誰にも愛されない

誰にも愛されない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
18
評価数
5件
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
小川信寛
音楽
佐藤和郎
脚本
堀井明子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
65 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

出版社の営業・飯島が、ひょんなことからチェコ語の翻訳本を編集することに!藁をも掴む思いで探し当てた翻訳家は、何年経っても大嫌いな男・日下だった…!?古書店『ひぐらし堂』を舞台に、笑って泣いて走って…恋してv不器用だけど愛しい男たちの恋愛模様!(帯より転記)

表題作 誰にも愛されない

飯島政文 → 星野貴紀

日下克弘 → 野島健児

その他キャラ
小堀敏也[千葉進歩]/ 大田原明男[飛田展男]/ さつき[安田美和]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

空気がまさしく原作そのもの

原作があまりにも好き過ぎて購入。
普段だったらCDって高いから外れたらいやだと思って買うのためらうし、ましてや自分の好きな作品だとイメージ崩れてもやだなぁと思って避けているんですが、原作がすんごい好きだったのと日下役が野島さんだったので思い切って購入。
個人的に読んでいるときからCD化したとしたら野島さんがいいなーと思っていたのでキャスト見てテンション上がりました。

いざ聞いてみるとホントに声ぴったり!!
すごくイメージ通りで聞いてて違和感が一ミリも無かった。
飯島役の星野さんもすごくあっていてキャストに関しては完璧だったと思います。
ただ、あまりにも原作が好き過ぎてここは・・・こう・・・!!と思ってしまうような所もところどころあるにはあったのですが、CD化に最適な切り方をしているような気がして聞きやすくてよかったと思います。
BGMがあまり無いような落ち着いた空気が普通のCDだと物足りなく感じそうではあったのですが、原作の空気に近いような気がしてすごくいいなと思いました。

キャスティングが本当によくって定期的に聞いています。
原作が好きで手が出せていない方に続きも是非オススメです。

0

のじーがステキでしたv

今回ののじー(野島さん)はちょっと珍しい役かも?
のじーといえば、どっちかっていうと不幸気質だったりお坊ちゃんだったりの役が多いように思うのですが、この日下はそうではなくて。
どちらかといえば低音でそっけない感じとでもいいましょうか。
そんな「受っぽい」感じではないんですよね。
自分がどこか冷めた人間だということを知っていて。
それでいて、ゲイであるが故に女性を受け入れられなんだけども寄せてくれた好意に対して自分がこんなであることを申し訳なく思ってしまうようなところがあって。
普段は全然弱い部分とか見せないんだけども、時に切羽詰まって吐露してしまう部分では繊細な感じもあって。
飯島に女性がダメだと告白するシーンとか泣きそうな感じがすごく好きです。
最終的には飯島と関わることによって日下の声のトーンもちょっとやわらかくなって。
丸みを帯びてました。
個人的には最初の日下の男前な声好きなんですけどね。
一方の飯島役の星野さん。
今回はわりとしっくりきてたかな。
以前聞いた同組み合わせの別作品では、その設定のせいもあったんだろうけど、どう聞いてもそんな若く聞こえない続き!(爆)と思ってしまったのですが。
今回はリーマンなのでね、その辺は大丈夫。
最初は翻訳の仕事のために通ってたはずだが、だんだんと日下本人に興味を持って。
さすがにあの行動にはちょっと唐突さを感じないでもなかったけども(原作だとそうでもないのかな?)
原作読んでないのでなんとも言えないのですが。
あと、飛田さんの大田原もイイ味出してました(笑)

フリトは一応星野さん司会でのじー、飛田さん、千葉さん。
年齢付き自己紹介した後は恋の話を星野さんが振るも時間がないせいもあって適当に流れる。
千葉さんが「恋」を「鯉」とボケて、それに突っ込むのじー。
のじーは本編があまり感情を出さない役だったので、最初ちょっと発散?してました(笑)

1

大人の不器用な恋をぜひお耳でお楽しみください。

イメージピッタリの配役で、目をつぶって聞いていると山田ユギ先生の絵が自然と浮かんでくるような素敵な仕上がりになっています。毎年思い出したように取り出しては聴いています。

星野さんの飯島はかっこよすぎない、色っぽ過ぎない感じがリアリティがあって、野島健児さん演じる日高は何を考えてるのかわからない感じが絶妙で、二人の会話を聴きながら思わずニヤニヤワクワクしてしまいます。

 お布団シーンは星野さんの攻めの物慣れない雰囲気がむらむらするような色気というよりは、不器用な愛情を感じさせてくれます。
 ストーリーやカタルシスを楽しみたいという方にはぜひ拝聴していただきたい一品です。
 そして、忘れてはいけない飛田さんの大田原が何より面白くて一番おいしいところを独り占めかもしれません。(笑)
 聴いた後には原作を読み返したくなること請け合いです。 

3

めっちゃイイ!んだけど…

めっちゃ良かったのですが、これは山田ユギさんの原作への思い入れが強すぎるもんで、要所要所で「あああ…それは違う…」と思わされることもありました。
とくに、猫舌の受けが行儀よく湯飲みを見つめてる場面。原作では激しく萌えを刺激されたシーンなんですが、カケラも伝わってこなかった(涙)
でもこれ、よくよく考えなくても仕方ないんですよね。場面的に、絶対に音声では伝えられないわけで。
分かってるんです。分かってるんですが…!
つまり、原作への思い入れが強いのって、善し悪しだということです。

主役の二人、星野さんと野島健児さんはハマリ役でした。
野島さんはこういう美人キャラをやらせたら鉄板ですねー。安定感が半端ない。
主役二人の掛け合いが楽しくて、いつまでも聴いていたい気分になりました。

原作ともどもオススメです。
やっぱ、いい作品はいい。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ