ロッセリーニ家の息子 守護者 2

ロッセリーニ家の息子 守護者 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
14
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
20%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
116 分
枚数
2 枚
ふろく
書き下ろしショートストーリー「SHORT STORY
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

おまえ以外は何も欲しくない――。
それが、この狂おしいほどの感情を恋と自覚した瞬間だった。
護る者と守られる者――。
最高の男たちが、忠誠と恋情の間で揺れるスペシャル・ラブ・ロマンス!
シチリアのマフィア・ロッセリーニ家の三男として生まれたルカは、規律の厳しい家から逃れるため、亡くなった母の生地である日本への留学を希望していた。しかし兄たちが突きつけてきた条件は、長兄の補佐であるマクシミリアンを護衛役として同行させること。反感を覚え距離を置こうとするルカだったが、任務に忠実なマクシミリアンを遠ざけることはかなわず、却って束縛は強まるばかり。ところがその裏では、ロッセリーニ家の息子であるルカを巡る抗争が始まろうとしていて――!?
岩本薫が贈る、極上ラブ・ロマンスシリーズ第2弾が待望のドラマCD化!
蓮川愛の美麗イラストで彩られた豪華2枚組。ブックレットには岩本薫書き下ろしショートストーリーを掲載。(メーカーより)

表題作 ロッセリーニ家の息子 守護者 2

マクシミリアン・コンティ → 遊佐浩二

ルカ・エルネスト・ロッセリーニ → 鈴木千尋

その他キャラ
東堂和輝[鳥海浩輔]/ 早瀬瑛[小野大輔]/ レオナルド・ロッセリーニ[森川智之]/ エドゥアール・ロッセリーニ[中村悠一]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

1と比較してしまうと、スケール感が大幅ダウン。

1の『略奪者』に続いて2なんですが、なんとっ!遊佐さん×千尋たんじゃないか!!!
1はマフィアのトップとして采配を振るう、おおらかさもありながら孤独な男と、それに惹かれていく青年の物語。
後半のスケール感がそれなりによかったんだけれども。

で、2では外の世界が見たくてたまらない20歳の男の子とそれをストイックに守る男…
なんですが。

うーん、原作がいかにもお守りいたす系で自分的に好みじゃないのか、
遊佐さんがそれっぽくないのか…自分的には不発でありました。
千尋たんも可もなく不可もなく。
育ちのよさみたいなのはすごく成功していたんですが、童顔でカワイイイメージかといわれるとなんとも微妙。
どうしても千尋節って美人声になるからねぇw

でも、自分的な地雷はやっぱり遊佐さんだったゴメン。
声質的にあたたかすぎて不器用さやお硬さが足りないのよ。
反対に、脇役のくせに異様な存在感があったのは和輝(鳥海さん)で、
ところどころ意味深発言ありすぎて…
和輝の胸中のほうにドラマを感じたw

マクシミリアンには申し訳ないが、ひそかに和輝とルカのほうになんかある続きのを激しく期待してしまったじゃないか…!

0

結局、和輝って?

冒頭の方を聞いただけで、ルカとマクシミリアンの基本的な流れ?はこう転がっていくんだろうなーっていうか、そういう心情だったんだろうなーってのがベタな感じでそれなりに読めるお話ではあります。
ほんの大筋だけですけど。
それでもそうなって行くだろうなーってのはわかってても面白かったです。
切ない感じですしね。
後半はルカが切ないし、マクシミリアンは基本的に感情出さないようにしてるけどもいろいろと逆にこっちが想像しちゃうと切なかったり…。
ルカは元気というか無邪気というかわりと真っ直ぐに育った感じがします。
特殊な家庭環境だから友達が出来なかったりとかいろいろ悩みはあったんだろうけども、そのわりにはひねてない。

ちーちゃんの声もこれくらいの少年ボイスは聞きやすくていいなと思いました。
マクシミリアンは逆に抑えて抑えての常に固い感じで。
マクシミリアン自身敢えてそういうふうにルカと接しようととしてる部分があるから普通以上に声とかが業務的になっちゃうというか機械的な感じがしました。
そんな遊佐さん、初めてルカと出会う15才ボイスもやってましたが(レオとエドゥーもいたが、こっ続きちは別キャストが子供ボイスしてた)既に落ち着いた感が(笑)
いや、でも、いろいろ自覚前なのでまだまだ感情はあるんですけどね。
そんな2人が日本に来て一緒に暮らすんだけども。
軽快な包丁さばきから、マクシミリアンがスーツの上にフリフリエプロンを付けて、テキパキ料理してる姿を想像してしまい苦笑…。
しかも、声は遊佐さんー☆
並ぶ料理は栄養バランスを考えられたイタリア料理。
って、ルカが羨ましい!!
ええ、ホント、ルカが羨ましいですよ。
マクシミリアンに守られて。
更には、ご学友になりました和輝にも超世話焼いてもらってるし。

もうこの和輝が好きでしゃーないです。
鳥ちゃん最高ですvv
登場時から何か含みがあるのかと思いきや、最後までイイ人だったことにびっくりでした。
お話はお話でよかったけども、むしろ、それより和輝のことが気になって仕方なかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ