姫君の輿入れ

姫君の輿入れ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
28
評価数
7件
平均
4 / 5
神率
42.9%
著者
イラスト
作品演出・監督
鈴本雅美
音楽
宮本空
脚本
中山瑞季・月原真
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
166 分
枚数
2 枚
ふろく
初回特典ノーカットフリートークCD
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

権勢を誇る左大臣家の娘・狭霧は、珠のように美しい姫君と噂され若い公達たちの心を騒がせていた。だが、狭霧の身には、一族の存亡が問われる重大な「秘密」が…。ある時、光源氏にも喩えられる神秘的な美貌の持ち主・源実親から熱烈な恋文が届く。恋愛さえ許されぬ狭霧は、つれない返答を。そんなある夜、狭霧の寝所に実親自らが現れついに「秘密」が…!!そして狭霧は彼の元へ輿入れする。だが、その輿入れは、狭霧だけでなく実親の運命をも激しく揺さぶることに―!!(帯より転記)

表題作 姫君の輿入れ

源実親 → 小野大輔

狭霧 → 野島健児

その他キャラ
小野朝家[神谷浩史]/ 文秀[近藤隆]/ 五条帝[遊佐浩二]/ 藤原光則[土田大]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

私的ヘビロテNO1作品

もう、何度も何度も繰り返し聴いてしまいます。
野島さんの狭霧の可愛いことと言ったら枚挙にいとまがない。
姫から少年へと変化していく微妙な匙加減が絶妙。
また、私が小野大輔さんの攻め大好きになったのもこの作品が最初かもです。小野さん演じる実親はすごくイヤラシくて、でも上品で、何処か淋しげで。実親の魅力が存分に表現されていると思います。
狭霧の兄役の土田さんもとても素敵で忘れられないくらいキャラが立っていました。
 五条帝役の遊佐さんは出番が少ないのが惜しいくらいの存在感でした。
 文秀役の近藤さんもさすがの芸達者でうっとりしてしまいます。
 そして実は一番のこの作品のキー役は川崎恵理子さん演じる常盤ではないかと思います。狭霧を大切に思うあまり右往左往しながらも精一杯尽くす様子が胸をうちます。難しいセリフもたくさんありますが、それを全く感じさせない素晴らしさ。blcdを支えてくださるのは実はこういった演技のとても上手い女性声優さんやベテラン声優さんなのだなとつくづく感じる一枚です。
 神谷さん演じる朝家が、とても良くて。書痴の彼の天然ぶりを神谷さんがなんだか楽しそうに演じら続きれてる気がします。ぜひこの朝家が主役の『貴公子の求婚』も何処かの会社が引き取ってcd化してほしいなあと切望しているのですが。
 他にも、効果音も音楽も言うことなしで。平安の雰囲気にどっぷりつかれます。ただ、一つ難を言えば… 最初のナレーションが芽生さんのおっしゃるように微妙で。私も当初から気になっていました。この方だけ平安というより、洋楽系FMのパーソナリティのような話し方で。 時間が足りなくて文明の利器で早回しにした結果の弊害なのかな?とふと妄想してしまいました。
 それでも個人的には大好きな作品で。『なんて素敵なジャパネスク』とかお好きだった方には原作ともどもおすすめの作品です。古くてごめんなさい。
 

4

気になる…。

原作既読。
大好きなシリーズです。
とは言っても、個人的には「貴公子の求婚」の方が好きで、こちらの話をあまり覚えていなかったので新鮮な気持ちで聴けました。
このCDはストーリーを楽しむ物であり、絡みはそこそこありますが、全くエロさを感じません。
ブックレットにはその後のショートストーリーが載ってあります。

狭霧役の野島さん、すごく可愛いです。
(´∀`*)
最初は弱々しい姫君だったのが、徐々に自分の感情を持ち人間らしく変わっていく様が分かります。
光源氏にも喩えられる源実親役の小野さんはステキでした。
男らしく、そして気品もあって。
そして音楽がとても良かった。
本当に素晴らしかったです。

ちょっと気になる箇所がありました。
初っ端の「左大臣、藤原正光は…」ってモノローグで、めっちゃめちゃ噛んでますよね!?
これでOKだったんでしょうか?
((((;゚Д゚))))
気になったのは私だけなのかな…。
|゚Д゚)))

2

すっごいボリューム

以前ちょろっと聴いただけで、最後まで聴き終えてなかったんでゴールデンウィークを利用して全部しっかり聴き終えました。

平安時代ものです。狭霧は父親のついたその場での嘘のせいで、女性として育てられます。男性であることがばれぬよう、大切に育てられてきたため人前には姿を見せず、京では“珠のように美しい姫君”と噂されています。

そんな狭霧の目の前に現れたのは“美貌の持ち主”と名高い藤原実親。なかば無理やり関係を持ち、ずっと隠して生きてきた秘密もばれてしまいます。
最初は実親を受け入れられなかった狭霧ですが、接していくうちに初めての感情を抱きどんどん惹かれて行きます。。。


とにかくボリュームたっぷりでちょっと疲れるかも…。しかし、それを跳ね返すようなキャスト陣の演技力すばらしかった。脇を固めるキャストの方々も何とも豪華ですね!

フリトでもおっしゃっていたんですが、攻なのにとにかくモノローグが長い長い…小野Dあっぱれでした!!

ノジケンもか弱い感じだけど、しっかり自分の芯を持っている演技がピカイチでした☆
いつものように変なテンションのフリトも健在でしたよ♪
続き可愛かった><

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ