まなざしのレジスタンス

まなざしのレジスタンス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
2
評価数
3件
平均
1.7 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
牧千佳代 植松瑠里子
脚本
平詩野
原画・イラスト
日下孝秋
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
71 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

表題作 まなざしのレジスタンス

滝澤亨 → 大川透

青木裕真 → 千葉進歩

その他キャラ
岡田直也[羽多野渉]/ 芹沢将臣[諏訪部順一]/ 杉崎藤也[鈴村健一]/ 荒井真衣[氷青(旧名:横手久美子)]/ 男性審査員[太田哲治]/ 男性審査員[伊丸岡篤]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

キャストは素敵なのにもったいない

久しぶりに「聴いてきいて損した」と思う作品でした。

キャストは声も演技も素晴らしく
むしろ豪華すぎて無駄遣い、勿体無い。

登場人物に全然魅力を感じません。
口も性格み悪い短気な青年のどこが良くて強引に迫るのか疑問。
酔った青年を騙してホテルの部屋に連れ込み縛って無理やり犯すとかどこをとっても萌える点なし。
躰からの関係が徐々に好意を持って…いくような描写も無し。
身勝手でうるさい姉もしつこくて聴いていて不快でした。

0

キャストの勿体無さときたら……(泣)

全く予備知識なく、キャストに惹かれて聴きました。
進歩さんだし羽多野さんだし、
ええっ!諏訪部さんに鈴村さんて!!!

大川さんは大人の男のイメージが勝手に強かったのですが
聴いたら何故か成田剣さんにしか聴こえなくなってしまって
ずっと脳内で「…成剣さん…」に;;

そしてお話の内容は、
「初めは最悪な出会いだったのに、勘違いが重なりながらも
だんだん惹かれあう」という設定が
大大大好物!!!のはずが……。

…あのー…。二人はお互いにどこを好きになったんですか??
という疑問が頭から離れませんでした(泣)

コーヒーショップでの出来事も性格良くない…よね?と
思わざるを得ませんでした…。
モデルのオーディションを姉のミーコに無理に付きあわされ
そこで初めて会った男と口論のような会話になり
後から審査員が「やりとり楽しませていただいたわ」みたいに言いましたが
楽しいと思える会話じゃ無かったし、
この女性たちが棒読みで驚いてしまいました…。
すこし冷たい感じの女性にしたかったのかどうかわかりませんが;

オーディションの落選通知続きが来て
「ミーコが忘れてくれるかもしれない」だなんてありえなーい!とか
電話で約束をこぎつけた滝澤との内容も
どうしても“かちーん”とくる事ばかり……。

二人で会ってても、「あ、これなら好きになるな」なんてシーンもなくて
「おいおいおいおい」と思ってたら
ホテルの部屋に行っちゃってるし!
キスで性欲をかき立てられるって、そんなあっという間??
ノンケ同士だというのにそんな簡単に抱いてしまえるの?
酔ってるからといって簡単に抱かれるの?と
裕真は、確かに与えられる快感には逆らえないだろうけど、
滝澤には男を抱く程の情熱と欲望を感じられませんでした…。

ミーコを人気モデルのショウに会わせる為という取引の中、
それでも惹かれあう気持ちの欠片も見つけられ無かったのです;

藤也(鈴村さん)に優しく電話する滝澤に腹を立て、
いざ皆で会った時に腹いせで
目の前でキスをするとか…「えええ?」になりました。

イケボすぎる諏訪部さんが、たったこれだけの出演!!??
ジャケットにお名前あるだけの出番じゃなーーーい(泣)

羽多野さんも、ごくノーマルな友人役でしたが
ほんの少しでしたし、普通に女性とくっついちゃうのね…;
なんだか悲しくなる…。


「好きだと言う感情を受け入れてしまえば全てに説明がつく」と
今までの出来事を振り返る裕真と滝澤ですが
「…ちょ!!!急展開すぎませんかー!?」……。

勘違い、取引、報復、報酬…。
どれもこれもぽかーんとせずにいられませんでした。
原作未読だからだったらすみません…。

更にダメ押しだったのが、最後滝澤がビデオに情事を録っていたこと!
いくら証拠をおさえたかったとは言え、
ハメ録りはないでしょうよ!!と引きました…。
それがもし、付き合いが長いカプのプレイの一環とかなら
喜んでしまうところなのですが…。

ここまで散々言いながら「中立」なのは、
進歩さんの喘ぎがとても可愛らしかったからです!!!!
失礼ながら、本当にそれだけとなってしまいました;;

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ