僕は君の鳥になりたい。

boku wa kimi no tori ni naritai

僕は君の鳥になりたい。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
26
評価数
8件
平均
3.5 / 5
神率
25%
著者
作品演出・監督
小川信寛 / 松下一美
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
ホームラン・拳
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
初回封入特典:ポストカード
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

捕まえないと逃げるだろ?恋を知らず、恋をしたいとも思わないしっかりものの高校生の小山炯は、寂しい時には、誰かに抱かれることで孤独を紛らわせていた。それが先生でも、同級生でも…。 そんな炯が、優しく笑う医大生の藤井と出会い、胸が焦がれるような気持ちをはじめておぼえる。これは、恋…?けれど藤井は、姉の恋人…。炯の切ない恋の物語が、今ゆっくりと始まった。

■曲目リスト
春は逝く 未だ恋を知らず
春は逝く 終らない課題
春は逝く 初恋
夏と戯れ 閉ざされた扉
夏と戯れ 後悔しない
僕は君の鳥になりたい。 期待と罪悪感
僕は君の鳥になりたい。 決別
秋を貪る 自分の居場所
秋を貪る 共有する鼓動
冬の終焉 すれ違い
冬の終焉 告白
冬の終焉 うつろいゆく季節

表題作 僕は君の鳥になりたい。

藤井大輔 → 羽多野渉

小山炯 → 鈴村健一

その他キャラ
赤塚凜太郎[伊藤健太郎]/ 小山萌[水橋かおり]/ 炯の父親[松山鷹志]/ 杉山[渋谷茂]/ 生徒[高口公介]/ 同級生[斉藤隆史]/ 同級生[松林大樹]/ 客[細谷佳正]/ 義母・小山香苗[西宏子]/ 8歳の炯[夏樹リオ]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

羽多野さんの初攻め作品という意味では貴重ですが…

羽多野さん、これまで数多くの攻めを演じられていらっしゃいますが
こちらが初攻作品……わお!!
とはいえ、絡みがほんの少しなので
そこを楽しむというわけにもいかなかったですw

原作未読でして、先入観ナシで聴かせていただきました。
ですのでいきなり学校の先生と炯がシていてびっくりしました!

幼い頃母を亡くし、医者の父の愛を受けられず
愛されることを望んでいながらそんな相手もいなくて
ただ体温を感じている間は安心できるから、というビッチな(?)15歳。
この設定の時点で「…15歳かぁ…」とひっかかってしまった
ショタ苦手な私でした;
無理矢理じゃないなら…と言い聞かせながら聴きましたが
先生が、役どころって事で不気味さを出しているのかもしれませんけども
薄気味悪かったというか。

鈴村さんのお声は15歳でも無理がなくてとても聴きやすかったですし
感情の乗せ方もお上手だったように思います。

羽多野さんは、優しくて穏やかな医大生の藤井くんにぴったり!!
こんな彼氏いいなぁと思いましたw
ふんわりしていて、包み込んでくれるような温かさが
とても羽続き多野さんご自身の性格とも相まっていたような気がします。

ただ、炯の姉・萌が……私は好ましくなかったです;;
お金が無いという医大生に対して、バッグを再三ねだったりとか
夏祭りに、自分は浴衣だからって、
浴衣で来なかった彼を見て「つまんない~」とか、言っちゃうか!?
こういうタイプの女性を可愛いと思う男性もいるかもしれませんが
思いやりもないし自分が良ければ相手の都合は考えないという性格で
ダメでした…。
藤井くんと炯が植物園に行くという約束をしていたのに
来週は都合があわないから自分を優先してよとか
「もう、わがままだなぁ、こいつぅ!でもそこが可愛いんだよね」とは思えませんでした。
(頼んでもダメだったから、元カレからお茶に誘われて
会いに行こうとしたりとかもダメだろ!!)
藤井さんは話も合わないのに、萌のどこが良かったのか…。

…というわけで(?)炯が「藤井さんは姉さんの彼なんだから」と気にかけて
姉を大事に思う気持ちに感情移入できませんでしたし
終盤「寂しくなると平気で股開く、どうしようもない人間なんです」って
藤井さんに明かしたシーンでは
…藤井さん「この際俺に絞ってよ」ってよく言えたなぁ…と
妙な感心の仕方をしてしまいましたw
普通引かないかな、そこ…。だって15歳だよ!?(まだ言ってる)

原作面でう──ん…が多かったのですが
炯の理解者である叔父さんの伊藤さんがいい感じにくだけているし
普段ふざけているように見えても
ちゃんと受け止めてくれるという安心感があって素敵でした!
イトケンさんも役によって様々演じ分けなさっていて
良い声優さんだなぁと思ってしまいました♪

Hシーンはさらっとした感じでしたので
大好きな羽多野さんの攻め喘ぎは堪能出来ませんでしたww
(さすがに初めて攻める時はそういうテクは身についていなかったのかもw)

お好きな方には大変申し訳ございませんが
中立とさせていただきます;

2

比翼連理

 原作既読

 少女漫画なら昔よくあった設定ですが、それをBLでやり、なおかつ逃げずに向き合って描いた表現が見事です。
 当時、BLCD作品で羽多野さんを初めて聞いたのがこの作品でしたが、若いのに本当に上手くてびっくりしました。とても好感がもてる藤井くんでした。
 鈴村さんのリードがまたよかったのかもしれません。
 炯の儚さ切なさ寂しさがものすごく伝わってきて、藤井くんじゃなくても惚れちゃうよ。
 お姉ちゃんがまた憎めないんですよね。可愛くて。
 伊藤健太郎さんのおじ様がまた良い味だしてます。このしんどい話の一服の清涼剤です。
 昔のトレンディドラマ『思い出にかわるまで』を妹の方から見たらこんな風に見えていたのかなと思い出したりしました。
 一つ?と思ったのは義理のお母さんの声が老け過ぎでは?妊娠する年齢には最初聴こえなかった…と思うのは私自身が年をとったからかな(笑)

 私的ムービックフェアで聞き直しましたが。良い作品ですよね~!!
 初恋って美しいなあ…
 鈴村さんと羽多野さんのファンの方、初恋フリークの方、必聴の一枚です。
 

2

切ない

恋を知らない自分が恋をしたのは姉の彼氏だった――。
これはすごく切なかったです。
恋を知らず人肌恋しくなると誰かに抱かれることで寂しさをまぎらわしていた高校生の受けが、初めて恋をしたのが姉の彼氏。
でも受けは姉と仲良く、彼は姉のものだ自分が手を出してはいけないと必死に感情をおさえます。
もうほんとに切なかったですねー切なくて胸が苦しかったですw

攻めの羽多野さんはそんな低音でもなく優しい~感じの声。ノンケでほわんとした印象でした。
受けの鈴村さんは健気で可愛すぎず、わりと普通な声色。
でも鈴村さんの泣き演技と「鳥になれば愛してくれなくてもいいから籠の中でずっと側にいれる~」みたいなセリフにはうるっときました。
受けと仲が良い叔父さんが良いキャラだったwイトケンの声が合ってますw

ただずっと受け視点だったんで、攻めの心情はあまりわからず;
あとお姉ちゃんもちょっと可哀想だったかなあ~
でも最後はハッピーエンドでよかったです。
ちなみにこれは羽多野さん初攻め作品らしいです(笑)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ