傲慢で残酷な純情

傲慢で残酷な純情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
14
評価数
5件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
LADY BUG(株式会社アスガルド)
収録時間
72 分
枚数
1 枚
ふろく
なし(フリートークは初回版のみのボーナストラック)
フリートーク
なし
発売日

表題作 傲慢で残酷な純情

鷹栖煌一 → 鳥海浩輔

篠宮朝季 → 平川大輔

その他キャラ
鷹栖聆一[高橋広樹]/ 室生周正[安元洋貴]/ 各務眞仁[神谷浩史]/ 各務祥人[高城元気]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ヘタレワンコ鳥さん×クールビューティーひらりん

ヘタレ攻め鳥さんと、年上受けひらりんの初共演BLCDです!

ストーリーはハードボイルド系ですが、そんなに聞くに耐えないようなシーンはなかったです、平川さんの叫びのシーンはまさに名演技!緊迫感が伝わってきてドキドキしました。

音楽もなかなかでした、脇キャラと呼ぶには恐れ多いですが、社長役に神谷さんが出てるのも私的に嬉しくって^^声のトーンもセクシーでした!こんな社長いたらいいのに!!

ただ一つ残念なのが。。。私の理解能力不足というか・・1回聴いただけではストーリーがよく把握できなかったorz

前作も、原作も読んでないし・・・とは思ったものの、まぁ読まなくても最終的にはちゃんと理解はできますよ^^

ただモノローグがあるのだから、もう少し事件の概要と言うか、事の進み具合を練りこんでもらえたらもっと良くなったかもしれないいですね!

0

声優さんは、凄いなぁ

う~~ん

話の流れが、微妙にわかりません。

原作読んでないから?

前作「傲慢で一途な欲望 読んでない&聞いてないから?



鳥さんの煌一、15歳から、ちょっとづつ年齢上がって、体格もよくなってく表現が、さすが!

声優さんの演技ってすごいと感心。

平川さんも、モノローグいっぱいだし、いろいろ頑張っているなぁ


で、

結局、純情一途に思いを貫いて、二人はくっつくわけだが、
投入される、敵キャラといい、因縁エピソードといい
何か、微妙、、、


0

鳥ちゃんもステキですが、神谷氏にズキュン☆

篠宮と煌一は高校時代の先輩後輩で。
篠宮に一目惚れした煌一がしつこく告白をした結果、「じゃあ、俺を惚れさせてみろよ」みたいなことになって、付き纏うようになるわけですね。
篠宮は最初は鬱陶しくもあるんだけども懐かれることにそう嫌ではなく。
それでも、受け入れることもなく。
返事もちゃんとしないまま曖昧な先輩後輩の関係を続けていく。
それは篠宮が大学生になってからも続いてて。
一方で自立もしてない男はただの子供だ、みたいなことを言われていた煌一は役者として活躍し始めて。
そのプレス向け試写会のチケットをもらい見に行った篠宮は自分と煌一との間の歴然とした格差を感じ、そして自分の気持ちにも気付くのだが。
その後、偶然ガードとして再会した篠宮を煌一が我儘をとおしてガードにつけて、それとなく口説いて、みたいな。

平川さんが今まで聞いたことのある中では一番線の太い声だったかも。
ガードのせいもあってかしっかりした感じなのかなぁ。
煌一と別れてから警察に入るんだけど、そこでのちょっとした事件で錯乱?してる平川さんはちょっとコワかったです。
いや、そうなるのはわかるんだけども続き、なんかびっくりでした。
平川さん、こういう声も出すのね…(声優ですもの)
鳥ちゃんはいつもの感じというか…。
相変わらずお似合いの雰囲気なんですわ。
どっか軽いというかなんというか。
最初に篠宮と出会った時の無邪気な感じも可愛いし。
それが、ちゃんと意識して欲しくて迫ってる時はまた男前上がってるし。
再会して自分のガードにつけてる辺りでは本気でありつつ軽口を叩くような感じで篠宮に接して。
最後、篠宮の元上司が篠宮の過去を暴露してそれに対して怒る時は超本気っつーかコワイ感じの男前で。
最ッ高ステキでした☆

あとは高城くんが今までに聞いた中では一番キレイ系っぽい声で。
どっちかというと元気少年ばっかなイメージだったんだけども今回のは美形っぽかった。
それから。
忘れちゃならないのが神谷氏。
思わず、呼び方もこんななっちゃうぜ、神谷氏。
ガード会社の社長なんだけども。
出番少ないんだけども。
何だこれ!
フツーに喋りゃいいのに、無駄に色っぽいんですけどー。
噂には聞いてたけどものすごいインパクトなんですけどー。
ぎゃふん!!
この社長の話も出ればいいのにー!
って、なりますよ(笑)

ちなみに。
今回、鳥ちゃんと平川さんはタメですが初対決だったそうでーす。

1

カッコイイ年下ワンコ

『傲慢で一途な欲望』で兄のボディーガードを受けてもらった件に便乗して、高校時代から好きだった朝季@平川さんに自分(煌一@鳥海さん)のボディーガードになってもらい、前作の事件がらみで謹慎中だった朝季が復帰したところからお話は始まります。

高校時代の2人は、とても仲睦まじく、朝季に作ってもらったお弁当を食べたりしています、煌一は。
朝季もまさに『かわいい弟』みたいに思っていて、ふたりの会話の様子からも、そんな雰囲気が漂っていて。うまく煌一をあしらっているというか。
それが体格が逆転し、俳優としても知名度が上がりだします。
すると、大きな賞も受賞し俳優として成功した煌一にとって、邪魔な存在になると思いこんだ朝季は、受賞のごほうびに甘~~~い時間を過ごし、翌日、煌一に黙って姿を消してしまいます。
雲隠れしたあとの朝季は、父の跡を継ぎ刑事となり事件を解決し出世するもんだから、同僚からやっかまれて3人もの同僚や上司に暴行を受けそうになって。大事に煌一にだけ抱かれた身体を守りたくて、必死に抵抗したら過剰防衛となってしまって辞職。
この暴行シーン、非常に鬼気迫る平川さんの叫び。鳥肌が立続きつほどです。

そして、再会。
朝季のことがずっと好きな煌一は、やっぱり押せ押せで。
ヘタレなイメージの鳥ちゃんが、どんどん格好良くなっていくんですよ。
カッコイイ鳥ちゃんに口説かれちゃったら、絆されちゃうというか、朝季だってずっと好きだったわけだから元サヤに収まっちゃうわけです。
鳥ちゃんは年下攻めの甘い雰囲気が出てて、平川さんはそのかわいい年下の彼氏を甘やかしていて。
あ~も~ごちそうさま!って感じで照れてしまいます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ