花嫁は夜に散る

花嫁は夜に散る
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
40
評価数
11件
平均
3.6 / 5
神率
18.2%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
69 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典フリートークCD
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

類稀な美貌の黒双会若頭・神流聡介。ある日訪れたホストクラブで傲慢なホスト・英(はなぶさ)貴樹と出会う。出会った瞬間から強引に自分を口説きはじめた英に、彼を拒みつつも心が揺れてしまう神流。そんな折、英は、同僚・君彦からホストNo.1対決を挑まれて…?(メーカーより)

表題作 花嫁は夜に散る

英貴樹 → 遊佐浩二

神流聡介 → 羽多野渉

その他キャラ
ホストクラブ店長[水島大宙]/ 芦屋婦人[関山美沙紀]/ ホストA[金野潤]/ ホストB[高橋伸也]/ ホストC[会一太郎]/ ボーイ[西村晃範]/ ホストD[江口拓也]/ チンピラA[秋吉徹]/ 三井健吾[佐々木啓夫]/ 優君彦[松田佑貴]/ 黒川賢一[杉崎亮]/ 若菜[田中一成]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

バカじゃねーの。

が口癖でしたよね!(笑)総介さん。//
好きでしたこのセリフ。男らしさの中に、ちょこっとデレが混ざってて。
{驚かせてしまったらすみません…!!(汗)}
いやぁ、ゆっちーの関西弁。美味しかったです。笑
京都弁も色気あってイイけど、関西弁もなかなかでした(*´∀`*)
ヤクザ系の話だったので、途中「?」になった所が
ちょっとだけあったんですが…。{何組がなんちゃら、とか。}
大物2人がわちゃわちゃやってて楽しかったです。笑
あと、大宙が出てきて嬉しかったです(/-\*)フフ
追記:ゆっちーの為にたっけぇお酒買っちゃうシーン。
あそこたまんなかった(*´∀`*)ぐふふふふ((


0

関西弁!

遊佐さんの関西弁が聴きたくて聴いてみました。
やっぱりいい・・・!今回は大阪って設定だったからなのかいつもの京都弁とはまた違う感じでそこすらも演じ分けてるのが流石でした。
思いを伝えてる最後のシーンではまだ疑い深い受けに対して、懸命に伝えているのがすごく素敵でした。
いつもBLCDでは関西弁の役の相手役とかでなぜか標準語の役とかばかりなのでもっと関西弁で攻めも受けもやってほしいです。

0

遊佐サンの関西弁に萌n[g

遊佐サンの攻め目的で拝聴しました。不自然だと途中で聴くのを止めてしまうぐらい関西弁に敏感で(実際途中放棄した経験有り)どうかなーと思って聴いてみたら、さすが遊佐サンn[g
関西出身とだけあって、ほとんど気にせず最後まで聴けましたЂ悱優しい遊佐ボイスのお陰でもあるのですが、絡みのシーンでのセリフも自分が言われてるかのような感覚になってしまいましたw
そして、極めつけは攻め喘ぎで興奮度MAXにw
受けの羽多野サンとの相性も抜群でしたよ
個人的には店長役の水島サンがかなりいいキャラしてるように思えました(笑)

0

遊佐さん、もっと関西弁の役やってくれないかな

わーい!

ゆっちーの関西弁だぁ!

普段から妖しいエロさがダダもれるゆっちー
それが、関西弁になると、胡散臭さが大増量

いやぁ~!
このしんねり、エロエロ具合が、たまりません

で、わちゃ
ヤクザさんで、結構偉いのに、受けちゃうのね

ちょっとかすれ声の啼き声が、かわいい

0

受けがナニに真珠を仕込んでいる・・・必要ないのにw

ちょお、羽多野くんが若頭なんですけどっ!【若頭受け】なんですけどっ!
遊佐さんホストなんですけどっ!しかも【関西弁】なんですけどっ!
なんつー破壊力v
これ年下攻めだよね?

美貌の若頭 神流(羽多野)に、一目ぼれしたホスト英(遊佐)v
英(遊佐)は、絶対に枕営業はしないという大阪No.1ホスト。
ホストの本場新宿に乗り込んで、新宿No.1ホストを目指す。
現新宿No.1ホスト君彦は、ヤクザの組長の息のかかる男
ホストNo.1対決を挑まれて勝負を受けたはいいが
姑息な妨害で、英(遊佐)は窮地に追い込まれてしまう・・・
神流(羽多野)は、なぜだか英(遊佐)に肩入れしてしまうっv

羽多野くんが若頭で、真珠入れてるんですけどw
真珠入れてるのに【受け】なんです。何のための真珠なんだかw
意味ねーっw

893BLファンタジーです。
娯楽ものとしてご賞味ください。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ