恋の心に黒い羽

恋の心に黒い羽
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
52
評価数
16件
平均
3.3 / 5
神率
12.5%
著者
作品演出・監督
中野陽子
脚本
佐藤拓
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
58 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典フリートークCD24分半
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

ドMの二神は同僚の中頭に恋心を抱いている。好きという純粋な気持ちと、それを覆う汚れた性癖。交錯する感情の狭間で引き出される二神の本心とは―。
表題作他、『イッツマイチョコレート!』『その火をこえてこい』『FOOL 4 U』の計四編を収録!!(帯より転記)

表題作 恋の心に黒い羽

中頭 → 谷山紀章

二神 → 平川大輔

その他キャラ
瓜谷[高木渉]

同時収録作 イッツマイチョコレート!

その他キャラ
高知実[杉山紀彰]/ 阪下[水島大宙]/ 高知希[浅川悠]/ 高知叶[東條加那子]/ 高知真[本多陽子]/ 高知学[前野智昭]

同時収録作 その火をこえてこい

鹿目 → 鈴木達央

六条 → 柿原徹也

同時収録作 FOOL 4 U

馬堂充夫 → 杉田智和

波古結 → 遊佐浩二

あて馬
結の恋人(当て馬君) → 西健亮

評価・レビューする

レビュー投稿数10

4編収録のオムニバス

【恋の心に黒い羽】谷山紀章←平川大輔
紀章さんの罵倒が聴き所。素っぽいところがありますね?
そこから役に乗っていく。

【その火をこえてこい】鈴木達央→柿原徹也
これはいい柿原。柿原さんのBLで初めていいと思った。
絡みは触り程度、「エロくしないで」という指示が項を奏している。
17歳同士、夏休みの図書室で。
三島推しの図書委員の男子高校生(ノンケ)が押し切られて手籠めにされるのが胸熱。

【FOOL 4 U】遊佐浩二→杉田智和
杉田さんのダメ男は本当に苛々するが、それは杉田さんの勝ちということですね!
最後、豹変した遊佐さんが本当に覆い被さって耳元で喋っているような距離感。
この生々しさはさすがとしか言いようがない。

0

モノローグ素敵

遊佐さん推しの私なので他3作品ももちろん良かったのですが、やっぱり遊佐さんの評価ばかりになっちゃいます

今回もやっぱり演技力に圧倒されました!
こういうノンケを好きなゲイで何年も言えないでいる、みたいな切ない役のときの遊佐さんのモノローグは情感と絡みがなくてもどっか声が憂いを含んだ艶っぽい声に磨きがかかってさらにおいしくなるので大好きです・・・!
杉田さんのバカの役もこれまたはまり役で、この2人のキャスティングでほんとうに良かった!
「・・・バカ」って何度も遊佐さんが言ってるんですがそのどれもが違う聞こえ方がするのが演技力の幅広い遊佐さんならではですね
攻めのことがほんとうに好きなんだなって声の感じでわかる愛情に溢れてる感じや、気持ちに気付かない攻めにいら立ってる感じや、どうにもならない恋心に手を焼いてる感じ・・・
ゆっちーの「バカ」がいろんなバリエーションで聴きたい方にはオススメです笑
そして想いが通じ合った後のゆっちーの襲い受け!!!
エロすぎます・・・直接的な絡みがないのにどうしてこうも妖艶なのか
あて馬にレイプされてるときも泣いてる演技にどストライクでした続きが、興奮してぐいぐい襲ってるのもまた素敵でした・・・!
17分しかないのにすごく満足できました

1

表題のが素晴らしい

元々ヤマシタ作品好き。この方の作品に出会った1年前のキッカケがあったからこそ、BLに嵌りだした私。

全4作。
原作の中で抜けてるのもあります。

とにかく秀逸なのはタイトルにもなっている
「恋の心に黒い羽」!!!
こちらは最高でしたー。

まず声優さんの声がぴったりはまってます。
二神役の平川大輔さん最高です、ドMがよくあらわれています。
そして中頭役の谷山さんもハマリ役。
そこまで多くのドラマCDを聴いてきた訳ではないと(自分では)思って居ますが、その中でもこの作品は秀逸です。

それと「FOOL 4 YOU」。
こちらの作品も良かったです。
充夫のおばかっぷりがふんだんに表現されていて、車で聴きながら笑ってしまう私。
ええ、対向車からみりゃキモイでしょうけどね、分かってますが笑っちまうんですよ。

体が絡み合うシーン(何かチョット嫌だなこの表現)はほぼ有りません。
ほぼ?全く?
なので、
「何かヤッちゃってるシーンの声とか聴くと、ムズムズしてちょっと恥ずかし過ぎて死んじゃう!!」
なんて方にはとても聴きやすいかと思いますー。

続きりあえずは聴く価値あり!!
原作を知ってる方でも、満足できるのではと思います。

1

判断材料としてもお勧め。

全体敵に聞きやすい。四つのお話が入っている。
テンポも良くて、重すぎないし軽すぎない。
一般的に引くような、お話や設定もないので軽く楽しめる。
いろんなカップルが出てくるんだけど
よくメインになる声優さんばかりなので
今後、購入する時の判断材料にもなるんじゃないかな。
値段や時間もちょうどいい。(´v`)

個人的には、新鮮みに欠けていて物足りなく感じました。
でもまだそんなにたくさん聞いてなかった頃なら
十分楽しめたと思います。バランスのとれた作品。

1

盛りだくさん

オムニバスだと結構当たりはずれを感じることが多いのですが
このCDは全部良かったと思えました。
発売当時に買ったけど今でも繰り返して聴いています。

実は原作で好きだった順番とCDでの好感度の順位が激しくずれてます。
役者さんの影響度大というか…画面で見て楽しいのと音で聴いて楽しいのと
微妙に違ったってところかな…。

原作では素晴らしいと思った「恋の心に黒い羽」
音で聴くと思った以上にいたたまれない。
あれ、ファーストインパクトの素晴らしさはほんとすごいんですが
多分自分的に苦手なものを内包してるんだなって気付きました。
ほんと声優さんたちの熱演が素晴らしいだけにめっちゃいたたまれない
胃が痛くなってくるほどに聴いてるわたしがアタフタします。
多分大丈夫な人はものっすごい大絶賛になるに違いないのに
自分はこれは駄目なほうに一票投じてしまいそうです。
出来がじゃないです。自分との相性がです。

かわいくて何度もリピートして聴いてしまうのは
後ろ二本。
ちょっと後ろ向きっぽい文学少年にバカ明るくちょっかいだしまくるエロ少年が楽しい。
柿原さんと鈴続き木さんで声の相性もぴったりだったと思う。
何回聴いてもニヤニヤしてしまう初々しいカップル。
楽しい。

自虐的なまでにネガっぽくバカな幼馴染に恋する大人と恋されてることに全く気付いてないバカな人
こっちも切なくも楽しいお話でした。
遊佐さん、めっちゃ素敵でした。
ほんとせつない心情を語らせたらピカ一という気がします。
ここに遊佐さんと杉田くんをキャスティングしてくれた方GJと思う。
あまりに盛大なバカ演技の杉田くんに爆笑させられましたよ。
面白かったです。

一本目の大家族ものはちょっとBLというよりファミリーものって感じですが
それはそれで楽しいと思う。
一枚で色々味わえる盛り沢山の非常にお得なCDです。

1

新感覚オムニバス作品

ヤマシタトモコさん原作のコミックからの抜粋作品。

やはりヤマシタ先生の世界観を音声で表現するのは難しかったようで…。
しかも、セレクトした作品も悪かった?のではと…。

ヤマシタ先生の作品は、いわゆる会話劇のスタイルが多く、一見音声化に向いていそうですが、やっぱり独特の間とか登場人物の表情とか、絵ありきの部分が大いにあるので、よほど腕のある演出家さんや、演技力のある声優さんでないと、大コケしちゃう気がするんですよね。

トータルでは悪くない出来だと思うのですが、話によって出来が大きく分かれる結果となった印象はあります。

表題作は、谷山さんのドSな罵詈雑言と、平川さんの変態ドMっぷりが見事で、そこは楽しめました。
他作品に関しては、声優さんも頑張ってはいるのだろうけど、ヤマシタワールドを再現するには至っていないというのが正直な感想。
唯一これは!と思ったのは、『FOOL 4 U』
キャストを見た時、これが一番原作と違って見えたのですが、主演のお二人はさすがの演技力で、マイナスイメージを払拭してくれました。
八つ当たりからの豹変ぶりがたまらない結@遊佐さんと、続きバカまっしぐらな充夫@杉田さんが、本当に可愛くて良かったです!

BLCDのタブーかもしれませんが、個人的にはコミックに収録されている女性目線の2作品を音声化して欲しかったです。
すごく好きな話が収録されていなかったのは残念でしたが、他では見られないオムニバス集なので、キャストや原作のファンでなくても聴く価値は十分にあると思います!

1

平川さん神演技!

原作既読、どっしよかなーと思ったんですがヤマシタさん作品に柿原さん出演!ってとこに猛烈に魅かれて聴きました(はい、ここに柿原さんバカが居ます!!挙手)

しかし表題作の二神の平川さん演技を聴いた時にこの為だけに買って良かったあああ!と内心バンザイ!!
いや素晴らしすぎます、このドSっぷりに関してはもう原作を超えたんじゃないかって位の素晴らしいドSキャラ二神。
怖い言葉をうっとり言うし、楽しそうだししかも本当に心底ドSっぽいしーーー!!
最後で秘めた心情を美しい詩的な言葉での語りもすんごく良い!
もうドS平川さんの神演技聴けただけで満足しちゃいました。

いやでも本来の目的は柿原さん出演の「その火をこえてこい」ですよ!
これが予想外に良かったのです。
柿原さんには珍しくやんちゃ系ではなく控え目なボソボソした喋り方なんですが、それもまた良し!!
「窓開けるとセミ入ってくる、セミ~」と1人ぐるぐるしてる台詞がひじょーに良かったですよ。
鈴木さんとの共演もまだ2人も声が若いので、何か、わーー男子学生同士だーって感じしました。

「FOOL 4 U」は遊佐さんのモノロ続きーグにやられましたーーーー。うまっ!!

悪くはないんですけど一番ぴんと来なかったのは「イッツマイチョコレート!」かな。
原作でも一番微妙かなと思ってたので。
あれはマンガで兄弟がわらわら居るのが絵で見えてないとさらに魅力減るってのもあるにはあるですが。

ともかく平川さんのドS演技が最高でしたー、うっとり。

1

良オムニバス

面白かったです。
ヤマシタトモコ作品は短編のほうが好きかも。
ぶっちゃけスタイリッシュ(?)な独特の会話に、やり過ぎを感じたり違和感を感じたりすることもあるのですが、短編だとそれがあまり鼻につかない。(ただ、そこがヤマシタトモコさんの魅力だというのも分かってて、善し悪しじゃなく好き嫌いの問題なんだろうなと思います)
基本的に受けか攻めか或いはその両方が「ゲイを自覚してるゲイ」っていうのも好き。

四話入ってますが、なんといっても表題作の『恋の心に黒い羽』の谷山さんのドSっぷりと、平川さんのドMが聴きどころです。
とくに罵倒されては喜んでる平川さんが最高でした。上手いわ~。

あと『FOOL 4 U』の攻めの杉田さんのスーパーバカの演技もかなり好き。
濡れ場に入ってテンション上がって誘い受けに変身した遊佐さんに襲われるシーンで腹かかえて笑いました。杉田さんがアワアワしてるのが楽しくってさー。

1

すさまじい罵倒のセリフ

原作がそう好みではなかったので、正直、平川さんが出ていなかったらきっと買っていなかったであろうCD。
どう表現していいのかわかりかねるお話の連続なんですが、一番わかりやすくて取っつきやすい『イッツ マイ チョコレート!』から始まったのは、なかなかいい感触で。杉山さんの優しげなお声に、ほわわ~んとなり、次のトラックでは、いきなり「ひょえ~~~」という平川さんのセリフにぶっ飛びました。
びっくりした! びっくりした!
すっごいセリフから始まっちゃって。その上、罵倒されて喜んじゃう二神@平川さんって……。好きな中頭@谷山さんは口が悪いから、普段から罵倒されることが嬉しくて、嬉しくて。
それでも、二神の本当の気持ちの吐露には泣かされます。
けど、次のシーンではケロッとしているあまりにポジティブな平川さんにはびっくり。

フリートークで『だいちゃん』『きーやん』って呼び合ってたことが、ちょっと嬉しかった私。笑
で、やっぱり谷山さんにMだと認定を受け、“平川・M・大輔”と命名されてたのが笑えました。

か・な・り、いろんなテイストのお話が詰まったCDでした。

1

今までのBLとはちょっと違った感じの話が詰まったCD

コミック「恋の心に黒い羽」の中に入ってる話のうち4つが音声化されてます。

「イッツマイチョコレート!」
7人兄弟の長男である実はゲイ。そんな彼と兄弟たちの一騒動がかかれた話。
話や声、演技もいいのですが、「なんか、テンポ悪くないか?」って思ったのは私だけでしょうか??(汗
原作での実(長男)の悩みはちゃんと表現されてるし兄弟たちの雰囲気は出ていたのですが、なぜかそんなことを思ってしまいました。

「恋の心に黒い羽」
ドSなノンケとドMなバイのお話。
谷山さんのドS演技と平川さんのドM演技がまじ凄い……!
もう、本当に凄いとしか言いようがないです!神レベルだって!!
ここまでドSとドMだと聞いてていっそ清々しいです(笑
あと高木さんの瓜谷がまたいい味でてますw
お話もすごくいいし、最後の方の帰り道で真剣な話をするところとかすごくググッときました!
特に平川さんの泣き演技がやばかった。
個人的には4つの話の中で1番な話好きです♪

「その火をこえてこい」
二人の男子高校生のある夏の日のお話。
会話のやり取りのテンポがよくて、聞きやすかったです。
続きういう感じのやり取りは個人的にもともとかなり好きですけどね~ww
またそんな感じなので全体的に色気はない感じで普通の(?)BLとはまた違った感じで、特にエロシーンがホント色気がなくて、ものすごく新鮮でした!(笑

「FOOL 4 U」
すべてがバカなノンケにずっと恋しているゲイのお話。
最初、杉田さん演じる充夫が原作読んだ時のイメージと少し違うかなぁとか思ったのですが、聞いていくうちに違和感がなくなり、これは充夫のあまりにもバカさ加減を出してただけなのかと思うようになりましたww
あと、充夫のバカっぷりが原作よりも増してた気がしますw特にあのメール誤変換っぷりがwww
でも、1番凄いと思ったのは遊佐さん演じる結の最後の豹変っぷりですかね!ビバ誘い受けっ!!!www

特典CDに収録されてるフリートークは、それぞれの作品ごとにテーマにそってのトークで、ときどきばか話もあったりして、けっこう笑わせてもらいましたww

本篇もフリートークも聞いててあっという間でした。
やはり原作がしっかりしているせいか、時間が短くても詰まってる感があって聞きごたえはあると思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ