不思議でしょうがないです。女性より艶っぽいんですもん。凄いなぁ。自分は女ですけど、争う気にもなれません、白旗です(笑)
ストーリーが楽しいのは言うまでもないですが、声優さんたちの素晴らしいお声や演技を聴いているとそれが何十倍にも楽しくなるように感じます。最近CDの楽しさにハマったばかりの私には、プロだなぁ、職人だなぁと、感心してもしきれないのでした。版権の問題等がかなりややこしそうですが、いつかどこかから続きが出るor出し直されるといいですねぇ…。これはぜひぜひ続きも聴いてみたいです。

7

バランスのいい会話劇

前作に続けて久々に聞き返した。
原作シリーズ通じてそうなのだが、物語の中で仕事(≒事件)と恋愛(…というより関係の変化)と過去話のバランスがよく、読んであるいは聞いて単純に楽しめる作品である。
また、ドラマCDでは会話劇中心の作品が特に好きなので、そうした点においても必然的に評価は高い。

前作に引き続き、近作でも芽吹は相変わらず踏んだり蹴ったりのひどい目に合っているのだが、自立した大人の男としての自覚や誇りといったものが平川さんの演技からもしっかりと感じられるため痛々しさや悲壮感がなく、安心して「ひどい目」を傍観することができる。

そして本作も兵頭役・子安さんがいい。前作よりも一層芽吹に対する執着をあらわにするシーンが多いのだが、その態度がなんとも子供っぽくていいのだ。
個人的ベストは、溝呂木と手錠でつながれた芽吹をいたぶろうとして途中で放り出すシーン。自分でやっておきながら逆切れして「乳首出してんじゃねーよ」と言う、吐き捨てるようなあの言い方。直後の平川さんのおいてきぼり感満点の返答も相まって、ひどいシーンなのに笑えてしまう。
メインの二人がただ甘いだけの関係では続きなく、こうして時折(結構?)こじれるのに、全体を通じては決して嫌な感じには聞こえないのがなんともいい。

そして本作ラストでは、ついに芽吹の「貫通式」が描かれるが、この場面の芽吹の照れから来る色気のなさ。
平川さんの好演により、兵頭の「あんたには情緒ってもんがないんですか」という言葉(ちなみに子安さんのセリフ回しも絶妙)に、深くうなずいてしまうのである。

原作が元々一人称形式で書かれており、さらにドラマ性もしっかりしているので音声化には向いているシリーズであると思う。一応切りのいいラストではあるが、メーカー倒産により続編の出ない状況が何とも悔やまれる。

4

あくまで原作押しですが、会話のテンポを楽しめる♪

大好きな交渉人シリーズ2作目★原作既読。1作目既聴。
やはり土台しっかり♪キャストさまも安定感です!!
私の脳内ボイスとはちょと違うんですが…1作目よりもしっくりきました!!子安さまの兵頭具合には脱帽w1作目よりもグレードアップ!!!ふてぶてしい!!実にw凄むところもヤクザ兵頭!!
平川さまもさらに芽吹にハマってきてました☆
人懐こい芽吹の庶民臭をいい感じに表現されてます♪♪

個人的に日野さまのキヨがツボすぎて……(*^_^*)
「かわいい…」←この言い方が萌えましたぁぁ★キュンが止まらないぃぃ★気だるげな色気がたまりまへん!!!!!梶さまも智紀にぴったり♪ぜひにスウィーパーもCD化してほしい!!

七五三野ボイスは個人的にもうちょっとライトなイメージだったので若干違和感あり。溝呂木もちょと違うぅ。
安元さまの鵜沢は、胡散臭さが抜群で一押しです!!!貴重な役柄なうえ、悪い悪いwww

エチシーンは途中までが2回(尺短め)
最後までが1回。
平川さま喘ぎエロいぃぃぃぃーーーーっ(激萌)
やっぱプロすぎる喘ぎ平川クオリティーw

そして!!ユーモア部分舎続き弟たちおもしろかったですwww
コミカルなシーンはテンポが絶妙で、笑わせてもらえるポイントたくさんあります♪(^^♪

全体としてCDドラマとしてうまくまとまってますが、原作は芽吹の一人称なので、端折られてる心理描写や伏線、エロなど含め原作押しです♪CDから聴いた方もぜひに小説おすすめします♪CDよりも重めに浸れますので。
やっぱり好きな作品は評価が厳しくなってしまいます。。。
エチシーンももっとエロいし、芽吹と兵頭のやり取りの余韻は原作だと後引くようになってます。
何回も読み込んでいるので、自分の中での脳内ボイスが完成してしまっているからいろいろ違和感かもしれないです(>_<)
いろいろともうちょっと完成度を求めてしまう欲張りな私…。
というかサイバーさん倒産されてるので……3作目以降は出る可能性ないのでしょうか…(T_T)

■巻末フリト(司会:子安、平川、日野、梶)
軽快な子安さまフリーダム!!wキャストと絡む弄るw
普段のしゃべり声もイイ声で萌えます(^^♪楽しそう♪兵頭がラーメン屋になる話とか…妄想トークが笑えましたw

3

平川さんいいですねー

平川さんて色んなCDを聴けば聴くほど、すごいなァと思います。
最初はそういうふうに思わなかったんですが、どんなキャラをされてもちゃんとハマっちゃうもんで。
ベースとなってる声に、クセが少ないのかな?よく分かんないや。
声優さんをきちんと語れるような知識はないんですが、圧倒的な安心感を感じます。
エロ声もいいので、ハズレがないです。

子安さんの声は、ごめんなさい、私的には最初、兵頭とはチガウ…!って感じでした。
原作では、もっとヤンチャな声を想像してたもんで(神谷浩史さんみたいな)。やっぱドラマCD→原作の順番がいいなァ。先入観のない状態で聴きたいよ。
といっても、聴いてるうちに慣れたんですがw

面白かったです。
ストーリーがしっかりしてるっていうのは、大事なことですねー。
主役だけでなく、脇役、とくに舎弟ブラザースの「姐さん!」には、吹き出して笑ってしまいました。
フリートークでも、「あ、声優さんみんな、このお話が好きそう♪」って思えて、それがすごく嬉しかった。

あと、SSにめちゃくちゃ萌えました。
つくづく可愛いオッサンたちだ。

6

平川くん贔屓なもので

不可がないのとロストバージン記念で神評価。
前作と比べて、芽吹さん(CV.平川くん)がより明るくなってきましたね。
夏でアロハだし、1作目で吹っ切れた部分もあったろうし、明るいのはいいことです。
もともと優男の見た目に反してしっかりしていて度胸がある立派な男なのですが、ここへきて、ヘタレた部分より交渉屋としての頼りになる部分が前面に出てきた感じで、今回はなかなかカッコ良かったです。
でも、そのカッコよさがお母さん的なんですよね。
(小説を読んだ時はオジサン的だと思っていましたが、平川声が付くと、優しいからお母さんぽく感じちゃう)

兵頭(CV.子安さん)の方は相変わらずで、彼が「先輩」って言うところがなんだか思いがタップリ入っている感じで大好きです。
ヤクザで頭が良くて、渋いはずなのにどこかずっこけているところも憎めない。
ブックレットの書き下ろし「STRAWBERRY FLAVOR」も含め、先輩のバージンもらえてよかったね兵頭、って言いたい。

今回の重要人物・溝呂木功のCVは石井真さん。
あまり良く存じ上げませんが、アニメ「シャングリ・ラ」の主役の一人草薙国続き仁の方ですよね。
BL的に無関係といえばそうだけれど、あんなにしゃべっていたんだから、キャストトークにも出てほしかったなぁ。

キヨ(CV.日野聡)と智紀(CV.梶くん)も出番が少し増えて嬉しい限り。
この前のCDはほぼ2年前だったんでしたか?いやー、そんなに経っちゃったの?
「交渉人は黙らない」の頃は日野くんのことも知らなくて、どんな声優さんなんだろうと思っているうち、アニメ「隠の王」で相澤虹一役をやってくださって、私の認識内に入るようになりました。
そのくらい時間が経っているという話。

ブックレットの書き下ろしは、ロストバージン後のお話。
振り返ってはドキドキしたり、対抗意識を燃やして墓穴を掘ったり、そういうのはただのバカップルと言うんですよ、おふたりさん。いや、芽吹さんか。

5

お疲れさまでした

オープニングは、芽吹@平川さんが仕事で潜入しているホストクラブのシーンから。
お客さんの法律相談を受けているところに、兵頭@子安さん登場!
恋人(兵頭はそう思っている)が、仕事とは言え黙ってホストとして働いていたことに、静かに起こっているわけです。
それでも、面と向かって怒れない兵頭って、芽吹にどれだけ惚れてるんだ。そして、どんだけ可愛いんだ!

「やばい!」と思った芽吹ですが、仕方なく兵頭に「アッキーです」と自己紹介するわけですが、その時の平川さんの焦りまくって声が裏返って、めっちゃ情けなくてヘロヘロな「ア、アッキーです」というセリフ、笑っちゃいましたよ。
つかみはOKです。

前作では、とうとう出来なかったわけですが、今回、兵頭の念願かなって『凶悪な兵頭のバズーカ』の餌食に!
交換条件みたいに抱かれるわけだけど、いざ本番の前は、兵頭が気の毒に思えてくるほど、情緒がなさ過ぎだ、芽吹よ。
照れ隠しかなぁ? とも思えますが。でも、甘~い恋人同士のピロートークとはちょっと違うかも……。
兵頭念願のエロシーン、平川さんエロい。
初めてとはいえ、何度も指を突っ込まれてい続きる(兵頭談)からか、気持ちよく喘いでくれてます。
やっぱり好きだなぁ、平川さんのエロシーン。

ようやく芽吹のお初をいただいたのに、その直後の例のおバカな出来事。やっぱり笑っちゃっいました。

今回は、芽吹の同期だという七五三野@江川さんが登場しますが、芽吹に対する七五三野の態度が、まさに過保護なお父さんかお兄さんのようです。
誰にも取られたくない兵頭は、七五三野にあからさまな態度を取っちゃうんです。
この辺の子安さん、拗ねちゃって可愛いんですよねぇ。
「これ以上ヤツを誉めたら、盛大に拗ねますよ!」って。可愛いったらありゃしない。年齢的にはいいオヤジなんだけどなぁ、兵頭。
そういえば、芽吹もかなりオヤジ化が進行していましたが。

サクサクッと続編を出してください。
2年後とかいわないで。

6

「あ、アッキーでぇす」←大爆笑

30のくせに25って偽ってホストクラブへ潜入している
敏腕交渉人の芽吹章(平川)からスタート。
源氏名アッキーw

最初っから、笑わせてくれますっv

シリアスベースのシナリオだけども
なんだこの夫婦漫才はっ!絶妙なかけあいっぷりです。
尻に敷かれてる兵頭(子安)だけども
牙まで抜かれたわけではなく
やっぱりヤクザで酷い男でかっこいーっv
でもおもしろくてwww
シリアスとおもしろさとかっこよさとおもしろさと
v(o´∀`o)vああ、もう楽しいっ☆

絶妙なシナリオだなっおいっ。
絡みもよかったーv

キヨ(日野)と智紀(梶)の進展もこれからどーなるの?
ちょっとしかでないふたりですが存在感ばつぐんっ。

鵜沢(安元)は、相変わらず酷い男ですっv
すばらしい小物演技です。
最近の安元さんがここまで小物な役も珍しいですよねーv
それはそれで安元ファンとしてうれしいw

芽吹(平川)の交渉力は、もう少しお金になればいいのにと思うw
あんまり儲けはない感じっ。


フリトは、子安、平川、日野、梶の4人で。

3

噴き出した~胸キュンした~☆

交渉人シリーズ第二弾!!
前作よりもなんかこう
芽吹@平川さんと兵頭@子安さんの
二人の雰囲気がパワーアップ↑↑した感じで
心地いい会話のやり取りとテンポの良さ&芽吹の親父ギャグに
笑わしてもらいました~面白かった♪

兵頭の過去が明らかになる今回は~
芽吹の兵頭を信じる気持ちへの愛が
垣間見れて思わずデレデレしたり胸キュンしながら聞いちゃいました☆
あと
何と言っても最後の一線を越えちゃう所は
平川さんの喘ぎ大好き~色っぽ過ぎます!!
ほんとっーーーーーーーーー馳走様でした~\(*T▽T*)/♪
でも・・・もうちょっと長く聞いていたかったな(笑)
次回に期待☆
フリトで皆さん口揃えて次回は二年後に~と言ってましたが・・・
二年後Σ(゚Д゚||)!!なんて待てませんって(笑)
第三弾も早く×2お願いします♪

ブックレットのSS
エチ後、初顔合わせをした二人のお話。
初エチ直後の二人のやり取りが回想で…
睡魔とダルさから意識朦朧としている芽吹の後始末を
兵頭がしてくれたという恥ずかしさで
中々兵頭の顔(目)を見ることができない芽吹がほん続きと可愛すぎますっ♪
そして何と言っても甘い二人の雰囲気に萌えn[g
もうもうもうっこっちが恥ずかしくなっちゃた~(笑)

4

芽吹さんもとい平川さん、お疲れ様。

国際紛争と嫁姑問題以外はなんでもござれの交渉人シリーズ第二弾。
周防組若頭兵頭の過去に関わるホスト溝呂木が交渉人芽吹の依頼人として登場し、とうとう芽吹がバックバージンをロストするお話ですね。
今回も最初から最後まで、芽吹さん出ずっぱりの喋りっぱなしで、聞き終わった後、思わず「お疲れ様」とねぎらいたくなる作品でした。
二枚組だけあって、内容の編集もほどほどで原作を壊さない脚本になっていたと思います。
しかし、中だるみすることもなく楽しく一気に聞けてしまいましたよ。
原作でも登場人物の軽妙な会話のやりとりが楽しめますが、
是非CDで聞いてこのやりとりを楽しんでほしいと思う作品です。

最初のシーンで芽吹はホストクラブに25歳と偽って潜入しているのですが
ホストアッキーの声もちゃんと使い分けをしていて平川さん、さすがだな~
と細かい部分に感心させられました。
今回特によくなったなと思った部分は兵頭こと子安さんの演技です。
前作は「再会」ということで、わりと抑えめの演技だったからでしょうか
子安さんの特徴の、丁寧にゆっくりしゃべると、自然さがなくなってセリフにぎこちな続きさを感じてしまうという部分が耳についていたのですが
今回ははじけて早口になる部分も多かったせいか、セリフ回しも自然で兵頭の感情があふれてました。
榎田先生もお気に入りの手錠シーンが短くなっているのが少しもの足りないかな?
しかし、その後の「何かが足りない」→「愛じゃないっすか」→「やらせてくれたら」→「アナルセックスですよ」のくだりを含む
舎弟をも含めたお笑い集団的シーンも、また笑わせてもらいました。
CDには番外でノーツにショートストリーが付いてきますが
今回は、ロストバージン後初めて兵頭と顔を合わせて芽吹がドキドキしちゃう話。
ほら、やっぱり愛してるんじゃない。
と、こういう後日談が読めるのがCDの楽しみですよね。
また予約特典で付いていたfanbookの中でキヨと智紀の、日野さんと梶さんが
キヨと智紀でスピンオフ作品も榎田先生が計画されている的な発言をしていましたので、期待してしまいます。
自分の中では原作を読むときも、すっかりこの子安×平川コンビの声で自然に脳内変換されてしゃべってくれておりますので、3作目も楽しみであります。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ