作る少年、食う男

tsukuru shoune kuu otoko

作る少年、食う男
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
27
評価数
9件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
演出:鈴本雅美
音楽
宮本空
脚本
月原真
原画・イラスト
金ひかる
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
初回ノンカットフリートーク8mmCD/特
フリートーク
あり
発売日

表題作 作る少年、食う男

ウィルフレッド・ウォッシュボーン → 子安武人

ハル → 神谷浩史

その他キャラ
ジャスティン・フライト[成田剣]/ エドワーズ[梁田清之]/ レスター[川田紳司]/ ブリジット[定岡小百合]/ 市議会議長[櫛田泰道]/ 市議会議長夫人[渡辺智美]/ 店主[石上裕一]/ 警察官[斎藤隆史]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

イヤホン無しでもいけます。子安ボイスを楽しめる。

イヤホン無しでも、部屋で聴けるレベル。最後にキスシーンありますが、それでも安全。

子安さんは、実直で一途役。優しくてカッコいい、子安さんらしい。
神谷さんは、元気な少年役。少年役も似合いますが、好みが分かれるかも。
成田さんは、色々裏の顔を持つ執事役。通常の執事のときは紳士。裏の顔を匂わせるときは、別人のように色々手馴れてる感がでてる。

ストーリーは悪くない。
部屋で家事や作業しながら、イヤホン無しで、気楽に子安さんと少年役の神谷さんの声を楽しむにはオススメ。

3

なにげにメンバー豪華です!さらっと聞ける寓話調

あっという間に終わってた!
そういう形容がぴったりくる、大変スムースな作り。
よくありがちなお伽噺を全部ぶちまけてミックスしたような調子が
それほど安易ではなく、むしろいい意味の予定調和で気持ちよく聞けます。

それと!子安さん神谷さん成田さん…って、なんかものすごい豪華!?
ことに、男娼まがいのことをしていながら、大変健気な役柄は
神谷さんドンピシャです。
個人的には執事役が成田剣さんって、いや、嬉しいんですけどね成田さん好きですからw
でも、微妙な風味ついてますw
今気づいたが、子安さん成田さんていったら変態役の双璧じゃないですか!?

そういう意味ではお二人ともまともな役回りすぎて、そこがもったいないと言えばもったいないような…。

1

ある意味タイトル詐欺

原作未読。「作る少年、食う男」というタイトルに反してあまり食べ物の話が出てこないですね。てっきりそこメインだと思っていた。

雰囲気はまるで中世ヨーロッパ。出てくる名詞やBGMから、自然と頭の中に美しい英国の姿が浮かんでくる。
孤児院という単語であまり幸せな境遇にはなさそうだと一瞬思うけど、ハルは明るくてとても可愛い男の子でした。
神谷さんが演じる16歳、違和感はあんまりないかも。やはり声質が若いキャラ向きなので、逆に歳を取った男を演じると合ってないなと思わされる。
金を稼ぐために男娼まがいのことをしているというわりには、そういう行為に慣れているようには思えなかった。
北の死神ことウィルは堅物そうで、ああお貴族様だなあという感じ。
純粋にウィルを慕うハルとのやり取りが凄く可愛かった。
1では絡みもほとんどなくて、BLCDとしてはあまり楽しめないかもしれないけど、ストーリーだけでも結構面白みがあるので、普通のドラマCDとして聞いた方がいい。
料理を作る描写、そしてそれを食べてもらう描写がもう少しあったら個人的には嬉しかったかな。

1

ストーリー萌え

ドラマの基本である「ストーリーが面白い」というものを堪能しました。
ドラマCDは、ストーリーがつまんなくても声萌え濡れ場萌えだけで聴けちゃうんですが、やっぱストーリー大事だなァと改めて思わされましたね。

外国の架空の国が舞台です。時代は中世ぐらいかな。
修道院を出て自分の夢とルーツを探す明るい少年(神谷さん・受け)と、貴族に成り上がった不器用な検死官(子安さん・攻め)の恋。
受けの神谷さん、ショタ系の役も上手いです。修道院を出ていきなり騙されて男娼をして生計をたててますが、前向きな気持ちは失ってなくて、すごく気持ちが良かった。
攻めの子安さんも、不器用貴族の役にぴったりハマってました。
成田さんは執事役。なんかアヤシイ執事w

男娼とバツイチのカップルなのに、二人とも根っこがピュアで妙にういういしくて可愛いw
じわりじわりと惹かれあう二人を素直に応援してました。

濡れ場はありません。
でも、本当に面白かったので、なくてもok、大満足です。
続きがあるようなので、聴いてみたいです。
そこで濡れ場があるといいなw

1

かわいい神谷くん。

両親に捨てられ孤児院で育てられたハル。
16才になったハルは料理人になりたいという夢があったため自立する道を選ぶ。
しかし、料理人見習いのような形で就いたはずの職もむしろ男娼としての仕事だったり。
そんなある日、ハルが働く酒場へ検視官のウィルフレッドが訪れる。
ウィルはこの土地にはない特有の髪色、瞳の色をしており「北の死神」と呼ばれていた。
注文を受けたはいいがろくに料理の仕方を知らないハルを見かねてウィルは自分が作り、その手順を教える。
ハルはその手際のよさに、時々でいいから料理の作り方を教えてくれないかと願い出て…。

ハルは料理人になりたいけど結局はうまく騙された感じで男娼ちっくなこととかもしてて。
でも、全然ヒネてなくて。
自分にはそれしかお金を稼ぐ方法がないんだから仕方ないじゃん!みたいな。
そういう面ではあっけらかんとしてます。
それがウィルと出会って、優しくされたりして、少しずついろんなことを覚えて成長していきます。

ウィルの方もハルといることで段々優しい気持ちを持ったり穏やかな時間を過ごせるようになったりするんだけども。
不意にキスしてし続きまって自分の感情がそういった類の恋愛感情だと気付くと、このままハルをそばに置いておくのは危険だと手放そうとします。
ハルはウィルの心の内など知らないから、そこで気持ちが行き違ってしまって。

2人が両想いになって、ウィルが初恋だって話になって、それを喜んでるハルがとっても可愛いですvv
その後は検視官助手として現場で手伝いをしたり、事件調査的なことに付き合うハル。
危険な目に遭ってウィルに助けられて。
最後はそうやって無事家に帰ってほっこりしかけたところで、ハルがウィルに手を出さないのはなんで?みたいな話になって。
ハルは自分が男娼してたからそういうのに触るの嫌なのかなって思ってて。
そうじゃないよってウィルは告げて。
気持ちの通い合ったのはハルにとってウィルが初めてというこで、初めてだと思うことにするよって結ばれるって感じ。
内容的にはちゅーでフェイドアウトですが。

そんなこんなでハル役の神谷くん。
16才の少年てことで。
今までで聞いた中で一番可愛らしい、元気な少年て感じの声かな。
カタブツ?なウィルの一言一言に喜んだりしてる様がステキでした。
ウィルの方はといえばもう大人な貴族紳士でもあるので落ち着いた感じで。
なのに、どこかおくてというか今までちゃんとした恋をしたことなかったせいもあってハルにいろいろ問われてるシーンとか面白いです。
なんだかんだで子安さんてイイ声なんだよなー。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ