セラピストは眠れない

セラピストは眠れない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×25
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
88
評価数
21件
平均
4.2 / 5
神率
47.6%
著者
イラスト
作品演出・監督
町田薫
音楽
呉途曠
脚本
佐藤拓
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典フリートークCD(近藤隆・羽多野渉)
フリートーク
別ディスクであり
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

外村泰地が後輩から代役を頼まれた仕事は出張ホスト。渋々出向いた先には整った顔立ちをした年上の男・碓氷志乃が待っていた。外村は碓氷に値踏みされ務めを果たすよう命じられるが、役に立たないうえに説教までして怒らせてしまう。しかし、碓氷はなぜか外村を専属にして…!?

表題作 セラピストは眠れない

外村泰地 → 羽多野渉

碓氷志乃 → 近藤隆

その他キャラ
眞野[花輪英司]/ ホスト[長谷川俊介]/ 山本[新田英人]/ 野村[御園行洋]/ 祖母[新田万紀子]/ 三好[奈良徹]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

がっつくところが好きですv

偶然の出会いから互いになんとなく気になって。
それきりにするのは惜しいような気持ちがあって。
外村は碓氷に対してだけ「出張ホスト」という仕事を続け。
碓氷も外村と過ごす時間を大切にしていて。
けれど、その感情がどこから来るものなのか自分でもわかっていない碓氷はそれを金で繋がった関係としか見れなくて。
気持ちが募っていくほどに、そんな関係が嫌になる外村とすれ違ったりして。
碓氷の友人である眞野が第三者的立場で見るから2人のことがよく見えているのか、ひっかき回すようでいて2人をくっつけるように仕向けているのも見えて。
ようやく互いの気持ちを吐き出すことが出来て結ばれることに。

碓氷役の近ちゃん(近藤さん)はとにかく冷静沈着というかクールな、出張ホストに対する態度としてもドライな印象。
それが恥じらいを覚えたりして。
最後の方のえちでは結構かわいい感じに高い声になってたのが印象的。
外村役の羽多野くんは真面目な人の良さそうな印象。
それ故に、碓氷との関係や碓氷への気持ちとかに悩んだりもするんだけど。
えちシーンでのがっつき具合はさすが。
羽多野くんのがっつき好続ききですv
眞野役の花輪さんはイイ人のようでいてちょっと一癖あるような含みのあるようなところあって好きです。

1

近藤さんのツンデレが美味しすぎる!!

原作も楽しめたのですが、
やはりセリフに気持ちが入っている感じの演技を聴くと
何倍も楽しめてしまいます!

羽多野さんは、どうしてこんなに年下攻めがハマるかな!!
年下攻めを演じる為に声優になられたんじゃなかろうかと思ってしまうくらい。
(それはナイ)
誠実で人情家な外村ですが、後半碓氷を抱きながら嫉妬するシーン、
濡れ場できゅうううとしたのは久しぶり!!
好きでしょうがなくなってしまって、
体だけじゃ嫌だ…というのがビシバシ伝わりました!!

近藤さん。色っぽいツンデレ最高ですね。
あの株について難しい事をべらべら喋るのも
最初外村に対してそっけなさすぎ、
色事なのにやたら事務的な指示もツーンとしててGOOD!
よっ!クールビューティ!!(←?)
その後外村にだんだん惹かれていって、戸惑って、
行為に恥ずかしさを感じるようになったあたりとか…っ!!
やはり好きな人と抱き合うと気持ち良さが違うでしょう…ふふふ…。

本当、想いが通じた後のHはたまらんです!!
何回も聴くとどのへんであのセリフ、吐息、喘ぎ、みたいなのを思い出しつつ
「あ、ここ続き来る。来るぞ。……っだー!近藤さーん!!」
とヘッドフォンを両手で押さえつつジタバタしてしまいますw

あと、個人的に眞野役の花輪さんのお声も
飄々とした当て馬にとても合っていたと思います。素敵。

良いCD聴いたなー…と余韻に浸れる作品でした♪

2

近藤さんの喘ぎに…

近藤さんの受けと言えば、中~高音で可愛い系というイメージだったんですが、今回は、クールなオトナ役、でお相手は羽多野さんですよ~~。

ストーリーの内容もまぁまぁ面白かった。後半ちょっとダレた感がありましたが…。

なんといっても濡れ場!!!回数も結構あったし、しかしSEが無いに等しい…実に惜しい。
原作を読んでないので、最後お互い告白しあって、キスしてるところが病院だったとは!てっきり碓氷の部屋かと思ってたしww

近藤さんの喘ぎは外村に気持ちが近づいていくにつれ、甘さもかわいさも増していきます。そこの表現力すごいなー!と脱帽。

ってか、近藤さんの低音喘ぎが素敵すぎて話の内容が薄まるくらい!神ポイントはやっぱり近藤さん喘ぎに…ですねww

3

原作より素敵でした!

原作派の方にはすいません!(汗)

発売当初に原作は買って読んでました。
が、実はさほどには萌えませんでした。
砂原さんの変人受けは結構好きなほうなのに、こういうこともあるんですね~。
そんな訳でCD化が決まったときも
「うわ~、どうしよう?買う?買っておくのか自分!?」
なんてな具合に無駄にグルグル回ってしまいましたよ。

いや、結局キャストに負けて予約購入してしまったわけですが…。
当時の私、スーパーGJ!(今だからこそ言えるセリフ。笑)

低音で変人ぎみの近藤さんの志乃さんと
真面目でお人よし、包容力ばっちりワンコの羽多野さんの外村くん
こんなにこんなに心ときめくカップルとして現われてくれるとは!
はしからはしまでかわいかったですが
志乃さんのかわいいツンツンから
初めての恋に戸惑うデレっぷりまで
心とろかされました。
近藤隆さん、大大大好き!
元から好きでしたが、もっともっと好きになりました。

アホかと自分で思いますが、多分最終トラック100回くらい聞いてます。
でも、何回聞いてもいい!
またどうにか羽多野×近藤の新作にお目にか続きかりたい気持ちでいっぱいです☆

5

きっかけ

近藤さんに恋に落ちたきっかけ。
その低い美人声が好きでたまらない!金ひかるさんの碓氷のイメージにはちょっとハズレでしたが、やっぱこの声が砂原さんの碓氷とは一番似合うと思います!あ、でも金ひかるさんのイラストの碓氷もすっごくかわいかったですよ!
最初cdを聞いた時はまだ原作を読んでいなかったので、時々泰地の愛情の始まりがよくわからなかった。近藤さんにはまった後、すぐ小説を手に入れて、読んで、そして、改めて碓氷の可愛さに感じました。
私もその歯医者の場面が好きです。原作を読んでいる時もすごく残念だと思った。怖がっている碓氷は泰地の服を掴んで、潤んでる目で泰地を見て、想像しただけでもうたまらなくなってきた!もしこのシーンがドラマ化されたらキャストの二人さんはどう演じられるのか…ああ~聞きたい!〒_〒
あと、羽多野さんと近藤さんの相性に感心!また二人さんの共演を楽しみ!ワンコ攻めの羽多野さん×女王様受けの近藤さんとか≧◇≦
BGMもすばらしかったです!インターさんに感謝!

2

低音の甘い喘ぎが好きです

キャストが発表になった時、勉強不足の私は
碓氷役の近藤隆さんって、誰?!な状態で。
実は購入をかなり迷ったのですが。

それでもブックレットの砂原さん書き下ろしSSが読みたくて、
思い切って購入。買って良かったです!!
凄く優しい泰地と、超美人な碓氷さんで、大満足です。

しかし原作を読んでいるので、話が急ぎ過ぎ!ああ!ここもカット!?と。
特に碓氷のへんてこな可愛さを伝える絶品のエピソードでもあった、
歯医者の場面をさっくりカットは痛かったです。
ここを羽多野×近藤で聴きたかったので、残念でなりません。

しかし色々とモヤモヤ歯痒く感じた部分もありますが、
総合的には良いドラマCDだと思いました。
碓氷のあまり高くない、甘い喘ぎが絶品で……
ここで私の心の萌えメモに「近藤隆」という名前をしっかり、
刻みつけました。

3

「だしたよ?だめだった?」←激萌えv

砂原糖子 原作

泰地(羽多野)は
お金に困ってる後輩を助けるために
後輩のピンチヒッターにでかけたバイトは、出張ホストだった!!
しかも男性専用w

はじめてのお客は、株のうんたらかんたらw(←難しいんだよっw)を
やってるエリートサラリーマン碓氷志乃(近藤隆)
神経質そうな碓氷(近藤隆)は、泰地(羽多野)値踏みし合格点を与える。
さあ、いざ仕事にかかろうと思ったら泰地(羽多野)が説教しはじめてw

なんだかんだといいながら、ちょっと変った碓氷(近藤隆)に
泰地(羽多野)は惹かれていく・・・
碓氷(近藤隆)も、また・・・っていうパターンなんだけどね。

原作未読なんですが、普通お金に困ってるけど
自分のバイトを面倒みてもらってる親切な先輩に代打をお願いするかな・・・
しかもゲイ専門の出張ホストの代役をノーマルの先輩に理由も話さず
代打をお願いする後輩が意味不明w
これ原作だとこのあたりスッキリするくだりあるのかな・・・。

絡みは、きっちりv
羽多野くんの年下攻め最高v
「んんー?ここ?」とか
「俺がいい?俺がいちばん?」とか
「だ続きしたよ?だめだった?」とか
かわいーんだっよっv
いちいち耳元で、やさしく囁く羽多野攻め最高ーv

特典フリトは、羽多野、近藤、花輪の3人w
羽多野くんが絡みシーンがっつき過ぎってw
そのがっつき収録風景見てみたいっ。 

あと、近藤、花輪じゃ、羽多野いじりが甘いっ、ぬるいっw
もっといじってあげて☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ