君臨せよ 略奪せよ3

君臨せよ 略奪せよ3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
4件
平均
4.5 / 5
神率
75%
著者
イラスト
作品演出・監督
嶋澤みどり
脚本
紅郎
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
モモアンドグレープスカンパニー(アブソードミュージックジャパン)
収録時間
62 分
枚数
1 枚
ふろく
描き下ろし番外編ドラマCD(初回特典。此処にフリートークも収録)
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

「君が私のすべてだ」鋭い瞳の不適な海賊レイノルズと、彼に熱愛される白皙の元海軍中尉ルーク。洋上で甘く穏やかな日々を送っていた矢先、レイノルズがしばらく海賊船を降りるという…ルークの不安は的中し、レイノルズはなんと海賊の敵・海軍提督の姿で現れ!?海賊の掟を破ったレイノルズ、さらに帝国を揺るがす巨大な陰謀の前に、ルークの愛はレイノルズに届くのか!?(帯より転記)

表題作 君臨せよ

レイノルズ・ノートン → 子安武人

ルクリオール・アリオスト → 緑川光

その他キャラ
クラウス・フォン・ファルコナー[大川透]/ マクスウェル・ミュンツァー[松本保典]/ ゼクサス・オーウェン[浜田賢二]/ アッシュ[宮田幸季]/ キリンズ・アリオスト[楠大典]/ ブロコリッチ夫人[浅野まゆみ]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

シリーズ三作目で完結編です

完結編きました。
シリーズ中で一番面白かったです。この手の作品って、テンプレ化が著しくなってどんどんつまんなくなっていくと相場が決まってるのに、これは嬉しい誤算でした。
まあただ根本的に受けのキャラ設定が好きじゃないんですけどね。完全にお姫様です。ツンデレ姫。色々頑張るんだけど空回りばかりで、いざとなったら攻めが助けてくれる、という。
濡れ場の量はたっぷりで、どれもラブラブで甘いです。攻めの子安さんが言葉攻めして、受けの緑川さんが羞恥を覚えつつも快楽に負けてしまう。聴きごたえありました。
良かったのが悪役をはじめとする脇役です。魅力的。とくに大川さんがめちゃくちゃかっこ良かったな~。芝居がかったドS発言に萌えました。
あ、でも宮田さんはギャラ泥棒(笑)でした。世界を股にかける天才詐欺師という初期設定は死んでます。この点は残念。

フリトはみんな和気あいあいとしててすごく楽しかったです。
女性声優さんも参加されてましたが、話の上手い声優さんで良かったです。

0

最終章が一番おもしろい。

『略奪』シリーズ三部作の最終章。
と、いえどもこのシリーズ1枚1枚で、お話は完結してるので
どこから聞いても楽しめるのがいいところだと思う。
もちろん3枚続けて聞くとなお楽しい。

元・海軍提督レイノルズ(子安)は、いまは海賊なのですが
それは狩りの姿で実は女王勅命の諜報部員なの。
海賊というよりも、シナリオ的には海軍のミッションのような展開。
今回は、レイノルズ(子安)が海軍に復帰して・・・というお話。

またしてもルーク(緑川)の女装アリw

かっこいい英雄のレイノルズ(子安)であるのですが
そこまでかっこいい声を作っておらず
どこかおちゃらけた雰囲気が残るので、子安さんのフリートークに近いですw
相手が緑川さんだから、終始リラックスムードのファンタジーだと思う。

前作はゲストに成田剣さんでしたが
今回のゲストは大川透さん!
クラウス(大川)のムチさばきが素敵でしたv

それとノートン海賊団の副官ミュンツァー(保典)が大活躍。
そしてアッシュ(宮田)は、かなりちょろっとしかでていないw

シリアスとエロとギャグのバランスがちょうどよ続き
3部作の中でこれが一番好きです。楽しかった。

-----------------------------------------------------------------
フリト 約22分(子安、緑川、保典、浅野、大川、大典、宮田、浜田)
-----------------------------------------------------------------
子安さん司会。
なんというかこのシリーズを子安さんがお好きなんだなぁと思う。
だってこんなにしっかりとコメントしてる子安さんめずらしいもの。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ