DARLING ダーリング

DARLING ダーリング
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
27
評価数
8件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フロンティアワークス〈CD〉
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
小冊子、カード
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

平和な高校生活を送る理緒の前に、突然現れた都会からのカッコイイ転校生・トモちゃん。圧倒的なオーラを纏うトモちゃんを遠巻きに見ていた理緒だったが、ある日憧れの先生の写真が入った生徒手帳を彼に拾われてしまう。しかも、何故かホモ疑惑をかけられ、「治してやる」と宣言したトモちゃんから、Hなホモ矯正特訓を受けることに!いけないと思いつつ感じちゃう理緒は…!?(メーカーより)

表題作 DARLING ダーリング

三浦朋美 → 高橋広樹

橋本理緒 → 岸尾大輔

その他キャラ
五十嵐ジョー[千葉一伸]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

楽しかったです。

とりあえず岸尾さんの威力がすごかったです(笑)
いや、これは個人的な意見ですが。
理緒がもともとかわいらしい系なこともあってちょっとブリッコっぽいというか。
かわいいんですけどね。
どっか天然でとぼけてるようにも見えるところがあって。
原作読んだ時は思わなかったんだけども、音だけ聞いてると若干イラッとするかな。
えちシーンも岸尾さん全開で、これ女子かしら?とか思ってみたり。
一方の高橋さんはなかなかステキでした。
朋美の優しくしたいのにできない感じというか無器用な感じというか。
強引な感じとかも。
最初聞くまではちょっと原作のイメージと高橋さんが一緒にならなかったんですが、ちゃんと合ってました。
一伸さん(千葉さん)のジョーもかなり合ってたし。
お話としては、ちょっと天然?な理緒を相手にした、今まで遊びまくってた朋美の純愛といった感じで。
とにかく、朋美が好きですね。
ちょっと絵がないと何やってるのかわかりにくい部分もあったけど。

0

子猫がみゃーみゃー?

あらすじについては原作でレビューしてしまったので、こちらでは純粋に音源の感想のみにとどめたいと思います。個人的な感想文です(笑)

岸尾さん@理緒がとっても可愛い声を出して熱演です。
特に「トモちゃん」の“ちゃん”の発音が何とも初々しい…♪
パニクってどもっちゃったりする演技や、唇をふさがれてウーウー唸る演技など、ばっちり“理緒”しています。

高橋さん@トモちゃんはすごく爽やか!
私、高橋さんは“3シェイク”のねっとり攻めなイメージが強かったのですが、ハキハキした喋りがすごく好青年風で、大変良かったです。フリートークの仕切りも巧く、盛り上げ上手で、一気に高橋さんのファンになってしまいました(*^_^*)

あれっ、と嬉しく思ったのは、理緒の憧れの先生と、二人が見に行った映画の登場人物が平川大輔さんのお声でした。何だか贅沢でトクした気分です。

Hシーンは、もう岸尾さんの可愛さが炸裂!
子猫がみゃーみゃー鳴いているような高い喘ぎで、もう可愛い以外に表現のしようがありません。これは萌えるというよりは、愛でるタイプのお声ですね。

テンポが良く、場面展開なども上続き手で、リピート聴きしてしまう1枚です。フリートークも面白かった!

4

いいですね~

原作既読で、とても好きな作品です。
頭はとてもいいのに天然で可愛い理緒を、岸田さんがとってもかわい~く演じられています。
可愛すぎるっ!もしかしたら人によっては好き嫌いが出てしまうかも・・・ですが私は好きでした。
エチシーンがちょっと・・・やっぱ可愛すぎる(笑)。
高橋さんは都会的でオシャレなんですが、オレ様なトモちゃんをクールに、だけど情熱的に演じられてました。
この一見クールそうに見える仮面の下には、実はとっても熱い想いがひそんでいて・・・という設定が私は好きですね~^-^
とても楽しくて、ほのぼのする作品でした。

0

天然受っ子

ちょい不良俺様攻と天然眼鏡ッ子受と王道っちゃ王道なんだけど、この2人がズレていて、朋美ことトモ[攻](高橋さん)の口から出任せの強引な言葉を、勉強は出来るんだけど天然素直な理緒[受](岸尾さん)は素直に受け取ってしまってその言葉に従ってエロまでしちゃう。
このズレ具合がひじょーーに微笑ましくそしてかわいらしい。
理緒のこの天然受っぷりを岸尾さんがブリ声(←褒めてます)全開演技でやってくれちゃうから楽しい。
トモちゃんも不良なのに、理緒に対する行動はもはや健気!でちょっとオバカ。
この格好良いだか悪いんだか分からない、両方の面を持つトモを高橋さんが格好良く、そして時にヘタレに好演。
この作品、シリーズで出てますがスレ違いが一番激しくて、トモちゃんがまだ表面上はヘタレてない一作目が一番おもろくて好み。
続編も好きですけどね!

0

笑った笑った

これ面白いです。
明るくてポップなラブコメなんだけど、恋のキュンキュンはしっかり詰まってます。
テンポ良し、声優さんたちの演技良し、音楽良し。
誰もが楽しめるとっつきやすくてバランスのいい良作に仕上がってました。

主役カップルのズレがアホアホなんだけど楽しい。そしてちょっと切ない。
互いに互いを勘違いしてて、互いに互いを無自覚の部分で翻弄してて、でもちゃーんと矛盾なく成立してるんですよ。

攻めは受けに一目惚れなんだけど、そんな自分を認めたくなくて「オマエが悪いんだ!オマエのホモを治してやる!」みたく怒りに任せて近づいてゆきます。
受けは受けで訳が分からない。訳が分からないうちにカラダを奪われ、心まで奪われ。

ケタケタ笑いながら聴いて、ちょっと切なくなったりして、聴き終えてほんわかシアワセな気分。
深みはないながら、こういう作品、大好きです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ