カフェラテ・ラプソディ

咖啡拿铁狂想曲

カフェラテ・ラプソディ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
20
評価数
6件
平均
3.7 / 5
神率
50%
著者
作品演出・監督
阿部信行 
脚本
青井一葉
原画・イラスト
川唯東子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
Atis collection
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートークCD(公式通販予約特典)
フリートーク
なし
発売日
価格

あらすじ

芹沢基はチビでそばかすの書店員。そんな彼が、時々お店に
顔を出すノッポの青年とふとした事で知り合いに。
皆が避ける程の超強面の青年は、実は少女のように可憐な性格で・・・!?

■ キャスト
芹沢 基 : 鈴村健一 / 津田・マクラウド・恵人 : 羽多野渉
白石 : 小西克幸 / 市川里梨子 : 藤村 歩 / 店長 : 佐藤晴男
警備員 : 大西健晴 / バーの店員・書店店員(男) : 前野智昭
昔の男・客A : 逢坂 力 / 田崎・客B : 日笠陽子
岡野 : 本多陽子 / 書店店員(女) : 永田依子

表題作 カフェラテ・ラプソディ

津田・マクラウド・恵人 → 羽多野渉

芹沢基 → 鈴村健一

その他キャラ
白石[小西克幸]/ 市川里梨子[藤村歩]/ 店長[佐藤晴男]/ 警備員[大西健晴]/ バーの店員/書店店員[前野智昭]/ 昔の男/客[逢坂力]/ 田崎/客[日笠陽子]/ 岡野[本多陽子]/ 書店店員[永田依子]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ふわふわ可愛い♪♪

うぅーん、癒される((*´∀`*))
はたのん可愛いよっ。//超可愛い。
こーゆー超ダメ人間、いじめたくなっちゃうね(笑笑)
一方鈴さんは…
ん、可愛い。可愛い。お料理上手とか//素敵な男性です。←
こーゆーの超好きです(/-\**)
出会えてよかった。こーゆー話を待っていた♡♡
賛否両論あると思うんですが…私は大好きです!!!!!!!!!!
神×2でっ。と言いたいところですわ~(*´∀`*)
あと、だらしないせりちゃんの元恋人。を、
こにたんがだめだめに演じてくれてました(笑笑)
また聴きますね♡すっごい好き。//

0

いいとおもう

まさに表紙絵の雰囲気って感じで、普通~に和む癒し系。
キャストの羽田野渉さん鈴村健一さん、お二人とも相変わらず、
お上手で役にピッタリ嵌ってたと思います。

違和感なくスッとお話に入っていけるし
キャスティングも文句なし、とても聞きやすくてお勧め。
いいところばっかりなんですけど

趣味や嗜好の問題で、こういうほのぼとした
お話の展開と、キャラクターに飽きを感じてしまい萌えられなかった。
もともと、ほのぼの系がドストライクなら良かったんだけど(ノ><)ノ

1

カフェラテ飲みたくなるし。。。

コズミックラテをみたくなりました。

で、もうね、この役は羽多野渉さんにしかできないと思いました!
むしろリアル羽多野渉なんじゃないかと思うくらい合ってました。
鈴村さんもかわいくて、ほのぼのとあったかくなる作品です。

小西さん好きの私としてはちょっと小西さんにエロいシーンがほしかったw

とにかくかわいくてかわいくてあったかいカフェラテのような作品です。

原作未読なのでぜひ原作も読みたいなと思いました。

0

ほのぼの~

ほのぼのムードが心地いい。
萌えるわー。
原作も大好きなんですが、ドラマCDもめちゃくちゃ良かったです。
聴いてるあいだずっとキュンキュンが止まらなかったです。
地味なストーリーに地味な性格の主役ふたり。地味なのに萌えはたっぷり。ふたりの会話をニヤニヤしながら聴いてました。

受けの鈴村さんの可愛さが光ってました。この受けは、不細工受けと言っていいと思う。優しくておだやかな受けなんだけど、けしてイケメンではない。で、それゆえのコンプレックスを持っている。
波多野さんは大型のスーパーヘタレ攻め。まっすぐに愛をぶつけていく姿、自信なさげにボソボソ話す姿、すべてがめちゃくちゃ可愛かった。
で、英語のところはキュンキュンしました。たぶん発音的にはイマイチだと思うのですがw、私は英語が苦手なのでわからなくて良かったですww

フリトについて
声優のおふたりさまへ。
この話のような関係性、個人的には苦手です!もっとドライなほうがいい。この攻めのような男は彼氏だとウザいです。つきあった初期はいいんだけどさ~。
ただ、男×男だと、ベタベタ甘えていくヘタレ攻めは大好物なのです。
腐女子は三次元と二次元で続き微妙に趣味が変わるんだろうなと分析。少なくとも私はそうです。でなきゃ、レイプだらけのこのジャンルを好むはずがないw
フリト聴きながら、そんなことを考えてました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ