華園を遠く離れて~恋路&溺愛~ 花降楼シリーズ第六弾

華園を遠く離れて~恋路&溺愛~ 花降楼シリーズ第六弾
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

109

レビュー数
4
得点
57
評価数
15件
平均
3.9 / 5
神率
26.7%
著者
イラスト
作品演出・監督
音響監督→みさわあやこ
音楽
浅野彰
脚本
堀井明子
原画・イラスト
樹要
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
初回連動購入応募券
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

売春防止法が廃止され、一等赤線地区として復活した吉原の男の廓・花降楼。

見世で妍を競った蕗苳、綺蝶、蜻蛉は、切っても切れない絆で結ばれた伴侶とともに遊里を後にした。
それぞれのその後の暮らしとは?(メーカーより)

表題作 華園を遠く離れて~恋路&溺愛~

伊神旺一郎 → 大川透

長妻蕗苳 → 下野紘

綺蝶 → 平川大輔

蜻蛉 → 緑川光

その他キャラ
東院[川原慶久]/ 支配人[細谷佳正]/ 酔客[間宮康弘]/ 女性客A[宮川美保]/ 女性客B[木下紗華]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

みんな幸せになれて良かったv

下野さんの演じる役で蕗苳みたいな声大好きです。
もちろん元気キャラも大好きですが、健気声はもっと好き・.。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*

温泉えっちで「声 出ちゃう」って震える喘ぎが可愛い!!
お湯バシャバシャ言ってたw

ただ前作の山藤さんが強烈すぎてwww
ほんと強烈だったからちょっと物足りないwwww

でも蕗苳と旺一郎が幸せになれてほんと良かった(*>∀<*)


綺蝶と蜻蛉もラブラブ♪
原作で好きだった蜻蛉の「上やる練習する」が聞けて嬉しかったです(´∀`)

キャストトーク
「ふきが吹いちゃう」
萌え(●´艸`)

2

うーん

シリーズ六作目。
恋路編は一作目の後日談、溺愛編は二作目の後日談になります。
なので、シリーズ一作目と二作目は先に聴いておいたほうがいいと思います。
この後日談二本ですが、甘いー!!!!!
口から砂糖吐きそうなほど甘かったです。
正直微妙でした。
シリーズ五作目のレビューでも書いたのですが、私、「出来上がったカップルが痴話喧嘩したりイチャコラしたりしてるだけの続編」があまり好きじゃないんですが、まさにそんな感じでした。
逆にいうと、甘ーい作品が好きな方なら、ニヤニヤしながら楽しめるんじゃないかなと思います。

続編二本とも、まだまだ続編が作れそうな感じもしました。
「恋路」のほうは、旅館の経営問題やら支配人との関係やら、まだまだ問題山積みだし。
「溺愛」のほうは、この先二人がどうやって“生活”をしていくのかよく分からないままだったし。
欲をいうなら二本とも、元色子のスキルがある部分を見たかったなー。
受けの二人がその過去を完全に黒歴史にしてしまってるぽいのがちょっと悲しかったです。
「色子あがりなのにウブ」というギャップには萌えるのですが、あまりにウブ過ぎるので、萌えよりも不自然さを感続きじてしまいました。

声優さんたちの演技はとても良かったです。
大川さんが、年齢設定のわりに声が老けすぎてる気はしたけどw

0

大川さんの歌声にWWWWWW

花降楼で娼妓(男娼)をしていた蕗苳と綺蝶と蜻蛉それぞれのその後のお話
を名声優さんたちが熱演されてますが、 まず <恋路編>での旺一郎役の大川透さんにもうメロメロですvvv 蕗苳の経営する旅館に 手伝いにきた 旺一郎が 客の前で歌うシーンは うまい具合の下手さに こちらまで恥ずかしくなるほどvvv べつの意味で顔がニタついてしまいました。蕗苳との露天風呂Hシーンでは「早く来いよ!」の一言にキターーーーーッvvvvvvv もう言われたい!!あの低音渋声で!!たまらんでした。 <溺愛編>での綺蝶 演じる平川大輔 と 蜻蛉 演じる緑川光さん すごいのは平川さん!元娼妓で受やってた雰囲気を残しつつも しっかり 蜻蛉演じる緑川さんを攻ちゃってますvvv さすが!!! 緑川光さんの声もツンデレ演じさせるとピカイチですよねvvv しっかり堪能しました!

1

花降楼を離れたその後

『恋路編』
花降楼から身請けされた後、旺一郎@大川さんが買い戻してくれた“旅館・長妻”を再オープンさせ、また旺一郎を医大に復学させたり……と、健気受けな蕗苳@下野さんが精一杯がんばってるんですねぇ。
その頑張りが、ちょっと空回っちゃってるところも、ご愛敬。その蕗苳のフォローを、旺一郎がしっかりやってるし。
一歩引いた感じだった蕗苳なのに「やらなきゃ」ってがんばっている姿が、健気でございます~。

長妻の泊まり客にセクハラ(以上の行為ですねぇ)されかけた蕗苳を、とっさに庇うために歌った旺一郎のカラオケの歌の下手さ加減。サイコー!
下手に歌うって、難しいですよねぇ。大川さんって、全然音痴じゃないですから、余計にねぇ。
どうやら、このカラオケで大川さんが歌った歌はオリジナルらしいんですよ。スナックかどこかのカラオケにかかっていそうな、懐かしのデュエットソング風で。音痴な大川さんも、作ったスタッフもGJです。

『溺愛編』
綺蝶@平川さんって実はお金持ちの御曹司で、蜻蛉@緑川さんを身請けして一緒に暮らし始めた……ところで終わっていた『愛で痴れる夜の純情』
やっと幸せになっ続きたふたりは、朝っぱらから盛っちゃってますよ。そりゃ、もう誰にも止められません。
花降楼を出た後、綺蝶は短く髪を切っているので、蜻蛉から見ると、また今まで以上にドキドキ感が募り、惚れ直しちゃってるのかな? 戸惑っているという感じもあったりする? 
とにかく、綺蝶にメロメロな蜻蛉です。いや、綺蝶も蜻蛉にメロメロですよ、もちろん。

この綺蝶×蜻蛉は、綺蝶がちょっと意地悪なんだけど、でも本当は甘やかしたくて仕方がないくらい愛していて。
蜻蛉も意地悪されるとちょっとツンとして。花降楼にいるときは、本心を全く表に出さなかった蜻蛉が、綺蝶と暮らし始めてやっと素直になれたというか。
東院に嫉妬していると、ちゃんと言えるのが成長ですよねぇ。
本編とはまたちょっと違った綺蝶×蜻蛉カップルが味わえる一枚です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ