恋に命を賭けるのさ

恋に命を賭けるのさ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

220

レビュー数
5
得点
40
評価数
11件
平均
3.6 / 5
神率
18.2%
著者
イラスト
作品演出・監督
音響監督:田中英行
脚本
頼経康史
原画・イラスト
実相寺紫子
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
71 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典座談会CD(中村悠一・神谷浩史・成田剣)
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

三佐和透は、ある日兄の恋人(♂)の秘書・新海聖司と出会う。
女好きの透だが聖司の眼鏡美人っぷりとサドっぷりに惚れて猛プッシュを開始するも玉砕ばかり。
実は聖司はヤクザの組長の息子で…!?

「愛と仁義に生きるのさ」のリンク作品が、早くもドラマCDで登場です!(メーカーより)

表題作 恋に命を賭けるのさ

三佐和透 → 中村悠一

新海聖司 → 神谷浩史

その他キャラ
三佐和悠[谷山紀章]/ 長嶺治彦[川原慶久]/ 富樫和成[成田剣]/ 新海玄一[秋元羊介]/ 浅井[安斉一博]/ 吉岡組組員[増田隆之]/ 友達[佐藤雄大]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

神谷さんのドSっぷり御馳走さまです

久々にキタこれ!って感じで面白かったです!
神谷さんのツン声・S声・さげすみ声・冷静なハッキリ拒絶声がとっても堪能できます。
たーまーらーん!!!!!
そして中村さんの恋愛ゲームからの真面目本気年下必死口説きへのシフトでかっこかわいいっす。

「愛と仁義に生きるのさ」の続編・スピンオフです。
続けてCD聴いたらいいテンポで面白い!原作未読なんですが。
前作は、極道好きの兄:悠が、一般人だけど見た目行動全て極道な長嶺さんと「極道でも・・・」と悩んで悩んで腹決めたら極道じゃありませんでした(笑)な展開だっただけに!
今回は美人秘書新海さんが実はご実家極道でした!みたいな。
その展開だけで「こっちかい!(笑)」と面白かったです。

お母さんが極道のオヤジの後妻に入ったために、
子供の頃友達にハブにされたけど、オヤジは溺愛してくれるし
恩をめっちゃ感じてる。しかもオヤジは跡を継いでくれたらと思ってる。
ぐれるでもなく、しかもゲイで・・・。税理士の資格もとって、
ツンの鎧をガッチガチに着て始めから恋と将来を諦めてる。

うーん、この全部自分で決めて諦めてしまって続きるツン具合がたまらん!
少しずつ透を見なおしていく過程も、新海にマジになっていく透の過程も、なかなか短い尺の中でわかるようになってると思います。

女王様受け・・・たまらないです!しかも、エッチの息も整わないうちに真面目な展開に!た・ま・ら・んー!
絡みは2度。神谷様の「おぐっ(奥)」が聴けます・・・神・・・(泣)

0

中途半端感が否めない

原作未読。前作のCDを聞いていて気になったので購入。
ほぼキャスト買いの気持ちだったけど、結果ほとんどキャスト萌えだった。

何の変哲もないクリーニング屋にヤクザが、っていう部分からかなりとんでも臭がするし、リアリティはあんまりないかも。ありがちなBLにしても設定がちぐはぐな印象。
自他共に厳しい聖司さんは、ヤクザの世界に身を置いている自分をあまり好いてはいない。そこに関する葛藤をもう少し練り込んでくれていたら、作品に深みが増したかも。
とにかく色んなところに片足だけ突っ込んで、あちこちから話が入り混じっていてごちゃごちゃしている。
透は、仕事に対してだけは恋に惑わされず真剣に取り組むのかと思いきや、即座に職権乱用したりと、何だかつかみどころがない。
まあタイトルが「恋に命を賭けるのさ」ですしね。
話の展開が速すぎる。透も聖司さんのキャラも好きなので、じっくり描いて欲しかった。
全然関係ないけど、天ぷらを食べる音が凄く美味しそう。
透の熱すぎる聖司さんへの想いが台詞でよく表れていて、情熱が感じられてよかった。
濡れ場は神谷さんが控えめに声を出していて素敵でした。逆続きに中村さんは少し激しすぎたかも。

トントン拍子に話が進み、色々とご都合主義。
一枚にしてはまとめた方なのかなあと思うけど。でもキャラは凄く可愛いしかっこよかった。楽しかった。

1

いろいろ残念ではありましたが

『愛と仁義に生きるのさ』のスピンオフ作品です。
ストーリー的には前作のほうが圧倒的に面白いです。
この作品もまずまず面白いのですが、『愛と仁義~』が面白すぎるため、どうしても期待値を上げて聴く→ガッカリ、になっちゃう可能性が高いと思う。

正直いろいろともったいないんだよね。
もっともっとドSな神谷さん受けが聴きたかったなと。
ツンデレ化するのは最初から分かってたんだけど、デレが来るのが早すぎるな、と。
ツンデレはツンとデレの落差で萌えるのに、「激しくドS女王様な神谷さん」があまり見られないので、萌えにくいのだ。
年下攻め(中村さん)のほうも、ノーテンキなアホアホっぷりを前半でもっともっと見せて欲しかった。
最終的にカッコよくなるのは分かってたんだけど、その部分を露出させるのが早すぎたような多すぎたような、そんな気がします。

前作でのキャラ設定が秀逸だったぶん、もっと面白くできたんじゃないかなと、非常に残念に思いました。
などなど不満ばかり書いちゃってますが、あくまでも「前作比」での話です。
全体的には良作でした。

0

うーん、オススメなのはキャストだけかなw

「愛と仁義に生きるのさ」のリンク作品。

兄弟でクリーニング屋を営む 和透(中村)は、
兄の恋人の長嶺(川原)の美人秘書の新海(神谷)に一目ぼれ
猛烈アタックを開始するのだが、実は新海(神谷)はヤクザの息子で・・・

っていうお話。
コテコテだし、テンポも早いので
さくっと聴いてさくっと萌え用。

とりあえず前作のフリトの念願かなって
神谷さんを攻めることができた中村くん・・・よかったね☆

通販特典には座談会CDがついていたらしいのだが
わたしこれレンタルで借りたので
キャストコメント的なものがちょろっと入ってるだけOTZ

神谷さんが相手なのでうまくまとまってますけど
中村くんの演技は、ちょっと力みすぎのように聞こえるのは私だけ?

0

トントン拍子に突拍子もない展開。

作者自身も現実世界ではあり得ないような突拍子もない展開にしてみましたvみたいなことを書いてたんだが。
まさに、そうでした(笑)
スゴイ展開でした。
しかも、展開が早い!
というかコメディ的な要素が強いのか?
聞いてたからスゴイぽんぽん話が進んで「あららららー」みたいな。
透が新海に一目惚れするのはともかく、新海の部屋行った時とか慣れてるからなのかなんなのかあっさりサイゴまで流れていくし。
ま、それで心まで許したわけじゃないから、そういう流れもあるのかもしれないけども。
新海の方も本当は透に全く興味がなかったわけじゃないからそういう流れになっていくのかもしれないけども。
後半は更にぶっ飛んでって。
実は新海の実家が老舗の極道ってことで。
新海はそろそろ跡目を継ぐ決心をして仕事を辞めるわけだが諦めきれない透は覚悟を決めて乗り込んでくのね。
そんで、「息子さんを下さい!!!」みたいな。
それが無理なら、俺も極道入れてください、みたいな。
え、ちょ、透…。
まあ、結果的にはその心意気に親分さんが惚れて新海は透に与えられることになるんですが。

そんなお話ですが続き、神谷くんがステキでした☆
今回はSだし、クールビューティーになるのでしょうか。
最初のベッドシーンとかでも自分が主導権を握りたいからって、基本的に誘い受というかそんな感じで。
透を手のひらで転がしてる感じがありました(笑)
ラストのラブシーンも「もってけ、泥棒」ってセクシーに言ってくれちゃって。
色気はもうさっすがの神谷くんですよ(笑)
中村さんは新海より5才年下って設定もあってか声がちょっと若め。
軽いってわけじゃないんだけど、男前で女にもモテるし仕事もデキる男設定なのでわりとイイ声です。

本編CDについてたキャストトークでも成田さんがいい味出してたんですが通販特典のキャストトークCDでもいい味出されてました。
特典CDの方のメンバーは神谷くん、中村さん、成田さん。
今回、中村さんと神谷くんは初対決だったらしいです。
で、中村さんは攻が今まで少なかったらしく精進しようと努力の人になるみたい(笑)
成田さんが「そこは先輩の神谷くんに教えてもらえば…」みたいなこと言ったんだけど「アイツ、攻めほとんどないんですよ」みたいな中村さん。
神谷さんも「僕も大概、底辺なんで」みたいな(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ