水に眠る恋

水に眠る恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
31
評価数
8件
平均
3.9 / 5
神率
12.5%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

あの声を触れていった手のひらの感触を激しい眼差しもぬくもりも全て…身をちぎる想いで手放した恋―仕事で大学病院を訪れた上原尚哉は、高校時代の同級生で外科医になっていた久住廉と九年ぶりに再会する。二人はかつて心を通わせながらも、ある事情で尚哉から一方的に離れた過去があった。再会して間もなくは屈託なく接してきた久住だったが、二人きりになると脅すように「償い」として身体を求めてくる。そんな久住に深く傷つきながらも、身をちぎる想いで手放した恋を振り返る尚哉だった―

表題作 水に眠る恋

久住廉 → 小西克幸

上原尚哉 → 檜山修之

その他キャラ
藤田[白熊寛嗣]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

2枚組でお願いしたい

原作既読。
同級生の再会ものです。
何がもったいないって、原作の後半部分をまるっと思いっきりスコーンっと削っちゃってるところ。
残念で残念で、別の意味でせつないです。

久住役の小西さんは落ち着いた雰囲気の中に激しさを秘めていてドキドキしましたし、上原役の檜山さんも最初はハスキーな感じでイメージと違っていたのですが、繊細な性格を上手く演じてらっしゃって良かったです。
特筆すべきは上原の妹役の方。
BLCDに登場する女性声優さんって、キンキンと甲高い声で凄く浮いてるなぁ……とげんなりすることが多いのですが、この方は違和感なくて好感持てました。

原作でも号泣してしまった切符のシーンでは、檜山さんの掠れた必死な叫び声にやっぱり涙しました。
一番盛り上がるところなので、そこへの持って行き方が凄く良かったです。
主役も脇役も好演していただけに、余計にでも後半を全部削いでしまったのが口惜しい。
両思いでありながら、長い間すれ違っていたふたりが一緒になっていくには、この後半のお話が重要なのに。
せっかく丁寧に作っているのだから、2枚組にして欲しかったです。

0

檜山さんにこのような引き出しが!!!

原作が好きで、久住が小西さんだと知って
「聴かねば!!」と思っていました。
小西さんてなにやらお声に色気があるんですもの。
私的に注目度高めな声優さんなのです。

ところが!!!
檜山さんの上原!!
なにこの繊細さ!!!!
小西さんも巻末フリートークでおっしゃっていましたが
こんな繊細な檜山さん、聴いた事ない!!
「スーパーヒーロータァーーーーーーイムッ!!」って
叫んだ人と同一人物とは思えない!!w
思いがけず檜山さんが良かったので
ものすごく驚きつつ嬉しかったです!!

小西さんの久住…。低めで、私は腰にキましたw
傷ついた過去と恨む気持ちがお声に表れていて、
円陣闇丸さんのイラストどおりで完璧!!

…その点、最初檜山さんは少しイメージじゃないかな…?と思いつつ
聴いているとあら不思議!!
ちゃんと上原になるんです!
吐息も、めちゃエロ!!!

原作の後半だいぶカットされていて勿体ない…!!
どうせなら二枚組にしていただいた方が良かったのに(泣)

ただ、個人的に上原の妹が原作でかなりキツかったので
そこはCDではわりとあっ続きさり終わっていたのでホッとしました。
深みが無くなったかも?と言う印象も無くはないのですが…。
(どっちだ!!)
切なくて、ぎゅうぎゅうさせていただきました!

やっぱり想いが通じ合ってからのHをじっくり聴かせていただきたかった…。
ブックレットの甘いSSも収録してくださっていたら…と
贅沢を言ったらキリがありません;


フリートークでは、初フリトの白熊さんが戸惑っていて
可愛らしかったです☆
嫌な汗をびっしりかいているけど人一倍寒がりらしいギャップが良かったw

小西さんと檜山さんはだいぶ慣れていらっしゃるのでサクサクと。
ノリツッコミが自然でニヤニヤしちゃう。
小西さん、地声はそんなに低くないんですけどね!
檜山さんご指摘の「いい声攻めまくり作戦」が良いんですw
快活な笑い声さえ素敵!!

檜山さん、「自分で言うのも変ですが熱演です!」
変じゃないです!だいぶ熱演でした!!

あああ、阿部信行さん演出ですもの!
こりゃ安心して聴けるわな!!
たまんない……。

なんかもう、好きな声優さんばかりで自分はどうなっちゃうんだろう、
という不安が胸をよぎるくらい素晴らしいCDでした!(?)

3

切ない再会物

学生時代に切ない別れ方をした2人が9年後に再会するという再会物。
先ずは医者の久住と、空調会社勤務の上原が再会する所から話は始まります。
久住[攻](小西さん)は学生時代は地元の大きな病院の一人息子で他人を寄せ付けないオーラの一匹狼的存在。
そんな彼と上原[受](檜山さん)はひょんな事から真夜中のプールで一緒に会う様になります。
プールの水音が効果的に生きてます。
上原は父親が借金を残して逃げ、己自身もバイトをしながら母と妹とつつましく生活している身。
そんな上原にある時、久住は2人で一緒に牧場で働こう、一緒に居ようと約束し切符を渡しますが上原は久住の前から姿を突然に消します。
そして久住は、上原が久住の母親から金を受け取ったと知る事となり裏切られたと彼は感じるのですね。

再会した後の久住はかつての償いとして上原を抱き、強要してその関係を続けます。
誤解されていると知りながらも何も言い訳をしない上原、誤解したままの久住。
その久住の誤解を解く切っ掛けになるのが上原の妹なのですが、彼女が実にいい妹でBL作品に出てくる女性としてはかなり好感が持てるキャラです。
続きないけれど最後は結ばれるというお約束的な部分もありますがこの作品の場合はそこが心地良いんですね。
1枚でよくまとまっていてバランスの良い一作かと。

演技に関してはフリトでも触れられていましたが、檜山さんの繊細なキャラの演技というのは新鮮で、聞く前はどんなだろ?と思ってたんですが良かったです。
あと大事にしていた切符が飛んで、俺にはあれしか残されてないんだ!って叫ぶシーンが印象的。
小西さんのキャスティングは名前見た時からハマってるなあと思ってたんですが予想通りでした。
誤解している久住が冷たく突き放しつつ抱くエロシーンや真実を知って思いのままに突き動かされる演技は久住にぴったり。

フリトは檜山さん司会で小西さん、白熊さんの3人。
フリートークは初めてという白熊さんはちょっと固いんですがそれもまた良し、慣れてる檜山さんと小西さんの和気藹々っぷりは安定感。

1

しっとり~

誤解したままで離ればなれになった学生時代の恋人同士の再会モノでした。
シチュエーション自体が私のツボで、キューンとなりながら聴くことができました。
再会モノとしてはよくあるストーリーで、ヒネリはありませんが、ラストは心地のよいハッピーエンドでした。

特筆すべきは受けの檜山さんかな。
この方の攻め声が好きなんですが、「ありゃ、受けなんだー?」と思ってちるちるで調べてみると、檜山さんの受け作品はかなり少ない!貴重だ!
でも上手かったです。上手かったというか、妙に裏声になったりしない「男」のままの声で、そういう喘ぎ声が好きなかたにはオススメです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ