きみと手をつないで

kimi to te wo tsunaide

きみと手をつないで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神32
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
205
評価数
45件
平均
4.6 / 5
神率
71.1%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
脚本
中野睦
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Atis collection
収録時間
159 分
枚数
3 枚
ふろく
初回版500枚限定フリートーク
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

金髪で派手な家政夫・兵藤香澄が派遣されたのは謎めいた有名ホラーミステリー作家・神堂風威の家だった。香澄は、偏食が多く不健康な神堂に生活改善を徹底断行。何もできない神堂の世話をするうち、香澄は庇護欲以上の感情を抱くようになる。雇い主に恋するなんて…戸惑い、神堂から遠ざかろうとする香澄だが…。

表題作 きみと手をつないで

兵藤香澄 → 羽多野渉

神堂風威(鈴木裕) → 武内健

その他キャラ
仲井貴宏[森川智之]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

た、武内さん!!!!!!!

武内さんのあざと可愛い声が聞きたくて聞きました♪
だけど申し訳ないですが、羽多野さんの声は苦手です
(何か太ってる人の声に聞こえてしまうんです)

武内さんの役はあまり人と関わらず世間を知らないような受けなのですが、
そこがまた良い味出してる天然誘い受けでした・・・
誘い受けが好きだし、
武内さんが可愛すぎて何回悶絶したかわかりません。。。
この作品の通常時の武内さんの声もあざと可愛い声で好きなんですけど、
エロシーンになったらもうそれ以上のあざと可愛い声で
言葉で攻めを煽る煽る煽る・・・
沢山萌えた言葉がありすぎて書けません(^_^;)
羽多野さん演じる攻めが翻弄されて激しくなっちゃうのもわかりますよ。
ぶっちゃけ私だってtnkあったら突っ込みたくなりますよ
(下品ですみません)
最初のセックスでとっても気持ち良かったようで覚醒したんでしょうね。
この受けは将来淫乱になると確信しました(笑)

羽多野さんも苦手な声ですが、上手だと思います。
受けへ徐々に好きになっていく感情の変化の表現とか、
戸惑ったりする時、エロシーンの切羽詰まった感じとか、続き
とても伝わって来ました。
フリートークの声と全然違うので、ちょっとビックリしました。

森川さんも優しいお兄さんって感じで良かったと思います。

この作品はCD3枚なので長いだろうと思いましたが、
それを感じさせなかったので、よく出来ている作品ではないかと思います。
武内さんの声に沢山癒されて幸せでした~♡

0

可愛くて色っぽい

3枚組、ボリュームのある内容でした。

波多野さんの、香澄も去ることながら
武内さんのおとなしくて「私何も知りません」的な自信のない感じから
もうエロエロな、なんでもかんでも思ったこと言っちゃいます、な裕まで
どれをとっても良かったです。
香澄役の波多野さんのわざといやらしいこと言わせようと
誘導する声が、どこか切羽詰まったような色気があって
香澄と裕の関係性がHシーンからすごくよく伝わりました。

弱弱しい声の裕を優しく包むような香澄の声。
お二人にぴったりだったと思います。
そして今回は、脇でしたがいつもながら森川さんは素敵でした。

今回の裕は人とかかわれない、おとなしい感じの役どころなので
ぼそぼそとしゃべることが多く、叫びだしたくなる衝動に駆られた・・・
と、フリートークでも武内さんがおっしゃってましたが
まさしく、その通りだとお気持ちお察ししました。
すごく雰囲気が出ていて良かったです。

でも、やっぱり一番はSEXシーンですね。
「どうしよ、とまんない・・」なんて素直に言っちゃうところなんか
もう可愛いの色っぽいのとで、すごいこ続きとになってました。
香澄(波多野さん)もまた誘導がうまくて・・・
そして素直に答える裕(武内さん)の可愛らしい声。
その声で「あっ、だめ、出ちゃう出ちゃう」なんて言われたら
誰だって参ってしまいますって!
続編もぜひ聴きたいと思います。

0

とにかく最高です!

原作既読です。
高スペック彼氏な兵藤と不思議ちゃんな先生がそのまま具現化したくらいのレベルで、お二方の演技が最高でした!

羽多野さんの先生大好きっぷりを表現する演技が本当に原作に忠実というか、声がプラスされる事で更に愛が大きく感じました。
聞いた人なら分かると思うのですが、Hシーンでのあのセリフが特に堪りませんでした…!(笑)
羽多野さんは、こういった、愛情表現を素直に出せる年下だけど包容力のある青年が似合うなと思いました。

そしてそして、武内さん!
エロすぎます。反則です。
普通の会話でも常に舌ったらずというか、子供っぽいというか…とにかく可愛くて仕方がありません。
キャラクターの設定どおりの可愛いらしい感じの声で演じられているのですが、それでもふとした時の吐息混じりの声が物凄くエロいです!(笑)
あどけなさの残る声と、Hシーンでのエロい声のギャップが堪らないです。
武内さんの出演されるBLCDは結構聞いてきたのですが、この作品がダントツで好きです!(笑)


個々での演技も勿論ですが、二人の声の感じも物凄く波長があっていて、素晴らしいCDでした。
続き
13年の11月にはこの続編のCDも発売されるみたいなので、是非そちらも購入したいと思います!
羽多野さん×武内さん、もっと増えろー!(笑)

2

こういう役、似合うよね~w

2人ともとてもステキでした。
羽多野くんの兵藤は住み込み家政夫の仕事をしている青年。
声はちょっと太めで低いめ。
どこか無骨そうにも聞こえるんだけど、実際はかなり世話を焼いてくれて。
いや、家政夫なんで仕事といえば仕事なんだけども。
あと、内心のツッコミ?みたいなのが妙に面白く感じられたり。
健ちゃん(武内くん)の神堂はとにかく浮世離れしたというか幼いというか。
周りにそれまで構ってくれる人がいなかったせいもあるんだろうけど。
いろいろと簡単なことができなかったり。
でも、賢い部分はあったり。
口調にもそれが現れててあどけない感じで非常にかわいい。
最初は人慣れしてないせいもあって、片言みたいな感じもあったりして。
なんというか一生懸命話してる感じがするというか。
もう、とりあえずかわいい。
泣いてるところとかもステキでしたし。
そして、3枚組のこのCDには3回のえちシーンがありまして。
さすがに崎谷作品ですから、えちが濃い!というかえろい!
兵藤のガッついてる感じの息遣いとかもさることながら、神堂にそれ言わせちゃいますかー的なセリフがね。
かわいい続き声で何も知らないような顔でそのセリフ言うかー!!!みたいな。
さすがです。
最初の神堂が想いを告げて、その後に自分の欲求を伝えるのはどうしたらいいのかってところの会話?(セリフ?)とかも無垢ゆえのストレートな感じでやられます。
神堂がとにかくまっすぐでかわいくて。
兵藤がかわいがりたくなるのもわかりますね!(笑)
3枚組ですが、長さを感じさせない物語でした。

2

リアルで居てほしいホラーミステリー作家№1!

自分はあんまり、CDはあまり聞かない派で漫画などでイイタイプだったのですが・・・
この、「きみと手をつないで」だけは・・・
ドラマCDと小説両方を聞いて読んだ瞬間に、この作品を愛するとゆう宿命なのです!

なんですか!、あの可愛らしい神堂先生の喘ぎ声は!!
なんですか!あの誘いテク!
しかも、そんなイイ声で言われると兵藤くんがムラムラしちゃうじゃない(●`w´●)ニァ・・
ってもう、ムラムラしておそちゃてたり!

そんな神堂先生、最初は計算?
とか思ってたら・・・・ガチのただの天然でした・
兵藤くん、神堂先生からの天然お誘いテク&エロオーラに打ち勝てるのか!

兵藤くんのボイスもこれまたイイ人!
羽多野渉さんは、今まで存在をしらなかったのですがこの作品のおかげで今はもう
羽多野渉さんのCDまで買うようになりました⊂((〃/⊥\〃))⊃ウキャ♪


武内健さんが演じる神堂先生もイイ声です、
こんな可愛い声どこからだしてるの~∑(*゚ェ゚*)

そんな、素晴らしいボイスさま方のおかげで私も心行くまで(*´Д`)/ヽァ/ヽァ・・できましたwwww
続き

最後になりましたが、この作品の続きになる「きみの目をみつめて」が発売中でございます(*^-^)ニコ
気になる方はそちらも、用チェックですよ~❤

2

超有能家政夫さん

普通に変換すると家政婦なのに婦は夫に変更(笑)
こんなに有能な家政婦さんなら性別に関係なく
自分がお金持ちだったら雇いたいもんです。

原作の崎谷さん、どちらかというと苦手なほうなんですが
なんでか何作か好きな作品があって、これはその内のひとつ。
どうしてこれが好きだったのか、挿絵が旧板で富士山ひょうたさんで
その印象が非常に良かったのも原因のひとつだと思います。
その頃の富士山さんの絵、ほんと大好き!
兵頭くんはいい具合にチンピラくさく(でもいい子なのもわかる)
神堂先生もいい感じにエキセントリックなのに超かわいく
ま、なかばイラストに最初からやられちゃってたんでした。
(CDは新版の先生なので恐縮なのですが~滝汗)

受けの小説家の先生、榎田尤利さんとこのルコちゃんと張るくらい
駄目なひとなんですが、駄目方向がルコちゃんとちょっと違い
そんなに汚くはない…ハエをぶんぶん発生させないタイプの
人づきあい方面のほうがより苦手な、超エキセントリックさん。
でも基本人の話は聞くし、素直ないい子ちゃんタイプなので
そんなに困ったちゃんな印象は原作から持っ続きてませんでした。
駄目な子ですが、非常に素直な人なんです。
武内さんの声で演じられると尚のこと「素直ないい子や~」
っていう感じで、嫌いなとこが見つかりませんでした。

攻めの兵頭くんもめっちゃいい子。
お仕事できる子だし面倒見もよくてとにかくお買い得物件。
原作から大好きでしたが、兵頭くんは羽多野くんの声で聴けて
尚のこと大好きになりました。

崎谷さんのエッチシーン
皆さんお書きになられてますが
とにかくエロエロしいセリフをしゃべりまくり…。
正直、原作では「いらんわ…」と思うことのほうが多いんですが
今回のはなんでか原作でも普通に読めてました。(何故?)
いや、豹変ぶりには充分びっくりしたんですがね!

実は音声であっても「はるひん喘ぎ」は概ねとばしたくなるのですが
このCDの神堂先生(武内くん)のシーンだけは大丈夫でした。
でもなんで大丈夫なのか、自分で自分がわかりませんよ!

これを聴くまで武内さんはむしろ苦手だったんですが
これのおかげで苦手感はなくなりました。

お話もかわいくて、キャラにいやな人も出てこず
すごーくいい気分で聴ける作品だと思います。
多分現在CD化されてる崎谷作品の中では一番好き。
地雷になる人物の出てこない作品てほんと素晴らしいと思います。


3

健ちゃん可愛すぎる!

原作未読です。

ミステリー作家・神堂風威(CV.武内健)の家に家政夫として訪れた兵頭くん(CV.羽多野渉)。

私、健ちゃんってちょっと低めの声しか聴いてなかったのでこのドラマCDでビックリしてしまいました。こんな可愛い健ちゃんヴォイス初めてでした!!!
そんなヴォイスで崎谷はるひ先生ならではのエロゼリフしゃべったら、聴き手としてはひとまりもない!かなり萌MAXでした!!

「いや、離さないでぎゅってして」ってセリフに萌死ですw

包容力ある大好きな羽多野さんヴォイスもやっぱり素敵でした(*´ω`*)
濡れ場の時だけちょっと鬼畜っぽくなる兵頭君素敵でした。

2

( ̄Γ ̄)  鼻血!

原作既読。
正直、原作は苦手でした・・・。
と、いうのも、27歳の売れっ子ミステリー作家の先生(武内)が
あまりにも浮世離れしていているんですよ。
到底27歳には見えない見た目と中身。
ほんとに小説を書くことしかできないの!
家事も出来なければ、人付き合いもできない
そのくせ好き嫌いはたくさんあって病弱。
ひねくれてるわけじゃなくて、ねんねでぴゅあぴゅあv
非常にやっかいな大人の部類に入ると思うんですよね。

そこへ、金髪サファーの男の家政婦・兵頭(羽多野)がやってくるんですよ。
こんな家政婦も、まずいないわwww

ちょっと設定がとっぴすぎるのですが
これを3枚組という丁寧なつくりで音で表現すると
あら!不思議!!
非常に良かったです。
とくにエッチの部分を丁寧に丁寧に尺を取ってお芝居してくれるので
鼻血がでそうになりましたよ。

兵頭(羽多野)「何で抵抗しないの?俺のこと挿れちゃうよ?」

先生(武内)『な、なに?これ、なに?』

兵頭(羽多野)「俺だよ。」 .;(゜

わんこ攻めで、甲斐甲斐しく世話焼きなんですが
ときどきも続きのすっごいSなんですよ!!!
非常に良かったです。
本当に、羽多野渉さいこう☆

武内さんの役は27歳ということを、ひとまず切り捨て
ただ、ただ、かわいい武内喘ぎを楽しみました。
「は、はいっちゃうよ、はいちゃうよぅ」
「セックスしたいときどうすればいいの?」
「挿れてほしくなった・・・どうしよう?」
崎谷はるひシナリオのエッチであられもないセリフを
ばんばん吐いてくれましたwww


フリト 約4分(羽多野、武内、森川)
2枚組の作品でメインがはじめて?の羽多野くん。
がんばった!ほんとにかわいいvこいつかわいいv

2

武内さん、豹変す

私、このお話、小説で読んだなら、あまり好きではなかったんじゃないかなと思います。
いくらなんでも子供っぽすぎる20代後半の受けに、ちょっとウンザリしちゃったんじゃないかなァ、と。
すれ違いも、ありふれた勘違い系で、鈍すぎる二人にイライラしちゃったかもしれないなァ、と。
もちろん読んでみないと分かんないけど…。

けどこれ、CDで聴くとヤバイです。
面白い!
とくに武内さんの豹変っぷりがスゴイ!
おとなしくて対人恐怖症ぎみで、エキセントリックな性格の受けが、最後の最後にセックスであんなことまで口走るようなド淫乱になっちゃうなんて。
受けに「いや、だめ、やだ」だけではなく、「欲しい、もっと」と言わせてくれる崎谷さんが好きです。
淫乱受け、イイヨイイヨー。
崎谷さん原作作品は、攻めも受けも、エロいセリフをふんだんに話しながらの濡れ場となるので、本当に聞き応えがありますねw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ