デキる男の育て方

デキる男の育て方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
45
評価数
11件
平均
4.1 / 5
神率
36.4%
著者
作画
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
大和名瀬
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
初回封入ポストカード
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

お務めはセクハラの嵐! プリティHラブコメディーがついにドラマCD化!
東京でレストランを経営するデキる男・本郷の元で、働くことを夢見る田舎の純朴少年・和葉。ウキウキ上京した和葉を待っていたのは、憧れの本郷とはまるで別人。不機嫌丸出しの超わがまま男だった! 不安を感じる和葉をよそに、本郷は勝手に同居を決めてしまい!? かっこいいがわがままな青年実業家・本郷×純朴な農家の末っ子・和葉のプリティ・ラブの行方は?

表題作 デキる男の育て方

本郷幸治 → 森川智之

佐々倉和葉 → 柿原徹也

その他キャラ
山咲[立花慎之介]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

大人のだだっこ萌え!

原作未読です。
マイフェアレディかと思ったら帝王演じる本郷さんをデキる男に育てるんですね!
小学校中高学年頃の男子的だだっこ帝王に萌えです。仕事はできるのに仕事はできるのに!!!(笑)
かといってやはり和葉(柿原さん)が女王様かというとまったくで、純朴アホ子。朝ドラのように頑張ってひっかきまわしてそれでもなぜか大団円、といった様式美が爽快です。
大人だだっこの森川さんが超かわいいのでリピは確実ですね。
濡れ場はさらっと。

1

萌えて笑えるラブコメ

元々柿原さんは大好きなんですけど、今回は和葉があわあわしている
感じのキャラだったせいか、演技が少しオーバーに感じてしまいました。
もちろん可愛いことはすごく可愛いんですが、和葉が「えー!」という類の
台詞を何回も言うところががあった分、その度に大袈裟に感じてしまったのは
残念です。一生懸命さは伝わってくるんですけどね…(汗)

森川さんは最初格好良くて、途中から可愛くて……と、魅力的なキャラを
魅力的に演じてらっしゃいましたv他の方も書かれているように、可愛くて
萌える台詞満載です。私は「俺のきゅうりがズッキーニに…!」に一票!(笑)

話自体は王道…というか、特に感動したり切なくなったりするところは
ありませんでした。しかし、純で可愛い和葉や、仕事の時以外は我儘で
イメージががらりと変わる本郷、和葉に対する本郷の態度をブラックな
オーラを出しながら咎めてくれる美人さんシェフの山咲(この立花さんが
また素敵すぎる)の3人が個人的にすごく好きだったので、聴いていて
楽しかったです。やっぱりキャラが良いと面白く感じるんだなぁ、と実感。
何回もリピートしたく続きなる作品だと思います。

0

かわいすぎるよ、帝王!

原作は地雷のショタっぷりのせいでどうしても避けて通りがちな
大和名瀬さんですが、CDになると一切気にならないのは
単に声オタのなせる技なのか、ビジュアル面が見えない
からなのか??
どちらにせよ、大和名瀬さん原作のCD化にはハズレなしです、
今のところ...

とにかく面白くて、可愛い男2人のお話です♪
聞き流してるだけの時でも、ちょこちょこ聞こえてくる急に
テンション高くなった2人のセリフに引き戻されちゃいますww
楽しんでやってるだろなぁ~森川さん!
ヘタレで、和葉にベタボレないい大人の役を時にカッコよく、
時にかわいすぎるぐらいかわいく演じてる森川さんにカンパイ!
くそ~かわいすぎるぜ、帝王!!
いや、ここまでかわいいと帝王とは言い難いぞ。

特にツボったセリフが
「ぶった、社長をぶった!」
「指しか入れてないも~ん!」
これは着ボイスに欲しいぐらいお気に入りっす!
ラーメン好きのせいで食べるシーンも多いけど、
すする音とブッと詰まらせて吹き出す音はさすがの神業!!
あと、トマト声?でのセリフもホントかわいいよぉ~ww
こんなかわいい続き森川さん最初で最後かも...
ぜひ帝王ファンは一聴して下さいませ★

柿原さんはこーゆーおバカキャラがたまらなくかわいいですww
テンション上げて叫びまくるのもかわいいし、
相変わらずのつたない喘ぎ声もかわゆすーー!!
でも、どんだけかわいくてもこの森川さんには勝てないよ...

そして唯一の普通キャラの立花さんですが、
原作のイメージ通りの美人キャラっぷりにキュン!
山咲メインの原作もあるんで、ぜひそちらもCD化切望!!
小西さん×立花さんって想像しただけでニヤニヤもんです~ww

1

森川さん可愛過ぎ!!

大和さん作品は原作はまあ普通だなあと思っていてもCD化すると面白さアップするケースが多いと個人的には思ってるですが、今作もそうでした。

何より特筆すべきは森川さんの可愛さです。
柿原さんの可愛さを期待して買ったというのに何故、森川さんの可愛さにクラクラしてしまっているのか!!
いや、柿原さんも充分可愛いんですけどね、しかしそれを凌駕してさらにドーンな恐るべし森川さんの可愛さよ!!

森川さん演じる本郷[攻]はレストランオーナーで外見は男前、仕事も出来る男なのですが私生活はカップラーメン主食のヘタレです。
和葉[受]が気に入っているのに素直にそれを出さないわ、実はもっそい子供っぽいわっていうか大人気無いです!!だがそこが可愛い!!!
森川さんですから格好良いシーンはまさに格好良く、それだけにヘタレな大人気ないシーンがもうおもろくておもろくてしかも可愛い。
森川さん演じる攻キャラの中でも本郷はベスト3に入ります、それ位いい味出してます。

ストーリー自体はレストランオーナーとそこで働く事になった農家育ちの田舎者和葉との年齢差ありの可愛いラブコメディ。
脇の美人系シ続きェフの立花さんもいい味出してて楽しく聴ける1枚に仕上がってます。
森川さんがホント可愛いんで、いやそればっか書いてますが可愛い森川さんと可愛い柿原さんの実におもろ可愛い作品です。
リピ率ハンパないのでもう神で。

2

楽しい!

笑える楽しいCDです。
ちょっと迷ったのですが、リピ率がやたら高い作品なので、神で。
一回目聴いた直後にすぐにレビュー落としてたら萌え評価だったと思うんだけど。
リピ率がどうなるかっていうのは、はじめて聴いた直後だと本当に分かんないんだよね。
だから、聴いた直後にレビューする場合と、時間を置いてレビューする場合とで、評価も変わってきちゃうんですよね。
これ、過去にレビューした作品で評価を引き上げたい作品がチラホラある理由だったりもするんですが、こればっかりはどうにもできないんだなー。すべての作品を、時間をあけて数回聴いて、評価を熟成させてからレビューをすれば定まるんだろうけど、そうもいかないしさ。

で、この作品。
先に書きましたが、楽しい!に尽きます。

まず受けの柿原さん。
一生懸命さとちょっとお馬鹿なところが、可愛くて可愛くて仕方がなかったです。
柿原さんって独特の演技をされる方で、作品によってはハズレだなと思うこともあるんですが、この作品ではハマってました。

で、柿原さんに輪をかけて可愛いのが、攻めの森川さん。
仕事以外は駄目人間で、やってることも言ってることもメチャクチャで続き、はた迷惑なんだけど、可愛くって仕方がなかった。
こんなダメオトナを「可愛いー♪」と思わせてくれる素晴らしい原作と脚本、せしてなにより森川さんの演技力に乾杯!

原作未読なんだけど、読んでみたいです。
万人にオススメできる作品です。
笑って萌えてキューンとなれる、ステキな作品。

2

チープでライトなラブコメディ(いい意味で)

原作既読済み。

農家の次男坊・和葉(柿原)は
自分の育てた野菜に名前をつけちゃうようなピュアボーイ。
毎日幸せな田舎ライフを送っている18歳なのですが
兄が結婚し子供も生まれ、実家に自分の居場所がなくなっていく不安が・・・

東京でレストラン経営を営むデキる男・本郷(森川)は
和葉(柿原)の家の野菜を自分のレストランで使いたくて
契約がほしいばっかりに、二つ返事で
和葉(柿原)の就職を引き受けてしまう。

和葉(柿原)は、本郷(森川)の外面にすっかりだまされ
上京するのだが東京で出会った本郷(森川)は
まったくの別人で!?

という、どたばたコメディ☆

大和名瀬さん原作なので、大和ワールドという定番の安心感の中で
愉しむBLCDだと思います。

森川さんの演じる本郷は、子供っぽさの残る大人の男を完璧に再現w
ラーメンをすする音まで演技派で、軽いノリのBL作品でも
一級品の演技でした。

「恋人はキュウリ」とか「俺のキュウリがズッキーニに」とか
大和さんは、けっこうオヤジ的セクハラギャグがお得意ですよね。

大作とか名作もいいけ続きど、終着駅が最初から見えているBL作品っていうのも
それはそれで楽しいよね。
最初からふたりは惹かれあっててバカみたいなすれ違いや勘違いがあって
聴き手の想像どーりの線路を進む列車に乗っかってみるのも楽しい。

0

ふてぶてしさMAX

実はこれを買うまでは
森川さん=低音艶声とか、悪役声ってイメージが強かったので
この本郷のちゃらんぽらんでガキっぽい雰囲気にびっくりした記憶がw

1トラック目は、普通に素敵ボイスで
和葉くんが憧れちゃったのも仕方ない、って感じだったのに
2トラック目でもう別人にw
さっきの好青年はどこに?ってくらい
だらしなくて、ふてぶてしくて、かなりガキっぽいオッサンになってましたw

一方の和葉くんはといえば
キャラ絵ではかなりショタっぽくて苦手かな?と思いましたけど
変にショタっぽくない声のトーンで大丈夫でした。

でも、この作品の一番は
何と言っても、超美人シェフの山咲でしょうね~。
涼しげな美人声なのに
背後に青い炎がメラメラと燃えてるのが見えそうなブラックボイスで
本郷の所業に怒ったりして
聴いてる方も背筋が凍りそうでしたw(←ちょっと大げさw)

お話自体は、ほぼ全部ギャグなので
肩肘張らずに聴ける、娯楽作品です。

原作にかなり忠実に作られていますが
いじけた本郷の顔とか、ブラック山咲の表情とかも面白いので
原作も読んでみると、楽し続きみがさらに増えますよ~。

あ。個人的には
本郷の「ペッペッペッ!」と「~~だもぉ~~ん!」ってのがかなりツボでしたw
あと、トマトやきゅうりの声マネ、などという貴重なものも聴けますw
すごい可愛かったw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ