摩天楼に抱かれて

摩天楼に抱かれて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
7件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
イラスト
音楽
作曲:澤口和彦
脚本
堀井明子
原画・イラスト
円陣闇丸
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
なし(ブックレットに書き下ろしSS有り)
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

スーパーBE×BOYコミックス(ビブロス刊)の『摩天楼に抱かれて』(遠野春日著)のイメージ・アルバム。完璧なエリートビジネスマン×美貌のホテルマンのラヴロマンスを収録。

■曲目リスト
チェックイン
逸らせない視線
ざわめく心
本気の恋
きみが好きだ
仕掛けられた罠
何も怖くない
猫と桜と宵のキス
約束

表題作 摩天楼に抱かれて

都筑智将 → 森川智之

水無瀬基 → 福山潤

その他キャラ
夏目伊智朗[浜田賢二]/ 水無瀬功[増谷康紀]/ 田上[遠近孝一]/ 増田[高階俊嗣]/ ベルボーイ[北沢力]/ スタッフ[川崎恵理子]/ インストラクター[真堂圭]/ ドアマン[松岡大介]/ 光代[喜田あゆ美]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

声だけなら楽しめるかな

スウィート客とホテルマン(でもホテルオーナー一族)の恋。
配役は素晴らしいです!!主に森川さんのいい声が語り、福山さんの可愛い声で若いホテルマン。甘甘お兄ちゃんは増谷さんの低い声。怪しい夏目さんは浜田さん。配役は好みぞろい。
濡れ場は惚れあった二人で急展開あまあまなかんじで萌え萌えでした。

ええ、配役と声はとても好みでした・・・。原作未読です。
ストーリーは突っ込みどころが満載すぎて聴きながらメモるくらいでした・・・。
恋仲になる前に受けが血が出た指を攻めが口に含むってさ、若者に「これにドキンとする少女マンガが80年代くらいにたくさんあったんだよ、でも今は感染症とかあるからよく知りもしない相手にいきなりやることじゃないんだよ」と教えてあげたい・・。うん、時代だね。
さらに事件解決後戻るタクシーの中・・・。とにかくタクシーの運ちゃんが気の毒で仕方ない。行き先聞いたら男同士で「帰りたくないの」って愁派漂わせて二人の世界を作られ、とりあえず新宿を指定され向かったはいいものの、延々と後ろでイチャコラされ、「近くのビジネスホテルにつけてくれ」って変更。お疲れさまでした・・・・。
続き
でさぁ、ビジネスホテルかよ。スイートに泊まるような客が!せめてシティホテル行けよ!そんな壁薄いビジホで真昼間から事に及ぼうとするな!(笑)
誘拐されたのに無事な姿だけでも家族に見せに行けよ!帰りたくない言ってる場合じゃないだろ・・・・。兄ちゃんかわいそう・・・。
それでも兄ちゃん攻めに感謝してるなんてご都合過ぎておおらか過ぎるよ・・・。

とりあえず声を堪能するにはいいCDでした。福山さんは色っぽかったです。

0

いまいち

いまいちでした。

主役カップルの初対面から萎えました。
「怪我した指を口に含む」っていうありがちなシーンなんだけど、こういうの苦手です。
キモいとしか思えなくてさ。「つい」やる行動じゃないと思う。むしろ計算してやってるほうが萌えるんだよね。
いきなり下の名前の呼び捨てを「つい」やるというのもよく分からない。
遠野春日さんはファーストネーム呼びにこだわりすぎじゃないかなと毎度思います。たいして親しくもない段階からファーストネーム呼びというのは、逆に萎えるもんで。
こういうのって少女漫画の典型的なパターンかもだけど、全編にわたって使いかたを間違ってるような気がしました。
ほかにもいろいろベタベタな言動があるんだけど、自然なようでいて不自然で、ことごとく萌えポイントじゃなくて萎えポイントになってる感じでした。
こういうベタなシーンを使うなら、自然にやってほしいなぁと。

恋のときめきも感じず。
互いに一目惚れで、結ばれるまでの過程にスリルもドキドキもなかったし、萌えもなんにもなかったです。
声優さんは頑張っておられましたが、ストーリーがいまいちすぎました。

0

あまあまぃ

VIP待遇でアメリカからやってきた都築と、ホテルマン・水無瀬のお話。
お互いに一目ぼれ~ラブラブな流れなので、これとったドラマはないのですが、これはこれで可愛い一作なのではないかとおもう。
聞いていて苦痛もないし、「僕にも望みが」とドキドキするすがたはこれまた可愛い。
お互い最初から好意を持っているので行動も早い。
これといった不満はないけれど、これとった萌えもないのは残念だったかな。
この作品のスピンオフである作品を読んでいたという記憶のために、「あれ?この子・・・どっかに拉致されて監禁とかされてなかったっけ?」と別の作品と勘違いしながら聞いていたのでちょっと無駄にときめいてしまったというのも・・・(笑

ほのぼのサラッとあまい話を聴きたいときにはお勧め

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ