エス -咬痕- 2

エス -咬痕- 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神21
  • 萌×28
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

142

レビュー数
7
得点
137
評価数
29件
平均
4.7 / 5
神率
72.4%
著者
イラスト
作品演出・監督
鈴本雅美
音楽
宮本空
脚本
中山瑞季
原画・イラスト
奈良千春
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典スペシャル小冊子ファンブック
フリートーク
なし
発売日

あらすじ


安東の死から3ヶ月。
新たなエス・宗近との関係に身も心も深く沈み込んでゆく椎葉。
明確な境界線を決められないまま迷い続ける椎葉に、上から命令が下った。
同じくエス工作に従事する同僚の刑事・永倉の援護。
冷酷に笑い、自身のエスに対しても横暴な態度をとる永倉の生き様に、理解に苦しむ椎葉。だが、やがてエスとの一線を越え、破滅へと向かう彼の姿を目の当たりにした時、椎葉はそこに重なるように見てしまう。自分の明日を―――

欲しいのはどっちなのか…エスとしての宗近。それとも、ひとりの男としての宗近。

身分を隠し『エス工作』に身を投じる警視庁の刑事・椎葉昌紀(しいば まさき)。
運命を共有する関係でありながら、決して相容れない存在―――刑事とエス。
裏社会を舞台に繰り広げられる、孤独に生きる男達の歪で鮮烈な愛の物語!!

『―――どこまで心を許せばいい?』

(レーベルより)

表題作 エス-咬痕- 2

宗近奎吾 → 小西克幸

椎葉昌紀 → 神谷浩史

その他キャラ
篠塚英之[三木眞一郎]/ 永倉康介[黒田崇矢]/ 小鳥遊真生[武内健]/ 高崎係長[花田光]/ 鹿目[中村悠一]/ 浅川[高瀬右光]/ 松田[大西健晴]/ 佐上[高田べん]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

シリーズで一番好きw

これ、スゴイ好きです。
超切なかった。

もうとにかく永倉と真生が!
メインの2人もいろいろあるのですが、今回はこっちの方がグッときました。
真生は永倉から横暴な扱いしか受けてないんだけど。
それでも、そんな男だけどいつしか好きになっていて。
自分なんてエスとしての価値しかないとわかってるけど、永倉の役に立てるならと。
「好き」という気持ちがある故に不安定に動いてしまう部分もあったのだけれど。
永倉は永倉で態度は横暴で少しも優しくなかったけれども。
その中に想う気持ちが確かにあって。
想いすぎて手が出せないほどに想っていて。
2人の結末はとにかくとても切ない。

そして、そんな永倉を見ていてどんどん不安定になっていく椎葉。
エスと刑事。
その関係は「仕事」でなくてはならなくて。
その方法に身体を使ってしまったことでただの「仕事」相手というところから逸脱しつつある情があって。
その感情を見極めるのに椎葉はぐるぐるぐるぐる。
最後の最後で自分の感情を認めた上で。
それでも今は「エス」として宗近を使うことを選択する椎葉。
椎葉と宗近の最後のシーンのや続きりとりはこれまた切なかった。
確かに2人の間に「情」はあるのに、それに敢えてフタをして「仕事」と割り切る。
割り切れないものがあるのに抑えつける。
それがなんだか痛々しくもあってせつなかったです。

今回はズバリ永倉役の黒田さんにやられました。
私の中の黒田さんのイメージは「エロくて特徴的な声」だったのですが、今回の黒田さんはやさぐれ刑事というかかなり渋みがあって。
抑えた感じだったのがよかったのかな。
まぁ、これはもう永倉の生き様がなんかかっこよくさえ映るからよく見えるかもしれないが。
今まで聞いた黒田さんのキャラ(というか声?)の中ではこれが一番好きです。

4

エスシリーズでは一番好き

前作では、「なんか香港ドラマによくありがちな設定だな」ってのが正直な感想でした。
しかし、シリーズ2は、永倉(黒田崇矢さんです)の存在感がズッシリくる!
シビれる!黒田さんご自身が「男惚れ」したと語っていらっしゃいますが、わかりますそれ。
小鳥遊が惚れるのもわかる。

BLにはあまりないキャラで、物凄く新鮮だった!
最初はどんな悪役かと思ったら、とても人間くささと男の悲哀に満ちた人物で、
それをハスキーで抑揚をおさえた語りで演じていらっしゃった黒田さんが今回のMVP賞!
それとは対照的に、三木眞一郎さん演じる篠塚がまたいい。
想像を絶する悲しみを胸の奥に閉じ込めながら、影になり日向になりしながら見せる包容力がよく出ていて、オドロオドロしいストーリーの中のオアシス。

このお二人、それぞれの過去で1個ずつストーリーを追っていきたくなるような感じ。
聞き応えあるドラマでした。
小鳥遊が最後、さらりと書き置きして去っていくのも、それからの人生が今までのリロードになってしまうのか、それとも、永倉や篠塚のように心の奥底に悲しさを押し込みつつ前向きな人生を歩むのか、暗示的続きで気になる。

とにかく、脇役が光るドラマだった。
エス全体に共通しているのは、「誰かの犠牲の上に存在している」人々が連鎖しているところで、
その連鎖の先にあるのが、宗近と椎葉の関係なんだと思う。

3

鷹がいなければ、小鳥は遊べる

原作未読。前作「エス」は聞いてあります。
エスシリーズ第2弾に相応しい、1よりクオリティもキャストの演技も格段にパワーアップした出来になっている。

「エス」の中に生きる男だちは、どこか幸せとは縁遠い場所にいる気がする。
エスとして宗近を取り込むことに成功した椎葉は、引き換えとして宗近に身体を与えながらも、心だけは許してはいけないと必死になっている。
訥々と、時に情緒的にその思いを語る椎葉、神谷さんの繊細な演技に息をのむ。
永倉は、初めはなんて暴力的で怖い人なんだろうと思ったけど、この人の生き様には心揺さぶられずにはいられない。
真生は囲われて縛られて逃げ出せずにいる鳥のようで、永倉を愛していたからそこに止まっていたのに、結果それが永倉を…と、最終的に悲しい結末を迎えてしまい、本当に切なかった。
永倉と真生の二人は椎葉と宗近の関係を彷彿とさせて、椎葉は揺れずにはいられない。宗近にも言われた中途半端な覚悟に更に拍車が掛かって、今にも崩れてしまいそうな椎葉の姿には手に汗握る。
椎葉たけでなく、真生や永倉、たくさんのキャラに感情移入してしまいそうになった。
重厚で押しつぶ続きされそうな空気の中で、篠塚と椎葉のシーンだけは、肩の力を抜いていられた。篠塚は椎葉を家族として愛しているけど、椎葉は、そこにある幸せな風景に浸るのが怖くて怯えているのかなという感じがした。
1より宗近との関係がより濃密になった。椎葉の家での永倉さんとのシーンで、椎葉が泣きながら吐露する瞬間は聞いているこっちも崩れそうになってしまうほどリアル。
濡れ場は短いながらも激しく、一部暴力的。神谷さんの喘ぎは甲高すぎたかも。艶っぽくて凄く色気が出ていて素敵だったので、もう少し低く演じてくれたらよかった印象。

刑事とエスという絶対の関係を、改めて思い知らされた一枚。
そこに個々の感情が介入してはいけないこと、宗近を愛していると言葉にしてしまえば二人の未来に破滅を招くことを知り、知っていながらも、と前にも進めず後戻りも出来ずという椎葉。
これからの椎葉と宗近が一体どうなっていくのか。
エスシリーズは一度聞き出すと最後まで止まらなくなるので、本当に困ります。

2

2作目

なんか聴き後がもの凄く切ない(´;ω;`)ウゥゥ
原作未読。
あれ?主カップルが聴きたかったのに主じゃねぇぞ
から入ったので最初ショボンだったわけですが、これまたいい味出してました。原作が早く読みたい!
(とかいいつつ枕元につみっぱなしですがw)

ここもまたエスな関係
お互いに気持ちはあるのに結ばれない。
可愛い、愛しいと思う相手を他の男たちに強姦させる
のに、自らは決して触れない。触れられない
そこがなんだかもどかしい。
結局最後の最後~までというのがなんとも胸にしこりです
この手のエンドは胸に痛い(*ノД`*)・゚・。
好きなんだけど苦手です。

悪い男。だがしかし
もう一度しっくり聞き返そうと思います。
一度じゃたりないよ。
原作も早く読まねばですな

2

シリーズ中、一番好きなのがこの二作目

ゾクゾクが止まらないです。
最高!
私、このエスシリーズの中では、この二作目が一番好きです。原作もCDも。
その大きな理由が永倉という男の存在です。
永倉の声を担当された黒田さんもおっしゃっておられましたが、実に魅力的です。
けして「いい男」ではないのだ。
虚無的で破滅的な生き方しかできず、結局なに一つ報われることがないまま、最後はあまりにもあっけなく死ぬのだ。
死ぬ間際にありがちなお涙頂戴のシーンも用意されていない。何一つ言い残せない。
原作の英田サキさんは計算されてるんだと思うんだけど、この「演出しないという演出」による余韻の破壊力はすさまじいです。尊敬します。
永倉は、愛する相手と口づけの一つもできなかったんだよね。
あんなに愛していた相手である真生(武内さん)に最期に遺したものは、「真生のせいで死んだ」という最悪の事実だけだったという…。
たぶんこの先の真生は、何度も何度も自分の過ちを反芻しては、後悔と慚愧の念に苦しむのだろう。
死してなお、愛していた男を苦しませる永倉。
最低な男なんだけど、だからこそいいのだ。
だからこそいい。
凄まじいとしか言い様のない生きざま。
原作者の続き英田サキさんの手腕ですね。

もちろん主役カップルも戦ってます。
椎葉(神谷さん)の葛藤が苦しい。
神谷さんの悲痛な声に胸がえぐられましたよ。
そんな椎葉を殴りつけて犯す宗近(小西さん)。苦しんでる人間をさらに殴って犯すんかい!サドやな!と思いましたが、いいよいいよ、分かりやすい甘さを宗近の性格に組み込まなかったこのBLらしくなさ(らしいのかな)が、またタマランです。

2

渋くて男臭くて、男の生きざまにあふれています!

「エス」シリーズ2作目は、黒田さんの渋い演技が光って、とてもハードボイルドに仕上がっている秀作です!

同じエス工作をしているいけすかない同僚の永倉@黒田とそのエス真生@武内と、宗近×椎葉の2組の在り方を通して、椎葉が揺れ動く巻なのですが、この黒田さんがとっても、とってもよくて、主役を喰ってしまった感じさえします。
以前エスである女性が死に追いやられ殺ったヤクザも、助けてくれなかった警察も憎みながらエス工作をしている永倉。
今度もエスの真生を愛してしまった為に真逆の態度で接する永倉と、それでも永倉の為と思い自分なりの態度で接する真生。
この二人の関係を通して自分の宗近への想いについて苦しむ椎葉。
宗近に乱暴されて帰ったアパートで永倉に、胸の内を独白するシーンが切羽つまっていて迫真でした。

原作ではもう少し登場シーンのあった宗近@小西ですが、このCDは永倉×真生に重点を置いて、人間ドラマを全面に出している為、割と削られてしまっています。
削ったことでの弊害はなく、多分原作未読の人でも納得してもらえるストーリー構成にはなっていると思います。

椎葉@神谷さんのエチシ続きーンについては余り色気はないほうだと思うので、エチでも宗近と対等でいようと突っ張っている椎葉の雰囲気が充分に出ていて、いいのだと思います。
そんなに甘い関係ではないですもんね。
篠塚@三木さんは相変わらずいい味だしてますが、今回鹿目@中村さんが前作一言だけだったのが、セリフが増えてて嬉しかったりします。
何度聴いても、いい1枚だ~♪

3

裏社会に生きる男たちの哀愁

警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対五課」に所属する刑事は
裏社会にスパイを持ち“エス”という名で飼いならしている。

若頭補佐という裏社会に生きる男 宗近奎吾(小西)を
エスに持つ椎葉昌紀(小西)は、自分の身体を宗近(小西)に与えている。
それでも二人の関係は、対等。
ずっとそうやっていけると思っていたのに
ここにきて椎葉(小西)の気持ちが揺らぐ。

同僚の刑事 永倉(黒田)とそのエス小鳥遊(武内)の関係を軸に
椎葉(小西)がエスとの関係に悩み宗近(小西)への想いに気づくお話。

刑事とエス。
張りつめた緊張感の中の男同士の感情のぶつかり合いがすげぇ。
宗近(小西)の荒々しくも中に、きちんとある椎葉(小西)の想い・・・
プライドでがんじがらめの椎葉(小西)が永倉(黒田)に向かって
本音を吐露する場面にグっと引き込まれた。
巧いっ!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ