吸血鬼と愉快な仲間たち

吸血鬼と愉快な仲間たち
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

182

レビュー数
7
得点
58
評価数
14件
平均
4.1 / 5
神率
42.9%
著者
イラスト
作品演出・監督
本山哲
音楽
中川孝
脚本
MORI-TADA
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ランティス
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

コウモリのまま冷凍され、日本にやって来たアルは一人では血を吸うことができない不完全な吸血鬼。昼はコウモリだが夜は人間の姿に変身する。ひょんなことから、刑事の忽滑谷に拾われ、エンバーマーである暁と同居することに。そんな折、忽滑谷が追っていた連続殺人事件にアルが巻き込まれ…?!〈ブックレットより転記〉

表題作 吸血鬼と愉快な仲間たち

アル → 平川大輔

暁 → 緑川光

その他キャラ
忽滑谷[森川智之]/ 津野[遊佐浩二]/ 柳川[千葉進歩]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

しっかりした原作と魅せる声と演技で聴きごたえあり

豪華キャストと安定した演技で言うことなしです。
BLというシーンは全くありませんでしたが、笑ったりしんみりしたりとても面白いドラマでした。
ただ犯罪に巻き込まれ肉体的に痛々しいシーンが結構あるのでそういうのが苦手という人には聴きにくい場面が少なくないです。

英語で演技する三人の声にもうっとりです。
バイリンガルの方や英語圏の方にはどうかわかりませんがとてもお上手で皆さんのご苦労がうかがわれます。

アルベルトはナンパした女の子が吸血鬼だったのに、そうと知らずに咬まれてしまって吸血鬼になってしまったのです。それも中途半端だったから昼は蝙蝠に変身してしまうんですね。
不器用で世間知らず、考えなしに思ったことを口にしてしまうようなところはきっと人間だった時からの性格なんでしょう。
悪気はないし可愛いんだけど友人だったらたまにムカつくかもしれません。
でも、同居することになってしまったエンバーマーの高塚も口が悪く短気なところがあるので二人で言いたいこと言い合えてちょうどいいかもしれません。

アルが連続殺人の犯人に刺され大けがを負うのですが、死なないアルでも痛覚はるか続きらその痛みに耐える平川さんの悲痛な声にもうやめてと言いたくなりました。

サスペンスホラーなファンタジーで萌もありさすがに木原さんの原作でストーリー展開も面白くてつづきが楽しみな終わり方です。

1

豪華キャスト

原作既読。
木原さんの吸血鬼もの。
斜め上行くような吸血鬼BLですが、まだ全然BLしてません(笑)

半吸血鬼のアル役を平川さん、エンバーマーの暁役を緑川さん、そして忽滑谷を森川さん、その他脇役に遊佐さんなど、豪華も豪華な声優陣で固めています。
アルは最初日本語がしゃべれないという設定なので、どうするのかなと思ってたら、まさかの英語でした。
平川さんも緑川さんも森川さんも……皆さん、ボイスオーバーで英語で会話されてました。本当に話せる人ならあれですが、声優さんって大変なお仕事だなと改めて思う。
しかも平川さんのアル、片言の日本語が本当に可愛いというか、面白い。
ワタシ・ニ~ホンゴ・ワ~カリマセ~ン、みたいな典型的な発音でしゃべってらして、最初は吹いちゃいました。

暁も緑川さんの繊細な声質がぴったりで、イメージ通りです。
アルに対してのドSっぷりもにやにやしましたが、不器用な優しさもしっかりと伝わってきて、これからの展開が楽しみです。
そして森川さん。
忽滑谷のイメージと少し違って最初は違和感がありましたが、暁がアルに対して冷たい分、優しく語りかけるような口調続きが思いの外嵌っていて、これはこれでいいなと。
遊佐さんも、脇なのに異常な存在感を放っていて、アルと暁ができてると勘違いするシーンでは、真面目に演技してる分可笑しくて、とても楽しませてもらいました。

原作を端折っているので、駆け足感が凄いです。
その辺りが少し残念ではありましたが、全体としては纏まっていて未読の方でも聴きやすいのではないでしょうか。
エロが皆無な上にただのコメディのように感じるかもしれませんが、アルがエンバーミングされた遺体から血液を分けてもらった時のセリフには、凄く気持ちが入っていてうるっと来ます。
笑いあり、涙ありでお得感満載でした。

0

コウモリの声も可愛いw

どうしても人外ものとなると
遠ざけてしまいがちなのですが、
なかなかの豪華キャスト陣!ということで聴かせていただきました。

平川さんと緑川さんと森川さんの英語を聴けてしまうという
なんともサプライズ!!
(すみません…原作未読なもので…;)
なんか得した気分になりました☆
日本語のセリフよりそちらが気になり
(同時翻訳みたいな感じで、英語は小さく聞こえる程度)
集中できない箇所もありましたw

「ここは日本なんだから日本語で話せ」と
無茶な事を言ってくれた暁ですが
そのお蔭で(?)平川さんのカタコト日本語が聴けますw
なんかもう可笑しくって…。
いえいえ、あんまり可愛らしくてですよ♪
でも、吸血鬼だからどれだけひどい怪我をさせられても
死ねないで二週間くらいずっと耐えていなくちゃいけないなんて
可哀想でした。
「死にたい…!」ってツラかったです。
あの穏やかボイスで聴くと尚更…。

緑川さん、あの冷たいような役どころ
(本当は結構思いやりもある)
ぴったりですねー!!
血をアルに吸わせて貧血になるとか似合うw

森川さんはもう、続き
お人柄そのまんまのキャラじゃないすか!っていう優しさ!!
地声全開で、てろてろになりますよワタクシ…。
英語の箇所なんてリピしたくなります。
おお!吹き替えみたいだ!!とw
(よくトムとかやってらっしゃるから♪)

遊佐さん……なぜそれだけしか出て来てくれなかったんですか…!
なんとなく緑川さんと同じ系統ボイスっぽいかと思っていたのですが
お二人が話すシーンで「あ、やっぱり違うかも」と認識を改めましたw
もーー、本当にもっと喋ってほしかった。

千葉進歩さん然り!!
あのちょっと憎めない感じの部下役
もっと出てもいいくらいだったなぁ…。
勿体ない。

最後は自分のパンツをようやく手に入れる事が出来て
嬉しそうなアルにまた「…ふふ」なのでした。

原作未読でも楽しめましたが
やはり読んでみたいなと思いました。
そして何よりアルと暁がどうなるのかって
やっぱり気になりますから!

2

最高

原作未読です。これは面白かった。
さすが木原先生の原作だけあって、
バッサリいかれてても、しっかりした聞き応え。
ベテラン声優陣は、本領発揮でみごとでした。

絡みやBL的な要素は全くないけど
むしろそれでいい。すごい楽しい。アルが可愛いすぎ。
あきらとの掛け合いが超笑えた。いやー久々に大満足。

木原音瀬先生ってどんなお話でもいけるんだな。
最高に楽しませてくれる。この作品は笑いもツボでした。

原作では絡むようですが、このままこんな感じでいいけどな。
とにかくおもしろい。次へGOしまっす。

2

やっぱ格段にストーリー性がある

いろんな作品を見聴きして木原音瀬作品に帰ってくると、「やっぱ格段にストーリー性があるなァ…」とシミジミ思います。
やっぱ面白い。
この吸血鬼シリーズはストーリーだけじゃなく、キャラもいい。女王様とヘタレのコンビネーションが抜群です。
ユーモアもあるし、脇キャラもいい。

あとこれ脚本もいい。
時間内におさめるために原作をいろいろとはしょってるんだけど、はしょり方が上手いなぁと思いました。
原作の良さを最大限損なわないはしょり方だったので、嬉しい。
(二枚組だともっと嬉しかったんだけど、こればっかりは仕方ないねw)

キャスティングも抜群です。
緑川さんってこういうタイプの女王様キャラが一番合ってるような気がしました。ブチギレるときの罵声が麗しいです。
ヘタレのアル役は平川さん。さすが平川さん、ヘタレ役が上手いッス。

つまりなにもかもが素晴らしいのですよw
万人にオススメ。

2

ニヤニヤ(・∀・)

アメリカから冷凍牛肉と一緒に
冷凍輸入されてきてしまった
ちょっとまぬけな吸血鬼アル(平川)

アル(平川)は、中途半端な吸血鬼なので
昼は蝙蝠、夜は人間に強制的に変身してしまう。
右も左もわからない日本で、孤独なアルは
刑事の忽滑谷(森川)と、エンバーマーの暁(緑川)と出会う・・・

と、いうお話。

エンバーマーという遺体を加工する職種も珍しい。
平行してすすむ、連続殺人事件もスパイスになり
見えづらい暁(緑川)のやさしさが見えるようになる。
アル(平川)暁(緑川)の関係は、はじまったばかり。
恋愛色には、まだまだ遠いのですが
ところどころシュールなBLギャグでニヤニヤする感じです。
このあたりは原作既読のほうが楽しめるかも。

ニヤニヤといえば・・・
アル(平川)は、アメリカ人設定なので
英語で会話をするという部分は、日本語のセリフの上に
ボイスオーバーで英語がかぶせてあるんですよ。
ついつい英語のセリフを耳で追ってしまいます。
平川さん、緑川さん、森川さんの英語セリフ
なんというかニヤニヤ(・∀・)

日本語を覚えだしたアル続き(平川)さんの
たどたどしい日本語も、原作どうりでありますが
なんというかニヤニヤ(・∀・)

平川さんは、へたれ系ボイス
緑川さんは、ツンツン美人ボイス
森川さんは、落ち着いた誠実ボイス
進歩さんは、小物ボイス
遊佐さんは、色気抑え目ボイス

殺人犯のCVには真殿さんが起用されています。巧いっ。

0

津野にゆっちーは、もったいない

原作、かなりなボリュームのお話がCD1枚。

というわけで、ストーリーの本筋以外は、かなりばっさり端折っていいる。
はっきり言って、原作参照しないと、特に最初の方が??の可能性大。
でも、もっと不親切なCDはいくらだってあるし、お話そのものの力があるので、CDからいきなり聴いても十分楽しめる。

むしろ、CD先に聞いていたら、絶対原作読みたくなりそう。

BL的な絡みシーンは全くない!
っていうか、原作の方でも、まだ、全然そんなとこまで関係が進んでないから当然だ。

私の個人的な希望としては、
アル×暁の濡れ場があるなら、平川さんのヘタレ攻め・緑川さんの女王受け
そしてそこに、鬼畜モード森川参戦で3P(この場合攻めぬかりや、受けアルだな)の、ガッツリ濃厚なやつとか、原作にもあるわけないから、絶対あり得ないけど、聞いてみたいなぁ

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ