龍と竜

龍と竜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

249

レビュー数
6
得点
41
評価数
11件
平均
3.8 / 5
神率
27.3%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
通販特典座談会CD(中村、小野、安元、羽多野)
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

「いきがるな。もっとオレに甘えろよ」
両親を亡くし、幼い弟と二人暮らしの乙部竜城は生活のために掛け持ちでバイトをしている。昼のバイト先・カフェで知り合った常連客が市ノ瀬組幹部・石神龍一郎と知ったのは、夜のバイト先のホストクラブ。トラブルに巻き込まれ怪我をした竜城を自宅まで送ってくれたのがきっかけで、石神はなにかと理由をつけてはアパートにやってきた。人に頼るまいと肩肘を張っていたはずの竜城だがその優しい一面に心を奪われて……。(メーカーより)

表題作 龍と竜

石神龍一郎 → 中村悠一

乙部竜城 → 小野大輔

その他キャラ
高科次郎[安元洋貴]/ 奨[羽多野渉]/ 繁[遠藤大輔]/ 沙耶子[細野雅世]/ ノブ[原田晃]/ 鉄[小笠原敦]

評価・レビューする

レビュー投稿数6

良かった!

声優様の演技すごく良かったです!
中村さんの低く優しくエロチックな低音ボイスと、小野さんの決して高い声ではないけど低くもなく、甘く優しい声の相性が抜群でした!!
エロシーンはあるにはあるのですが、あんまりエロくはないですw
全体的に、甘々??な感じの、穏やか〜なストーリーかと!
原作は読んだことがないのですが、是非買いたい!と思わされる、素晴らしいCDでした!
そして、受けである竜城の弟、颯太が堪らなく可愛いのです〜!!
ちょっとシリアスな所もありますが、最終的にはハッピーエンドです!
竜城の事を「たっちゃん!」・龍一郎の事を「龍!」って、読んでいて、その度に可愛いな〜って癒されました〜

1

中村さんの低音にびっくりした!

いやーー、やはりこの作品の一番のインパクトは中村さんの低音でした。
しかもヤクザ役で攻で低音!!
こんな声も出されるのね~~とびっくりしつつ聴きました。
ちなみに普通に低音で格好良かったです。

昼はカフェ、夜はホストでまだ幼い弟の颯太を育てている竜城〔受〕(小野さん)
そのカフェに連日現れるマイカップ持参のエコヤクザ、龍一郎〔攻〕(中村さん)
竜城がホストの内部で嫌がらせをされるシーンがあまりにそのまんまというか…もちっと陰湿ないじめでも良かった気がします。
ちょっといじめが安直に感じてしまったかな。

弟役の颯太が可愛いです、癒される~~。
なんだかんだ書いてますが、結構好きですこの作品。

0

原作で気になっていた場面が・・・

原作既読です。
原作で一番気になっていた(というかちょっと嫌だな、と思ってたところ)が、変更されてました!
原作のネタバレになりますけど、颯太が拉致されたあと竜城のアパートが火事になるところと、石神が奨に話を付けに行った時、颯太の居場所を聞き出すために奨を抱くのですが、その濡れ場を竜城に見られる、という場面です。
この2つのシーンは原作を読んだ時、う~ん、と思ってたところなので、ドラマCDで変更されて、私は大歓迎です(笑)。

声優さんに関しては、私は主演のお二人は特に違和感なく聞けました。
悪役ですが、奨や鉄もかっこいいお声でした。

1

龍と竜を背負う男

原作未読。小野さん目当てだったけど、設定からしてBLテンプレ匂が半端なかったにもかかわらず、思った以上に楽しめた。

小野さんは、凛とした美人さんな声。台詞やキャラクターの性格に女々しい部分はあまりないけど、美人だなーという印象を受ける。ぶっきら棒な男前キャラも嫌いじゃないけど、小野さんはこういう役が本当に上手い。
中村さんに関しては若干謎キャスティング。耳を疑うほどの低さ。他の低音系の声優さんを起用すればよかったのではと思ったけど、逆にそれが新鮮だったのかもしれない。
ストーリーは冒頭で言った通り、BLのテンプレをそのままなぞったような、特別目新しさのない無難なもの。だけど予想外に面白いと思わされたのは、声優さんの演技は勿論だけど、石神と竜城のキャラクターが作り込まれていて、場面場面における言動に矛盾点がなく、しっかりしていたからだと思う。
こういうCDで脇に登場する受や攻の子供は大概邪魔に思えることも多いけど、この作品の颯太はいいアクセントになっていたと思う。颯太自身本当に可愛いくて聞いていて和むし、颯太の子供という立場や台詞が、石神と竜城のキャラを引き立てている。
続き編中、石神の持つ信念や、ヤクザにおけるスタンス、そういうものが強く伝わってきた。そんな石神に、惹かれるけど惹かれてはいけない、という気持ちを抱えて揺れる竜城の演技がいい。
絡みシーンの小野さんが凄く素敵でした。ここでタイトルの意味合いが分かって、気持ち的にも盛り上がった。

原作を読んでいたらここまで楽しめなかっただろうと思うので、原作は読まないで聞いた方がいいかもしれない。
設定に食われすぎず、キャラが立ちすぎず、上手くバランスの取れた良作。あらすじや設定で避けている人がいるなら、是非聞いてみることをおすすめする。良い意味で裏切られるCD。

0

うーん

ヤクザ世界とかホスト世界とかを結構まじめに描いてるわりには、リアリティは皆無でした。
エコヤクザというのも微妙な感じ。
突っ込みどころの多すぎるストーリーだったもんで、「これはフィクション。これはパラレルワールド」と何度も唱えつつ聴きました。
コメディならBLにしかないようなトンデモストーリーも素直に楽しめるんだけどな。
妙に社会派な問題を絡ませてくるもんで(環境問題とか、立ち退き問題とか、ヤクザ是非論とか)、しかもそれが底の浅い稚拙な論理なもんで、かなりモニョモニョしてしまいました。

聴きどころは中村さんの低音かな。
最初は中村さんだということがぜんぜん分からなくて、分かってからも信じられなくて、キャストを何回も見直してしまいました。
かなり低い声を意識して出されてましたが、聴いてて違和感もなくて、幅広いなぁ凄いなぁと思いました。

小野さん受けは久しぶりに聴いたんだけど、良かった。
小野さんの喘ぎ方はカエル系というか野獣系というか、独特の個性的があって好きです。
エッチ中に、攻め(中村さん)に口を抑えられてモガモガしたシーンで萌えが炸裂しました。
いいね、こういうシーン最高。

続きあと子供は可愛かった。
ストーリーがつまんなかった中、癒しでした。

1

BLファンタジー893モノ

中村悠一初の攻めは、この作品とのことです。

中身は、まさにBLファンタジーヤクザw
大きな組の相談役でリッチなヤクザ(中村)に見初められる青年(小野)
龍(中村)ヤクザ36歳×竜(小野)ホスト20歳です。

いろいろ肩の力を抜いて聴けるCDでした。
まず、ありえないシチュエーションと展開ですが
乙女チックシナリオでよかったですv
ただ、ガキが・・・4歳のガキが非常にうざかったですよー。
あんなに頻繁に出てくるガキならいっそのこと
男性声優をあてこんで欲しかったなぁ~。
BLCDの女性声優起用は、かなり人を選ぶと思う。

中村くんは、もともと低音ですがこの役どころでは
意識して低音にしているのでとても20代の声優さんとは思えない感じでしたよん。
逆に小野さんの甘えた声の受に衝撃を受けましたv

フリトは、短めですが仲良し男友達のノリで
わいわい楽しそうでしたよ。
BLCD録ってる合間は、下ネタばかり話しているらしいですよ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ