束縛トラップ

束縛トラップ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
25%
著者
イラスト
作品演出・監督
平光琢也
音楽
作曲:まるおみのる
脚本
前川陽子
原画・イラスト
蓮川愛
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
68 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

「覚えておけ。俺は狙った獲物を――逃がさない」繁華街の外れにある小さなバーに勤める支倉奈津生は、客に絡まれたところを黒川龍二と名乗る男に助けられる。ところが翌日、オーナーの作った店の借金を肩代わりする交換条件として、自分が黒川に売られたことを知った奈津生。その日から、黒川に夜ごと縛られ、嬲られる日々が続くが、あるとき黒川が高校の後輩だったことを知り……!?「がんじがらめに縛って、今度こそお前を俺に閉じ込めてやる」冷徹で純情な男・黒川×愛を知らない気丈なバーテンダー・奈津生のエロティック・ラブ!

表題作 束縛トラップ

黒川龍二 → 堀内賢雄

支倉奈津生 → 飛田展男

その他キャラ
古城敦士[三宅健太]/ 黒川彬[岸尾大輔]/ 坂下[園江治]/ チンピラ[鶴岡聡]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

飛田さんが素晴らしい

ストーリーは王道。王道とは安心して聴けるもの。

何がすごいって飛田さん。とんでもない。

人によってはめんどくさいと思うかもしれないけど、私は鬱陶しいぐらいの後ろ向きな一人でぐるぐるモノローグが大好きなので、たくさん聴けて嬉しい~!!
飛田さんボイスとても似合う……
でも、せっかく悩んでる段階をたくさんモノローグしてたのに、奈津生が黒川を好きだという自覚が唐突でわからなくて残念(´・_・`)

飛田さんが全編ツボではあったんですが、なにがとんでもなかったって自嘲の笑い方。
ぞっとするほど素晴らしかった……
病んでるわけじゃ決してないんですけど、一瞬垣間見える危うさが……!!;;
そこのせいでただのマイナス思考くんではなくなった……
唐突に来ますのでどうぞお聞き逃しなくtrack.4(`・ω・´)

1

ストーリーが陳腐

うーん…
ストーリーが陳腐でした。
主人公のマイナス思考、これ、マイナス思考というよりも単に頭の回転が悪いだけじゃない?みたく思いました。主人公の悩みにまったく共感できなくて。
レイプから好きになるっていうパターンなんだけど、なぜこの男を好きになったのか、いまいち説得力がないし。
なにより嫉妬して攻めに泣き言を言っていく受けが、典型的なウザ女っぽいセリフを吐いていて萎えました。女々しい~!
私には地雷なストーリーでした。

堀内さん×飛田さんのベテランコンビの演技は聴きごたえがありましたけどね。
とくに飛田さんについては、声を聴いたのがあの『NOW HERE』での衝撃のおじいちゃん受け以来だったので、びっくらこきました。うわ、青年だ、と思って。
でも、キャスティングを確認してから改めて聴くと、年配な声にも聴こえるんですよね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ