恋愛のセオリー

恋愛のセオリー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
31
評価数
9件
平均
3.4 / 5
神率
22.2%
原作
作画
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ランティス
収録時間
69 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

高校生の千洋は、俳優志望の賢悟と出会い、優しい彼のを兄のように慕い始める。そんなある日、突然賢悟にキスされてしまい!?--若手俳優・賢悟と、普通の高校生・千洋のピュアラブストーリー(メーカーより)

表題作 恋愛のセオリー

長谷川賢悟 → 平川大輔

広瀬千洋 → 岸尾大輔

その他キャラ
斉藤[中村悠一]/ 戸倉亮輔[堀内賢雄]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ちょっと急いだ感がありました

原作既読。実はこのドラマCDで好きな声優さんが出演されていたので原作から読んだ作品です。
上下巻の2冊の原作を1枚のドラマCDに仕上げているので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、台詞のテンポとかストーリーの進行がちょっと早いというか、急いでいるという印象を受けました。
もちろんカットされているシーンや台詞もありますが、ストーリー展開は原作に忠実です。
ただ…他の方も指摘されてますが、BGMが…。
皆さんのレビューをちらっと読んでから聞いたのですが、確かに気になるBGMですね(汗)。
ほのぼの感を出したかったのかな~?と同じBGMが何度目かに聞こえてきたときに思ったのですが…。
お目当てだった平川さんと堀内さんは相変わらずの美声だったのですが、このBGMが気になって所々集中して聞けなかったので、何度か戻って聞き直しました(汗)。
岸尾さんは可愛かったのですが、個人的にHの時の高すぎる声が少し苦手でした。
重大な役どころの美紗子役の斎賀さんもよかったです(ラストのコメントが男性と思う程カッコイイお声でびっくりしました)。

2

一聴の価値アリ!

BGMが酷いとの評判で聴いてみた。
これはww開始早々徹子の部屋のような♪ルルル~~ww
他にもこういうBGMのBLCDを聴いた記憶があるけど、何だったか…。
ともかくコーラスのついたBGMが終始押し寄せてくる。

BGMに持っていかれそうになる意識をなんとか演技に集中して…

平川×岸尾の大輔×大輔は安定感抜群。
平川さんはやさしく、岸尾さんは可愛く。

大学生で俳優の卵×高校生で所属事務所社長の息子。

初めてのおせっせに戸惑う岸尾さんが抜群に可愛い。
事後、思い出して一人で舞い上がるのも可愛いw

どうにもコミカルになってしまうのだが、
この空気の中でぶっ込まれた「切り札」が爆弾すぎて目が点。

オマケの岸尾さんは、例えるなら代永さんばりに女子。あざとい。
ちょっとフリーダムな岸尾さんの暴走も感じるw

ストーリーは悪くないし、演技は大安定で萌えもある。
珍妙なBGMだし一聴の価値アリw

2

BGM…

キャストも話もとてもよかったです。
爽やかな平川さんと可愛い岸尾さん、どちらも大好きな声優さんなので聞いていて耳が
幸せでした。
話もゆっくりながらさらっと入ってきてかわいらしいお話でした。
が、BGMですね。
なんだあのコーラスは、後ろでちょびっと流れてるなら我慢もできます。でも主張が強くてうるさい…セリフが聞き取りづらくなるのでもBGMとしては失格なのでは…

2

ホントになんだこのBGMは!!

原作既読、好きキャストだったのでキャスト買い系かな。

しかしホントに何なんだ!!このBGMはーーー!!!
一箇所だけならともかく全編通して流れてるんですよ、妙な女性コーラスが!!
えーと徹子の部屋の音楽って言えば分かりやすいかな?あんな感じのる~るる~♪ちゅっちゅちゅ~~♪みたいなBGMがやたら入るのがもう耳障りでたまらんかったです。
音楽担当者出て来いーー!!
もうそのBGMが出てくる度にHPがちょっとずつ削られていく気分でしたよ!しかもまた耳に残るんだ~~あのコーラスが!
むつこさんと同感で、最後はもう笑うしかないって感じです。
ホントに破壊力を持ったBGMです、効き終えた時にはもう歌えちゃうよ!

話自体は普通にちょい年の差カップルで可愛い話です。
原作のオマケシーンもちゃんと入ってるし、単行本2冊をうまいこと1枚にまとめてます……それだけにBGMの変さが悔しいっ!
俳優志望の青年・長谷川(平川さん)×有名女優の弟で高校生・千洋(岸尾さん)が両想いになる話。
平川さんの攻め役もさわやかな好青年だし、岸尾さんもややショタ寄りで可愛かったし、演技面でも堪能続きしました。
最後のオマケ番外編も可愛かった~、岸尾さんのにゃん言葉に萌えました。
脇も父親が堀内さん、中村さん、そして姉役に好きな女性声優さん斉賀さんが出てるのも嬉しい。
最後に判明した実は姉は××だったというのも良かった(ネタバレ伏字)
それだからこそ心配度合いも深かったんだよね。

ストーリーと演技的はいいんですが、ともかくBGMの破壊力がハンパなかったです。
ホントに何なんだ、このBGMは!!る~るる♪って歌えちゃうよ、歌いたくなんてないのに~!バカバカ!

2

なんだこのBGMはww

このBGMの酷さは、私のなかで確実にワーストスリーに入ってます。アハハ。
「るるるー♪るるるーるーるー♪」とか「ちゅっちゅっ♪ちゅるるっちゅっ♪」とか、ママさんコーラス?みたいなBGMなんですよ。
それがあまりにも頻繁に入るもんで、「しつこーい!」とイライラし、最終的には笑ってしまいました。笑うしかないw
一度耳につくとずっと気になっちゃって、そのせいでいまいち内容に集中できなかったのが残念。

ただ、ストーリーそのものは普通に良かったです。
可愛い恋の物語。
受けと攻めがモノローグを交互に担当しながらお話が進んでいくのですが、両者が少しずつ相手に心惹かれていく様子が丁寧に描かれてて、キュンキュンしました。
段階を踏んで「お互いに少しずつ」っていうの、意外と珍しいんですよね。
受けの岸尾さん、ほんと可愛かったな。高音の喘ぎ声は趣味が分かれるかもですが、その他の普通のお喋りをしてる部分がホントに可愛くて、どうしようかと思いました。
攻めの平川さんは、さすがです。どんな役柄も上手いです。

キャスティング良かったし、ストーリーも地味ながら良かったので萌え評価にしたんですが、ぶっちゃけ聴き返続きす気力は沸かない気がします。
とにかくBGMがね…。

1

平川さんのイケメン声が大好きです。

平川×岸尾です。
平川さんの攻め声好きですね。岸尾さんの受け声もエロいエロい(笑)
ただ・・・。BGMがすごーく気になりました。別にいいんですけど、なんか気になってBGMの方を聴いてしまってました。
あと今までBLCDを聴いてて女性声優には特に気にはしていなかったのですが
美紗子の声優が、斎賀さんだったので、めっちゃ嬉しかったです。(女性声優の中で数少ない好きな女性声優さん)
なんか原作を読んだ時は、中途半端な終わりかただなぁと思ったのですが、
CDでは同じ終わり方をしていたので、中途半端な感じはしませんでした。
なんでだろうか・・・?
フリートークはみんなでワイワイしてほしかったなぁ・・・一人ずつやるなら
フリートークしなくてもいいよ・・・とまで思ってしまった・・・

2

ヘタレてません

平川さんは俳優志望のカッコイイ攻めで、久々に王子様ボイスに萌え萌えでございました。
しかも、今回は“ヘタレ”じゃないんですよ~。
まだ高校生のいたいけな受けちゃんを美味しくいただいちゃいますが、姉に責められてもぐだぐだ言い訳せず「抱きました」って言い切る男前!
でも、お兄さんらしく、そしてほんわかな雰囲気はあるという、平川さんらしい役どころです。

そんなお兄さんっぽい賢悟を好きになる千洋@岸尾さんが、めっちゃかわいいのです。
マジで高校生か?って勢いでしたよ。
カッコイイ賢悟にときめいちゃって、乙女だよって思ってしまいました。

出来上がっちゃった2人を邪魔する姉・美紗子@斎賀さんが、しっかりした姉って言う雰囲気ありありでした。
千洋を愛するあまりの口出しな訳ですが、感情むき出しな部分と、千洋に切り札を暴露され絶句するところとか、心の動きがきちんと伝わってきました。

岸尾さんのかわいらしさとか、平川さんの優しい王子様っぷりとか、BGMとか、全編を通じてほのぼのとした雰囲気でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ