魅惑ノリンゴ

魅惑ノリンゴ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
22
評価数
8件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
ハマノカズゾウ・松下一美
音楽
洞澤徹
脚本
堀井明子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
初回封入特典:オリジナルポストカード
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

お坊ちゃま高校に通う御曹司・一条圭はクラスに赴任してきた新任教師の林悟(リンゴ)に一目惚れ。挫折を知らない一条は早々にリンゴに告白するがまったく相手にされず門前払いをくらった。だが、一途に努力する一条の態度にリンゴの気持ちも次第にほぐれて―。そんな中、一条のライバル・二ノ宮が二人のスキャンダルを学校に暴露、更に自称“リンゴの昔の男”を名乗る教師・五木まで現れて恋愛戦線は大波乱!!お坊ちゃま一条とクールなリンゴの学園ラブ・バトル!!(帯より転記)

表題作 魅惑ノリンゴ

一条圭 → 小野大輔

林悟 → 浜田賢二

その他キャラ
四根倉健[宮田幸季]/ 二ノ宮一[鈴木達央]/ 三井良[山中真尋]/ 五木弘[真殿光昭]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

りんごちゃん。

原作未読です。
皆様が書かれている通り、始まり方はベタでした。
でも話がどんどん進んでいくので聴くのは苦になりませんでした。
又、私は攻めと受けを勝手に逆に捉えていました。
りんごさんが受けだったんですね(笑)イケメン教師が受けとか新鮮ですね。
で、攻めのいっちゃんが可愛かったです。
りんごさん大好きで、一生懸命で//
好きな子に一生懸命になれる子は応援したくなります。
あと、私はヨネくんとみーくんペア(?)を推します!!(笑)
にのみーはヨネくんが好きになっちゃったみたいですけど。←
後半(?)になると、新キャラが登場します。私はこのキャラ苦手です。←
このお話はキャラが個性的で聴いてて飽きはしませんでした。
ただこれをリピートするかはどうかは…(汗)リピしないと思います。
すみません!!!


0

いろいろ楽しめました。

学園モノで生徒×先生。
わりとラブコメ系になるのかな。
ベタ展開ではありますが、テンポよく楽しく聞けました。
キャラがなかなか個性的だったかも。
まず、主人公・一条役は小野くん。
ちょっとバカっぽいというか、たぶん真っ直ぐな子なんだろうな、という印象。
先生に好かれるために教室を綺麗にしようとか言い出すあたり真っ直ぐだと思う。
声的にも元気ッ子って感じで、林のことを「リンゴ(林悟の音読みで)」と呼ぶんだけど、常に「リンゴッ」って「ッ」が入るイメージ。
相手役の林のハマケン(浜田さん)は、クールというかツン?
口も悪いし一条に対してもそんなに優しくないような。
それでいて、ちゃんと一条が頑張った時にはご褒美あげたりするようなところもあるし…ツンデレになるのか?
トーン的にはいつものあの落ち着いた感じなので、この人が受に…と思う方もいるかも?
個人的にはちょっと「ああ」な部分もあったけど、控えめな感じのようなえちシーンも好きかもしれません。
そして、脇キャス。
中でも個性を放っていたのは宮田さんの四根倉。
もう、なんていうかすぐに妄想の世界に旅立っちゃうってい続きうか。
フツーに話してる時はかわいい系(というかショタか?)受のような印象なんだけど、スイッチ入ったように大げさに演劇のような感じになってったりして。
1人で林役とかやったりしての妄想とかもあったし。
なかなか愉快な子でした。
個人的には二ノ宮とくっついて欲しい。
そんなたっつん(鈴木さん)の二ノ宮。
元々は一条をライバル視するライバル。
それが悪事を働いたところを四根倉に鉄拳かまされて愛に目覚めた感じ。
トーン的には典型的な嫌味な坊ちゃんて感じの高めのトーン。
後半、四根倉に相手にされないのに頑張ってる姿にエールを送りたくなる!!
それから山中さんの三井。
一条、四根倉と常に行動しながらクールな印象。
四根倉がきわどい発言とかしてもサラッと流してるところとかさすが。
三井×四根倉もアリだなとは思うんだけど…。
でも、やっぱり二ノ宮×四根倉派(笑)
最後に登場したのが真殿さんの五木弘(いつき・ひろし)
学生時代の林のトラウマ的存在なんだが。
確かに結構ひどいことしてます。
が、お話的にはわりとあっさり終わったような?
現在はわりとクール系のトーンだったけど、学生時代の声がわりとかわいめのトーンで。
もっとクール系でもよかったんじゃないかなぁとか思ってみたり。
でも、いろいろ楽しめるCDでした。

0

低音受が…

原作と一緒に購入しました
原作はおもしろく感じましたが
リンゴ役の声優さんのお声が恰好よすぎるので
どうもえっちシーンは苦手でした

内容はおもしろいのでそれ以外は楽しくきけました

個人的にはヨネのキャラが大好きなので
ドラマCDで聞けて良かったです!

三島先生の年下可愛い子攻は大好きですが
ドラマCDとなると私にとっては違ったようです

お気に入りのCDは何度も聞きますが
これは1度聞いてお蔵入りとなってしまいそうです

0

面白い~ヽ(´∇`)ノ

面白かったー。
原作未読なんですが、原作を読みたくなってしまいました。
ドラマCDで面白いのを聴くと、気持ちがめちゃくちゃ上がりますねー。

たっつんが脇役で変人な役柄をしてたんですが、こういうのも上手いなァ…
『美しいこと』や『透過性恋愛装置』での、かわいかっこいいたっつんしか聴いたことがなかったもんで、こんなマヌケな声も出せるんだなァと、改めて声優さんの凄さというものに感心しました。
ストーリーはギャグです。
先生と生徒で年下攻め。
先生に惚れてしまったツンデレな生徒がガンガン口説き落とす、という。
おバカなストーリーに、何度もケラケラ笑わされました。

ただ、濡れ場にはあんまり萌えなかったんだよねぇ。
イイ声だったんだけど、なんでだろう。

0

一条、かわいいけど、、、

三島一彦おトクイの、学園年下攻めもの。

ここのオノDは、傲慢な御曹司。
オバカで元気な、猪突猛進系の高校生!!

いや、一条、カワイイけど、、、
カワイイけど、わざわざオノDじゃなくっても、別にいいじゃん、この役
っていうか、
もっと向こう見ずな傲慢さがあればいいのに、、、

個人的には腹に一物系スーパーSロリショタ・四根(幸季)とオバカM・ニノミー(たっつん)のカプの行方の方が気になるなぁ、

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ