ラ・サタニカ

ラ・サタニカ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
48
評価数
14件
平均
3.6 / 5
神率
14.3%
著者
作品演出・監督
佐藤みどり
脚本
野中幸人
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
しおり3枚
フリートーク
あり
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

【あらすじ】
「俺の指はきっと甘いよ?」ずっと片想いしていた真下の思わせぶりな態度に、想いを抑えきれなくなった松嶋は――。

乙女系ヘタレワンコ攻・松嶋×キチク眼鏡受・真下の駆け引きラブストーリー! 

【キャスト】
羽多野渉、立花慎之介、坪井智浩、梶裕貴 他



表題作 ラ・サタニカ

松嶋元紀 → 羽多野渉

真下周士 → 立花慎之介

その他キャラ
科川[坪井智浩]/ 夏木[梶裕貴]/ 松嶋敦司[梅津秀行]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

リアルキャス

いや~青春だね~!いい!凄くいい!

乙女思考のヘタレワンコ×ツンデレ美人の誘い受け(でも童貞)。
両名リアルキャス。

高校生ものだけど、幼稚でもショタでもない。
同級生役の梶さんと坪井さんもいい。

特に何が起こるわけでもないけど、恋愛だけで充分楽しい年頃。

立花さんの酔って昔話で表情が和らぐ演技が素敵。
最後に絡みもあるし、よくまとまっている。

ただ、原作未読なのでこの構成が原作通りなのかわからないけど、
CDが飛んだかと思うほど場面がぶった切られる。
次のトラックの冒頭が回想ナレから入るので余計混乱する。

0

んー。ちょっともったいない?

原作が大好きで、聴きました。
キャスティングに違和感はなく、合ってたかなぁーと思います。
脇の梶さま、坪井さまもグッジョブ♪
みんな高校生でしたぁ!
最近フレッシュな高校生のお話からは離れていたので、さわやか~~♪
沁みました。。。

ただーー。
むつこさまと同じ意見なんですが、、、
このお話、視覚で確認できる萌えや伏線がたくさん散りばめられてあって、
真下くんの目線で描かれている重要ポイントがあるんです!!
もちろん松嶋くん目線のポイントも!

天禅先生の特徴でもある、『キュン』ポイントが、音声だと表現に限界があると思いました(><)

立花さまと、羽多野さまの演技はとってもほんわかして素敵なので、耳福ではあります★
羽多野さまは、まんま地がワンコなので、ぴったりで微笑ましかったぁ~。
立花さまは、、、個人的にかなり癒される声デス♪

あ。Hは1回です。あまあま幸せほっこりw

BL初心者さまにいいかも★
私も、CD後に原作を読まれることをオススメします!!

0

うーん

悪くはない。
悪くはなかったんですが、音声だけだと、原作で感じるあの独特の萌えを感じることができないって気がしました。
たとえばもしこのドラマCDを先に聴いてたとしたら、「コミックが読みたい!」とは思わなかったと思うんですよね。

原作にある間とかニュアンスだとか、色気たっぷりの絵とか…、ああいうのは絵だからこそ表現できたわけで、それを音声だけで表現しようっていうのがそもそも無理なんだろうな…。

原作とドラマCDの関係性について考えてしまいました。
互いの良さを補完しあうような作品もあるし、
原作を超えてしまう場合もあるし。

声優さんがどうとか脚本がどうとかではなく、
『ラ・サタニカ』は、漫画だからこその『ラ・サタニカ』だと思いました。

コミック片手に「読みながら聴く」というかたちなら、アリだと思います。

原作未読で聴いた方の感想が知りたいなァと思いました。
で、もし原作未読で聴いた方がいるなら、ぜひ原作を読んでもらいたい!と思いました。

3

立花さん、いいですねぇ…。

ある日、忘れ物を取りに教室に戻った真下は自分の席に松嶋が座っているのを目撃する。
そして、松嶋が自分に恋をしていることに気付いてしまう。
真下は反応が素直な松嶋が面白くて、ことあるごとに松嶋を揺さぶるような言葉をはいたりする。
松嶋は真下の言葉にぐらぐらになって、真下はそれを見るのが何故か好きだった。
「俺の指はきっと甘いよ?」
誘うようなその言葉に松嶋は当惑して…。

お話は簡単に言うと、乙女系ヘタレわんこ攻×精神的Sタイプのツンデレ系小悪魔受?みたいな。

あー、なんかこの話好きかも(笑)
真下というキャラが結構なツボなんだな、きっと。
松嶋を振り回す感じも好きだし、トラウマ抱えてちょっと切ない感じで。
松嶋に対しては強気だったり感情爆発させたり。
でも、どこか可愛いですん。
松嶋の羽多野くんはアタシ的には初めてかもしれないヘタレわんこですな。
ヘタレはまぁ多少いたかもしんないけど、こんだけ受にゾッコンていうか振り回されてヘロヘロの子は珍しいかも。
いや、悪くないね。
ヘタレわんこ(笑)

っていうか、梶くんの声がかわいーv
坪井さんは相変わ続きらず坪井さんでした。
今回はこんな中にいてフツーの女の子が好きな男の子役だったんだけども。
夏木とどうにかなればいいのにーと思ってたりします(笑)

キャストトークもなかなか面白かったですよ。
いわゆる新人さん?たちの作品だったんだけども、本人たちも「意外と早く回ってきたね」みたいなこと言ってました(笑)
羽多野くんと立花くんは初対決だったみたいで。
羽多野くんだったかな、「慎ちゃん」て呼んでたの。
っていうか、立花くんかなり面白かったよ。
特にキャラの話してる時に「科川はー…」って言うべきところを思いっきり先輩に対して「坪井はー」って呼び捨て!!(爆笑)
ちょ、どんな間違い方してんのよっ。
収録中も「松嶋」を「松下」って言い間違えたり。
「追いかけて、からめとって」って言うセリフを完全に「追いかけてから、めとって」だと勘違いしてたり。
BLだから「娶って」もあるかなーみたいな。
なんで漢字表記じゃないのか不思議だったとか(根本的に間違ってるよねって梶くんに指摘されてたけども/笑)

0

乙女系ヘタレワンコ×キチク眼鏡の駆け引きラブ!

「クールビューティー&繊細クリスタルボイス」立花慎之介&「ヘタレワンコ&振り回されたい」羽多野渉
なかなか新鮮でよかった。
ただのツンデレじゃなく、ふだんの鬼畜眼鏡がエッチの時はウブい真下に、立花さんの声がとっても合っている。
羽多野くんも乙女系ヘタレワンコキャラに(自己申告しているように)まんまはまってる
S系ツンデレ受け・立花とM系ヘタレ攻め羽多野のカップルバランスもいい。
このお二人のこれからのBL系のお仕事、期待持てそう。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ