砂楼の花嫁

砂楼の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
20
評価数
6件
平均
3.5 / 5
神率
33.3%
著者
イラスト
作品演出・監督
菅原三穂
音楽
高橋進
脚本
前川陽子
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
145 分
枚数
2 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

砂漠の王子×美貌の軍人のドラマティックラブが豪華2枚組になって登場!
任務で砂漠の国を訪れた美貌の軍人・秋成は、第一王子のイズディハールと出会う。勇猛果敢で高潔なオーラを纏ったその姿と人柄に心を奪われてしまう秋成。ところが帰国前日、爆破テロ事件が発生し秋成は誤認逮捕されてしまう。孤立無援な捕虜となった秋成に救いの手を差し伸べたのは、なぜか王子その人で…!? (
メーカーより)

表題作 砂楼の花嫁

イズディハール → 安元洋貴

秋成 → 遊佐浩二

その他キャラ
ハミード[小西克幸]/ アトリー[樋口智透]/ フィエロン[大西健晴]/ バイス[宮下栄治]/ ダン[四宮豪]/ ズフラ[早水リサ]/ ザーランド[井上剛]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

素敵だった・・・

初めて聞いた時には原作未読でした。(その後原作購入)
絵に惹かれてなんとなく聞くことにしたCDだったのですが、これがとても良かった・・・

秋成の控えめな様子、美しさ、色っぽさに一気に魅了され、何度も聴く内にすっかり遊佐さんの声も好きになってしまいました。

イズディハール殿下の優しいんだか、強引なんだか・・・というキャラもアラブものとしては私には異例に感じられました。なんとなく私の中ではアラブものといえば、なんでも強引にコトを済ませるイメージだったので・・・。
でも、紳士的(多分少しヘタレ・・・←萌えツボの1つ)な殿下、新鮮で素敵でした。
そして、殿下の弟君も良いキャラクターでした。

全体的に上品な雰囲気の作品で、聴いていて耳に心地よかったです。

Hシーンはいちいち萌えます。儚げだけど、実は芯が強い秋成の性格と絶妙にマッチしている声の感じがたまらないのです。

原作は続編も出ているので、ドラマCDも続編が是非とも聴きたい!!!!制作して欲しいです。

1

BL版ハーレクイーン

 原作未読
 
 誰からも愛されなかった美貌の受けが素敵な王子様と出逢い恋に落ちて幸せになる。
 なんというか、まあわかりやすいBL王道の展開です。
 安元さん演じるイズディハールが優しすぎる。なんだろう。女性の理想の男とでもいうのか。「こんな男、いるか?」と思わず突っ込みたくなる。
 でもだからこそ夢があるのかも。
 そういう完璧な王子様に愛されたい願望を尾てい骨直下型の美声の安元さんが余すところなく満たしてくれる作品です。
 遊佐さんがまた色っぽくて。
 小西さんの演ずる役がこれまた、カッコよくて、彼の話をもう少し聴いてみたかったな…
 

1

なんかあまーい。

………お話自体はなんていうか、うん、まぁね(何)
秋成とイズディハールは最初っから惹かれ合ってるから何かと甘い雰囲気も漂っていて。
そこに国の陰謀やらなんやらが絡んでくる感じだったのですが。
特筆?すべきは秋成がある「特殊」な人間であること。
それがある故に秋成がある種の迫害を受け肩身の狭い思いをしてきたのはわかるのですが。
わかるのですが。
…その設定、必要だったかなぁ?
なくても、お話自体はどうにでもなりそうな感じだったので。
その設定とは…「半陰陽」
いわゆるフタナリ設定ってことになるんでしょうか。
これがあるがためにもしかしたら地雷になってる人もいるかもしれませんね。
それらしい描写も何度か出てくるので(「濡れる」だの「疼く」だの)
もちろん、ベッドの中でも、その部分に関する話題?もあったり。
ゆっちー(遊佐さん)の秋成はちょっとトーン高めでキレイ系な感じ。
わりと線の細そうな感じかな。
キリッとしてる部分がないわけじゃないけど、脆い部分もありそうな。
安元さんのイズディハールは、最初っから穏和というか柔和というか。
物腰が柔らかくてわりと甘い続きトーンのような。
ハミードとは双子で容姿も声も似てる設定でしたが、かなり声は違うような。
なんだろ、イズディハールの方が甘くてちょっとエロい感じ?
恋人モードな感じとでも言いましょうか(笑)
そして、コニタン(小西さん)のハミードはイズディハールよりも男らしい感じ。
なんていうか硬質?
そして、時にワイルドっぽいというか男くささが。
個人的にはハミード×秋成のいたずらシーンが好きです。
ノリ的に甘いのより、こういう無体な?感じの方が好きなので(笑)
で、イズディハール×秋成のえちですが。
これはこれで非常に楽しかったです。
秋成がとても初々しくて。
かわいいです。
えちシーンだけはわりと長かったし満足かな?
お話云々ではなくメインキャスト目的ならそれなりに楽しめるCDになっているかもしれません。

2

丁寧に作られている作品です

原作は未読。
なので、受けを両性具有にさせた理由がよく分かりません。
それと、例え王子が執心していたとはいえ、異国の人間を人質にするとは。
切り捨てられる可能性を考えたら反乱軍の考えは甘いと感じました。
また、秋成は自分の国では反乱者扱いになっているようですが、それは解決したのでしょうか?
いきなり王子と結婚しちゃって、戸籍とかパスポートとかどうするのですかね?その辺に詰めの甘さを感じました。
原作にちゃんと書いていて話に反古がなければいいのですが。


さてCDの内容について
政治的背景の煩雑さを語りだけで説明するのは大変だったのではないかと思いました。
とはいえ、2枚組なだけあって詳しく作られていると思います。

流れてるBGMがどの場面でも雰囲気にあっていて、砂漠の印象を色濃く出していました。


実は安元さんを殆んど聴いた事が無かったのですが、評判通り低音の魅力に溢れていました。

遊佐さんはこういうちょっと硬質な美人受けは合ってますよね。しかもかなり喘いでいても下品な感じはしないし。



話そのものに?と感じる部分は有りましたが、音源的には良く出来た作品だったと思いました。続き

2

うへー、ロマンティックだ~

原作未読。
がっつり二枚組で、砂漠の国の王子様と、薄幸の軍人の恋物語を聴かせていただきました。
BLにしては政治的な話が多くて、嬉しかった。こういうしっかりしたストーリーがあるほうが萌えるんだよなァ私、と実感。
肝心の恋のほうは、甘いです。
甘くてロマンティックな語らいに、「ひー(≧∇≦)」でした。
かゆいのが半分、萌えるのが半分、もうどうしようかと思いましたw

攻めの王子様役は、低音のスウィーティヴォイスな安元さん。「愛してる…愛してる…」って真っ直ぐに囁きながらえっちするとこで、私、昇天してしまいました。
腰にくるよこの声は!

受けの薄幸の軍人さんは、遊佐さん。半陰の性を持つという秘密を抱えています。
エッチのシーンは、下世話な言い方をすると、「どっちに入れてるんだろ?」と…w
濡れ場は二回あるんですが、どうやらそれで両方のバージンを、安元王子、じゃなくてイズディハール王子に捧げたっぽいです。
どっちでも痛がってる遊佐さんに萌えましたw

あとイズディハールの双子役の小西さんも良かったです。
遊佐さんを尋問してるときのサドな声が大好きでした。

原作も読んでみたいですねー。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ